2013年01月25日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日5

22/7≒円周率=π(パイ)
lifeofpi公式サイト。原題:Life of Pi。ヤン・マーテル原作、アン・リー監督。スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュー、タッブー、アディル・フセイン、レイフ・スポール、ジェームズ・サイトウ。邦題の「227日」はパイ(スラージ・シャルマ)が海で漂流した日数だが、同時に22/7=22÷7≒3.14≒円周率=π(パイ)と洒落ているみたい。インド人は数学が好きだ。
インドの旧フランス領ポンディシェリーに住むパイ(スラージ・シャルマ)の名はは水泳好きの父親(アディル・フセイン)がフランスで由緒ある美しくて清潔な水を湛えたスイミング・プールにちなみ、フランス語でスイミング・プールを意味するPiscineから付けられた。英語の小便を意味するpissと発音が似ていることからからかわれ、自分で円周率を意味するπ(パイ)と名乗る。ここで既に最も純粋なものと汚れたものとの対比があるが、ヒンドゥー教や仏教の、後に出て来る 「汚れ(煩悩)無き境地に至る」事の象徴として「泥の汚れに染まらぬ花」である蓮の花がと関係づけられているようだ。
パイという名は、エドガー・アラン・ポーの「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」のピムに似てなくもないし、ピムの冒険も船が難破して南の果てで不思議なものを目撃する物語だ。この物語に出て来る反乱水兵の名前がリチャード・パーカーで、パイが漂流ボートに同乗することになるベンガルトラの名前と同じだ。結局、オリジナルはエドガー・アラン・ポー様ということか。
Treeoflifekircherその後、動物園を父が売却、カナダへ日本船籍の貨物船「Tzimtzum」で向かうのだが、この船名が、ヒンドゥー教のみならず、イスラム教、仏教、キリスト教と貪欲に勉強したパイが、さらに勉強したユダヤ教の秘法、カバラから来ていて、その「ツリー・オブ・ライフ」は船の形をしている(⇒)。英語で言えば、収縮を意味するconstrictionの意味だそうで、つまるところ、世界の縮図≒ノアの方舟といったところ。
大嵐に遭って、転覆、リチャード・パーカーと小型ボートで漂流することになる。実は他にもオラウータンやシマウマもいたんだが、お互い殺し合いをして結局、最強のリチャード・パーカーが生き残り、パイと対峙する。なぜか救命ボートには遺体が残っていない。オラウータンは母だと言う説がなされ、このサバイバル戦がまた物語の“二重性”の伏線になっているのだけれど。
LOPその後、起こるシーンは宇宙と海の境目がなくなったような幻想的でしかも数学的な美しさ。ジャンプするクジラは海(この世)と宇宙(あの世)を結ぶ象徴だ。パイが救助を求めるメッセージを入れた空き缶を投げた時に広がる波紋は見事な円周を描く。トビウオの来襲は、そのまんまパイが夢の中で上陸する島のミーアキャット(アフリカにしかいないから太平洋の島にいるワケない、動物園にいたんだろう)の夥しい群と重なる。島の花を剥くと骨が出て来るが、パイが遭難する前に会った踊り子の美少女の蓮の花ポーズと重なる。ハスはヒンドゥー教や仏教で深い象徴的な意味を持っていた。
島が食虫島で、そこにある大きな沼は科学的にはペーハーが変化し、動物が殺される場所なのだけれど、これも実は遭難前の口の中(食べる、消化する)に広がる宇宙というエピソードとつながっている。大体、当初からベジタリアンか肉食派かということで言い争う場面があった。肉食≒汚れ=煩悩のようで、人の夢も思想も宗教も現実とつながっており、全てひっくるめて生命の営みだということ。原題のLife of Piは、円周率(227日)が無限に続く「永遠の生命」という二重の意味が込められているようだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 16:53│Comments(6)TrackBack(47)clip!洋画ラ,リ | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50746249
この記事へのトラックバック
人生って冒険なのよね。  
ライフ・オブ・パイ【Akira's VOICE】at 2013年01月25日 18:59
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」の名匠アン・リー監督が、ブッカー賞...
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流し...【日々“是”精進!】at 2013年01月25日 19:42
Life of Pi◆プチレビュー◆摩訶不思議なサバイバル劇「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」。圧倒的に美しい3D映像に息を呑む。 【85点】 インドで動物園を経営するパテル ...
映画レビュー「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2013年01月25日 23:39
イスラム教、ビンズー教、キリスト教と興味を持った主人公が動物と海を旅するのは、現代版「ノアの方舟」という内容の深いものだった。宗教にあまり関心のない日本人を船の持ち主で事情聴取の役目を担わせたのは、うますぎる設定だ。傑作だと思う。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2013年01月26日 00:12
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2013年01月26日 01:15
1976年。 インドからカナダへ移住するため、家族や、父が経営する動物園の動物たちと共に貨物船で航海に出た16歳の少年パイ。 しかし嵐に遭い船は沈没してしまう。 ただひとり生き残った彼が乗った小さな救命ボートには、シマウマとハイエナ、オランウータン、ネズミ、そ
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日【象のロケット】at 2013年01月26日 09:55
小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【心のままに映画の風景】at 2013年01月26日 15:22
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2013年01月26日 17:13
散りばめられたπ 【Story】 小説のネタを探していたカナダ人作家(レイフ・スポール)は、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性を訪ね、彼の語る驚愕の冒険話を聞くことになる…。 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【Memoirs_of_dai】at 2013年01月26日 19:45
嵐の海。生きること。神への感謝。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【悠雅的生活】at 2013年01月26日 19:52
幻想的な映像美は見応えあり。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【だらだら無気力ブログ!】at 2013年01月27日 00:06
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス 監督 アン・リー 音楽 マイケル・ダナ 出...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【to Heart】at 2013年01月27日 12:53
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 ★★★★★ 3Dの圧倒的映像が語る 想像を絶する海上の日々 パイの人生の227日を約2時間、壮絶に旅して、もうクタクタ。 でも、割と心地よい疲労感です。 ふだん、メガネonメガネになってしまうので すすんで3Dは観ないのです
生かされた いのち『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』【Healing】at 2013年01月27日 18:53
評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2013年01月27日 20:04
映画『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』は、アン・リーがしっかりと物語
「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」:物語と映像のセンス・オブ・ワンダー【大江戸時夫の東京温度】at 2013年01月27日 22:17
ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化 来月発表になる、アカデ...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI【我想一個人映画美的女人blog】at 2013年01月27日 23:45
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2013年01月27日 23:57
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞”では、
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか?【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2013年01月28日 00:07
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。 カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。 第85回アカデミー賞に11部門ノミネートを果たしている作品でもあります。 今作は、映画の原作「パイの物語」の作者
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2013年01月28日 22:06
ヤン・マーテル著の『パイの物語』をアン・リー監督が映画化したファンタジックな作品です。 トラと漂流している予告編を観た時から、一体どうなるのだろうと気になっていました。 美しい映像に魅せられながら、少年パイの冒険に引き込まれていきました。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【とりあえず、コメントです】at 2013年01月29日 08:41
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日Life of Pi/監督:アン・リー/2012年/アメリカ むかしむかしあるところに、パイという名の少年がいました TOHO日劇で鑑賞。レディースデーでほぼ満席でしたね。隣の隣に座ったカップルが小声でずっとしゃべっていてうっとうし
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/あなたはなぜわたしを試すのですか【映画感想 * FRAGILE】at 2013年01月31日 11:46
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始まっ
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D【そーれりぽーと】at 2013年02月01日 00:59
 柔道全日本女子の園田隆二監督の問題は、対応のまずさがうきぼりになりましたねぇ。教会の理事連中も園田監督と大差ないダメダメ人間ですね。では、本日紹介する作品は、こんな
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 圧倒的な映像美と骨太のあらすじ【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年02月01日 13:24
映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。 映画芸術を堪能させていただきました!
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」【或る日の出来事】at 2013年02月01日 21:53
主人公パイは幼少のころからヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教、さらにはカバラ秘術までを学ぶ。 ここまで見たところで、アン・リー監督の旧作「グリーン・デスティニー」が頭をよぎった。 主人公のムーバイは求道者としても描かれており、この監督はこの世の仕組
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★*☆【センタのダイアリー】at 2013年02月02日 19:47
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに日本の貨...
少年と海、リチャード・パーカー 〜『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】【真紅のthinkingdays】at 2013年02月02日 23:39
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・ドパ
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』【京の昼寝〜♪】at 2013年02月03日 08:44
2013年1月31日(木) 21:15〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 その名は、リチャード・パーカー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』公式サイト インドで動物園を経営していた一家が、新天地カ
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【ダイターンクラッシュ!!】at 2013年02月03日 14:14
ずいぶん溜め込んでしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルのもとに、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。 1960年代、パイはインドで動物園を営む一家のもとに生...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/LIFE OF PI【いい加減社長の映画日記】at 2013年02月03日 18:14
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」【FREE TIME】at 2013年02月03日 21:44
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー【西京極 紫の館】at 2013年02月07日 00:25
3Dで見てきました。どうせ見るなら、よくよくの理由のない限り3Dをお勧めします。なにせ、監督自身が「2Dで作れってなら、俺は降りる」って言ったようですから〜。 → 「2Dなら監督降ります」アン・リ...
映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」〜劇場で【David the smart ass】at 2013年02月12日 11:12
 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎないだろうとタカをくくっていました。  しかしながら、最後にあのようなどんでん返しが隠さ
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』【シネクリシェ2.0】at 2013年02月16日 09:53
 映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」 を観て来ました。 字幕2Dで一回。吹き替え3Dで一回。 もう三回ぐらい観たいです。 大好きです。 ※映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」と、同人ゲーム「うみねこのなく頃に」のネタバレを含みます。  TVC
映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」 感想・考察【シフクノキロク】at 2013年02月17日 23:50
映画館をチェックしたら3Dは吹き替えが多くて・・・字幕版で時間帯もよかったので TOHOシネマズMM横浜で鑑賞しました。 今まで、3D映画は109シネマズで観ることが多かったので、マイ3Dメガネを持参したのですが TOHOシネマズでは専用の重いメガネを着用とのこと...
ライフ・オブ・パイ   トラと漂流した227日【映画の話でコーヒーブレイク】at 2013年02月19日 18:27
【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かったにも関わらず、今朝頑張って早起きしたが、あいにく波無かった、しばらく塩分不足にな...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜】at 2013年02月26日 13:15
28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 1976年 インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に嵐に襲われ船が難破 唯一生き残ったパイが乗り込んだ救命ボートにはシマウマ、ハイエナ、オラ...
漂流の果てに【笑う社会人の生活】at 2013年02月27日 20:12
あらすじインドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』’12・米【虎団Jr. 虎ックバック専用機】at 2013年03月02日 21:55
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D・吹) '12:米 ◆原題:LIFE OF PI ◆監督:アン・リー「ラスト、コーション」「ブロークバック・マウンテン」 ◆出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー、ワ...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D・吹)【C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜】at 2013年04月14日 22:26
普通に考えるとトラと漂流したら真っ先に喰われちゃうものと思います。…が、人がもつ生命力というものは凄いものですね。主人公であるパイは自分が襲われないように、トラの腹をすかせないよう工夫しているのです。てっきり漂流という厳しい現実から動物たち(おもにト
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【いやいやえん】at 2013年06月12日 14:00
漂流してるうちにトラと仲良くなりましてんっていう ありえない奇跡かと思ってたんですが、全然違ってましたね。(^^; DVDで鑑賞。 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray] by G-Tools 大人になったパイが回想す...
ファンタジーにしといてほしかったな〜。〜「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」〜【ペパーミントの魔術師】at 2013年06月20日 10:48
監督  アン・リー 出演 イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール 【あらすじ】 1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【タケヤと愉快な仲間達】at 2013年06月30日 20:23
個人的オススメ度:★★★★☆おすすめ映画洋画主観的ネタバレレビューアン・リー監督/スラージ・シャルマ、イルファーン・カーン主演 【作品データ】 監督 アン・リー 脚本 デヴ ...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日/Life of Pi【オススメ映画洋画ネタバレレビュー/洋楽 R&B HIPHOP SOULをYOUTUBEを使って紹介〜え、なにそれ?】at 2013年07月18日 15:26
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャルマ:パイ・パテル(少年) イルファン・カーン『アメイジング・スパイダーマ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【銀幕大帝α】at 2013年07月27日 00:56
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。 素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。この映像体験を幼い時にできた息子は幸せ者だ。 敬愛するアン・リー監督
「ライフ・オブ・パイ〜虎と漂流した227日間〜」【ここなつ映画レビュー】at 2013年09月18日 12:56
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督アン・リー 重要なネタバレあり。未鑑賞の方、ご注意を。
映画評「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2013年12月22日 12:53
この映画が紹介された時、あっと驚くメイキング風景(舞台裏)と、実際の映像の美しさに圧倒され主人公が、オーディションで選ばれた新人の少年、だったのにも、びっくり。(たしか、付き添い、だったのが偶然だったんですってね)最初は、驚異の体験の再現ノンフィクション
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日【のほほん便り】at 2014年06月20日 07:56
この記事へのコメント
あ、佐藤さんならではの深い読みですね。
興味深いです。
そういえばπ=円周率の話をしつこくしてましたもんね、
Posted by mig at 2013年01月29日 00:30
migさん、円周率の話のとき、本当はウトウト夢見てたんじゃないの?何となくそんな感じがするなあ。
Posted by 佐藤秀 at 2013年01月29日 10:50
227日にそんな意味があったとは!
だからのπですか。
エドガー・アラン・ポーにユダヤの秘宝、食の嗜好の口論、深い意味があったのですね。
Posted by ryoko at 2013年02月19日 18:39
なんかそのう、やっぱりインドは数学の国なんですね。最初に数字ありきというか。
Posted by 佐藤秀 at 2013年02月19日 19:22
とっとと漂流記に入ればいいのに
前フリ長っ!って思ってて
ぶっちゃけめちゃくちゃ眠かったんですが
名前にも、円周率の説明にも、
ちゃんと意味があったんですね・・・(^^;

映像美と迫力はDVDでみても十分伝わりましたが
ほんと3Dで見なかったことを後悔した作品でした。

どっちかいうとみなさんのレビューみて
あ〜そんなに深い作品だったんだと
あとからじわじわ来てます・・・お恥ずかしい。(^^;
Posted by Ageha at 2013年06月20日 10:44
Agehaさんの記事みて、これ実話も入っていたんですね。それにしても実話より物語が先行するなんて。
Posted by 佐藤秀 at 2013年06月20日 11:08