2011年03月02日

アンチクライスト5

antichrist公式サイト。原題:ANTICHRIST。ラース・フォン・トリアー監督、シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー。欧州諸国合作のサイコホラー。セックスのオルガスムスは「小さな死」が語源という。「彼女」(シャルロット・ゲンズブール)が「彼」(ウィレム・デフォー)と寝て正に絶頂に達した時、息子のニックがベビーベッドを這い出し、“自然の息吹”の風で開いた窓から転落死する。
しかし、このシーン、延々とハイスピードカメラのスローモーションなので現実ではないのだろう。後に分かるが、ニックが本当に転落死した場所は彼らが「エデン」と呼ぶ小屋のある森の小川に懸る小さな橋のようで、その時、ニックは靴を左右逆に履いていて足がおぼつかなかったのだろう。彼女が精神的ショックで寝込み、彼から我流?のセラピーを受けて最も大きな恐怖の源泉を「森」と答えるのは自然だ。彼女が橋をなかなか渡れないことからも推察できる。
この左右逆の靴というのもタイトルの「アンチクライスト」を仄かに暗示する。キリスト教の「産めよ殖やせよ」は人間的秩序であり自然は征服の対象。それに反するアンチクライストとは、2人の会話でもあるように「自然」。左右逆の靴というのは反秩序で非生産的、自然の法則に曝されて死ぬ確率が高くなる。彼女が「地が熱くて歩けない」と訴えるのは、自然の痛みを体現している。そして、あの左右逆の靴は彼女のニックへの虐待も暗示しているようだ。
そのような自然法則を象徴するのは恐怖の元でもある森の中の小屋の屋根に降るドングリの音。このドングリの夥しい落下は冒頭の降る雪と重なっている。彼女はカシの木は1000年くらい生きられるが、ドングリが成長して木になれるのはごくわずか、後は死ぬだけと言う。これはチャールズ・ダーウィンの素朴な形での適者生存の表明であり、ダーウィニズムは歴史的なアンチクライストの理論だ。まるでそのことを象徴するように巨木の立ち枯れの幹があり、ニックの転落がある。立ち枯れの巨木はキリスト教の象徴でもあるのだろう。
キリスト然として傲慢に彼女を教える側だった彼も森の中で次第に恐怖を感じる。木陰のカラスの巣、子鹿を産みながら途中で逃げ出す親鹿、流産したらしいキツネ。全て生殖に関るものばかり。
antichrist2セックスに明け暮れた彼と彼女は、やがて彼ら自身がオルガスムス=「小さな死」を迎える。彼女は突然彼の急所を潰し、まるでキリストの磔刑のように彼の足に穴を穿ち、石臼の付いた大きなボルトとナットを足に貫通させる。まるでキリストが処刑場まで磔刑の十字架を背負わされるのと同じだろう。その後、彼は大木の根の下の穴に逃げ込むがそこで子育て中のカラスを襲い、ひな鳥を殺す。
そして、小屋に戻った2人。彼女はなんと“アンチクリトリス”を行い、2人とも絶頂を喪失した途端、アンチクライストとしての自然が露骨に小屋に侵入する。鹿、キツネ、カラス。これは彼女が言っていた「三匹の乞食が現れる時に人が死ぬ」という「悲嘆」「苦しみ」「絶望」のそろい踏みだ。
裏返せば、この三つをキリスト教は宗教的秩序で隠蔽したということで、フリードリッヒ・ニーチェは「反キリスト者」で、
キリスト教においては、生を強化するものが悪とされ、弱化するものが善とされる。すなわち、それは、強者に対する弱者のルサンチマンの所産にほかならない。
と宣言したことと重なる。
同じようにジークムント・フロイトの夢判断が「彼」によって否定されるが、フロイトの精神分析も精神を抑圧するキリスト教への批判でもある。
文字通り男女のシンボルというか、シンボリックに描き過ぎていて笑ってしまうくらい。他にも女性虐待というミソジニーのテーマも隠されているようだ。キリスト教は基本的に父権制的な宗教で、母権制的な自然崇拝宗教より女性蔑視的な傾向があるという。ラストはその怨念を表現しているのだろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 18:08│Comments(3)TrackBack(12)clip!洋画アマ行~ | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50582308
この記事へのトラックバック
情事の最中に息子を事故で失い、深い悲しみと自責の念に苛まれ精神を病んでしまった妻と、それを治そうとするセラピストの夫の姿を描いた衝撃の問題作だ。出演は本作で第62回のカンヌ国際映画祭で女優賞を授賞したシャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォー。監督は『
アンチクライスト【LOVE Cinemas 調布】at 2011年03月02日 22:39
公式サイトほぼ二人芝居のこの物語は、自ら“うつを患った”と公言するラース・フォン・トリアー監督が、物議を醸すことを目的にしたかのような問題作だ。子供を失った夫婦が“地 ...
アンチクライスト【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2011年03月02日 23:54
     『アンチクライスト』  (2009) 愛し合っている最中に息子を事故で失った妻(シャルロット・ゲンズブール)は、罪悪感から精神を病んでしまう。 セラピストの夫(ウィレム・デフォー)は妻を何とかしようと、森の中にあるエデンと呼ばれる山小屋に連
アンチクライスト【サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村】at 2011年03月03日 23:30
 今回は、あぁちゃんと書けるのかな。不安でございます。問題作『アンチクライスト』の感想。  観に行った映画館は新宿武蔵野館。ファーストデイに行ったら、満席でした。30分前くらいに行ったけれ...
『アンチクライスト』は背徳的で凄惨で独りよがりだけど、愛だよ。【かろうじてインターネット】at 2011年03月05日 01:33
2011年3月4日(金) 20:50〜 ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『アンチクライスト』公式サイト ラース・フォン・トリアーは嫌いだ。「エレメント・オブ・クライム」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」映画じゃない
アンチクライスト【ダイターンクラッシュ!!】at 2011年03月06日 01:44
11-17.アンチクライスト■原題:Anchchrist■製作年・国:2009年、デンマーク・ドイツ・スウェーデン・イタリア・ポーランド■上映時間:104分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:2月26日、シアターN渋谷(渋谷)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名) □監督・
映画『アンチクライスト』を観て【kintyre's Diary 新館】at 2011年05月20日 09:54
ANTICHRIST/09年/デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド/104分/サスペンス・ドラマ/R18+/劇場公開 監督:ラース・フォン・トリアー 脚本:ラース・フォン・トリアー 出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー <ストーリー> 子供...
アンチクライスト【銀幕大帝α】at 2011年09月07日 17:06
監督さんはうつ病の自己治療的な意味もこめてこの作品を製作したらしい…。もっと鬱にならないか?これ… 美しいモノローグの中、激しい性行為の最中子供が転落死した夫婦。妻は精神的に追い込まれており、セラピストである夫は彼らがエデンと呼ぶ森の小屋へと妻を連れ
アンチクライスト【いやいやえん】at 2011年09月09日 19:04
アンチクライスト観ましたよ〜(◎´∀`)ノ 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の鬼才
映画「アンチクライスト」批評 確かにこれはヤバイΣ( ̄ロ ̄lll)【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2012年03月13日 00:02
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年デンマーク=ドイツ=フランス映画 監督ラース・フォン・トリアー ネタバレあり
映画評「アンチクライスト」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年06月04日 10:39
監督:ラース・フォン・トリアー出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィリアム・デフォーデンマーク他映画 2009年 ・・・・・・ 6点
トラウマづくりの名人芸 『アンチクライスト』【映画部族 a tribe called movie】at 2012年06月05日 19:47
あらすじ激しいセックスに没頭している最中に幼い一人息子が・・・。解説カンヌ国際映
『アンチクライスト』'09・丁・独・仏・瑞・伊・波【虎団Jr. 虎ックバック専用機】at 2012年07月25日 07:53
この記事へのコメント
>母権制的な自然崇拝宗教より女性蔑視的な傾向があるという
その通りですね。偶然ですが『アレクサンドリア』という作品はその女性蔑視がエピソードの一つに取り込まれてました。聖書にそう書かれているんですが、何故そうなったのかまでは私は解らないんですけど。(苦笑)
Posted by KLY at 2011年03月03日 00:17
『アレクサンドリア』って今週末から公開ですか。またキツそうな映画ですなあ。
Posted by 佐藤秀 at 2011年03月03日 00:26
基本的には歴史恋愛モノ?なんで面白い面白くないは別にしてそこまでキツクはないです。たまたま佐藤さんが書かれていたことで思い出したんですけどね。^^;
Posted by KLY at 2011年03月03日 03:51