2012年10月06日

ツナグ2

ゴースト もういちどつながりたい
tunagu公式サイト。辻村深月原作、平川雄一朗監督、松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅田美代子、八千草薫、仲代達矢。「ゴースト もういちど抱きしめたい」でインチキ霊媒師役だった樹木希林がそのままスピンオフ? で今度は正真正銘正統派の免許皆伝霊媒師渋谷アイ子を演じている。脇役だった霊媒師が主役に躍り出た感じ。
基本的には生きている人が会いたい死者に会わせることを無料で行う仲介業務。その逆、死者が会いたい生きている人に会わせるとか、死者が会いたい死者に会わせるというのは、まだないらしい。なぜそうなのかと言えば、死者はいつも生きている人を見守れることになっているからのようだ。一応、ネット上の都市伝説になっているので依頼人には困らないみたいだ。
その助手を孫の歩美(松坂桃李)が務める。つまりは、後継ぎ候補だ。歩美の両親は二人とも同時に志望していて無理心中という噂が流れている。後で仲介業務に欠かせない鏡の規則が分かれば何となく想像できる。
ストーリーは基本的にオムニバス風。
最初に出て来る依頼人?畠田靖彦(遠藤憲一)はインチキと疑うのだけれど、じゃあなんで来たのよ、とツッコミを入れたくなるくらいだが、なかなか本音を知られたくない性分らしく、実は母親(八千草薫)にも病気の種類を最期まで隠していて後悔している。要は靖彦自身が生きている間もなかなかつながれない性分だったらしい。
次は歩美のクラスメートの嵐美砂(橋本愛)。こちらはちょっと被害妄想、加害妄想気味で精神が不安定。演劇部で主役の座を争う親友の奈津(大野いと)が仲間に喋っているのを盗み聞きし、「あらし(嵐)」と「あたし(私)」を聞きちがえて取り返しのつかないことをしたと思い込んでいる。歩美は出し放しの水道ホースを止めた奈津のことを思い出し、できれば事故死しろ、と八つ当たり気味に同じホースをわざと出して悪戯したのだ。その時、振り返ったら奈津がじっと見ていたので既に奈津は事故死していたのだろう。ここの挿話もつながっているのかつながりを断ち切られたのか、伝えたくても伝えられない葛藤に悩む女子高生がテーマ。それにしても初々しい2人の表情が素敵だ。
最後の功一(佐藤隆太)も、キラリ(桐谷美玲)とつながった筈の恋人同士が実はつながっていたのか、断ち切られたのか分からないまま宙ぶらりん状態。
何らかの形で現世からつながりの確信がなかった人々が依頼者だったことが分かる。ある意味なかなか本音を伝えられないシャイな日本人ならではの後悔の念をファンタジー化したようなボランティア霊媒師だ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 14:13│Comments(0)TrackBack(20)clip!邦画ツ、テ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50734171
この記事へのトラックバック
「ツナグ」を鑑賞してきました直木賞作家・辻村深月による第32回吉川英治文学新人賞受賞作を「陰日向に咲く」「ROOKIES-卒業-」の平川雄一朗監督で映画化した感動のファンタジー・ドラ...
劇場鑑賞「ツナグ」【日々“是”精進!】at 2012年10月06日 15:37
“ツナグ”とは生きている人と死んでしまった人との再会を仲介する“使者”で、連絡が取れるか否かはその人の運次第という、都市伝説のような存在。 半信半疑の依頼者の前に現れた使者は、ごく普通の男子高校生・歩美だった。 彼は祖母アイ子から“ツナグ”を引き継ぐ予定
ツナグ【象のロケット】at 2012年10月07日 08:10
歩美はなぜ何度も死人に会える? 【Story】  “ツナグ”という、たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる案内人。そんな都市伝説のような噂にすがり依頼に訪れたのは、癌で亡くなった母(八千...
ツナグ【Memoirs_of_dai】at 2012年10月07日 12:39
映画「ツナグ」観に行ってきました。辻村深月の同名小説を原作とする、人の死と死後の再会をテーマとするファンタジー要素を含有した人間ドラマ作品。その街には、ひとつの都市伝説...
映画「ツナグ」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年10月08日 00:00
[松坂桃李] ブログ村キーワード  一度だけ、死んだ人間と会わせてくれる“使者”の物語。「ツナグ」(東宝)。さあ、あなたがもう一度会いたい人はいますか?  一度だけ死んだ人と会わせてくれる“使者”=“ツナグ”。高校生の歩美(松坂桃李)は、一族に代々伝わるこの
「ツナグ」会いたい人は誰ですか?【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2012年10月08日 00:27
製作年度 2012年 上映時間 129分 原作 辻村深月『ツナグ』(新潮社刊) 脚本 監督 平川雄一朗 音楽 佐藤直紀 出演 松坂桃李/樹木希林/佐藤隆太/桐谷美玲/橋本愛/大野いと/八千草薫/遠藤憲一 生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった...
ツナグ【to Heart】at 2012年10月08日 14:17
「ツナグ」は辻村深月原作の「ツナグ」を映画化した作品で生涯1度だけ会いたい死者に会す事ができる使者が3人の依頼主の死者との出会いを通じて使者としての役目、そして使者に ...
「ツナグ」会いたい人とツナグ先にみた伝えなければならない聞かなければならない1度しかない機会への決断と決意【オールマイティにコメンテート】at 2012年10月09日 06:25
映画『ツナグ』オリジナル・サウンドトラック(仮)クチコミを見る死者と生者を再会させる案内人が見た3つの物語を描くファンタジー・ドラマ「ツナグ」。これは見習い“ツナグ”の ...
ツナグ【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年10月09日 09:09
先に書いたこの三連休の最終日。テレビでも 何度か見た番宣では樹木希林さんの強烈な キャラクターだけが強く印象に残り・・・ (ああ面白そうだな。)と思い朝一番の上映回 にて観賞してきました。 僕の地元の映画館はどんな話題作の時でも 場内が満員になる事はほとんど...
ツナグ【タケヤと愉快な仲間達】at 2012年10月09日 12:42
樹木希林さんの演技に注目・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 死んだ人間と再会させる能力を持つ「ツナグ」。 工務店を営む畠田靖彦は、土地の権利書のある場所を死んだ母親に聞くために、ツナグとの接触を試みる。 約束の場所に現れたのは、男子高校生。 半...
ツナグ【いい加減社長の映画日記】at 2012年10月10日 07:14
ツナグ ユナイテッド・シネマ浦和 生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった者。 その再会の機会を設けることができる、“ツナグ”と呼ばれる使者の見習いをする高校生・...
ツナグ(2012-122)【単館系】at 2012年10月12日 22:49
□作品オフィシャルサイト 「ツナグ」 □監督・脚本 平川雄一朗 □原作 辻村深月 □キャスト 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本 愛、遠藤憲一、大野いと■鑑賞日 10月8日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、
『ツナグ』【京の昼寝〜♪】at 2012年10月13日 08:24
映画「ツナグ」を鑑賞しました。
映画「ツナグ」【FREE TIME】at 2012年10月13日 19:23
松坂桃李くん自体はどちらかというと徹底的に普通の男の子に見えるよう演技したせいか 主役でありながら正直目立たない。 「麒麟の翼」の時の顔を思い浮かべて見に行って別人かと思った。 もっとインパクトのある俳優さんだと思ってたからな〜(わわわわわ) でも、 彼...
逢いたい人は誰ですか?〜「ツナグ」〜【ペパーミントの魔術師】at 2012年10月16日 10:24
 歩美(松坂桃李)は幼い頃に両親を亡くし、祖母(樹木希林)と二人暮らしの 高校生。彼は死者とこの世を繋ぐ使者「ツナグ」である祖母に弟子入りし、後継 者になるべく経験を積んでいた。  満月の夜...
最上のわざ〜『ツナグ』【真紅のthinkingdays】at 2012年10月19日 08:50
死んだ人間をよみがえらせて一度だけあわせてくれるという設定が際物(きわもの)らしい怪しさを感じさせるけど、全く不自然な物語ではなかった。実にうまく練られた物語で、大災害の起きたあとの日本で、この映画を見ると鎮魂の願いが沸きあがってくる。普段映画館に行かな
ツナグ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2012年10月21日 00:18
松坂桃李が出ていると聞いたもんで、興味を持って見てみた『ツナグ』 今回は主人公・歩美の成長物語で、最後に突然死した両親と再会するのかと思ったら、違った。 祖母の口から両親の真相を聞き、最後にツナ...
ツナグ感想【早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常】at 2012年10月26日 21:45
第32回吉川英治文学新人賞に輝く、辻村深月の小説を実写化したファンタジー・ドラマ
「ツナグ」 これ続編出るんじゃないか?【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2013年04月29日 00:04
 先日紹介したあの映画も、人と人を思いっきり繋ぐ映画でしたが、観終わった後の気分は最悪でした。その点、本日紹介する作品は、同じ繋ぐ映画でも安心して観れる作品です。では
ツナグ : こちらのツナグならよいかも【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年06月01日 13:24
JUGEMテーマ:邦画   たった一人の死んだ人と一度だけ会える。   一見、良いようなチャンスに思えるが、あってしまったことで   別のわだかまりが出てしまうこともありますね。 人の死んだ人と一度だけ会える。 これは、良い機会な
映画 ツナグ【こみち】at 2014年02月23日 15:28