2011年03月29日

塔の上のラプンツェル3

Tangled公式サイト。原題:Tangled。グリム童話「ラプンツェル」が原作のディズニー・アニメ。電子図書館青空文庫「ラプンツェル」にも収録されている。バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ監督、(日本語吹替え版声)中川翔子、畠中洋、剣幸、岡田誠、歌:小此木麻里。「ラプンツェル」というのは元々魔女の庭に生えている野菜のことでチシャというレタス類らしい。妊娠してやつれた妻が欲しがってたまらないので夫が魔女と交渉し、産まれる子供を手渡す条件でもらうという話で、本当は性交渉もある物語だという。
映画では、レタスが花に変わり、夫婦が王様夫妻に変わり、その子供ラプンツェルが王女様になっている。魔女は夫婦の近所ににいる設定だったのが、森の魔女になっている。
王の兵隊が万能薬であり、永遠の命を持つ魔女マザー・ゴーテルの花を奪うわけだから、見方を変えれば被害者はゴーテルということになる。そうすると、被害者意識のあるゴーテルがラプンツェルを超箱入り娘にしちゃうのも情状酌量の余地がある筈なのだけれど。
大体、やがてラプンツェルと結ばれるフリン・ライダーという名前って何なんだと思う。「不倫ライダー」「フリーライダー」(ただ乗り)をイメージしてしまう。いくら英語と日本語の違いはあれど。
その意味で、人間の自然収奪を象徴化したのかと思うと、どうしても「アンチクライスト」を連想し、その裏返しなのかと思ってしまう。「アンチクライスト」もわが子の赤ん坊が窓から転落して死亡するというシーンから始まっていて、心の傷を癒すために森の中に入るのだから形式的にはそっくりとさえ思えてしまう。シャルロット・ゲンズブールが演じた魔女の研究家の「彼女」とゴーテルって凄く重なる。
ラプンツェルの長い長い髪は当然、ゴーテルが持っていた永遠の命をシンボル化しているわけで、その髪を切り取ることは自然の生命を奪い取って幸福になることにつながってしまう。子供向けにハッピーエンドになっているのだけれど、自然が悪役にされてしまっているところも見逃せない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 14:40│Comments(0)TrackBack(11)clip!アニメ洋画 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50598359
この記事へのトラックバック
 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...
塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え【銅版画制作の日々】at 2011年03月29日 18:47
深い森にある高い塔の中で、18年間、外の世界を知らずに成長した、驚くほど長い魔法の“黄金色の髪”を持つ美しい少女ラプンツェル。 彼女の夢は、毎年、誕生日になると夜空に現れる“不思議な灯り”の正体を確かめること。 お母様には内緒で、塔の中に迷い込んできたお尋
塔の上のラプンツェル【象のロケット】at 2011年03月30日 01:40
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー【さも観たかのような映画レビュー】at 2011年04月22日 17:34
 近くの映画館はほとんどが吹き替え版だったので、まぁ吹き替え版でもいいかという気持ちになっていたのですが、吹き替えが声優じゃなくて中川翔子ということを知って、なんとしても字幕版で見なくては!と言うわけでブログにも書きましたが109シネマズを運営している
映画:塔の上のラプンツェル【よしなしごと】at 2011年05月01日 15:36
2011年公開作品、朝の10時に2D吹き替えで観賞。時間ギリギリだったが、休日でもないし券買が混むことはないだろうと余裕こいてたら、長蛇の列!ん?今日って学校休みなのかな〜 ...
塔の上のラプンツェル【映画 大好きだった^^】at 2011年05月05日 22:29
TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン 声の出演(日本語吹替版):...
塔の上のラプンツェル【銀幕大帝α】at 2011年07月21日 21:20
どんな艶とこしなんだとツッコみたい長い長い髪の毛ですが、本来のラプンツェルの物語とは全然違っていて、実際のところかなり脚色されています。 それでも純粋なラプンツェルは可愛いし強いし(武器はフライパン)、なにより映像がキレイ。キャッホーのあとのネガな部分
塔の上のラプンツェル【いやいやえん】at 2011年07月23日 14:05
ブログネタ:最近の1番の楽しみは? 参加中 9月はあまりにもレビューが少なかったので、 10月からは増やそうと思って頑張っていたけれど、 今月も少ない感じ。(T^T) でも映画を観る時は楽しいですね。 そう! こういう時は楽しい映画を観たいですね(^^)
塔の上のラプンツェル【映画、言いたい放題!】at 2011年11月10日 22:43
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ネーザン・グレノ、バイロン・ハワード ネタバレあり
映画評「塔の上のラプンツェル」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年11月29日 10:16
JUGEMテーマ:洋画   外に出て喜んだり、落ち込んだりとラプンツェルは   物凄く感情が豊かな人物です。   冒険と恋愛の定番のテーマでしたが   グルム童話よりも明るく描かれており、ほっとしました。   最後はフ
映画 塔の上のラプンツェル【こみち】at 2014年03月23日 13:48
この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシーンは、まるで、「アバター」で主人公が、美しい異世界に感動するシーンのようで、ジーーン。特
塔の上のラプンツェル(2011)【のほほん便り】at 2017年03月11日 23:45