2011年02月05日

ザ・タウン2

town公式サイト。原題:THE TOWN。ベン・アフレック監督・主演、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパー、タイタス・ウェリヴァー。 ボストンの下町、チャールズタウンがメイン舞台の強盗ラブロマンス映画なのだけれど、冒頭に出て来るのは“Harvard”という地下鉄の駅。松坂大輔のメイン舞台フェンウェイパークは「大聖堂」と呼ばれている。
タウンを根城にする強盗グループのリーダー、ダグ(ベン・アフレック)と強盗した銀行の支店長クレア(レベッカ・ホール)と恋に陥るのがミソなのだけれど、普通に考えれば、そんな強盗の巣窟のような場所に若くして支店長になったエリートぽいクレアが住むのかなあ、という不自然さがどうしても付き纏う。まあ、日本の銀行のイメージと異なり、アメリカには中小の銀行が多く、支店長と言っても、小さな郵便局長という感じかもしれないが。ボストンに行ったことも住んだこともない身にはよく分からないのだけれど。
ダグの幼馴染の相棒ジェム(ジェレミー・レナー)はなぜかボストン・レッドソックスではなく、ニューヨーク・ヤンキースのニック・スウィッシャーに似ている。このジェムは実はタウン命派で、ダグは早く“移籍”したい派。
クレアは強盗で人質になり、海岸で解放される。その後、コインランドリーで知り合うのだけれど、女性一人、コインランドリーというのも強盗に遭って恐怖体験したばかりのトラウマを抱えた割に不用心というか能天気というか、有り得ないじゃないの、という設定。そもそもそんな女性がすぐに素性の知れないダグと仲良くなるのかなあ、とか、どんどん不自然さが気になって来る。これって、かなり男性側の独り善がりのチープなロマンチシズムじゃないのかと、いうか。ラストだってかなり安っぽい。
クレアは犯人の一人のタトゥーを覚えていた。ちょっと見逃したが、ダグにもタトゥーがあり、抱かれた時点でクレアはもう分かっていたのかもしれない。
ところで、チャールズタウンって本当に強盗の巣窟のような街なのか。
'The Town': Is Charlestown really America's 'bank robbery capital'?(The Christian Science Monitor)によると、

In fact, Boston real estate agents routinely advise young professionals and families to move to Charlestown, citing its safety.
ボストンの不動産屋さんは若いプロフェッショナルや家族にチャールズタウンを勧めている。安全だから。
“Hollywood will do anything that will sell tickets. It’s sad,”.
ハリウッドは観客動員のためなら何でもするよ。残念。


なんか全然話が違い過ぎる。チャールズタウンは映像にも出て来るが歴史的モニュメントもあり、結構古い伝統的な観光客が立ち寄りたくなる街のようだ。1990年代の一時期強盗事件が頻発したことがあったというだけのことらしい。
age_of_stupidちなみに、花屋の黒幕、ファーギー役のイギリス人俳優ピート・ポスルスウェイトは今年1月初めに死去している。「インセプション」にも出演し、最近は脇役が多かったが、ドキュメンタリー映画「THE AGE OF STUPID」ではホストで事実上の主役を務めたと言っていいくらい。あのポスター(←)が印象深い。この映画では、父を去勢された復讐にダグにあそこを銃撃されて果てるのだけれど、ポスルスウェイト自身、精巣がんで一つ失くしており、文字通り体を張った演技の遺作となったようだ。合掌。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:03│Comments(0)TrackBack(31)clip!洋画ザ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50566258
この記事へのトラックバック
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...
映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2011年02月05日 20:29
 客入りは7割ほど、試写会の主権はAXNさんだ。   ★ベン・アフレック監督、最新作★[初版・映画ポスター]ザ・タウン(THETOWN)[DS] 映画の話 綿密な計画を立て、ある銀行...
映画「ザ・タウン」@ヤクルトホール【masalaの辛口映画館】at 2011年02月05日 22:00
Ost: the Town◆プチレビュー◆宿命から抜け出そうともがく青年の純愛と、クライム・アクションのからみが絶妙。監督アフレックの手腕は確かだ。 【85点】 ボストン北東部チャール ...
映画レビュー「ザ・タウン」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2011年02月06日 00:01
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホ...
ザ・タウン【LOVE Cinemas 調布】at 2011年02月06日 00:16
人質。ダイヤのネックレス。お天気のいい日。
ザ・タウン【悠雅的生活】at 2011年02月06日 09:39
「ザ・タウン」を鑑賞してきましたチャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となるベ...
劇場鑑賞「ザ・タウン」【日々“是”精進!】at 2011年02月06日 15:19
映画『ザ・タウン』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/5)鑑賞。初日の深夜の回で観客は10名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。後半が違っていたら、★★★★☆(5点満点で4点)でも良かった。 ざっくりストーリー ...
映画「ザ・タウン」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog】at 2011年02月06日 15:37
全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放され...
ザ・タウン【心のままに映画の風景】at 2011年02月06日 19:08
犯罪を甘く描いたらダメだ! 
ザ・タウン【Akira's VOICE】at 2011年02月07日 16:20
アイルランド系移民で強盗という稼業から抜け出そうとする主人公の葛藤を、激しいアクションとリアルな脚本やロケで見せる濃い内容の作品になった。すべてを捨てないと街を出ることができない現実を証明している。こういう実在する土地で現代を舞台にして映画が作れてしまう
ザ・タウン【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2011年02月07日 17:34
ボストンの一角、チャールズタウンは“タウン”と呼ばれ、アメリカで強盗犯罪が一番多い街。 銀行強盗グループのリーダー、ダグは、銀行襲撃の際に人質に取った女性支店長クレアが、どこまで自分たちのことを記憶しているか探るため、事件後さりげなくクレアに近づく。 ...
ザ・タウン【象のロケット】at 2011年02月08日 02:55
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...
映画 「ザ・タウン」の感想です。【MOVIE レビュー】at 2011年02月08日 15:29
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写や...
映画「ザ・タウン」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2011年02月08日 23:33
  広大なアメリカのどこよりも強盗が多発する街。それが、ボストンの北東部に位置するチャールズタウン。そこに暮らす者たちは、愛と憎しみを込めて、その街を“タウン”と呼んでいた。タグ(ベン・アフレック)は、強盗を親から子へと家業のように引き継がれ...
*ザ・タウン*【Cartouche】at 2011年02月10日 22:11
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
その街の男〜『ザ・タウン』【真紅のthinkingdays】at 2011年02月11日 10:16
ジャンルとしてはクライムサスペンスにラブロマンスをまぶしたものと言えようか。ラブロマンスも、犯罪の加害者と被害者で、被害者である女性は、相手の男性が加害者であることを知...
映画「ザ・タウン」を見て、長崎の「まちづ...【映画と出会う・世界が変わる】at 2011年02月12日 08:30
非常に手堅い映画だ。最新の銀行強盗技術もよく描かれている。ボストンのチャールズタウンの下町の雰囲気も良く出ていた。丁寧なロケ地撮影をしたのがわかる。驚くような展開は何一...
「ザ・タウン」クライムサスペンスの佳作【再出発日記】at 2011年02月12日 12:15
 アメリカ  犯罪&ドラマ&アクション  監督:ベン・アフレック  出演:ベン・アフレック      ジョン・ハム       レベッカ・ホール       ピート・ポスルスウェイ ...
ザ・タウン【小泉寝具 ☆ Cosmic Thing】at 2011年02月13日 14:46
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...
ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい【労組書記長社労士のブログ】at 2011年02月14日 16:27
ザ・タウン  原題:The Town 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ベン・アフレットが「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続き、監督、主演を務めるクライム・ドラマ。舞台はボストンのチャ...
映画レビュー 「ザ・タウン」【No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)】at 2011年02月15日 01:20
人が変わるためには何をすれば、いいのだろうか?人などとまさに他人事のように言っているが、私自身のことである。そんなことを考えたのは、映画「ザ・タウン」を見たことが、きっ...
「ザ・タウン」は、どうしようもない悲劇の...【映画と出会う・世界が変わる】at 2011年02月17日 20:21
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナ
『ザ・タウン』【京の昼寝〜♪】at 2011年02月18日 08:13
「The Town」 2010 USA 監督、共同脚本、出演(ダグ)に「ハリウッドランド/2006」「消されたヘッドライン/2009」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」のベン・アフレック。 フローリーに「地球が静止する日/2008」のジョン・ハム。 クレアに「フロスト×ニクソン/
「ザ・タウン」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2011年02月23日 21:15
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を観..
[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2011年03月04日 07:08
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...
ザ・タウン【映画的・絵画的・音楽的】at 2011年03月09日 18:41
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。
映画:ザ・タウン【よしなしごと】at 2011年03月17日 18:52
11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:ベン・アフレック□脚本:ピーター・クレイグ□撮影
映画『ザ・タウン』を観て【kintyre's Diary 新館】at 2011年05月05日 23:50
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ...
ザ・タウン【銀幕大帝α】at 2011年07月31日 21:52
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わった
ザ・タウン【いやいやえん】at 2011年08月01日 09:15
ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレック  ピーター・クレイグ ...
ザ・タウン【RISING STEEL】at 2012年02月07日 19:38
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ベン・アフレック ネタバレあり
映画評「ザ・タウン」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年03月20日 10:09