2012年11月03日

北のカナリアたち〜何人殺せば気が済むのか1

大女優政権交代すべし
kitanokanaria公式サイト。湊かなえ原作、阪本順治監督、吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、里見浩太朗、石橋蓮司、菅田俊、塩見三省。まるで「アウトレイジ ビヨンド」のように理不尽に人が次々と死んだり、死にそうになる。ちょっと死んだ人の数、あるいは死にそうになった人の数を勘定してみる。
・川島行夫(柴田恭兵)。はる(吉永小百合)の夫。既に脳腫瘍で余命半年と宣告されているのに、あろうことか、溺れかけた生徒を助けるために逆に溺死。オマケに不倫までされ、葬式シーンはスルーされる。いくら余命幾許もないといっても、いい人に不幸を全部背負って死んでくれか。はるは鬼嫁確定。死者1名。
・阿部英輔(仲村トオル)。警官として犯人射撃をためらい人質の少女を殺させる失態、礼文島へ島流し。自殺未遂してマザー・テレサ気取りのはると不倫。しかも、彼は最終的に海外で地雷撤去作業に携わっているが、普通に考えて「生きているよ」と便りが来ても「まだ死にたがっている」とはるが海外に旅立ってもおかしくない場面。そもそも父(里見浩太朗)はなぜ東京にいるはるにこれまで知らせてやらなかったのか。死者1名、瀕死1名(将来的に死者になる可能性も)。
・鈴木信人(森山未來)。成人して就職した町工場の社長(菅田俊)を死なせる。殺人容疑の重要参考人として手配されるが、あれは事故。実際の容疑は遺棄致死だろうか。さらに不倫した社長夫人を間接的に死なせる結果に。自らは錆びた梯子から転落、危うく死にかける。死者2名、瀕死1名。
・安藤結花(宮崎あおい)。少女時代、取って付けたような心因性傷害がこじれて狂言自殺で危うく水死しかける。巻き添え死者1名(重複)、瀕死1名。
計死者4名、瀕死3名。わずか6人の分校生徒と一人の教師の物語なのに、死んだ人、死にかかった人7人とは。加えて生島直樹(勝地涼)ははるにほだされた結花のために起業のチャンスを棒に振り、職業的自殺をしている。オマケにはるの不倫が感染して2組が不倫に。そのうち一つはあまりにも唐突。
その結果、皆が皆「私のせいです」のオンパレード。ほとんど呪われたカナリアではないか。その中心にいるのが自己満足天使おばさん、はるなのだからシュールなホラーのようだ。はると松田勇(松田龍平)には犯人隠避の嫌疑もある。どう見ても2人は示し合わせている。
主な舞台は北海道礼文島の海辺の香深。20年前の分校時代はなぜか終戦直後のような趣。村上春樹の「海辺のカフカ」のようなシュール感ははるが島を去る時も、20年後、はるが生徒たちに訪ねる時、やたら雪風の吹く外で語らっていることにも現れている。サロベツ原野は厳寒なのになぜ屋内でゆっくり温まって話さないのか。札幌市内でも同様。とにもかくにも「北」の国イメージ優先。夏のシーンがあるのは20年前だけ。
バーベキュー事件は「藪の中」「羅生門」を気どっているが、伏せられるのは生徒たちに対してで、観客にはネタバレ。しかも、狂言自殺と不倫のダブルファンタジーとは。普通に考えれば噂は広まった段階で生徒たちの間でもとっくに共有されている筈で「20年間の秘密」などあり得ない。
予定調和だけのラストの「ウォー!」は20年前の「ウォー!」と重なっているのだけれど、そもそも信人は殺人をしてないのだから盛り上がれと言われても。
密かに期待していたのは吉永小百合から宮崎あおいへの大女優政権交代劇。しかし、宮崎あおいには相応の役は与えられておらず、政変は不発に。しかし、宮崎は目力だけで吉永を圧倒し、せめてもの意地を見せているようにも見えた。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:04│Comments(0)TrackBack(24)clip!邦画キ | ★1

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50737501
この記事へのトラックバック
「北のカナリアたち」を鑑賞してきました人気作家・湊かなえの連作ミステリー『往復書簡』に収められた短編『二十年後の宿題』を原案とする吉永小百合主演のヒューマン・ミステリー...
劇場鑑賞「北のカナリアたち」【日々“是”精進!】at 2012年11月03日 19:21
終盤が良かった。  
北のカナリアたち【Akira's VOICE】at 2012年11月03日 20:59
東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、20年前まで北海道の離島で小学校教師をしていた。 定年退職したはるの元に、最後の教え子の一人・信人が殺人事件を起こしたという知らせが届く。 心配になったはるは、久しぶりに父が一人で暮らす島へ帰り、教え子たちと再会を
北のカナリアたち【象のロケット】at 2012年11月04日 08:23
久しぶりに観た映画は日本映画「北のカナリアたち」。このところ、少々建てこんでいたので、なかなか観に行けなくて。とりあえず、「TOHOシネマ上大岡」へ行ってみました。         (物語は厳しい北の
映画「北のカナリアたち」を観ました。【みなと横浜みなみ区3丁目】at 2012年11月04日 11:32
東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東映創立60周年記念作品のヒューマン・サスペンス「北のカナリアたち」。北海道の大自然の映 ...
北のカナリアたち【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年11月05日 20:56
☆時間がないので、寸評ですまん。  ・・・予告編を見て、田舎の純朴な6人の子供たちが歌う姿が印象的で、吉永小百合演じる主人公が、北海道の大自然の中でなにやら悩む姿が、テーマミュージックのバイオリンの音色と重ねられていたので、なんとも格調高い物語が展開し...
[映画『北のカナリアたち』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2012年11月05日 21:48
映画「北のカナリアたち」観に行ってきました。湊かなえの短編集「往復書簡」に収録されている短編小説のひとつ「二十年後の宿題」を原作とする、吉永小百合主演のヒューマン・サス...
映画「北のカナリアたち」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年11月07日 00:00
女性教師は6人の教え子を探して過去のわだかまりを解きつつ、警察から追われている一人を探していく。主人公の心の闇は最後に明かされて、ラストの合唱シーンにつながっていく。単なる手紙のやり取りだった原作を、東京からのロードムービーにした脚本が見事だ。
北のカナリアたち【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2012年11月07日 23:51
Data 監督 阪本順治 原作 湊かなえ 出演 吉永小百合  柴田恭兵  仲村トオル  里見浩太朗  森山未來 公開 2011年 11月
北のカナリアたち【映画 K'z films 2】at 2012年11月08日 02:07
 東映創立60周年記念作品。湊かなえ原作の短編集「往復書簡」所収「二十年後の宿題」を、「大鹿村騒動記」の阪本順治監督、吉永小百合主演で映画化。
「北のカナリアたち」感想【流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜】at 2012年11月09日 19:00
「北のカナリアたち」は20年前にある事件で島を追われるようにして離れた元教師がある教え子の事をキッカケに20年前に果たせなかった合唱を実現するために教え子と再会して行くスト ...
「北のカナリアたち」20年前の真実を知った先にみた6人の教え子たちとの絆と20年前にやり残した合唱【オールマイティにコメンテート】at 2012年11月11日 07:45
原案が湊かなえの『往復書簡』に収められてる短編の「二十年後の宿題」。 本を読んだ時、なんだかなぁ〜と思っていて、 映画になったら面白くアレンジされてるんじゃないか、 はたまたキャスティング...
映画『北のカナリアたち』観てきたよ〜(´。`)【よくばりアンテナ】at 2012年11月11日 14:06
いまや絶滅危惧種である映画女優、その最高峰で最後のひとり吉永小百合。何処までも瑞々しい清純さを失わずにいるのは奇蹟に近い。勿論ご本人の節制のたまものであるだろうけれど。彼女なしでは成立しない...
映画「北のカナリアたち」感想【帰ってきた二次元に愛をこめて☆】at 2012年11月15日 02:25
映画『北のカナリアたち』、不思議がいっぱいの作品でした。とにかく70近くなっても
「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ【大江戸時夫の東京温度】at 2012年11月18日 23:19
 日本  ミステリー&ドラマ  監督:阪本順治  出演:吉永小百合      森山未來      満島ひかり      宮崎あおい 【物語】  日本最北の島で小学校教師を ...
北のカナリアたち【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2012年11月19日 21:53
北のカナリアたち 渋谷TOEI 舞台「透明な雨」の後映画館へ。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、 ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。 それから20年後、東京の...
北のカナリアたち(2012-133)【単館系】at 2012年11月19日 23:29
【出演】  吉永小百合  柴田 恭平  仲村トオル 【ストーリー】 東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、かつて北海道の北端にある離島で教師をしていた頃を思い出していた。その当時はるは、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまったのだった。それから20年...
北のカナリアたち  監督/阪本 順治【西京極 紫の館】at 2012年11月25日 11:14
映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。
映画「北のカナリアたち」【FREE TIME】at 2012年11月26日 00:16
8日のことですが、映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる はある事故をきっかけに島から出て行ってしまう 20年後 教え子の一人が殺人事件の容疑者として追われていると知りかつての生徒たちに会うため北海道へ向かう ...
20年前の事件によって【笑う社会人の生活】at 2012年12月09日 01:17
公開からひと月が過ぎた土曜日の夜。定員80名のシアター4には8.5割くらい。
映画「北のカナリアたち」@新宿バルト9【新・辛口映画館】at 2012年12月14日 23:27
湊かなえ著の小説『往復書簡』をもとに映画化した人間ドラマです。 ずっと気になっていたのに見逃していて、ようやくチャレンジして来ました。 厳しい寒さが伝わってくるような風景が印象に残る作品でした。
北のカナリアたち【とりあえず、コメントです】at 2012年12月18日 22:11
 昨夜は同窓会で、とても楽しいお酒を飲みました。そのためか、今日は若干の二日酔い。何とか仕事を終えて、やっとこさ家に戻ってまいりました。ちなみに、本日紹介する作品は、
北のカナリアたち : 東映の凋落を見た【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年07月16日 17:44
なんだか、オハナシ自体より、吉永小百合の驚嘆すべき若さとスター性、成人後の若手キャスティングの豪華さ(今をときめく、意味で…)に圧倒されたのでした。松田龍平の、「あまちゃん」でのミズタク人気は、もちろん、勝地涼に至っては、「前髪クネ男」で、一瞬でもってい
北のカナリアたち【のほほん便り】at 2013年12月17日 14:57
湊かなえさんの原作ですが、これ脚本が微妙だなあ。 吉永小百合さんだから不倫もきれいなことのように感じるのもなんかなあ。吉永さんのイメージからして、死にゆく夫と若い警官の間で揺れる役どころってなんか合わないというか…どうしても女の情感よりも優等生的なと
北のカナリアたち【いやいやえん】at 2014年02月26日 09:27