2012年09月10日

夢売るふたり4

騙されているのは観客かもしれない
yumeuru公式サイト。西川美和監督、松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、小林勝也、伊勢谷友介、香川照之、笑福亭鶴瓶。夫婦で経営する小料理店の失火で結婚詐欺を思いつくという筋立てだが、それ自体ウソっぽく、いきなり観客を騙しにかかっていないか。語られる事より語られない事で見せる映画。
大体、あの失火自体が極めて不自然。小さな店は満席。いくら騒いでいても品書が熱で燃え出す前に誰かが異様な熱さに気付く筈。しかも常連客だから厨房の配置だって知っているだろう。多少気付くのが遅くても、ガソリンでもばらまかない限り、全員協力すれば鎮火できる。人のいないところでの出火じゃないのだ。
ガソリン代わりに結果的に過熱した天ぷら油をばらまいて火災を決定づけるのは他ならぬ貫也(阿部サダヲ)。ガスを消そうともせず、濡れタオルで天ぷら鍋を覆うこともしない。ど素人ばりにパニくってやたらめったら水をぶっかけるだけ。里子(松たか子)はと言えば、あんな小さな店で誘導も何もないのに客を誘導しようとするだけ。失火自体が嘘で本当は2人で仕組んだ放火じゃなかったのか。少なくとも貫也の単独犯の可能性はある。単なる監督の演出の甘さという可能性もないではないが。
まるでこれがきっかけで結婚詐欺に走ったかのようだが、元々変な仮面夫婦で、詐欺まがいの行動も今に始まったことではないのではないか。“放火”事件はさらに続き、貫也がもらってきた手切れ金を里子が火を付ける。紙幣は“全焼”しない限り、一部焦げてもニセ札でないと分かれば銀行で取り換えてくれるだろう。その燃えた札束を貫也が入っているバスタブに投げ入れる。これが本当のマネー・ローンダリング=資金洗浄、なんちゃって。単に里子の貫也に対する怒りの表現とは思えない。
いくら結婚詐欺で夫がそっち方面で忙しいからとは言え、2人自身の夫婦の営みがないようだ。里子がオナニーをするシーンがわざわざ挿入される。局部を拭いたティッシュでついでに鼻をかむのが笑えるのだけれど、それが日常的に板に付いている行為だからだろう。
さらにトイレでパンティを膝までずらして用を足した後、パンティを脱いで生理用品を取り換える。何もわざわざパンティ脱ぐ必要もないと思えるのだが。パンティを元に戻す時、太股と太股の間が黒く、もしやヘアではとさえ思わせるアブナイ演出。ついでに里子は階段から転落し、パンティをずらして大きな内出血ができた尻を半分見せるサービスぶり。何か映画にかこつけて基本お嬢様女優松たか子のあられもなさを見せようという意図があり過ぎる感じがする。勿論、下半身集中攻撃には別の意図も暗示されているのだが。
何気にか里子は不妊症なのかとも思えるし、少なくとも2人はセックスレス夫婦のようではある。そもそも里子が女性が敏感に反応し易い子宮癌を演出して騙すこと自体、そうした背景がないとなかなか思いつくもんじゃない。里子がシングルマザー(木村多江)に執拗に嫉妬するのもそのためだろう。そもそも里子という名前自体が子供のできない夫婦を暗示している。
それにしても騙される女性たちも、どちらかと言えばアウトサイダー的女性達ばかり。けれど、簡単に騙されるのは、元々貫也がその方面で才能がないと説明できず、以前から似たようなことや浮気をし続けたとしか思えない。
背景に里子の女性としての能力の欠如があるに加え、自立するための特技もないという絶望感があるのだろう。里子が“安全牌”の筈の重量挙げ選手(江原由夏)を相手にするのは気の毒と言うのも、特技に対する嫉妬の裏返しかもしれない。
2人ともそのことが分かっていて、現実に向き合えずにだらだらと互いに時々ののしりながら、騙し合いながら生きていたというのが真相のように見える。

西川美和監督の他作品
蛇イチゴ」、「ゆれる」、「ディア・ドクター
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:40│Comments(2)TrackBack(17)clip!邦画ヤ行 | ★4

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50731265
この記事へのトラックバック
騙す男。貢ぐ女。黙る妻。
夢売るふたり【悠雅的生活】at 2012年09月10日 23:15
東京の片隅で小料理屋「いちざわ」を営んでいた夫婦、貫也と里子は、火事ですべてを失ってしまう。 再び自分たちの店を持つという夢を諦めきれないふたりだったが、資金は簡単には集まらない。 一夜の関係を持ってしまった元常連客の女性が、貫也に同情してまとまった現金
夢売るふたり【象のロケット】at 2012年09月11日 09:49
「夢売るふたり」は小さな小料理屋を営んでいた夫婦が開店5周年の日に火事で全てを失い夫の浮気から妻が結婚詐欺を思いつき夫が数多くの女を騙してお金を受け取るが次第に夫婦の ...
「夢売るふたり」女の心の隙に入り騙し続けた先にみた騙された女の復讐と夢は騙しては叶わない事を痛感した現実【オールマイティにコメンテート】at 2012年09月12日 00:48
映画「夢売るふたり」観に行ってきました。 結婚詐欺をテーマに男女間の複雑な心情や葛藤などを描いた、阿部サダヲと松たか子の2人が夫婦として主演を担う人間ドラマ作品。 作中では「本番」さながらのセックスシーンが3回ほど出てくることもあり、今作は当然のことなが
映画「夢売るふたり」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年09月12日 19:34
ヒューマンドラマであり心理サスペンス、そしてホラー。  
夢売るふたり【Akira's VOICE】at 2012年09月13日 18:06
夢売るふたり オリジナル・サウンドトラツククチコミを見る◆プチレビュー◆結婚詐欺をはたらく夫婦の顛末を描く「夢売るふたり」。女の怖さを松たか子が絶妙に演じて上手い。 【 ...
映画レビュー「夢売るふたり」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年09月13日 19:01
夢売るふたり@よみうりホール
夢売るふたり【あーうぃ だにぇっと】at 2012年09月13日 19:40
       『夢売るふたり』  (2012) 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)とその妻、里子(松たか子)。 2人が懸命に働いてようやく手に入れたその店は、調理場からの失火が原因で全焼、2人は一夜にして全てを失ってしまう。 一からや
夢売るふたり【サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村】at 2012年09月17日 16:32
 里子(松たか子)と貫也(阿部サダヲ)は、東京のある街で小料理屋を営む仲の 良い夫婦。しかし、火事で店は全焼し、二人は全てを失ってしまう。  『ゆれる』 『ディア・ドクター』 と、評価の高い...
夫婦善哉〜『夢売るふたり』【真紅のthinkingdays】at 2012年09月20日 08:52
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...
夢売るふたり(2012-115)【単館系】at 2012年09月21日 01:26
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 小さいながらも順風満帆な店だったが、火事で全てを失ってしまう。 一からやり直そうと前向きな里子に対し、貫也はすっかり投げ...
夢売るふたり【心のままに映画の風景】at 2012年09月27日 23:39
 「ディア・ドクター」の西川美和監督・脚本・原案。阿部サダヲ・松たか子主演。東京の片隅で、ふとしたきっかけから結婚詐欺をはじめた夫婦の悲喜を描く、クライム(?)ストーリー。
「夢売るふたり」感想(簡易版)【流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜】at 2012年09月28日 19:32
10日のことですが、映画「夢売るふたり」を鑑賞しました。 小料理屋を営む 夫婦 貫也と里子だったが、火事により全てを失う あるきっかけでふたりは結婚詐欺をし 店再開の資金を稼ぐのだが… 西川美和監督作 彼女らしい作品で 詐欺といってもコンムービーではなく サス...
詐欺によって【笑う社会人の生活】at 2012年09月29日 17:37
西川美和の待望の新作。 というのは当ブログでは、 (2009年07月21日)映画:「ディア・ドクター」 評判に違わぬ、日本映画を切り拓く一作 (2009年08月03日)西川美和監督作品「ゆれる」に今更ながら衝撃  という具合で絶賛してきたから。 「真実」「うそ」、「記...
映画:夢売るふたり 徐々に壊れていく、松たか子。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2012年10月06日 19:01
2年前の「告白」に引き続き、松たか子の出ている映画を見に行った。というより、たまたま、気になった映画「夢売るふたり」に松たか子が出ていた。そして、この映画の監督は「デ ...
「夢売るふたり」〜阿部サダヲ&松たか子主演映画〜 悪意の見えない愛されびと【高知の小さな塾長の独り言ブログ】at 2012年10月09日 14:30
どんな理由があろうとも、結婚詐欺はいかん!!と思います。 夢を取り戻そうとする夫婦と、その犠牲となる女性たち。平凡な男性にこんなにも惹かれてしまうのは、男の心中にすっと心に入ってくる優しさなるものを女性たちが嗅ぎ取っているからなのでしょうね。 しかし
夢売るふたり【いやいやえん】at 2013年09月03日 08:46
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・西川美和 ネタバレあり
映画評「夢売るふたり」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年10月20日 11:21
この記事へのコメント
>大体、あの失火自体が極めて不自然。
はい、私もそう思いました。消火器は?って。
あの程度なら消せますよね。

子どもが出来ないことが里子のコンプレックスになってて、それが為に何が何でも夢を実現させたい、しかし貫也は意地でも渡さない・・・とも取れるんですね。
観た後に何通りもの解釈ができそうです。
Posted by rose_chocolat at 2012年09月10日 22:51
>何が何でも夢を実現させたい

けれど、2人ともその夢を夢と思ってないフシがありましたね。夢がないから仕方なく取りあえずの夢を持っているような。
Posted by 佐藤秀 at 2012年09月10日 23:40