2011年02月19日

ヒア アフター1

丹波哲郎化したクリント・イーストウッド
hereafter公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック、デレク・ジャコビ、ミレーヌ・ジャンパノイ。最初、臨死体験のオムニバス映画と思ったら、結局、臨死体験が取り持つ単なる巡り合い映画だった。
サンフランシスコ在住のジョージ(マット・デイモン)は、相手の手が触れるとその人の亡くなった大切な人を霊視したり対話できる霊能者。自分の霊能力を呪いと嫌悪して霊能師をやめるが、なぜか自分のネットサイトは削除せず放置したまんま。そんな嫌ならさっさと閉鎖すればいいのに放置しているのはジョージの責任でなく、そうしないと話がつながらないという製作側の事情としか思えない。
工場労働者として働いているが、独身なので真っ先にリストラされ、兄に勧められて不承不承霊能師で生計を立てようとする。
一方のパリ在住の看板ニュースキャスターのマリー(セシル・ドゥ・フランス)はタイに滞在中、現実にあったプーケットなどを襲った2004年の大津波を体験する。この映像自体は現実のニュース映像をなぞったもので、それほど新鮮味はない。問題の臨死体験のシーンも、それほど不思議な光景に見えない。精神的ショックはともかく、なぜ彼女があんな程度の体験でhereafter(来世)を見たと思い込むのか、むしろそっちの方が不思議だ。
精神的ショックでキャスターの仕事も休養する内にピンチヒッターのキャスターに人気を奪われる。実はこれが本当の原因なのかと思ってしまう。結果、まだある名声を利用して霊能研究者から資料をもらい、そのものずばりの“Hereafter”という本を出版する。要はニュースキャスター版シャーリー・マクレーンだ。映画では「この手のものは英語じゃないと駄目だ」と言われるが、なぜフランス語だと駄目なんだろう? フランスのニュースキャスターなんだからイギリスでは知名度低いと思うのだけれど。
hereafter2結局、2人とも落ち目で仕方なくその手のビジネスに活路を求めたということになる。その2人を結びつけるのはディケンズファンのジョージが訪れたロンドンのディケンズ博物館にある幽霊が描かれているという臨死体験ぽい「ディケンズの夢」の絵と、中東系イギリス人の一卵性双生児少年マーカス(ジョージ・マクラレン)。たまたま交通事故で失った兄弟のジェイソンを慕ってジョージの顔をサイトで知っていたというだけの話。ジョージの霊能力も言葉で説明されるだけなので、ああそうですか、と言うしかない。
さて、ロンドンで知り合ったジョージとマリーは今後どうなるのか。恐らくジョージの経済的現状を知ったら、上昇志向(天国志向?)マリーはさっさとおさらばだと思うのだけれど。どう見ても2人は不似合いだ。
実は唯一面白いと思ったのはジョージがイタリア料理教室でメラニー(ブライス・ダラス・ハワード)と知り合い、アイマスクを付けて味だけで食材の当てっこをする場面。これはちょうどジョージが顧客に面接して死者を当てるのと似ていて、ここら辺りからストーリーが展開するのかと思ったら、結局、メラニーはジョージについて行けず逃げ去る。メラニーにはジョージを理解するオーラが出ていたので意外だ。
恐らく、イーストウッド監督も、もっとメラニーを活かしたかったのだろうけれど、活かしきれずに流産したのではないか。イーストウッドは人気俳優ではあっても、超一級の俳優でもなかったし、監督としても、これまで観た限りでは言われているほど大した力量があるとは思わない。マリーと同様、名声の再利用で地位を保ち、過大評価されていたが、とうとうボロが出たかという感じだ。
今思い出したが、“HEREAFTER”と似たような原題“AFTERWARDS”の「メッセージ そして、愛が残る」の方が、ストーリーも構成もはるかに優れている。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:41│Comments(1)TrackBack(36)clip!洋画ハ、ヒ | ★1

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50573005
この記事へのトラックバック
 客入りは7割くらい。試写会の主権はラジオ日本「イエスタデイポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。映画上映前に横山明日香さんのMCでスポンサー様からの商品案内と抽...
映画「ヒア アフター」@ヤクルトホール【masalaの辛口映画館】at 2011年02月19日 20:01
「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ...
劇場鑑賞「ヒアアフター」【日々“是”精進!】at 2011年02月19日 20:04
死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ...
『ヒア アフター』【こねたみっくす】at 2011年02月19日 20:17
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニクの
ヒア アフター【LOVE Cinemas 調布】at 2011年02月19日 20:21
ヒア アフター [DVD]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触りだ。 【65点】 仏人ジャーナリストのマリー、霊能 ...
映画レビュー「ヒア アフター」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2011年02月19日 23:55
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポットを
映画「ヒアアフター」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2011年02月20日 00:10
静かで前向きな物語。   
ヒア アフター【Akira's VOICE】at 2011年02月20日 10:25
映画『ヒア アフター』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/19)鑑賞。初日の夕方の回で観客は40名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。予告編での期待の仕方で、だいぶ評価が変わるように思う作品。 ざっくりストーリー
映画「ヒア アフター」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog】at 2011年02月20日 14:34
映画「ヒア アフター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック…
「ヒア アフター」レビュー【映画レビュー トラックバックセンター】at 2011年02月20日 15:06
齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津波を彷彿させますが、定かではありません。その後、物語中盤で、...
ヒア アフター / HEREAFTER【勝手に映画評】at 2011年02月20日 15:59
人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り、映像としての芸術作品になっている。人間は死んだ後、生き
ヒアアフター    まさに芸術だ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2011年02月20日 17:37
●「ヒアアフター Hereafter」 2010 アメリカ Warner Bros.Pictures,Malpaso Pro.,Amblin,129min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、  
ヒア・アフター Hereafter【映画!That' s Entertainment】at 2011年02月20日 19:41
 アメリカ  ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:マット・デイモン      セシル・ドゥ・フランス      フランキー・マクラレン      ジョージ・マク ...
ヒア アフター【小泉寝具 ☆ Cosmic Thing】at 2011年02月20日 20:43
ヒア アフター  原題:Hereafter 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 クリント・イーストウッド監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。「死」から「生」の素晴らしさを3組のオム...
映画レビュー 「ヒア アフター」【No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)】at 2011年02月20日 22:54
旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。 ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。 死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフラ
『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい【SOARのパストラーレ♪】at 2011年02月20日 23:58
    パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。だが、帰国した後も、呼吸が停止した時に見た不思議なビジョン
*ヒア アフター*【Cartouche】at 2011年02月21日 11:53
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ...
ヒア アフター【心のままに映画の風景】at 2011年02月21日 13:37
・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染め...
「ヒア アフター」 HEREAFTER【俺の明日はどっちだ】at 2011年02月21日 17:52
死後の世界との交信に疲れ果てたアメリカの霊能力者ジョージ、死後の世界を見てしまったフランスのジャーナリスト、マリー、交通事故で亡くなった双子の兄との再会を願うイギリスの少年マーカス。 “死”に直面したことにより人生が変わってしまった3人がイギリスで出会う。
ヒア アフター【象のロケット】at 2011年02月21日 18:49
死後の世界とは映画の題材としては異色であり、際物と見られがちであるが、イーストウッド監督作品としては特長のひとつである。「荒野のストレンジャー」では、復讐の為に死神とし...
「ヒアアフター」において霊能者も臨死体験...【映画と出会う・世界が変わる】at 2011年02月22日 00:47
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
映画「ヒア アフター」【FREE TIME】at 2011年02月22日 21:05
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ〜って感じ..
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か〜?英語で言や〜Every Jack has his Jillや〜(笑)【労組書記長社労士のブログ】at 2011年02月22日 23:33
  MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス〜」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいきませんでしたが、それほど悪くもありませんでした。全体を通して...
ヒアアフター(2010)☆Hereafter【銅版画制作の日々】at 2011年02月23日 10:30
「クリント・イーストウッドにハズレなし」 この言葉に?偽りなし。 今回も間違いなし、でした。 感服しました。 マイルス・デイヴィスが「俺は音楽を喰って生きているんだ」と言ったように。 クリント・イーストウッドも「映画を喰って生きているんだ」ろうと思う。
ヒア アフター【SUPER BLOG.JP】at 2011年02月27日 20:01
先日ある集まりで突然「神や死後の世界の存在を信じますか?」という質問を受けました。 う〜ん、唐突にヘビーな質問でちょっとビックリ。 元々占いなども信じないし、迂闊に聞いて行動を左右されたくない私。 スピリチュアル系には懐疑的です。 全ての事象は科学で証明で...
ヒア アフター  HEREAFTER【映画の話でコーヒーブレイク】at 2011年02月28日 01:21
2010年・米/配給:ワーナー原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア製作:キャスリーン・
「ヒア アフター」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2011年02月28日 01:26
どうも、エミです(・∀・)つ ここ2年ほど見た映画のコメントをまともに書いてませんでしたが、落ち着いてきたのでそろそろ書いてみたいと思います。 久々に書くのは大好きなクリン ...
ヒア アフター(ネタバレあり)【エミの気紛れ日記】at 2011年03月03日 14:39
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
「ヒアアフター」感想【狂人ブログ 〜旅立ち〜】at 2011年03月04日 19:14
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま...
ヒア アフター【映画的・絵画的・音楽的】at 2011年03月05日 22:37
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ...
No.244 ヒア アフター【気ままな映画生活】at 2011年03月10日 23:06
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フラ...
『ヒア アフター』【京の昼寝〜♪】at 2011年03月18日 12:30
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン...
ヒア アフター【銀幕大帝α】at 2011年10月05日 02:16
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン...
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆【サーカスな日々】at 2011年10月12日 00:11
クリント・イーストウッド監督作品。大津波シーンが東日本大震災と重なりますね、途中で劇場非公開になるのも納得です。 でもこれは災害の物語ではなくて、希望と再生の物語でした。 サンフランシスコの霊媒体質の青年、ロンドンで暮らす双子の兄を亡くした少年、大津
ヒア アフター【いやいやえん】at 2011年10月12日 11:39
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作総
「ヒアアフター」(HEREAFTER)【シネマ・ワンダーランド】at 2011年10月22日 18:24
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり
映画評「ヒア アフター」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年05月19日 11:37
この記事へのコメント
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
Posted by シムウナ at 2011年03月13日 14:24