2012年05月19日

ダーク・シャドウ3

アメリカ独立戦争のパロディ?
DarkShadows公式サイト。原題:Dark Shadows。ティム・バートン監督、ジョニー・デップ、エバ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ベラ・ヒースコート、ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・モレッツ、ガリバー・マクグラス、ジャッキー・アール・ヘイリー、アリス・クーパー。「ファミリー・ツリー」を観たばかりで、実は本作も「唯一の財産は家族」という家族哲学を恐ろしくも描いた作品。デップ様も本作の中で“family tree”(家系)と言っており、こちらとしては既視感があるくらい。
ただし、Descendantsではなく真逆のascendant(先祖)が蘇って復興を企てるというお話。英語のキャッチコピーは“Every Family has its Demons”だ。
しかも、アメリカ独立にまで関わる歴史的家族の絆らしいのだ。デップ様は「正確に言うと196年前」と言っていたから本作の時代設定である1972年の196年前は1776年。なんとアメリカ合衆国が独立宣言した年にバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は使用人の魔女アンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)にヴァンパイアにされて金属棺に入れらて埋められていたことになる。
つまり、イギリス・リバプール出身のコリンズ家が入植したメイン州コリンズポートの町は当時はマサチューセッツ植民地の一部でアメリカ独立戦争の火ぶたが切られた植民地。漁業を牛耳っていたコリンズ家は当時の宗主国イギリスのメタファーでその漁業を乗っ取ったアンジェリークはアメリカそのものということになる。アンジェリークは思いを寄せるプレイボーイの主人バーナバスが愛したジョセットに嫉妬し、魔法でジョセットを断崖から突き落とすのはボストン・ティーパーティー事件、イギリス東インド会社の船荷の紅茶箱をボストン湾に投棄した事件をパロったのじゃないのかと思えて来る。
正に使用人アメリカの革命のシンボルが魔女だったとは、デップ様の決め台詞“Regrettable”、残念な結果であったのだ。まあ、この人、色々な場面で「残念」を連発している。蘇って作業員の血を吸う時も「残念ではあるが」、アンジェリークと激し過ぎるヴァンパイア・ベッドインをした後も「残念な展開であった」と言っている。これ自体も独立戦争のパロディぽい。
今でこそ米英は緊密な政治的連携を維持しているが、当時は“Every Country has its Demons”なのだ。バーナバスは家庭教師、実は愛人ジョセットの蘇りヴィクトリア(ベラ・ヒースコート)が「ヴィッキーと呼んでください」と言うと「省略してはいけない」と戒める。怖れ多くも英国女王の名を省略することなど不敬なのだ。実際にはヴィクトリア女王は19世紀に誕生するのだが。
そう考えると、バーナバスのコリンズ家復興は無理筋だなあと読める。最終的にはこの戦い、痛み分け。それぞれの“Demons”の呪縛が解かれ、英米は今後もわだかまりを消して友好関係を維持するということらしい。
当時絶頂期のカーペンターズの「トップ・オブ・ザ・ワールド」がテレビで放映されるが、アンジェリークが乗っていたのはカーペンターズのアルバム「ナウ・アンド・ゼン」のジャケットに使われていた車によく似ていた。ストーリー的にはこのアルバムに収められている「イエスタデイ・ワンス・モア」を使った方が合っていたと思うのだけれど、残念ながらこの曲は1973年発表だったので使えなかったということだろうか。しかし、「トップ・オブ・ザ・ワールド」だって録音は1972年でも発表されたのは翌年だから正確に言えばテレビに出て来るのはおかしいのだが。
音楽シーンでは男のアリス・クーパーが本人役で出演、バーナバスに「醜い女」と言われていたのがクスリとさせられる。調べてみたら、「アリス・クーパー」という芸名自体、若い頃に見た夢に出てきた魔女の名前からとったというエピソードがあるというから、ぴったしの特別出演だった訳だ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:01│Comments(0)TrackBack(35)clip!洋画ダ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50706826
この記事へのトラックバック
「ダーク・シャドウ」を鑑賞してきました「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」はじめ数々のヒット作を送り出してきたジョニー・デップ&ティム・バー...
劇場鑑賞「ダーク・シャドウ」【日々“是”精進!】at 2012年05月19日 20:08
【DARK SHADOWS】 2012/05/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベ...
ダーク・シャドウ【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2012年05月19日 21:48
数々のヒット作でタッグを組んできたジョニー・デップとティム・バートン監督の8度目の作品。1960年代に放送されていた「ゴシック・ソープ・オペラ」をもとに、魔女とその魔女にヴァンパイアにされた男が200年ぶりに復活した男、更にその末裔たちの姿を描く。共演に
ダーク・シャドウ/Dark Shadows【LOVE Cinemas 調布】at 2012年05月19日 22:31
原題:Dark Shadows監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム・カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエー・グレース・モレッツ、ベラ・ヒースコート、ガリバー・マクグラ
ダーク・シャドウ【ハリウッド映画 LOVE】at 2012年05月19日 22:37
Scoreクチコミを見るバートン&デップのテッパンコンビによるダーク・ファンタジー「ダーク・シャドウ」。“浦島太郎”状態のヴァンパイアが笑いを誘う。18世紀、アメリカ・メイン州 ...
ダーク・シャドウ【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年05月19日 23:26
私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
ダーク・シャドウ【だらだら無気力ブログ!】at 2012年05月20日 00:07
ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血...
ダークシャドウ / Dark Shadows【我想一個人映画美的女人blog】at 2012年05月20日 00:14
ダーク・シャドウ@中野サンプラザ
ダーク・シャドウ【あーうぃ だにぇっと】at 2012年05月20日 00:32
裕福なコリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上、生き埋めにされてしまう。 200年後の1972年。 ふとし...
ダーク・シャドウ【心のままに映画の風景】at 2012年05月20日 01:35
映画「ダーク・シャドウ」観に行ってきました。 ジョニー・デップとティム・バートン監督が8度目のタッグを組んだ、一風変わったヴァンパイアホラー作品。 作中では下ネタな会話と血を吸うことによる流血シーン、さらには何とも微妙なセックス描写(?)が展開されている
映画「ダーク・シャドウ」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年05月20日 03:25
クロエ・グレース・モレッツの狼少女は蛇足 【Story】 コリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上に、...
ダーク・シャドウ【Memoirs_of_dai】at 2012年05月20日 04:16
悲劇を笑い飛ばす愉快劇!  
ダーク・シャドウ【Akira's VOICE】at 2012年05月20日 10:53
 アメリカ  コメディ&ファンタジー  監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ      ミシェル・ファイファー      ヘレナ・ボナム=カーター       ...
ダーク・シャドウ【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2012年05月20日 13:57
Data 原題 DARK SHADOWS 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ  ミシェル・ファイファー  ヘレナ・ボナム=カーター  エヴァ・グリーン  クロエ・グレース・モレッツ 公開 2012年 5月
ダーク・シャドウ【映画 K'z films 2】at 2012年05月20日 22:04
200年の年月をへて1972年のアメリカ東部の小さな港町に蘇ったヴァンパイアが子孫の家族と協力して、呪いをかけた魔女に復讐する物語だ。まさかこんなコメディだとは思っていなかったので、びっくりした。ぶっとんだお話はいいのだけど、クロエ・グレース・モレッツの長女の正
ダーク・シャドウ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2012年05月20日 23:07
ダーク・シャドウDark Shadows/監督:ティム・バートン/2012年/アメリカ ぼくらのティム・バートンがひとまわりおかしくなって帰ってきた!…ような気がする… ちょっと弱気なかんじの見出しで。わたしティム・バートンがすごく好きだったんです、今はそうでもないん
ダーク・シャドウ/解けない呪い、叶わぬ愛【映画感想 * FRAGILE】at 2012年05月21日 21:40
やっぱり、ジョニーデップは、はずせない・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1772年、バーナバス・コリンズは裕福、かつ有力なプレイボーイの荘園所有者として世界を手中に収めていたかに見えたが、それはアンジェリーク・ボーチャードを失恋させるという致...
ダーク・シャドウ/DARK SHADOWS【いい加減社長の映画日記】at 2012年05月22日 07:43
2012年 アメリカ作品 113分 ワーナー・ブラザース配給原題:DARK SHADOWSSTAFF監督:ティム・バートン脚本:セス・グレアム=スミスCASTジョニー・デップ ミシェル・ファイファー ヘレナ・ボナム=カーター エヴァ・グリーン ベラ・ヒースコート ジョニー・デップ、...
ダーク・シャドウ【pure\'s movie review】at 2012年05月23日 00:00
【=22 -1-】 ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビがお送りする、やからね〜観たくなるやん、どうしても、だから封切りの日に行ってきた、さすがに満員だ。  18世紀半ば、コリンズ家が築いた港町 “コリンズポート”で、「家族こそが財産」という父の教えを..
ダーク・シャドウ ヴァンパイアの浦島太郎物語(泣)【労組書記長社労士のブログ】at 2012年05月23日 10:45
6月20日、日曜に観てきたのですが… その後、大腸ポリープを取る為、入院などし、レビューが遅くなりました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows/index.html 【あらすじ】 18世紀半ば、未開の地だったメイン州で事業を興し、港.
ティム・バートン監督 「ダーク・シャドウ」【映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。】at 2012年05月26日 16:37
 公開から3日目の夕方、このシネコンで一番大きいチネ8には、小学生位のお子さん〜大人まで幅広い客層、、客入りは50名位だ。    
映画「ダーク・シャドウ」@チネチッタ【新・辛口映画館】at 2012年05月27日 00:54
<div><font color=\"#FF0000\">ネタバレ</font><font color=\"#0000FF\">で春の海底要注意!!</font></div><div><br></div><div> テイム・バートンの映画は好きだよ。「シザーハンズ」あたりから有名だけど、「エド・ウッド」で、私にとって、この監督の位置づけが決定づけ
映画「ダーク・シャドウ」【空想俳人の知多半島散歩】at 2012年05月27日 06:29
☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、  小さな町(コリンズポート)ながらも栄華を誇っている魔女と対決する話だと思っていた。  そしたら、...
[映画『ダーク・シャドウ』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2012年05月29日 05:48
映画「ダーク・シャドウ」を鑑賞しました。
映画「ダーク・シャドウ」【FREE TIME】at 2012年06月03日 00:08
JUGEMテーマ:洋画&nbsp; ジョニー・デップ主演、ティム・バートンのコンビ作品です^_^ このコンビが好きな方にはたまらんでしょう! 昔、魔女により吸血鬼にされた挙句に200年近く閉じ込められたバーナバス・コリンズ。 工事現場から、偶然にも掘り当てられた復活をとげる
【映画】ダークシャドウ【映画鑑賞&洋ドラマ&amp; スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記】at 2012年06月04日 12:30
『ダークシャドウ』 日本での「昼メロ」に該当する、ソープ・オペラで日本未公開のドラマの映画化。 監督はティム・バートンで主演はジョニー・デップ。 ティムとジョニーのコ ...
『ダークシャドウ』  2012年45本目 チネ・ラヴィータ【映画とJ-POPの日々】at 2012年08月12日 14:31
 ジョニー・デップは別段好きではないんだけど、ティム・バートンが好きなので、予告に連られてダーク・シャドウを見ました…。
映画:ダーク・シャドウ【よしなしごと】at 2012年09月04日 00:15
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前
『ダーク・シャドウ』’12・米【虎団Jr. 虎ックバック専用機】at 2012年09月13日 20:53
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) −監督− ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 −製作− ジョニー・デップ −出演− *ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』
ダーク・シャドウ【銀幕大帝α】at 2012年10月06日 02:51
評価が芳しくないし、オリジナルである60年代のTVシリーズを知らないのもあってちょっと心配していたんだけれど、ダークでファンタジックな世界観、オブジェがモンスターと化して襲ってくる演出も久々に見たかも。ユーモアたっぷりなダーク・ファンタジーでした。 ジョ
ダーク・シャドウ【いやいやえん】at 2012年10月14日 10:19
【あらすじ】 1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子 バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けて イギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる 不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。 20年後、...
ダーク・シャドウ【タケヤと愉快な仲間達】at 2012年11月05日 22:37
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ティム・バートン ネタバレあり
映画評「ダーク・シャドウ」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年04月23日 13:18
2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしましたけどね。…夜勤明けと言う事もあり、寝たりゴロゴロしたりで過ごしました。 夕方にチ...
【映画】ダーク・シャドウ…(ヤッツケ映画観賞記録6)と夏休みの過ごし方。【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2013年08月18日 00:04
映画「ダーク・シャドウ」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ネタ
映画「ダーク・シャドウ」レビュー(クロエちゃんは猫のように鳴く)【翼のインサイト競馬予想】at 2014年02月09日 16:16
ジョニー・デップ&ティム・バートン監督のコンビの熱烈ファンの方には、期待が大きすぎてか、(毒っ気が乏しい、とか)賛否両論あったみたいですが軽く見られる、コメディとして、私は面白かったです。背景も、うんと雰囲気だったし、美女達を眺めてるだけで楽しく、オトボ
ダーク・シャドウ【のほほん便り】at 2014年06月16日 08:45