2011年02月04日

ウォール・ストリート2

wallstreet公式サイト。原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ。24年前に製作された同監督の「ウォール街」の続編。当時はブラックマンデーが起きた1987年、今回はリーマンショックが起きた2008年が舞台。
一番コミカルで笑えたのは、投資銀行同士のマネー戦より、タクシー運転手とゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)の“マネー戦争”。タクシーが猛スピードで飛ばし、乗車していたゴードンが泡食って札束を鷲掴みして「チップやるからスピードを下げてくれ」と運転手に頼む。普通なら「チップやるからもっと飛ばしてくれ」だと思うのだけれど。
運転手は時間当たりの稼ぎを増やしたいためにスピード違反というリスクをおかしても儲けたい。金儲けのレベルは違えど、それをほとんど本能的に察知したゴードンは運転手がスピードダウンして時間を損する分をカネで損失補てんしようと申し出ているのだ。正にタクシー上のマネーゲームだが、タクシー内では運転手が主導権握っているからさしものゴードン・ゲッコーも妥協せざるを得なかったのだろう。
ゴードンは娘ウィニー(キャリー・マリガン)の婚約者ジェイコブ(シャイア・ラブーフ)に「欲しいのは時間」と言っている。また「問題はカネじゃない、ゲームだ」とも言う。タクシー運転手との一戦はその両方を含んでいる。日常生活でも投資マインドが骨身に染みついているようなシーンだ。
ストーリーは大体、リーマンショック前後の大騒動をなぞったものになっていて、それほどの意外性はない。住宅バブルによるサブプライムローンの問題は新婚夫婦の家探しで、原油価格などの資源価格の高騰はアフリカの独裁国家の産油会社の国有化問題や新クリーンエネルギーのベンチャーという投資先をめぐる問題で反映されている。大敵ブレトン(ジョシュ・ブローリン)はリーマン・ショックのCEOリチャード・ファルドをモデルにしていると思われ、ジェイコブがヘリコプターで行く森に囲まれた広大な私邸はファルドが所有していた豪邸を思わせる。一方のウィニーらが立ち上げているサイトのNPOはワシントンにあり、ちょうどその頃に盛り上がったオバマ・ブームの一翼を担っていることを伺わせる。
生まれつつあるゴードンの孫までも取引材料にするというジェイコブはある意味、ゴードン以上にえげつないと思うのだけれど、ゴードンは冷静で文字通り時間稼ぎし、結局、孫も娘のNPOも助けることになる。オバマもバブルだったことは後々明らかになるのだけれど。
もう一つ、生物の進化におけるカンブリア大爆発が冒頭とラストで引用されている。バブルの膨張と崩壊の繰り返しで進化してきたということだが、技術革新による大変化にたとえることはできてもバブル経済に例えるにはちょっと無理筋だろう。バブルは技術革新の結果起きるものだろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:55│Comments(0)TrackBack(33)clip!洋画ウ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50565006
この記事へのトラックバック
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マ...
ウォール・ストリート【LOVE Cinemas 調布】at 2011年02月04日 21:43
腐っても鯛、いや永遠に腐らない鯛、それがゴードン・ゲッコー。 欲に渦巻く金融業界への警鐘として作ったはずが逆に証券マンを目指す若者が増えてしまったという前作のリベンジ ...
『ウォール・ストリート』【こねたみっくす】at 2011年02月04日 21:53
☆面白い・・・。  やっぱ、私は、オリバー・ストーン監督の作劇術が性に合っている。  私と思想は違えど、そのパワーにグイグイ引っ張られる点においては、島田荘司の小説と似ている。  ゲッコーの復活劇は、スタローン的に燃える。  だが、オリバー・ストーンは...
[映画『ウォール・ストリート』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2011年02月04日 22:09
前作ではインサイダー取引という古風な経済犯罪であったけど、今作で扱われるのは高度な金融工学を屈指したなんでもありのグレーな金の亡者たちの姿だ。非営利活動という新しい価値観を提示していることが高く評価できる。
ウォール・ストリート お金は眠らない【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2011年02月04日 23:29
ウォール・ストリート (マイケル・ダグラス 出演) [Blu-ray]1987年の「ウォール街」の23年ぶりの続編では、カリスマ投資家ゲッコー・ゴードンの復活劇と彼が仕掛ける新たなマネー・ゲー ...
ウォール・ストリート【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2011年02月04日 23:55
ウォール街(1987)の続編にあたる、この作品。 20年以上もたってから、こういう展開とは珍しくないか。 それには理由があったのだが(後述) 物語は、ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス 写真)が、刑務所から出所するところからスタート。 そして、今の「時代...
映画:ウォール・ストリート 前作より遥かに面白い訳 = 今の「時代」が前提だから。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2011年02月05日 01:10
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・  
ウォール・ストリート【Akira's VOICE】at 2011年02月05日 10:32
欲望の果てに 【Story】 恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であり、かつてのカリスマ投資家で服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムー...
ウォール・ストリート【Memoirs_of_dai】at 2011年02月05日 12:50
2001年、ウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)は、8年の服役を終え出所した。 2008年、ニューヨーク。 投資銀行に勤めるジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は、...
ウォール・ストリート【心のままに映画の風景】at 2011年02月05日 22:48
2008年、ニューヨーク。 ジェイコブが勤める投資銀行が経営破綻し、上司は自殺。 業界の黒幕ブレトンに復讐するため、ジェイコブは、最愛の婚約者ウィニーの父親で、7年前に刑務所から出所した元カリスマ投資家ゲッコーに接近する。 断絶状態の父娘の仲を取り持つこと...
ウォール・ストリート【象のロケット】at 2011年02月06日 00:36
映画『ウォール・ストリート』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/4)鑑賞。初日の初回で観客は25名ほど。 最初にお断りしておきます。前作『ウォール街(1987)』は鑑賞済みですが、詳細は覚えていませんので、ほぼ初見と同じと言って良いと思います。 ...
映画「ウォール・ストリート」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog】at 2011年02月06日 15:23
1987年の映画『ウォール街』の続編。 前作で、インサイダー取引にて収監されていたゲッコーが、刑期を終えて出所するシーンから始まります。ゲッコーが戻してもらう携帯電話が物凄く大きいのが、時代を感じさせます。しかし、ゲッコーの出所は2001年という設定なのですが...
ウォール・ストリート / Wall Street: Money Never Sleeps【勝手に映画評】at 2011年02月06日 17:30
映画ウォール・ストリートをお台場の映画館で見てきましたが、公開初日にもかかわらずガラガラでした。 内容は、米金融機関(投資銀行)を皮肉りながら、前作の時代と、今の時代の差を描き、そしてかつてのカ...
映画ウォール・ストリートの感想【映画とTVとゲームの感想】at 2011年02月07日 17:50
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。 1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。 新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ演じる若き証券マンのジェイコブ・ムーアと、8年の服役ですっかり過去の人となった、...
映画「ウォール・ストリート」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2011年02月07日 23:44
正直言ってがっかりの内容だった。せっかく100年に一度の金融危機という舞台を得たゲッコーがそれを十二分に生かして大博打を打つという話かと思いきや、あるいは、もしかしたら...
「ウォール・ストリート」に何故がっかりし...【再出発日記】at 2011年02月08日 08:14
「ウォール・ストリート」のベースはマカロニ・ウエスタン「続・夕陽のガンマン地獄の決闘」であり、人物配置も原題の「グッド、バッド、アグリー」に倣っていると思う。グッドはシ...
イーライ・ウォラック in「ウォール・スト...【映画と出会う・世界が変わる】at 2011年02月10日 00:05
私の生活とは縁もゆかりもない世界だから言うけど、恐ろしい世界である。 結果的に人が死のうが、傷つこうがお構いなし。 マネーゲームがもたらす修復不可能な深い溝が、そう簡単に埋められるとは到底思えないのだけど・・・・・
「ウォール・ストリート」欲望の亡者【ノルウェー暮らし・イン・London】at 2011年02月10日 17:51
伝説のトレイダー ゴードン・ゲッコーが 8年の懲役を経て出所。 絶縁状態の娘ウィニーは若きトレイダー ジェイコブと暮らしていた... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:Wall Street: Money Never Sleeps
『ウォール・ストリート』【『映画な日々』 cinema-days】at 2011年02月11日 01:31
経済は苦手... 数字も苦手... 23年前の前作「ウォール街」見ていないのも敗因?
映画 ■■ウォール・ストリート■■【Playing the Piano is ME.】at 2011年02月13日 11:36
  □作品オフィシャルサイト 「ウォール・ストリート」□監督 オリヴァー・ストーン □脚本 アラン・ローブ□キャスト マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、イ...
『ウォール・ストリート』【京の昼寝〜♪】at 2011年02月15日 08:23
「ウォール・ストリート」を観てきました。この映画は23年前に作られた「ウォール街」の続編です。3週間位前にCSの映画専門チャンネルで、その「ウォール街」を放送していたので、新作を観る前に予習がてら見ておきました。でも、今回のこの続編「ウォール・ストリー...
映画 「ウォール・ストリート」の感想です。【MOVIE レビュー】at 2011年02月15日 17:05
前作のおさらいをしていざ続編! 続編って、前作の出来が良いと期待が膨らみ過ぎ、がっかりなんてことが間々ありますが・・・、 最後までまぁまぁ面白く鑑賞。 しかし、 ゲッコーも年をとったというか、 屈辱の刑期を務め上げ丸くなったというか、 やっぱり父親は娘にぁ弱...
ウォール・ストリート MONEY NEVER SLEEPS【映画の話でコーヒーブレイク】at 2011年02月15日 18:50
 WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS  インサイダー取引の罪で服役していたカリスマ投資家、ゴードン・ゲッコー(マ イケル・ダグラス)が出所した。彼と絶縁中の娘、ウィニー(キャリー・...
進化のためのバブル〜『ウォール・ストリート』【真紅のthinkingdays】at 2011年02月15日 20:51
 欲望は、罪なのか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日はシネマズデイということで1000円でした。お客さんの入りもまずまず。前作からもう23年も経っているんですね。ちょっと時間が経ち過ぎって気もするんですが、、、、。 オリバー・ストーンといえば、前回観...
ウォール・ストリート(2010)◆WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS【銅版画制作の日々】at 2011年02月16日 22:29
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ??ル街」の続編。 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得...
「ウォール・ストリート」感想【狂人ブログ ??旅立ち??】at 2011年02月17日 21:17
 こんばんは。本日は『ウォール街』の24年ぶりの続編『ウォール・ストリート』の感想でございます。  例によってネタバレしまくっています。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。皮肉...
『ウォール・ストリート』は金融セカイ系ストーリーだよ。【かろうじてインターネット】at 2011年02月20日 01:52
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; 前作も観たかったけど、観れなくて。今度こそはと「ウォール・ストリート」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通だったかなぁ。 「ウォール・ストリート」は、中くらいのスクリーンで、3〜4割。 【ス...
ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps【いい加減社長の映画日記】at 2011年02月21日 07:09
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ...
ウォール・ストリート【C'est joli〜ここちいい毎日を〜】at 2011年02月23日 13:18
 ウォール・ストリートを観てきました。この作品を見る前に未鑑賞の前作品ウォール街を見ようと、TSUTAYAに何度か行ったのですが、1本しか在庫がなく、いつも貸し出し中。仕方なく前作は見ないでの鑑賞でした。公開から2週間もたっていないのに、シネコンの一番小さ
映画:ウォール・ストリート【よしなしごと】at 2011年03月23日 03:55
11-12.ウォール・ストリート■原題:Wall Street,Money Never Sleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:オリヴァ
映画『ウォール・ストリート』を観て【kintyre's Diary 新館】at 2011年06月06日 20:31
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS/10年/米/133分/ドラマ/劇場公開 監督:オリヴァー・ストーン キャラクター創造:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、ス...
ウォール・ストリート【銀幕大帝α】at 2011年10月12日 01:02
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督オリヴァー・ストーン ネタバレあり
映画評「ウォール・ストリート」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年02月12日 11:13
あらすじ若くしてウォール街での成功を手にした証券マン、ジェイク。美しい恋人と結婚
『ウォール・ストリート』'10・米【虎団Jr. 虎ックバック専用機】at 2012年04月04日 08:51