2012年08月10日

トータル・リコール(2012)4

略奪愛が招いたアヘン戦争?
totalrecall公式サイト。原題:Total Recall。フィリップ・K・ディック原作、レン・ワイズマン監督、コリン・ファレル、ジェシカ・ビール、ケイト・ベッキンセール、ビル・ナイ、ブライアン・クランストン、イーサン・ホーク、ジョン・チョー、スティーヴ・バイヤーズ、ボキーム・ウッドバイン、ウィル・ユン・リー、カリー・グレアム。「トータル・リコール(1990)」のリメイク。タイトルの意味は「完全記憶能力」。文脈的には偽の記憶をダウンロードしてリプレイし、別の記憶世界で遊ぶこと。
けれど、現実との記憶と干渉し合い、バッティングすると現実記憶と偽記憶が反発し合い、喧嘩するみたいだ。その反発自体が「夢の世界」の起動力になっている。登場人物たちの名前は同じ、物語の骨格もほぼ同じだが、シチュエーションは全く違っている。
21世紀後半、世界化学戦争後の荒廃した世界。オープニングはダグラス・クエイド(コリン・ファレル)とレジスタンス・メンバーのメリーナ(ジェシカ・ビール)がUFB(ブリテン連合=イギリス本土)軍の銃撃を掻い潜って逃走するシーンだが、ダグラスは電子鞭に捉えられ、メリーナと結んだ手を銃撃され、メリーナは下水溝に転落する――ところでダグラスはコロニー(オーストラリア)のアパートのベッドで目覚める。横に寝ていたのは、妻でSWATに所属するローリー(ケイト・ベッキンセール)。
このメリーナとローリーが髪型、姿形、容姿、服装までそっくり――なのも恐らく理由がある。実際、ローリーがメリーナに化けるシーンまである。ダグラスは夢から覚めた直後、ローリーに「一人で逃げてたの?」と聞かれ、「ああ、一人だ」と嘘をついている。
その後、トータル・リコール社でスパイの偽記憶をダウンロードしてもらう。この建物は19世紀のアヘン窟のメタファーと思われ、言わば、21世紀版アヘン中毒がコロニーで流行しているという設定のようだ。
ダウンロード直前、「本物のスパイだからバッティングする」と中止させられる。しかし、そこに現れたのはスパイを追うSWAT。
これだけで、夢→現実→夢とめまぐるしく転換する。あっという間に転換点すら曖昧になってしまう。夢と現実の転換点は「現実」そのものの中にもあり、UFBとコロニーを唯一結ぶ交通機関、地核を通る「フォール(The Fall)」と呼ばれる重力エレベーター。中間地点で無重力状態(本当はフリーフォールなのだから中間地点までずっと無重力状態の筈だが)にシーンは「インセプション」のホテル内無重力アクションシーンのようで、現実と夢の境界のような効果がある。
常識的に見れば、香港の貧民窟を超立体化したようなコロニーの街が現実、ダグラスの働き先である富裕層が住むUFBが夢ということになる。クエイド夫婦は「夢見たような生活ではないけれど」それなりに満足している。
totalrecallフォール(落下)はエレベーターだけでなく、立体化した街でも何度もフォール(落下)する場面がある。そもそもオープニングでメリーナもフォール(転落)している。
やがて、もう一つバッティングする事態が生じる。メリーナとローリーが同じ夢空間で鉢合わせすることになる。奇妙な三角関係と相成り、2人は当然反発し合う。ダグラスは一瞬で夫からテロリストに書き換えられ、ローリーは元夫を追うUFB軍現場指揮官となる。メリーナはホバーカーでダグラスを救い、カーチェイスをこなし、拳銃をぶっ放す。要はローリーと同じことをしている。ローリーは最初だけ愛しい妻だが、その後はひたすら弾圧側に回っており、逆転することはない。つまり、三角関係的にはメリーナが略奪愛に成功したのだから、そりゃ鬼嫁が怒るわな。ダグラスの分身なのか原型なのか、ハウザーもオリジナル同様、ビデオで登場している。
もうこの時点で、既に「全てが夢」=トータル・ドリーム化している様相。やがてフォールが破壊され、コロニーは独立する。これ自体、夢が覚めたメタファーなのだが、メリーナとダグラスが抱擁し合う背後で、トータル・リコール社の広告看板が輝いている。アヘンによる夢はまだ終わっていないようだ。どっちが本物の記憶かなんて分からないし、意味もないのだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:39│Comments(0)TrackBack(20)clip!洋画テ、ト | ★4

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50726773
この記事へのトラックバック
舞台が地球の裕福な人々が暮らす地域と搾取される地域に分けられて、主人公は体制維持の秘密を握っているという設定だ。記憶を操作できるようになった世の中では権力維持のために、他人のそれを操作する。主人公たちが繰り広げるアクションは洗練されていて、最新のサイエン
トータル・リコール【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2012年08月11日 00:02
[トータル・リコール] ブログ村キーワード  あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみたら何と!かれこれ23年も
「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2012年08月11日 01:19
「トータル・リコール」を鑑賞してきましたポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で1990年に映画化され大ヒットしたフィリップ・K・ディックの短編...
劇場鑑賞「トータル・リコール」【日々“是”精進!】at 2012年08月11日 05:17
鬼嫁がサイコーすぎる。  
トータル・リコール【Akira's VOICE】at 2012年08月11日 10:07
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
トータル・リコール【心のままに映画の風景】at 2012年08月11日 12:10
フィリップ・K・ディック著の短編小説を原作にしたSFアクションです。 シュワちゃん主演の1990年版があまりにもインパクトがあったので、 これをどうリメイクするのだろうとかなり気になっていました。 設定を変えた近未来の世界は、かなり大変なことになっていました〜
トータル・リコール【とりあえず、コメントです】at 2012年08月11日 12:11
 アメリカ  SF&アクション  監督:レン・ワイズマン  出演:コリン・ファレル      ケイト・ベッキンセイル      ジェシカ・ビール      ブライアン・クラ ...
トータル・リコール【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2012年08月12日 13:12
2012年8月11日(土) 19:20〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前にビデオを入手したほど、大好きなオリジナルは、 1.
トータル・リコール【ダイターンクラッシュ!!】at 2012年08月12日 15:07
トータル・リコール (ディック短篇傑作選)クチコミを見る記憶と存在意義を求めて命がけのバトルを繰り広げるSFアクション「トータル・リコール」。人間ドラマは薄味だがド派手な ...
トータル・リコール【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年08月14日 00:16
映画「トータル・リコール」観に行ってきました。 1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で劇場公開された、同名アメリカ映画のリメイク作品。 今作ではコリン・ファレルが主人公を担っています。 リメイク版「トータル・リコール」では、旧作のそれとは世
映画「トータル・リコール」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年08月17日 19:50
コリン・ファレルがまたリメイクでやらかした、てな口調でけちょんけちょんに笑ってやるくらいのつもりで見に行ったのですが…。 SF好きのツレのおともだし。 現場があまりにもあまりにもマジメにやっているので、悪口を言いにくい感じに。 全体、まったくのクソなんですがね
「トータルリコール」(2012)【INUNEKO】at 2012年08月19日 13:49
 私自身、高校野球には全く興味ありませんが、大阪桐蔭が春夏連覇したとの事ですね。おめでとうございます。では、本日紹介する作品は、こちらになります。 【題名】 トータル
トータル・リコール : 格差社会をぶっ壊せ!!【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2012年08月23日 19:59
トータルリコールTotal Recall/監督:レン・ワイズマン/2012年/アメリカ ディック原作映画って、いっつもこんなかんじだよね…。 1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・バーホーベン監督で映画化された同名作のリメイクです。原作はフィリップ・K・
トータル・リコール/フィリップ・K・ディック原作映画の宿命…?【映画感想 * FRAGILE】at 2012年08月28日 11:49
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
トータル・リコール(2012)【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2012年09月24日 11:58
 アーノルド・シュワルツェネッガー主演のオリジナル作品がとても好きだったので、予告編を見た時から、見たくて見たくて、待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったリメイク版トータル・リコールの記事です。
映画:トータル・リコール【よしなしごと】at 2012年10月19日 02:04
『トータルリコール』(2012年) シュワルツェネッガー主演の『トータルリコール』(1990年)をコリン・ファレル主演でリメイク。 なので、 復讐 復習として1990年版の『トータルリ ...
『トータルリコール』(2012年) 2012年64本目 チネ・ラヴィータ【映画とJ-POPの日々】at 2012年10月28日 21:29
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観や
トータル・リコール【いやいやえん】at 2013年01月23日 09:44
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶センタ.
トータル・リコール【タケヤと愉快な仲間達】at 2013年01月27日 20:20
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督レン・ワイズマン ネタバレあり
映画評「トータル・リコール」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年08月17日 22:02
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします さて、まずは近況から… 2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます!【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2014年05月10日 23:59