2012年11月02日

のぼうの城3

のぼうの田楽、三成の猿楽
nobounoshiro公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保奈美、芦田愛菜、中尾明慶、尾野真千子、市村正親、西村雅彦、平泉成、夏八木勲。史実に基づいた歴史スペクタクルが凄過ぎて東日本大震災で公開が1年以上延期されていた。
そもそも忍城の石田堤程度で巨大ダムの決壊じゃあるまいし、津波のような決壊流など起きようがない。実際にはあまり水はたまらなかったそうだ。無駄にスケールでかくして恐怖心を煽るだけになってしまったことになる。後半、逆に築いた堤が決壊して秀吉勢に被害が出るのは史実らしいが、水攻め前の戦闘シーンは「レッドクリフ」の影響を感じる。
それはともあれ、本作は、のぼう(デクノボー)こと成田長親(野村萬斎)の物語であるとともに軍師としてはのぼうの石田三成(上地雄輔)の物語でもある。三成は羽柴秀吉(市村正親)の備中高松城水攻め成功を目の当たりにして「いつか自分も」と誓いを立てていた。秀吉の腹心でありながら大した軍歴はなく、小田原城攻めにおいても2万の軍勢を率いたればこそ、北条方支城の館林城は進んで開城してくれて勲章にはならない。
ところが、のぼうは甲斐姫(榮倉奈々)を秀吉に渡せと言われてプッツンしてしまい、開城をドタキャンし、いざ戦へ。のぼうはわざとうつけを装って実は戦略的に考えているフシもあるのだけれど、周りが善意に解釈しているだけなのかもしれない。まさか戦略的に百姓と仲良くしていた訳じゃあるまいに。甲斐姫だけは騙されずに等身大ののぼうを認識していたことになる。
むしろ、一番騙されていたのは敵方の大将、三成だろう。別に水攻めしなくても元々沼池に囲まれ、浮城と言われていたので攻めにくかった筈。ところが、三成は「強いものに服するは世のならい」とあっさり城を明け渡す武士の本分もあったものじゃないたわい無さに厭世的になっていたので敵ながらのぼうに好感を持ってしまう。三成の中にのぼうの「ガキかお前は」的な人生観があったことになる。秀吉没後、「強いものに服するは世のならい」をよしとせず、徳川家康に歯向かう後々の運命までカバーしている。
こういうおバカな展開を背景で支えるのが田楽という「世のならい」からの逸脱。能楽師野村萬斎が本職に戻って野外イベントをしてくれているようなものだ。猿(秀吉)をからかうので猿楽なのかとか洒落も込められているようでもある。
しかし、文字通り猿楽を演じるのは三成。水攻めを決めてからの三成はしばらく秀吉=市村正親の声色遣いをする。何もかもが秀吉の劣化コピー、文字通りの猿真似。それがまたとてもかなわない軍師秀吉を演じるという田楽=「世のならいからの逸脱」になっており、忍城自体がその壮大な能楽の舞台となっている。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





Posted by y0780121 at 20:52│Comments(2)TrackBack(39)clip!邦画ヌーノ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50737389
この記事へのトラックバック
忍城(おしじょう)の水攻めを2万の豊臣軍が行ったが落城できなかった史実をもとにわずか500の兵で戦った様子を描いた物語だ。何よりも見所は、野村萬斎演じる成田長親の型破りな人物像だ。浮城と呼ばれた所以をじっくりと観ることができる。
のぼうの城【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2012年11月03日 00:16
☆秀吉の小田原征伐の時代、北条方についていた支城が一つ、成田家の忍城は、石田光成率いる二万の軍勢を前にして、降伏か戦うかの決断を迫られる。  領民から「でくのぼう」の「のぼう様」と慕われていた成田長親は、暫定的に当主となり、500人の兵での、勝ち目のな...
[映画『のぼうの城』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2012年11月03日 01:13
「忍(おし)城」(現在の埼玉県・行田市)城主の従弟で、病の父に代わり城代を務める成田長親は、領民から“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれ親しまれていた。 天下統一目前の豊臣秀吉は石田三成に忍城攻めの総大将を命じるが、当然のように降伏を迫られた長親は意外
のぼうの城【象のロケット】at 2012年11月03日 08:19
カタルシスは無いが達成感はある。  
のぼうの城【Akira's VOICE】at 2012年11月03日 10:11
「のぼうの城」を鑑賞してきました一大ベストセラー『のぼうの城』の元になった和田竜のオリジナル脚本を、犬童一心と樋口真嗣の共同監督で映画化したエンタテインメント時代劇大作...
劇場鑑賞「のぼうの城」【日々“是”精進!】at 2012年11月03日 14:47
評価:★★★★【4点】(10) 野村萬斎なくして本作はあり得ない!それくらい嵌まってた
のぼうの城【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2012年11月03日 18:14
『のぼうの城』オフィシャルブッククチコミを見る強大すぎる敵に立ち向かった実在の武将・成田長親の姿を描くユニークな時代劇「のぼうの城」。水攻めのシーンは今見ても胸が痛む ...
のぼうの城【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年11月03日 19:46
天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、残る北条氏討伐のため大軍を持って本拠地小田原城を包囲し、その支城にも軍勢を差し向けた。忍城攻略に向かったのは石田三成を総大将とする二万の兵、対する忍城に立て篭もるのは僅か五百・・・。 和田竜のベストセラー小説『のぼうの城
『のぼうの城』(2011)【【徒然なるままに・・・】】at 2012年11月03日 22:04
 巨人が、日本一になりましたねぇ。うらやましい限りです。私が生きている間、広島カープは日本一になれるのでしょうか。まあ、そんなことはさて置き、本日紹介する作品はこちら
のぼうの城 : これぞ、日本の娯楽映画【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2012年11月04日 10:59
映画「のぼうの城」観に行ってきました。戦国時代末期、豊臣秀吉の配下だった石田光成率いる2万の軍勢に攻められながら、たった500の兵力、避難してきた民百姓を含めても300...
映画「のぼうの城」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年11月04日 13:15
面白かった〜〜〜!! もう一回観たいと思います! この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ〜〜〜(*^。^*) 小説版を読んだのは2年前記事はコチラ その時は知らなかったんだけど、この作...
映画『のぼうの城』観てきたよ〜〜\(^^@)/【よくばりアンテナ】at 2012年11月05日 18:47
 日本  時代劇&アクション  監督:犬童一心  出演:野村萬斎      榮倉奈々      成宮寛貴      佐藤浩市       【物語】  天下統一を目指す豊臣秀 ...
のぼうの城【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2012年11月05日 21:51
なんだか全てバラバラで一貫性が感じられない。 リアリティを追及しているのかエンターテイメントを追及しているのか。 殺陣のアクションシーンはなかなかハードなシーンを見せてくれるが、人間ドラマの部分は現代劇のようだ。 というか、テレビドラマのようだ。
のぼうの城 ★★☆☆☆【センタのダイアリー】at 2012年11月05日 22:14
Data 監督 犬童一心  樋口真嗣 脚本 和田竜 出演 野村萬斎  榮倉奈々  佐藤浩市  山口智充 公開 2012年 11月
のぼうの城【映画 K'z films 2】at 2012年11月06日 21:39
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の ...
「のぼうの城」三成の理不尽な要求に戦を選んだでくのぼうの人々を惹き付けて勝利した人心掌握術【オールマイティにコメンテート】at 2012年11月07日 06:23
ふだんこ〜んなひとが 嫌だと言ったら嫌なのじゃ〜〜って宣戦布告しちゃった。 さ〜どうなる?どうすんねん?!って話。 OPで市村正親演じる秀吉が水攻めをするシーンがあって あとで三成も忍城を攻めるのに同じ手を使うんだけど なんていうか・・・やっぱ貫禄が違...
野村萬斎の「”300(スリーハンドレッド)”」〜「のぼうの城」〜【ペパーミントの魔術師】at 2012年11月07日 13:20
20,000VS500。水攻め。嫌なものは嫌。
のぼうの城【悠雅的生活】at 2012年11月07日 21:44
【出演】  野村 萬斎  榮倉 奈々  上地 雄輔  佐藤 浩市 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心..
のぼうの城  監督/犬童一心&樋口真嗣【西京極 紫の館】at 2012年11月08日 00:43
期待どおり楽しめた作品で、キャスティングがイイ!
のぼうの城【だらだら無気力ブログ!】at 2012年11月08日 00:43
映画『のぼうの城』は、その水攻めシーンの津波的描写により、大震災後の自粛の中で公
「のぼうの城」:何もかも中ぐらいなり【大江戸時夫の東京温度】at 2012年11月10日 23:17
時代劇は、そんなに好きじゃないんだけど、予告編を観ると、なかなか面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東の雄・北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしている頃、周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々...
のぼうの城【いい加減社長の映画日記】at 2012年11月11日 11:43
石田三成による忍城水攻めの史実を元にした映画。 2011年9月17日公開予定であったのですが、同年3月11日の東日本大震災をうけ、その水攻めのシーンが津波を思い起こさせるということから一転公開延期となった後、満を持しての公開です。いや、確かに水のシーンは、津波を...
のぼうの城【勝手に映画評】at 2012年11月11日 16:46
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画     2万人の大軍に500人の兵がどうやって立ち向かったのかが   知りたくて、「のぼうの城」を見ました。   様々な戦略により石田三成率いる豊臣軍に立ち向かう姿は &
のぼうの城【こみち】at 2012年11月12日 21:46
2011年 日本 和田竜さんによる原作は読んでおらず、映画も鑑賞予定に入れていなかったのですが 口コミ情報での評判は上々、さらに佐藤浩一ファンの主人がどうしても行きたい、と言うので夫婦50割で観てきました 天下統一目前の関白、豊臣秀吉の命により小田原...
映画・のぼうの城【読書と映画とガーデニング】at 2012年11月14日 23:10
和田竜の原作を犬童一心&樋口真嗣の二人の監督と、野村萬斎主演で映像化した作品です。 文庫本になった原作を公開まで待ちきれなくて読んでから、観るのをずっと楽しみにして来ました。 迫力の映像と共に、約400年前の世界に引き込まれるような物語が綴られていました。
のぼうの城【とりあえず、コメントです】at 2012年11月15日 08:57
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、   
『のぼうの城』【京の昼寝〜♪】at 2012年11月20日 12:08
戦国末期、豊臣秀吉、石田三成の2万の軍勢に屈せず、たった500の兵で抗戦し勝利した実在の武将!それが、のぼう様  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城
【のぼうの城】を映画鑑賞!【じゅずじの旦那】at 2012年11月21日 19:31
映画「のぼうの城」を鑑賞しました。
映画「のぼうの城」【FREE TIME】at 2012年12月02日 21:37
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。  時の関白の豊臣秀吉(市...
のぼうの城【映画的・絵画的・音楽的】at 2012年12月03日 06:19
2012年12月1日(月) 15:50〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) 『のぼうの城』公式サイト 豊臣2万の軍の攻撃を押し返す「でくのぼう」率いる埼玉の田舎の3000人なのだが、小田原城落ちたら速攻で降伏してしまい、姫様も豊臣に献上という、あっけな
のぼうの城【ダイターンクラッシュ!!】at 2012年12月16日 23:28
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...
のぼうの城(2012-144)【単館系】at 2012年12月22日 22:21
  11月22日(木)に観に行って来ました  野村萬斎さん ってやっぱし凄いねぇ    何か惹き込まれたわぁ 役どころとしても村人から慕われる武将やねんけど ぴったし     にしても 三成が総勢2万の大軍なのに よー戦ったなぁ こっち50
のぼうの城 <ネタバレあり>【HAPPY MANIA】at 2013年01月24日 05:05
【=57 -6-】 明日の朝から米子で仕事なので前日入り、岡山から14時5分の特急やくもに乗るはずやったのに倒竹があったようで午前からその列車までが運休となる。 次の15時5分から運転再開となるのだが指定席は取れなかったので、2時間ちょっと立っては辛いしまだまだ時間...
のぼうの城 コミカルでキャスティングも変テコで下手すりゃB級になりそうなのに・・・!【労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜】at 2013年01月30日 15:55
 “戦いまする”という台詞が印象的。歴史物は苦手なので躊躇していたのですが、評判もいいし見に行くことに。そんなわけで今回の記事はのぼうの城です。
映画:のぼうの城【よしなしごと】at 2013年02月19日 02:14
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史実
のぼうの城【いやいやえん】at 2013年05月02日 09:40
こいつは面白いぜ〜(´∀`) 戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の2万人の大軍に屈せ
「のぼうの城」 野村萬斎にしかできない【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2013年05月07日 00:12
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・犬童一心、樋口真嗣 ネタバレあり
映画評「のぼうの城」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年09月08日 10:08
キャッチ・コピーは「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」。 まさに、野村萬斎ありての本作! 「でくのぼう」だけど、民心を掴む天才、のぼう様こと、成田長親(なりた ながちか)の快挙に、彼の存在感のスキルが、ハマり役。
のぼうの城【のほほん便り】at 2013年09月26日 12:40
 和田竜の同名小生つを映画化した「のぼうの城」。「のぼう」とは「でくのぼう」の略で、北条氏の出城・忍城の城主一門である成田長親に付けられた渾名だ。しかし、長親は ...
映画 のぼうの城【風竜胆の書評】at 2014年08月14日 21:28
この記事へのコメント
初めまして。
いつも旧作のTB貼り逃げですましており、非常に恐縮しております。

ところで、今日僕が送った「顔のないスパイ」へのTB返しとして同作記事と一緒に、こちらの記事も送られてきたので、ご報告申し上げます。
恐らく“HAPPY MANIA”さんにTB返しすべきところを誤ってこちらに送られたものと推測致します。
つきましては、しかるべき処理の程お願い申し上げます。

今後ともよろしくお願い致します。

Posted by オカピー at 2013年01月24日 10:47
オカピーさん、ご賢察のとおりでヘタ打ってしまいました。申し訳ありません。
Posted by 佐藤秀 at 2013年01月24日 11:03