2011年02月13日

太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−2

fox公式サイト。ドン・ジョーンズ原作、平山秀幸監督、竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、トリート・ウィリアムズ、ダニエル・ボールドウィン、阿部サダヲ、唐沢寿明。「太平洋の――」というタイトルは三船敏郎、リー・マービンの日米二大男優対決の「太平洋の地獄」以来の伝統らしい。同じ三船主演の「太平洋奇跡の作戦 キスカ」というのもあった。さしずめ大場栄大尉役の竹野内豊は三船敏郎の代役のように重厚で「男は黙って」の風情だ。
「奇跡」というのは大場大尉のゲリラの戦闘ぶりというより、日本が無条件降伏して大場大尉らがサイパン玉砕で戦死者扱いされた後も生き残り、日本に生還したことを指しているのだろう。512日間、ジャングルの中で日本兵47人と民間人200人が隠れていたことになるが、横井庄一さんが1972年までグアム島のジャングルの中で生き残っていたのだから「奇跡」とまではいかないだろうけれど。ネタ本の原書のタイトルは“OBA, THE LAST SAMURAI”だ。
身を潜めていたタポチョ山は360度見晴らしがよく、敵の様子も伺い易いので、逃げるには有利な立場だろう。
それよりも、不思議に思えたのは、山と収容所キャンプの間を結構気軽に往復できていること。大場大尉も有刺鉄線を越えて楽々と侵入し、助けた赤ちゃんとも対面している。いくら何でも、そんな簡単に往来できないだろう。本当にできたらそれこそフォックスだ。
終戦前に東京の廃墟を写した写真入りのビラを見ているが、あの写真は米軍が撮影した航空写真ではなく、終戦直後に進駐軍によって撮影されたものだろう。何かの本で見た覚えがある写真だ。
日本通の米軍士官が将棋の駒に例えて日本人の自決を説明するというのはどうなのか。将棋って日本独自のものじゃなくて多かれ少なかれアジアには似たようなものがある。
それから本当に終戦の詔勅が大場大尉らに伝わっていたのかどうか。そもそも昭和天皇が最高の統帥権があり、その時点で「撃ち方やめ」でないと、天皇に逆らって戦争を継続したことになる。現実には、11月になって、天羽馬八陸軍少将の正式の命を受け、投降するのだけれど、現実には終戦を知った残存兵の一部は投降していたらしい。大場大尉は本当に知っていたのかどうか。
この点、悪役にされたのは、山田孝之演じる木谷敏男曹長。山田孝之というのはこんな頭の硬そうな役柄は似合わないと思う。彼に似合うのは良い意味で性格がアバウトな掴みどころのないキャラだろう。かなり損な役回りだ。
投降して整列するシーンも米海兵隊幹部の居並ぶ前で銃を持ったまま行進している。その気なら玉砕覚悟で一斉射撃し、海兵隊幹部たちを皆殺しもできた筈だ。「今だ、撃て!」なんてことにならないのか、と余計な心配までしてしまう。いくら何でも儀式上の刀を除いて武装解除して投降させるだろう。周りに武装した海兵隊員も沢山いた筈だ。
一番印象に残るのは大場大尉が夜中に基地近くに潜入し、すぐ上を次から次へとB-29が離陸して行くのを見上げるシーン。このシーンは真偽はともかく美しく見える。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 00:01│Comments(0)TrackBack(28)clip!邦画タ、チ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50569728
この記事へのトラックバック
これは大場栄大尉の軍人としての戦績を描いた映画ではなく、人としての功績を描いた映画。 それゆえに戦争映画としては物足りなさを感じるものの、人間ドラマとしてはさらに奥深 ...
『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』【こねたみっくす】at 2011年02月13日 00:11
太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャストがそろう。監督は『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸。アメ...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-【LOVE Cinemas 調布】at 2011年02月13日 00:21
けっきょく何を描きたかったのか、そもそも何が奇跡なのか、伝わる物があまりに弱くて残念。期待が大き過ぎたか・・・。
『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』・・・これでは心に響かない【SOARのパストラーレ♪】at 2011年02月13日 01:07
「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉...
劇場鑑賞「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれ...【日々“是”精進!】at 2011年02月13日 06:36
事実に基づいた物語。太平洋戦争末期の1944年、サイパン島が玉砕してから、大場大尉の物語は始まる。援軍はもちろん、食料・弾薬はおろか、水も乏しい中、512日にも渡り抵抗を続け、最後は、連隊長からの正式の投降命令を受けて投降した。 大場大尉を演じたのは、竹野内...
太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男【勝手に映画評】at 2011年02月13日 09:25
映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」は絶望的な状況の中、最後まで諦めずに生き抜いた名もなき兵士とその仲間たちの実話に基づく真実の物語である。終戦から65年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の日米スタッフ・キャストが贈る感動の超大作...
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男【やっぱり邦画好き…】at 2011年02月13日 09:26
                ***STORY***           2011年  日本    太平洋戦争末期。1944年6月。陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉(竹野内豊)は、日本から2000キロ余り離れた北マリアナ諸島サイパン島へ送られる。当時日本の統治下に...
*太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男*【Cartouche】at 2011年02月13日 20:27
映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、トリート・ウィリ…
「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」レビュー【映画レビュー トラックバックセンター】at 2011年02月14日 10:43
原作はサイパンに従軍した元アメリカ兵のノンフィクションで、竹野内豊演じる大場大尉の家族も協力した映画だ。イーストウッドの「硫黄島」2作もすばらしい戦争映画だったけど、日本の製作でここまでの戦争映画が出来たことを賞賛したい。最後の行進するシーンでの日本人とし
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2011年02月14日 22:00
太平洋戦争(第二次世界大戦)末期の1944年6月。 当時日本が統治していたサイパン島にはアメリカ軍が上陸し、捕虜になることを恐れた日本人は次々と“玉砕(戦死)”、“自決(自殺)”していた。 陸軍大尉の大場栄は、仲間の兵士たちや民間人たちとタッポーチョ山に潜...
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男【象のロケット】at 2011年02月15日 01:28
映画「太平洋の奇跡??フォックスと呼ばれた男??」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォックス)率いる47人の日本兵達の物語。 元アメリカ海兵隊...
映画「太平洋の奇跡??フォックスと呼ばれた男??」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2011年02月15日 02:14
【=12 -3-】 大阪〜阪神地区を午後、仕事でウロウロしていたが、すごく雪が降ってビックリ! このまま降り続けたら、明日の朝までに数メートルの積雪にでもなるのではないかとびびったけど、夕方にはすっかり融けたようだ、とにかく大袈裟だ、関西人。  1944年、太平...
太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男 とにかく生きるのだ・・・【労組書記長社労士のブログ】at 2011年02月15日 10:14
 先日、映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』を観て来ました。この作品は、去年の11月だったかな?『十三人の刺客』を観に行った時に予告編を初めて観まして、久しぶりに予告だけで「観てみたい!」...
映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』劇場鑑賞【続・蛇足帳〜blogばん〜】at 2011年02月16日 21:47
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-オリジナル・サウンドトラック物語は、いわゆる戦争秘話なのだが、この映画では、米軍からも恐れられた日本人将校を描きながら、彼の何がす ...
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2011年02月16日 23:56
赤い目印。山中の水場。タッポーチョの狐。
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-【悠雅的生活】at 2011年02月17日 23:39
2月11日公開の映画 「太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男」を鑑賞した。 この映画は1944年7月に太平洋戦争で アメリカ軍がサイパン島に侵攻し殆どの日本軍は壊滅した ...
「太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男」国民と兵を守るために512日間戦い続けた指揮官の人望【オールマイティにコメンテート】at 2011年02月18日 21:18
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を鑑賞。
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」【FREE TIME】at 2011年02月19日 21:09
歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」   <太平洋の奇跡−フォ...
映画<太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−>【美味−BIMI−】at 2011年02月20日 14:11
  □作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル、中嶋朋子、
『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』【京の昼寝〜♪】at 2011年02月23日 08:33
どんな風に感想を書けばいいのか、ちょっと迷っていた。 いい作品だったと思う。 戦争映画って、実はあんまり好きじゃ無くって、 映画館に出向くことはほとんどなかったんです。 エンターテイメントと...
映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』【よくばりアンテナ】at 2011年02月24日 10:27
生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/井..
太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−【to Heart】at 2011年02月25日 22:14
 「65年の時を超えて、彼の想いが私たちの心を震わせるー」  これは、実際にあった戦争を映画化したものであり、決して戦争を美化するものではないが、最後まで見ていて感動の連続であった・・・・その評価も高い映画を遂に観た。  最後の最後まで徹底抗戦し、一人で...
映画「太平洋の奇跡」・・・・良かった【咲とその夫】at 2011年03月01日 20:30
『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』で、実在した大場大尉を演じた竹野内くんは、本当に見事に魅せてくれました。竹野内ファンでもあり、若い頃のイケメンな彼を思い返すと、こんな役を演じるようになったんだな〜って感慨深くて…恋愛ものに萌え〜だったあの頃が懐か
フォックスと呼べる男・竹野内豊【美容師は見た…】at 2011年03月03日 14:01
 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世...
「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐...【狂人ブログ 〜旅立ち〜】at 2011年03月15日 21:38
 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うのでは
太平洋の奇跡【映画的・絵画的・音楽的】at 2011年03月19日 21:42
 すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男を観てきました。
映画:太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男【よしなしごと】at 2011年04月29日 00:39
FOXHOUNDではありません。
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-【Akira's VOICE】at 2011年12月22日 11:46
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・平山秀幸 ネタバレあり
映画評「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年02月12日 14:40