2011年05月12日

ブラック・スワン1

と言うよりブラック・タイガー
blackswan公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ、クセニア・ソロ、クリスティーナ・アナパウ、ジャネット・モンゴメリー、セバスチャン・スタン、トビー・ヘミングウェイ。ずっと折に触れて予告編を見せ続けられ、喧伝され続けると、いざ公開となってテンション既に下がっているという映画がたまにある。そういう場合、大体いやーな予感が付き纏って来るものだが、実際その通りになってしまった。
簡単にまとめてしまうと、
(「レスラー」+「ブロークン The Broken」)÷2
という感じ。「レスラー」は同じアロノフスキー監督作品だから何をか言わんや、だ。隠れたところでわざと自分で自分を流血させるとか、覚悟の飛び降りでラストとか、ほとんど「レスラー」と同じじゃん。八百長だあ。
大体、あの醜く品のないブラック・スワンのメイクは何なんだ。「誘惑しろ!」なんて言われても、あれじゃプロレスのヒール役のマスクマンみたいで、タイガーマスクの宿敵ブラック・タイガーだ。男を誘惑するのならある意味ホワイト・スワン以上に魅惑的でなければならない。監督は勘違いしているとしか思えない。実際、ブラック・スワンのダンスシーンもプロレス的ケレンで誤魔化されている。
それでも救われるのは主役のニナ役がオードリー・ヘップバーンの再来のような気品あるナタリー・ポートマンだったから。あんな醜いブラック・スワンのメイクよりも、時々瞬間的に現れるニナの黒いドッペルゲンガーの方がはるかに魅惑的で誘惑的だ。
そのナタリーをこのスケベ監督はなぶるだけなぶってセクハラしまくって楽しむために作ったとしか思えない。やらせるにしても品がなさすぎる。はっきり言って許せない。スケベと言えば、バレエ振付師(ヴァンサン・カッセル)もスケベ根性丸出しのパワハラ男だが、彼は監督のドッペルゲンガーなのだろう。
blackswan2ホラーとしてもだんだんどんどん安っぽくなる。危うく「ザ・フライ」のようになるのはまだ許せる。バレエのレッスンには欠かせない鏡やガラス窓越しのシーンが多用されるのは良いのだけれど、調子に乗ってガラスでハラキリ、日の丸完成って、三島由紀夫の「憂国」かよ。大体自分で「完璧」なんて言うか。ナメてるのか。絵画がわめき散らすシーンには、あまりのベタさにマジで引いてしまった。なんじゃこりゃ。
こんな芸術を装った下卑た作品がナタリーの代表作に祭り上げられるなんて耐え難い屈辱だ。ナタリーのアカデミー主演女優賞受賞はもう一つの「ブラック・スワン」による珍事としか思えない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:47│Comments(6)TrackBack(50)clip!洋画ブーボ | ★1

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50619678
この記事へのトラックバック
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人公
ブラック・スワン【LOVE Cinemas 調布】at 2011年05月12日 22:16
ニューヨーク・シティ・バレエ団の新シーズンのオープニング演目は「白鳥の湖」。 芸術監督ルロイは、キャスティング・オーディションを実施する。 可憐で繊細な白鳥だけでなく、自由奔放にして邪悪な黒鳥にもなりきらねばならないこの役は、極めて難易度の高い表現力を求
ブラック・スワン【象のロケット】at 2011年05月12日 22:54
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
映画レビュー「ブラック・スワン」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2011年05月12日 23:27
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
ブラック・スワン【心のままに映画の風景】at 2011年05月12日 23:33
注・内容に触れています。「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督による心理スリラー『ブラック・スワン』(Black Swan)。主演は本作でアカデミー賞主演女優
ダーレン・アロノフスキー監督 『ブラック・スワン』【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2011年05月13日 00:12
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
ブラック・スワン / Black swan【我想一個人映画美的女人blog】at 2011年05月13日 01:18
ブラック・スワン  原題:Black Swan 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 バレエの世界を舞台に、白鳥の湖の新プリマの重圧から精神的に追い詰められていく様を描くサイコ・スリラー。...
映画レビュー 「ブラック・スワン」【No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)】at 2011年05月13日 03:14
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥【ノルウェー暮らし・イン・London】at 2011年05月13日 05:47
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
ブラック・スワン【Memoirs_of_dai】at 2011年05月13日 07:06
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
ブラック・スワン【Akira's VOICE】at 2011年05月13日 10:52
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...
ブラック・スワン【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2011年05月13日 11:10
純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...
ブラック・スワン【Recommend Movies】at 2011年05月13日 16:20
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタリーの演
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2011年05月13日 17:28
  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だ
*ブラック・スワン*【Cartouche】at 2011年05月13日 21:12
評価:★★★★【4点】(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
ブラック・スワン【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2011年05月13日 22:14
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
ブラック・スワン / Black Swan【勝手に映画評】at 2011年05月14日 17:09
昨日「ブラック・スワン」公開初日のチケットをオンラインで取り、楽しみにしていたら・・・ 朝のワイドショー「スッキリ」でオープニング約7分半をノーカットで放送。 思わず見ちゃったけど、折角これから〜と楽しみにしているのに・・・どうなのこの宣伝方法? 映画を...
ブラック・スワン【映画の話でコーヒーブレイク】at 2011年05月15日 00:02
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
ブラック・スワン【to Heart】at 2011年05月15日 13:21
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
映画『ブラック・スワン』【よくばりアンテナ】at 2011年05月15日 19:58
「ブラック・スワン」を鑑賞してきました黒鳥をイメージした服装でなくても、初日先着プレゼントが貰えた。「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキ...
劇場鑑賞「ブラック・スワン」【日々“是”精進!】at 2011年05月15日 20:03
アカデミー賞のおかげで前評判がすごく高くなって。 超美人である。 ボクの期待も「かなり」高かった作品。 かなり観たかった…理由は… まず、監督がダーレン・アロノフスキーであること。 去年観て結構気に入った作品「レスラー」の監督ですな。 んで主演がなんと
ブラック・スワン【SUPER BLOG.JP】at 2011年05月16日 16:23
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラック・スワン【as soon as】at 2011年05月17日 08:07
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
映画「ブラック・スワン」【FREE TIME】at 2011年05月21日 06:50
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として)【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2011年05月25日 01:53
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
カ・ン・ペ・キ〜『ブラック・スワン』【真紅のthinkingdays】at 2011年05月25日 10:17
2011年5月22日(日) 18:45〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『ブラック・スワン』公式サイト 予告編を見ていれば誤解することはないと思うが、単純なサクセスストーリーでない。狂気の映画だ。
ブラック・スワン【ダイターンクラッシュ!!】at 2011年05月25日 18:33
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
ブラック・スワン【映画的・絵画的・音楽的】at 2011年05月29日 21:44
どうしようかなぁ〜? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」【映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?】at 2011年05月30日 21:03
2010年・米/配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ原題:Black Swan監督:ダーレン・アロノフスキー原案:アンドレス・ハインツ脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マク
「ブラック・スワン」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2011年05月31日 00:55
<<ストーリー>>ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、 ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。 芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形の...
ブラック・スワン【ゴリラも寄り道】at 2011年06月04日 04:32
トウシューズで滑り止めの松脂を踏むバリバリという音・・懐かしいな。あれは古いクッキーの缶だった。白に青のストライプの平たい缶。10歳の私はピンクのトウシュースを履いていた。 お母さん、怖...
「ブラック・スワン」感想【帰ってきた二次元に愛をこめて☆REFLEC】at 2011年06月05日 04:29
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライ
『ブラック・スワン』【京の昼寝〜♪】at 2011年06月05日 21:41
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2011年06月06日 21:45
ナタリー・ポートマンの演技とライトを浴びるステージでの姿、圧巻。 白と黒の対比、女と女のぶつかりあい。 舞台に上がる人達の、底知れない心理状態が垣間見れる。 予告を見 ...
ブラック・スワン【ここにあるもの】at 2011年06月08日 01:19
「Black Swan」2010 USA ニナ・セイヤーズに「ブーリン家の姉妹/2008」「マイ・ブラザー/2009」のナタリー・ポートマン。 トーマス・ルロイに「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」のヴァンサン
「ブラック・スワン」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2011年06月16日 23:47
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
『ブラック・スワン』 映画レビュー【さも観たかのような映画レビュー】at 2011年06月18日 18:27
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...
ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・【労組書記長社労士のブログ】at 2011年06月29日 14:52
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ア..
映画「ブラック・スワン」【itchy1976の日記】at 2011年06月29日 21:33
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。
映画:ブラック・スワン【よしなしごと】at 2011年07月04日 01:42
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を演
ブラック・スワン【いやいやえん】at 2011年09月07日 16:30
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する...
ブラック・スワン【銀幕大帝α】at 2011年09月09日 23:08
【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリー...
2011年上半期No1 ブラック・スワン 妄想の終着駅(最後までネタバレ満載)【もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)】at 2011年09月11日 12:23
映画「ブラック・スワン」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思いま
映画「ブラック・スワン」を見ました(サイコホラーと聞いていたが官能映画?)【翼のインサイト競馬予想】at 2011年09月19日 09:27
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台に、
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN)【シネマ・ワンダーランド】at 2011年10月02日 06:55
ブラック・スワン〜 BLACK SWAN 〜 監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 公開: 2...
【ブラック・スワン】ハリウッド版・世にも奇妙な物語はスケールでかい【映画@見取り八段】at 2011年11月28日 02:18
ナタリーのファン、バレエを観るのが好き、サイコものが好き、となると、評価は恐縮ながらこうなります。逆に言うと、どれにも当てはまらないという方には ★3くらいが妥当なのかもしれません。映画を観てまず思ったことが、ナタリーがかなり痩せたということ。この撮影のた
ブラック・スワン【あず沙の映画レビュー・ノート】at 2012年04月10日 10:11
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ダーレン・アレノフスキー ネタバレあり
映画評「ブラック・スワン」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年05月14日 11:34
「純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる」まさに、そのもの物語。 白鳥のホワイト演技は絶品でも、国鳥のブラック表現ができなかったヒロインが、それを手に入れるまでの「血の滲むような」芸への執念が、かぎりなく、ホラータッチで描かれます。 元バレリーナだっ
ブラック・スワン【のほほん便り】at 2013年03月18日 14:03
 今日の広島は、蒸し暑かったですよ。これから、本格的に梅雨に入りそうだし、しばらくは不快指数高くなりそうですね。ちなみに、本日紹介する作品は、今頃観てるのかよと突っ込
ブラック・スワン : 芸術って、怖いのね【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年06月10日 17:26
JUGEMテーマ:洋画   映画観で観ようかどうか迷っていた「ブラックスワン」を観ました。   清純なスワンから怪しいスワンへと変貌していくニナ・セイヤーズ。   なんだか、「私騙されているよ」的なストーリですね。   アルコー
映画 ブラック・スワン【こみち】at 2014年03月21日 20:31
この記事へのコメント
メイクは悪くなかったと思いますよ。狂気を表すには中途半端な妖艶さではいけないと思います。
まぁ、美しくかんじるか醜くかんじるかは人それぞれですからね。
Posted by 黒鳥の at 2011年05月15日 00:50
私にはなぜナタリーがデーモン小暮閣下にならなきゃいかんのと思いましたよ。あんな顔で「はい、これが狂気です」なんて言われても。
狂気がいかにも取って付けたような狂気で観客に分かりやすく説明するためだけのつまらない狂気にしか見えませんでした。
Posted by 佐藤秀 at 2011年05月15日 07:09
評価は異なるのですが、面白い感想で興味深く読ませていただきました

以前はハクナマタタというブログでやっておりこの度引っ越しをしてas soon asとなりました
よろしくお願いします
Posted by おくやぷ at 2011年05月17日 08:07
元々この映画って、ベースになっているのは日本の少女アニメだそうですね。少女アニメのノリでそのまま実写化されても、なんか脱力しちゃいます。
Posted by 佐藤秀 at 2011年05月17日 09:03
3
厳しいですな^^

私も、評判ほど面白くなかった。

物語の薄さを、ねちっこさで惹きつけてましたね。

ただ、バレーシューズの底を抜いたり、曲げたりする、なんかリアルな描写は良かったかな。
Posted by ミッドナイト・蘭 at 2011年06月06日 21:54
ナタリーがデーモン木暮閣下にされたんじゃそりゃ興ざめですわな。
Posted by 佐藤秀 at 2011年06月07日 09:26