2011年06月13日

さや侍3

まるで松本人志版ゴッホの自画像
sayazamurai公式サイト。松本人志監督、 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼。監督のお笑い芸人松本人志は画家のゴッホが好きだという。本作はさしずめ耳を切った後に描かれたゴッホの自画像に似せたような松本人志の自画像のようで、痛々しい匂いがする。
ある意味、テレビのお笑い番組を江戸時代の架空の藩に移動しただけ、という感じがしないでもない設定だが、多幸藩の笑わない若君って、松本から見た批評家や観客、視聴者で、野見隆明演ずるさや侍の暗さはそのまんま松本の素の顔のように思える。ネタが受けず、笑ってもらえないかもしれないという恐怖感はお笑い芸人ならいつでもあるだろう。その意味で松本の究極の自虐ネタぽい。無名の野見隆明を主役にしたのも生存中は無名だったゴッホを意識してのことだろうか。あの変な藩主(國村隼)と家老(伊武雅刀)も、似たようなテレビディレクターでもヒントにしているのだろうか。
実際、本作でも若君を笑わせるための「三十日の業」のお笑いネタ作りは楽屋裏を思わせる暗い納屋のような場所で作られ、ことごとく滑る。わざと滑らせて痛々しさがいや増すことを狙ったとしか思えないほど見事に滑る。門番の倉之助(板尾創路)と平吉(柄本時生)はそのままボケとツッコミの漫才コンビになっている。柄本時生の口開けっ放しのアホ面が堂に入っている。どうも彼らが出すアイデアも過去の「三十日の業」の使い回し臭い。ベタな現実問題として、そうでなければ、あんな簡単に小道具作れないだろう。テレビ番組じゃないのだから。
娘たえ(熊田聖亜)との親子は、これまた松本が好きだという子連れ狼の応用だろうか。ただし、たえの台詞は、つまらないというか、喋り過ぎ。父親に向かって「自害しろ」連発とはキツい娘さんだこと。
わけわからん賞金首狙いの三人衆って、結局「戦う武士」たれという無理矢理な大義名分のためだけの役回りのように思える。戦はないのだから真剣を差していようが鞘だけでいようが、実際には関係ない時代。むしろ、笑いの方が必要な時代だったろう。ちなみに若君は最後まで笑わないか、あるいはあの決定的瞬間に笑った方が残酷な凄味が出たような気がする。
結局、物の見事に最後まで笑えなかった。まあ、実体は深刻で痛々しい映画なのだから。よって、
切腹を申し付ける!(太鼓の音)
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:24│Comments(1)TrackBack(22)clip!邦画サ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50631844
この記事へのトラックバック
公式サイト松本人志監督作品第3弾は、野見隆明という“素人”を独特の演出で使ったことが異化効果になっている。過去作品に比べ格段に分かりやすい。ある事情で、刀を捨てた侍・ ...
さや侍【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2011年06月13日 21:34
 松本人志第三回監督作品。主演俳優がド素人という異色さが注目された作品ですが、案に相違して、中身はしごくまっとうな、映画らしい映画でした。ラストには少し驚きがありますが、そこはネタバレしない方向...
映画『さや侍』【闘争と逃走の道程】at 2011年06月13日 21:36
『大日本人』、『しんぼる』に続くダウンタウン・松本人志監督の第3弾。前2作とはがらっと変わり今回は時代劇に挑戦だ。脱藩の罪で捕まった主人公が、母を亡くした事で笑顔を失った藩主の息子を笑わせるための“三十日の業”を通じて娘との絆を取り戻していく様子を笑いと
さや侍【LOVE Cinemas 調布】at 2011年06月13日 21:54
妻の死にショックを受けた侍が、役職も家も藩も捨て刀まで捨てて逃げていく。ただ一人の娘を連れて国を超えてただひたすら逃げていく。最初のうちは若君を笑わせようとする野見隆明が面白いのだが、監督が示してくれる結末は厳しい現実だった。子役の熊田聖亜がすばらしい演
さや侍【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2011年06月13日 23:26
脱藩し、刀を捨て、娘たえと逃亡の旅を続けていた侍・野見勘十郎は遂に捕まった。 変り者として世に名を馳せていた殿様の前に連行された勘十郎は、“三十日の業”を言い渡される。 それは、「母君を亡くした悲しみで全く笑わなくなった若君の笑顔を三十日間かけて取り戻せ
さや侍【象のロケット】at 2011年06月14日 01:39
<<ストーリー>> ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。 そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしていたのだが、 無断で脱...
さや侍【ゴリラも寄り道】at 2011年06月14日 04:13
「さや侍」を鑑賞してきました人気お笑い芸人・松本人志が、「大日本人」「しんぼる」に続いて手掛けた映画監督第3弾。自身初の時代劇に挑戦し、ある理由からさやしか持たない侍が...
劇場鑑賞「さや侍」【日々“是”精進!】at 2011年06月14日 13:50
☆☆★−− (10段階評価で 5) 6月11日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 18:35の回を鑑賞。
『さや侍』('11初鑑賞82・劇場)【みはいる・BのB】at 2011年06月14日 21:05
☆仕事を定時で終えて、「映画を見るので帰宅が遅くなる」と母親に連絡したら、「(小5の)姪っ子が友人4人を連れて家で遊んでいる」とのこと・・・、  私はよっぽど、映画なんてやめて、コンビニでシュークリームでも買って帰って、少女たちの人気者になろうと思ったのだ..
[映画『さや侍』を観るもつまらなかったので<TSUTAYA>へ]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2011年06月14日 22:40
2011/06/11公開 日本 103分監督:松本人志出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父に対し、娘は反発していた。2人は、あてもなく旅を...
さや侍【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2011年06月15日 11:41
ラストが良い! それだけで満足。  
さや侍【Akira's VOICE】at 2011年06月16日 14:09
      『さや侍』  (2011) ある出来事をきっかけに侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。 そんな父に対し、娘のたえ(熊田聖亜)は反発していた。 2人は、あてもなく旅をしていたのだが、無断で脱藩した勘十郎には懸賞金が
さや侍【サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村】at 2011年06月16日 17:22
「大日本人」「しんぼる」に続く松本人志監督の長編3作目。侍でありながら鞘しか持たない父と、その不甲斐なさに反発する娘の姿を描く。出演は、TV『働くおっさん劇場』で強烈なイ ...
さや侍【パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ】at 2011年06月16日 21:15
 『さや侍』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)これまで松本人志の監督作品は肌が合わないのではと思って敬遠してきたものの、今回の作品は、従来のものとはだいぶ趣が違っているとのことなので、それならと映画館に出かけてきました。  実際見てみると、わけのわか...
さや侍【映画的・絵画的・音楽的】at 2011年06月22日 21:18
13日のことですが、映画「さや侍」を見ました。 松本人志監督作品 どうしても 期待してしまうのですが・・・ 今までの作品と比べても 1番 映画らしい作りで ある意味 見やすい作品でした 若君を笑わせるための 三十日の業 これがベースとなるわけで まぁ、1日 1ネ...
切腹を申し付ける【笑う学生の生活】at 2011年06月22日 22:46
□作品オフィシャルサイト 「さや侍」□監督・脚本 松本人志 □脚本協力 高須光聖、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留□キャスト 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村 隼、りょう■鑑賞日 6月18日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★
『さや侍』【京の昼寝〜♪】at 2011年06月23日 08:12
刀を持たず、さやだけを腰に下げた賞金首のさや侍こと野見勘十郎。娘と旅をする彼は多幸藩で遂に御用となってしまうが、多幸藩では罪人は領主の息子である若君の笑顔を取り戻すた ...
さや侍【5125年映画の旅】at 2011年06月30日 22:44
『 さや侍 』 (2011)  監  督 :松本人志キャスト :野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之助、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀 独特の感性で作品を送り出してきた...
『さや侍』 映画レビュー【さも観たかのような映画レビュー】at 2011年07月29日 01:38
脱藩の罪でお尋ね者となった、鞘しか持たないさや侍。 一ヶ月で若様を笑わせないと切腹を申し付けられる。 『さや侍』 ダウンタウンの松本人志監督作品、第3弾。 初監督作品の ...
『さや侍』 2011年49本目 MOVIX仙台【映画とJ-POPの日々】at 2011年08月14日 14:34
11年/日本/103分/時代劇コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 脚本協力:板尾創路 出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、伊武雅刀、國村隼 <ストーリー> ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野...
さや侍【銀幕大帝α】at 2011年11月07日 01:03
ブログネタ:今、お腹すいてる? 参加中 始終何か口にしてしまう私です。 映画を観る前には何かを食べ、 観終わったら、また食べに行ってしまう。 家で観る時は、 観ている間も何か食べているかも。 年中空腹。(爆) さて、松本人志監督の三つ目の作品。 一
さや侍【映画、言いたい放題!】at 2011年11月08日 16:54
☆☆(4点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・松本人志 ネタバレあり
映画評「さや侍」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2016年03月05日 09:39
この記事へのコメント
つまらん。
Posted by じじい at 2011年06月21日 19:38