2011年08月30日

神様のカルテ〜医療版草枕3

「正」から「一」抜けた人々
kamirte公式サイト。夏川草介原作、深川栄洋監督。櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明。始めに主人公の内科医一止(櫻井翔)の名前が変だ。これは「正」から「一」を抜いたらどうなるかという問題らしい。すなわち「(はじめ)に立ちまったら道を歩めない」ということだろうか。
実際、一止(イチさん)自身、ちょっと変だ。単に舞台の松本市内にある本庄病院が24時間365日体制で激務だからという訳だけじゃないみたい。いつまでも医師としての正道に一歩踏み出せず、心ここにあらず、という感じ。将来を嘱望された優秀な医師らしいのだけれど、何というか本人が鬱病の疑いあり。信濃大学の教授(西岡徳馬)には「やり通す力がない」と見抜かれている。妻でカメラマンの榛名(ハルさん)役が宮崎あおいだから何となく10月公開の「ツレがうつになりまして。」を先取りしている雰囲気がある。
大体、2人は新婚夫婦なのに2人だけで住んでいるのではなく旧旅館を改造したアパート「御嶽荘」で他人とほとんど共同生活しているという非現実的な設定。このアパート、坂を登ったところにあり、こういう場所なのだと映像で強調されているということは、現実から乖離したイチさんの脳内世界なのだと思わせる。イチさんが入れ込んでいる夏目漱石自身が神経衰弱や鬱病を患っていたと言われている。
kamirte2この住民が例外なく「一止」な人たちで、アパート管理人で画家志望の男爵(原田泰造)は「今度こそ最高傑作になる」と言いながら実はキャンバスはいつまでたっても白いまんま。
学士(岡田義徳)はニーチェ哲学に入れ込んでいるちょっとくたびれた自称学生、実はニセ学生。彼も農家の実家に帰る時、ハルさんに「論文は大学を出なければ書いてはいけないというものじゃない。農作業しながらでも論文を書けるのよ」と言われる。つまり、正道を歩まなくても本人のやる気次第なのだと。
そして、ここの住民の口調が漱石当時の明治風。イチさんが同期の看護師(池脇千鶴)に何度も言う台詞など明治の人と現代人が時空を超えて会話しているみたいだ。
そもそも登場人物たちは本作に出てくる「草枕(青空文庫)」をベースにしているようだ。

越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容げて、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。
住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、ありがたい世界をまのあたりに写すのが詩である、画である。あるは音楽と彫刻である。こまかに云えば写さないでもよい。ただまのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌も湧わく。着想を紙に落さぬともきゅうそうの音は胸裏に起こる。丹青は画架に向って塗抹せんでも五彩の絢爛は自から心眼に映る。ただおのが住む世を、かく観じ得て、霊台方寸のカメラに澆季溷濁の俗界を清くうららかに収め得れば足たる。この故に無声の詩人には一句なく、無色の画家にはせっけんなきも、かく人世を観じ得るの点において、かく煩悩を解脱するの点において、かく清浄界に出入し得るの点において、またこの不同不二の乾坤を建立し得るの点において、我利私慾の覊絆を掃蕩するの点において、――千金の子よりも、万乗の君よりも、あらゆる俗界の寵児よりも幸福である。

この引用文は映画で実際引用される個所の後に出てくる。「越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容げて、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る」は御嶽荘を思わせる。ハルさんがやっている「カメラ」もある。「画架に向って塗抹せんでも五彩の絢爛は自から心眼に映る」のような男爵の白いままのキャンバスもある。そして、「一止」を思わせるような「住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて」。
イチさんは医学研究者への道を断って「千金の子よりも、万乗の君よりも、あらゆる俗界の寵児よりも幸福である」ことを選ぼうとしているかのようだ。漱石自身が東京大学で英文学の教授になるはずだったのが、小説の世界に転身している。本作の学士も華厳の滝で自殺した漱石の弟子、藤村操を連想しなくもない。
イチさんと明治の文人が重なるようなシーンも巧みに挿入されている。イチさんが天井を仰ぎ見て思い悩む時、カメラは真上から顔を逆さに撮るので、イチさんの髪が顎鬚、眉毛が口髭に見えて所謂騙し絵のように見える。
とすると、そもそもこの映画も騙し絵ではないかという疑問に突き当たる。「正道」的には地方の病院を舞台にした医療問題をテーマにした映画なのだろうが、この映画自体がその「正道」を踏み外して「一止」な映画になっている。そのために本庄病院の物語と御嶽荘の物語とが分裂気味になってしまっている。
生まれた土地そのものの名前である安曇(加賀まりこ)は医療ヒューマンドラマの「正道」(俗受け)の役回りなのだけれど、「一止」の役回りではない。実際、安曇が天涯孤独の身だから本来親族が行うべきことを病院側が代わりにやってあげただけでそれ自体よくある親切程度のもので感動物語でも何でもない。
ラストはそれでも2人は「あらゆる俗界の寵児よりも幸福である」ことを信じて新しい命を産もうとする。その時、御嶽荘は既に消えていたと思う。

続編:神様のカルテ2
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 21:31│Comments(2)TrackBack(21)clip!邦画カハ行〜 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50657859
この記事へのトラックバック
『ハチミツとクローバー』で共演した櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマンドラマだ。医療の現実に悩みながらも成長していく若手医師
神様のカルテ【LOVE Cinemas 調布】at 2011年08月30日 21:34
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、 内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。 24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、 前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、 最愛の妻・榛名(宮...
神様のカルテ(2011-067)【単館系】at 2011年08月30日 22:06
神様のカルテ オリジナル・サウンド・トラック地方医療の現実や医師としての悩みを真摯に描くヒューマン・ドラマ。人を生かす仕事である医者とは、“死”の在り方にも責任がある職 ...
神様のカルテ【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2011年08月30日 23:05
長野県・松本市。 青年内科医・栗原一止(くりはらいちと)は、医師不足ながら「24時間、365日対応」を掲げる小規模病院・本庄病院に勤務して5年目。 妻・榛名(はるな)との結婚記念日を忘れるほど多忙な毎日を送っている。 ある日、県内随一の設備を誇る大学病院で研修
神様のカルテ【象のロケット】at 2011年08月30日 23:08
「神様のカルテ」を鑑賞してきました長野県在住の現役医師のデビュー小説にして2010年の本屋大賞にもノミネートされた同名ベストセラーを、「ヤッターマン」の櫻井翔と「オカン...
劇場鑑賞「神様のカルテ」【日々“是”精進!】at 2011年08月31日 06:06
映画「神様のカルテ」観に行ってきました。 医師でもある夏川草介原作の同名小説をベースとした、地方医療における現実と患者の心の問題を描いたヒューマンドラマ系の作品。 物語の舞台は長野県松本市。 ここにあるそこそこ大きな総合病院である本庄病院で多くの患者を診
映画「神様のカルテ」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2011年08月31日 22:10
[神様のカルテ] ブログ村キーワード  長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。さあ、映画の方は泣ける出来になっておりますでしょ
「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2011年09月02日 12:28
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ」□監督 深川栄洋 □脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、要 潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、       西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本 明■鑑賞日 8月27日(土
『神様のカルテ』【京の昼寝〜♪】at 2011年09月03日 12:40
宮崎あおいが使ってたのはやっぱりオリンパスのカメラだったな〜 踊る大捜査線の室井さんと青島じゃないが 医療の現場でも こういう教授とこういう医師が お互いのやらなきゃいけないことを理解し連携して はじめてたくさんの人が救えるんだと思う。 医者5年目で分岐...
命は救えなくても、心は救える。〜「神様のカルテ」〜【ペパーミントの魔術師】at 2011年09月04日 13:20
ハートフルで好き。  
神様のカルテ【Akira's VOICE】at 2011年09月08日 10:33
2011年・日本/配給: 東宝 監督: 深川栄洋 原作: 夏川草介 脚本: 後藤法子 音楽: 松谷卓 テーマ曲: 辻井伸行 製作: 市川南、小林昭夫、大西豊、藤島ジュリーK.、石田耕二、町田智子 現役
「神様のカルテ」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2011年09月10日 21:27
昨日(2011年9月10日)1カ月ぶりに劇場で映画鑑賞。 選んだ映画が映画だっただけに、やっぱアベックや女の子同士で観にきてるのが多かった(^m^:) 公式サイト⇒http://www.kamisamanokarute-movie.jp/index.html 【あらすじ】 勤務5年目の青年内科医・栗原..
深川栄洋監督 「神様のカルテ」【映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。】at 2011年09月11日 12:30
嵐の櫻井翔と宮崎あおいがほんわか夫婦を演じる映画『神様のカルテ』。 地域医療に真摯に取り組む青年医師・イチを櫻井翔が、そのイチを支える風景写真家の妻・ハルを宮崎あおいが演じています。 ある種の理想的な医師であり、ある種の理想的な夫婦であるこのふたり。
■映画『神様のカルテ』【Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>】at 2011年09月17日 13:27
僻地の医療でもなく、大病院の医療でもなく、地域病院にスポットを当てている点が新鮮である。地方都市の救急病院の内科医として勤務している一止は、夜勤の日などは寝る間もないほど忙しい。 本当に満足な...
神様のカルテ【くまさんの再出発日記】at 2011年09月18日 15:49
日本ドラマ     * * * * * * * * 長野県在住の現役医師のデビュー小説にして2010年の本屋大賞にもノミネートされた同名ベストセラーを、「ハチミツとクローバー」「ヤッターマン」の櫻井翔と「ソラニン」「オカンの嫁入り」の宮崎あおい主演で映画化したヒュ...
神様のカルテ【だらだら無気力ブログ!】at 2011年09月24日 23:39
神様のカルテ'11:日本◆監督:深川栄洋「洋菓子コアンドル」「白夜行」◆出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳◆STORY◆勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、 ...
神様のカルテ【C'est joli〜ここちいい毎日を〜】at 2011年10月24日 16:36
夏川草介原作の大ヒット小説の映画化。 小説では、3作目の『神様のカルテ3』のさわりまで書かれていますが、映画は、第1作である『神様のカルテ』をベースにしています。ただし、映画化に際して原作から若干の設定変更があります。例えば、本庄病院の消化器内科には大...
神様のカルテ【勝手に映画評】at 2011年10月24日 21:45
11-58.ゴーストライター■原題:The Ghost Writer■製作年・国:2011年、イギリス・ドイツ・フランス■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ロマン・ポランスキー□原作・脚本:ロバ
映画『ゴーストライター』を観て【kintyre's Diary 新館】at 2011年11月12日 15:03
神様のカルテ観ましたよー(◎´∀`)ノ 本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベスト
映画「神様のカルテ」批評 ラストは泣けます(p´□`q)゜o。。【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2012年02月26日 00:02
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・深川栄洋 ネタバレあり
映画評「神様のカルテ」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年08月30日 10:51
監督:深川栄洋 出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明 最近「2」を読みましたが、「1」を読んでからは時間が経っているので。 医療技術じゃなく人間ドラマってカンジは良く出てて、
神様のカルテ【tom's garden】at 2012年09月04日 23:46
この記事へのコメント
鬱病は今はうつ病って書くのが正しいらしい。
障害者も障がい者、とかね。
Posted by at 2011年08月30日 22:07
そんなの誰が決めたのよ。わたしゃ知らんよ、何せ正道外してますから。
Posted by 佐藤秀 at 2011年08月30日 22:20