2011年11月15日

コンテイジョン3

contagion公式サイト。原題:CONTAGION(接触感染)。スティーヴン・ソダーバーグ監督、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニファー・イーリー、エリオット・グールド、サナ・レイサン、アンナ・ジャコビー=ヘロン、ジョン・ホークス。未知のウィルスが拡大するパンデミック映画なのだけれど、大統領はどこかに雲隠れしており、徹頭徹尾、現場の医師と患者とその周りの人々に焦点をあてて構成されている。
綺羅星のような大スターがそろい踏みなのに、取り立てて主演と言えるような人はいない。つまりはヒーローもヒロインもおらず、お偉いさんもおらず、限りなく一般ピープルな人たちに敢えて大スターを配して「人々はいかに持ち場持ち場で新型ウィルスに対処したか」を描く。その意味で全員主演と言えなくもない。ウィルスはワンタッチで感染するという台詞があるが、登場人物たちもワンタッチでそれぞれの役割を担っており、ストーリー自体も接触感染方式だ。
ミッチ・エンホフ(マット・デイモン)の妻で最初の発症者らしいベス役のグウィネス・パルトロウは映画開始早々に死んでしまう。後で監視カメラで姿が見えるだけの存在。マット・デイモンも残された一人娘(アンナ・ジャコビー=ヘロン)を守るために一市民としてできる限りに必死になるだけ。それだけなのかと物足りなさを感じる向きもあるかもしれないが、それで十分だ。
WHO(世界保健機関)から発生源の香港に派遣されたレオノーラ・オランテス医師役のマリオン・コティヤールは活躍する前に誘拐されてしまう。身代金代わりのワクチンが偽薬だったと教えられると、帰国の便に搭乗せず、さっさと踵を返して囚われていた村に戻る。村民を見捨てるわけにはいかないのだ。もし、ヒロインらしい行為をしていたとすれば、コティヤールが一番だろうが、あくまでさりげなくしか描かないところがいい。
エリン・ミアーズ医師役のケイト・ウィンスレットに至っては、現場で奮闘中に自ら罹患してしまい、葬式すら行ってもらえずその他大勢と一緒に地中に埋められてしまう。その哀れな姿が事態の深刻さを一層浮き立たせる。
大発見をしたのは、あえてCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のエリス・チーヴァー医師(ローレンス・フィッシュバーン)の命に背いてワクチンを捨てなかったサッスマン教授(エリオット・グールド)。それが一部のサルに効果があったことを発見してワクチン開発に乗り出すきっかけを作ったのが自分で人体実験したアリー・ヘックストール医師( ジェニファー・イーリー)(写真↑)。
こうなるとチーヴァー医師の立場なのだけれど、彼は情報を近親者にシカゴから脱出するよう電話で教えるが、顔馴染みの用務員ロジャー(ジョン・ホークス)に盗み聞きされてしまう。
ほどなくしてブロガーのアラン・クラムウィード(ジュード・ロウ)が情報を得てチーヴァー医師を糾弾、CDCは真実を隠していると書く。それ以前に東京のバス患者が倒れる動画をブログに貼り付けて新型ウィルスではないかといち早く書いていたので、さらにアクセスを集め、「ブランド」ブロガーになってしまう。
ハイ状態になったアランはレンギョウに効能があると実演動画をブログに掲載するのだけれど、ここまでやると、さすがに炎上するんじゃないか、とは思う。他のブログやコメントには「怪しい」「こいつ、ただのDQNだろう」とか色々書かれる筈だ。ネットにはネットでいかがわしい者には免疫反応のような攻撃があるはずなのだけれど。
しかし、チーヴァー医師の方は粛々とロジャーの息子に特別枠のワクチンを打ってあげる。恐らくアランに情報を渡したのはロジャーだと知った上で。それでも以前から相談を受けていたロジャーの息子への約束を忘れていなかった。これだって職権乱用なのだが、用務員を優遇しても本人には何の利益にもならない無償の職権乱用だ。
つまり、あくまでこの映画はパニックの中での等身大の人間を描き、その行動の是非は敢えて問わない。如何わしい投資ファンドと手を組んで逮捕されたアランさえファンの基金で保釈され、誘拐までした人間たちも不問だ。彼らだって必死だったのだ。徹頭徹尾リアルに拘った作品だ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:00│Comments(0)TrackBack(35)clip!洋画クーコ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50674605
この記事へのトラックバック
☆う〜む、私は、その評価に悩んでいる。  スティーブン・ソダーバーグ監督による「ウィルス感染症のパンデミック」ものである。  描き方が、実に実にクールなのである。  幾らでも、サスペンスやお涙頂戴ものに出来るのに、それをしないで、淡々と、状況を追ってい...
[映画『コンテイジョン』を観た(短信)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2011年11月15日 23:08
コンテイジョン(マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン出演) [DVD]新種のウィルスの恐怖を豪華キャストで描く群像ドラマ「コンテイジョン」。素 ...
コンテイジョン【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2011年11月15日 23:13
『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード
コンテイジョン【LOVE Cinemas 調布】at 2011年11月15日 23:43
映画「コンテイジョン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニフ…
「コンテイジョン」レビュー【映画レビュー トラックバックセンター】at 2011年11月16日 02:04
思ったより緊迫感が無かったなぁ。  
コンテイジョン【Akira's VOICE】at 2011年11月16日 10:19
コンテイジョン〜 CONTAGION 〜 監督: スティーヴン・ソダーバーグ    出演: マット・デイモン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロ...
【コンテイジョン】生き残るためにはレンギョウ【映画@見取り八段】at 2011年11月16日 17:53
コンテイジョン ★★★★ 新種ウイルスの感染パニック! 映画の中で起きてることが なぜか今の日本と重なってみえる まず初めに、『コンテイジョン』て何!? と素朴なギモン。 なぜ原題そのまま? まあ最近は、気の利いた邦題をつけるのが難しいからか 原題そのままってパタ
ただの感染ものじゃないよ『コンテイジョン』【Healing】at 2011年11月17日 01:02
【ストーリー】 「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら ...
No.276 コンテイジョン【気ままな映画生活】at 2011年11月17日 01:38
 CONTAGION  香港出張からミネソタの自宅に戻ったベス(グウィネス・パルトロー)は、激し い痙攣を起こして急死する。夫のミッチ(マット・デイモン)は疾病予防管理セン ターによって隔...
感染拡大〜『コンテイジョン』【真紅のthinkingdays】at 2011年11月17日 18:39
コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ〜〜 ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ 新種のウィルスがまたたく間に世界中に広まって...
映画『コンテイジョン』【よくばりアンテナ】at 2011年11月18日 19:19
[コンテイジョン] ブログ村キーワード  “豪華6大スター共演!”スティーブン・ソダーバーグ監督が、未知のウイルスがもたらす恐怖を描いた本作「コンテイジョン」(ワーナー・ブラザース)。いやあ、恐いって!背筋は冷たくなるし、見終わったら無闇に咳できんようになっちゃいまし
「コンテイジョン」伝染るんです。【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2011年11月19日 09:23
【CONTAGION】 2011/11/12公開 アメリカ 106分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニ...
コンテイジョン【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2011年11月20日 22:09
映画『コンテイジョン(デジタル上映)』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。キャパ112名に20名弱とは意外に?多いかも。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点にします...
映画「コンテイジョン(デジタル上映)」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog@FC2】at 2011年11月21日 06:54
最近、よくあるパンデミックパニックムービー。 マット・デイモンなど豪華キャストが魅力的。 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他にも、香港、...
コンテイジョン/CONTAGION【いい加減社長の映画日記】at 2011年11月23日 22:34
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 その後、撮る映画の方向性が2方向に別れる。 「アウト・オブ・サイト」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィ...
映画:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい?【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2011年11月26日 01:40
18日のことですが、映画「コンテイジョン」を鑑賞しました。 未知の致死性ウイルス感染が地球規模で発生 果たして どうなるのか・・・ ウイルスによるパニック映画なのだが 非常にリアルに徹して作られてますね まさに、シミュレーションのような しかし ストーリーは...
接触感染という恐怖【笑う学生の生活】at 2011年11月26日 18:58
高確率で人を死に至らしめる未知のウイルスのパンデミックを描いた映画。マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトローなど、錚々たる俳優が出演しています。 近年、SARSや新型インフルエン...
コンテイジョン / Contagion【勝手に映画評】at 2011年11月27日 17:59
人間が新型ウイルスにかかり生き延びた先には「猿の惑星」?それとも「感染列島」が世界に広がったのか?ついにウイルスは東京にも「首都感染」?そんなことが頭をよぎりますが・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】香港出張からミネ
【コンテイジョン】を映画鑑賞!【じゅずじの旦那】at 2011年11月28日 09:33
コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ 主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、それは俳優だけではないのです。 全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはしょう
コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画【映画感想 * FRAGILE】at 2011年11月28日 20:59
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「寒くなってきたんでこれから映画館に行くのがツライ。特にチャリンコで行く人は・・・・」 シネトーク90 『コンテイジョン』 C
シネトーク90『コンテイジョン』●従来のウイルス・パニック映画から飛び抜けた面白さはなく・・・・【ブルーレイ&シネマ一直線】at 2011年12月01日 13:02
映画「コンテイジョン」観に行ってきました。ひとりの感染者を発端に全世界へ拡大していく致死性ウィルスの恐怖と社会的混乱を描いたサスペンス大作。物語は、最初の感染者がウィル...
映画「コンテイジョン」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2011年12月01日 23:53
グウィネス・パルトローの衝撃シーン 【Story】 ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張後にシカゴで元恋人と密会していたが、咳と熱の症状が出始める。同...
コンテイジョン【Memoirs_of_dai】at 2011年12月03日 17:56
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。  でも、その期待は大...
コンテイジョン【映画的・絵画的・音楽的】at 2011年12月03日 18:15
 「トラフィック」「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督最新作。高い死亡率を持つ謎の感染症の蔓延により、パニックに陥る人々の姿を描くディザスター&スリラームービー。    海底に生息する巨大クリオネの化け物や、カレーの国の岩男とは違い
「コンテイジョン」感想【新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜】at 2011年12月09日 19:13
この映画を観た後は、電車の中などで咳をしている人を見かけると思わず顔を背けてしまいそうになる映画『コンテイジョン』。 あるウィルスが発生し、そのウィルスがパンデミックしていく様子を、患者(とその家族)、医療従事者、ジャーナリストなどの視点から描いていま
■映画『コンテイジョン』【Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>】at 2011年12月12日 00:04
11-72.コンテイジョン■原題:Contagion■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ソダーバーグ□脚本:スコット・Z・バーンズ□編集:スティーヴン・ミリオン□
映画『コンテイジョン』を観て【kintyre's Diary 新館】at 2011年12月30日 19:07
CONTAGION/11年/米/106分/感染パニック・サスペンス/劇場公開 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 過去監督作:『オーシャンズ13』 出演: ◆マリオン・コティヤール…ドクター・レオノーラ・オランテス 過去出演作:『インセプション』 ◆マット・デイモン…ミ
コンテイジョン【銀幕大帝α】at 2012年02月16日 13:43
コンテイジョン観ましたよ〜(◎´∀`)ノ この時期インフルエンザ、ノロウイルス等
映画「コンテイジョン」  感染恐るべし!! (lll゚Д゚)【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2012年02月21日 00:02
パンデミックもの。なんちゅう豪華なキャスト!それを惜しげもなく女優を殺しちゃうんだからまた凄いや。 新種ウィルスの感染拡大は怖い。またも世間ではインフルエンザが流行ってますが、もっと感染症状が酷くて感染源が不明なもので、情報操作だってされてるんじゃな
コンテイジョン【いやいやえん】at 2012年03月07日 09:05
コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)(2012/02/16)マット・デイモン、ジュード・ロウ 他商品詳細を見る【CONTAGION】 制作国:アメリカ   制作年:2011年 香港出張からアメリカに帰国し...
コンテイジョン【miaのmovie★DIARY】at 2012年03月22日 16:28
監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
監督の代表作をパニック映画で再調理 『コンテイジョン』【映画部族 a tribe called movie】at 2012年03月28日 23:24
 このところ、毎日雨なんですよねぇ。まあ、梅雨だから仕方ないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 コンテイジョン 【製作年】 2011年 【製作国
コンテイジョン : 迫りくる感染症の恐怖【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2012年07月05日 19:52
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督スティーヴン・ソダーバーグ ネタバレあり
映画評「コンテイジョン」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年09月02日 10:54
コンテイジョン 急速に感染して行く新種ウィルスの恐怖を ソダバーグ監督が豪華キャストで描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Contagion(感染)
『コンテイジョン』【cinema-days 映画な日々】at 2012年09月30日 14:06
まずは週末の近況報告。 2012年9月22日(土曜日)は、午前中は買い物に小倉まで、その後、自家用車の半年点検を受けて、午後から私の実家で母親の誕生会をした一日。…もう母親も70歳です。 その翌日23日(日曜日)は、またまた嫁さんが買うモノがあるとかで昨日と同じ小..
【映画】コンテイジョン…こんな事態の時、医療関係者の嫁とか居ると実に困るだろうなぁ【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2012年09月30日 17:42