2012年12月21日

レ・ミゼラブル(2012)2

lemiserables公式サイト。原題:Les Miserables。イギリス映画。ヴィクトル・ユゴー原作、トム・フーパー監督。アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、イザベル・アレン。日本では年末の定番が赤穂浪士であるように欧米ではクリスマス絡みで「レ・ミゼラブル」が定番ぽい位置付けらしい。
ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)がファンティーヌ(アン・ハサウェイ)の遺児コゼット(アマンダ・セイフライド、幼少期・イザベル・アレン)をテナルディエ夫妻(サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター)から買い戻すのがクリスマスの日なのだ。
ジャン・バルジャンの最初の登場するロープ引きのシーンは後のシルクハット姿とは想像できないくらい痛めつけられた顔。ジャベール警部(ラッセル・クロウ)も同時に登場し、国旗を引き摺らせるシーンが後の伏線になっている。
ジャベールもミゼラブルの一人で、彼にとって法律が生きるよすがになってしまっている。2人は左右対称の双子のようなものだ。一歩誤れば転落しそうな屋上の棚ギリギリを歩き、夜空を見上げて星の動きの正確な営み=法秩序を愛する。やがて同じように橋の欄干ギリギリを歩き、ジャン・バルジャンの想定外の行動のために自分の愛した秩序を叩き壊されたことを悟る。秩序が乱れる時に星は落ちる、と言っていたがその通りになる。
実はジャン・バルジャンも司教から人間不信を叩き壊されていて、2人は同じように打ちのめされたことになる。ベクトルの方向が真逆なだけだ。
lemiserables2かと言ってジャン・バルジャンが司教に打ちのめされて完全に善人になったわけでもない。8年後、いきなり工場経営者として成功し、市長になれたのも司教から盗んだ銀器などが元手だろうし、コゼットを買い取るのも正当とは言えず、闇取引のようなものだ。コゼットは成人して幸せになるが、幼少期のテナルディエ夫妻の娘、エポニーヌは立場が逆転され、おまけにコゼットに恋人を奪われてしまう。ある意味最も救われないのはエポニーヌだろうか。下水道で鼠のように宝石を漁るテナルディエ夫妻もかなり憐れ。革命の際、銃撃される少年も憐れ。
むしろ陰で革命のリーダーを救ったジャン・バルジャンが最終的に聖人扱いされるのはほとんど僥倖のようなものだろう。色々な人が色々な理由で死に、その上に革命の花が咲く。
台詞はほぼ全部ミュージカル仕様なのだけれど、本物のプロの歌手と言えるうまさなのはエポニーヌ役で、舞台劇でも歌っているサマンサ・バークスぐらいだろうか。元アマチュア合唱団員アン・ハサウェイの現場主義的熱唱「夢やぶれて」以外はイマイチな感じ。かぶせずに演じながら歌って同時収録というのがウリになっているが、成功したとは言い難い。

トム・フーパー監督の他作品:「英国王のスピーチ
最も好きな「夢やぶれて」↓by ヘイリー ウェステンラ

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 20:51│Comments(0)TrackBack(48)clip!洋画ル-ロ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50742549
この記事へのトラックバック
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...
映画レビュー「レ・ミゼラブル」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2012年12月21日 23:07
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ〜〜(ノω≦。)…ジーン…【よくばりアンテナ】at 2012年12月21日 23:24
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2012年12月22日 00:40
「レ・ミゼラブル」を鑑賞してきました日本を含む世界中で愛され続ける空前の大ヒット・ミュージカルを、豪華キャストを起用し圧倒的なスケールでスクリーンへと昇華させたミュージ...
劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」【日々“是”精進!】at 2012年12月22日 06:18
全身が感動で満たされた!  
レ・ミゼラブル【Akira's VOICE】at 2012年12月22日 10:10
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
レ・ミゼラブル【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2012年12月22日 15:56
傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。 “お昼休み“のメインMCの某お.
レ・ミゼラブル / Les Miserables【勝手に映画評】at 2012年12月22日 17:56
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...
レ・ミゼラブル【心のままに映画の風景】at 2012年12月22日 19:10
芝居をしながら歌を収録して、伴奏はあとからアレンジしているみたいだ。ジャン・バルジャンとシャベール警部の確執が解決する段階になると、涙がボロボロ出てくる。血が繋がっていない娘のために命をかけるジャン・バルジャンがファンテーヌと天国に召されるシーンが、切な
レ・ミゼラブル【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2012年12月22日 21:19
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。
レ・ミゼラブル【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2012年12月22日 21:53
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて観
レ・ミゼラブル【そーれりぽーと】at 2012年12月23日 12:36
2012年12月1日(月) 18:30〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービスデー) 『レ・ミゼラブル』公式サイト かの有名な古典であり、有名なミュージカルだ。 原作は読んでおらず、ミュージカルも観ていない。 リーアム・ニーソンの「レ・ミゼラブル」を観たが、内
レ・ミゼラブル【ダイターンクラッシュ!!】at 2012年12月23日 19:20
ミュージカルとトム・フーパーのマイナス点 【Story】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されるが、その後の生活で、銀食器を盗むという行為をして...
レ・ミゼラブル【Memoirs_of_dai】at 2012年12月23日 21:57
夢はかえらない。雨は花を育てる。戦う者の歌。
レ・ミゼラブル【悠雅的生活】at 2012年12月23日 23:30
1815年、フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役していた男ジャン・バルジャンは、司教の好意に触れ、善良な人間に生まれ変わることを誓う。 …1823年、マドレーヌと名を変えた彼は事業家として成功し、人望ある市長となっていた。 警官ジャベールに逃亡中のバルジャンで
レ・ミゼラブル【象のロケット】at 2012年12月24日 02:48
ヴィクトル・ユーゴーの原作を舞台化した有名なミュージカルを映画化した作品です。 日本語版のミュージカルは帝国劇場で何度か観ていて、その度に胸いっぱいの感動を貰っていました。 そして、そのミュージカルの映画版も期待に違わず、素晴らしい歌声と感動を伝えてくれる
レ・ミゼラブル【とりあえず、コメントです】at 2012年12月25日 00:23
映画「レ・ミゼラブル」観に行ってきました。世界各国の舞台で長年ミュージカル公演が行われてきた、ヴィクトル・ユーゴー原作の同名小説の実写映画化作品。なお、今作が2012年...
映画「レ・ミゼラブル」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2012年12月25日 00:39
 イギリス  ミュージカル&ドラマ&文芸  監督:トム・フーパー  出演:ヒュー・ジャックマン      ラッセル・クロウ      アン・ハサウェイ      アマンダ ...
レ・ミゼラブル【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2012年12月25日 16:40
愛とは、生きる力。 原題 LES MISERABLES 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 158分 原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説) 脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー 監督 トム・...
レ・ミゼラブル【to Heart】at 2012年12月27日 23:46
素晴らしかった!!
レ・ミゼラブル【だらだら無気力ブログ!】at 2012年12月30日 00:35
ビクトル・ユーゴー原作のあまりにも有名な作品のミュージカル映画化。 多くの人がこれとは知らずとも、一度は聞いたことのある物語だろう。 パン1つを盗んで19年間牢獄に入れられていたジャン・バルジャンは仮釈放のときに司祭から銀食器を盗み警察に捕らえられるが、
レ・ミゼラブル ★★★☆☆【センタのダイアリー】at 2012年12月30日 13:12
ミュージカルって、好き嫌いあるけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。 彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。 8年後、...
レ・ミゼラブル/LES MISERABLES【いい加減社長の映画日記】at 2012年12月31日 13:46
タイトルは知ってた。 「ジャン・バルジャン」って人が出てくるのと、銀食器を盗んじゃうエピソードも知ってた。 というか、恥ずかしながらその程度の知識しか持ち合わせていなか ...
『レ・ミゼラブル』【時間の無駄と言わないで】at 2013年01月01日 22:08
TBさせていただきます♪
『レ・ミゼラブル』【・*・ etoile ・*・】at 2013年01月02日 01:33
先日、ついに楽しみにしていた映画、「レ・ミゼラブル(Les Miserables)」を観ることができた。 一言で感想を言えば、「ミュージカルそのもののファンの期待をも裏切らない出来の良い作品」であった。 そこで、今日は、まだ観ていない人も、もう観た人も、映画、「レ・ミゼ
映画、「レ・ミゼラブル(Les Miserables)」の評価 ― 映画から読み取る政治、社会問題に関するメッセージの一考察【Nothing Ventured, Nothing Gained.】at 2013年01月03日 04:14
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
映画「レ・ミゼラブル」【FREE TIME】at 2013年01月06日 20:59
 1862年の発表以来、様々な形で映像・舞台化。日本でも「噫無情」(ああむじょう)の名で知られる、ヴィクトル・ユーゴー不朽の名作を、アラン・ブーブリル&クロード・ミシェル・シェーンベルク脚本によるミュージカルを基に、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監
[映画][☆☆☆★★]「レ・ミゼラブル」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2013年01月07日 20:03
映画『レ・ミゼラブル』が、ゴールデングローブ最優秀作品賞(ミュージカル・コメディ
「レ・ミゼラブル」:予告編の方が感動した【大江戸時夫の東京温度】at 2013年01月14日 23:06
 LES MISERABLES  19世紀・フランス。病んだ妹の子を飢えから救おうと、たった一個のパンを盗 んだ男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。彼は19年もの長きに渡って 投獄され...
歓びの歌〜『レ・ミゼラブル』【真紅のthinkingdays】at 2013年01月15日 18:20
「Les Miserables」 2012 UK ミュージカルなので突然歌い出す。最近突然歌い出すミュージカルって観ないので、久方ぶりにとても新鮮な感動を覚えた。 ジャン・バルジャンに「ファウンテン 永遠に続く愛/2006」「タロット・カード殺人事件/2006」「彼が二度愛したS
「レ・ミゼラブル」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2013年01月17日 22:08
2012年・イギリス/ワーキング・タイトル=ユニヴァーサル 配給 東宝東和 原題:Les Miserables 監督:トム・フーパー原作:ビクトル・ユーゴー作:アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・
「レ・ミゼラブル」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2013年01月20日 02:30
福祉は大切だと思った。 母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...
映画「レ・ミゼラブル」感想【帰ってきた二次元に愛をこめて☆】at 2013年01月24日 01:58
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...
映画:レ・ミゼラブル 普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑)【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2013年01月29日 20:29
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸...
レ・ミゼラブル 文句なしっ!【労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜】at 2013年01月30日 12:48
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ  アン・ハサウェイ 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、...
レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー【西京極 紫の館】at 2013年02月01日 21:55
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした
『レ・ミゼラブル』【シネクリシェ2.0】at 2013年02月10日 08:11
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 レ・ミゼラブル 【製作年】 2012年
レ・ミゼラブル : 我慢の先に感動があった…。【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年02月20日 09:47
あらすじ1815年、ジャン・バルジャンは、19年も刑務所にいたが仮釈放されること
『レ・ミゼラブル』’12・英【虎団Jr. 虎ックバック専用機】at 2013年03月10日 21:37
 ミュージカルが好きなので映画版レ・ミゼラブルも絶対観たい。でもこれほど予告でやって、テレビCMやテレビでの特集とかが放送されると、なんかもうおなかいっぱいになっちゃいます。それでも見に行かねば!ということでレ・ミゼラブルの記事です。
映画:レ・ミゼラブル【よしなしごと】at 2013年04月09日 01:03
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした
『レ・ミゼラブル』【シネクリシェ2.0】at 2013年04月11日 05:42
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした
『レ・ミゼラブル』【シネクリシェ2.0】at 2013年05月06日 07:51
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージ
「レ・ミゼラブル」【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2013年06月22日 00:03
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手い
レ・ミゼラブル【いやいやえん】at 2013年06月22日 09:48
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年...
レ・ミゼラブル【タケヤと愉快な仲間達】at 2013年07月04日 20:34
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり
映画評「レ・ミゼラブル」(2012年版)【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年12月29日 10:38
「世界名作映画」ミュージカル篇のベスト10は下記の通り。こうして並べてみると、60、70年代が名作ミュージカル映画の黄金期だったのではないか、といった感じがする。また、優れたミュージカルは、名曲とともに映画史に生き残っていくことが分かる。
「世界名作映画」ベスト10ミュージカル篇【シネマ・ワンダーランド】at 2014年03月12日 01:01
JUGEMテーマ:洋画    ミュージカルを見ているような錯覚を受ける映画でした。   なので、映画として観るのでなく、ミュージカルとして   観たほうがしっくりきますね。    前評判とおり、ファンティーヌ(役:アン・
映画 レ・ミゼラブル (2012年)【こみち】at 2014年04月27日 14:59
なんと、普通の台詞まで歌で、終始一貫した音楽劇なのに驚きました。だけど、俳優さん達の圧倒的・歌唱力と、ベースになってるリズムが一貫してるので、違和感ありません。じつは、普通、ミュジカル映画の場合、「後で音を入れる」けれど、この場合、その場で録音したものを
レ・ミゼラブル【のほほん便り】at 2014年06月19日 07:54