2013年03月16日

プラチナデータ〜天才てんこ盛り2

この美形さえも、DNAで決まるのか。
platinadata公式サイト。英題:Platinum Data。東野圭吾原作、大友啓史監督。二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人。「この愛さえも、DNAで決まるのか。」って、血液型占いと同様、たとえ近未来(2017年?)であっても、トンデモだと思うのだけれど。
サヴァン症候群、二重人格、それから誇大妄想? 色々なアイテムを嵌め込んだらミステリーになる。特に「天才○○」というのは使い勝手のいい便利な言葉だ。いい加減、この「天才○○」という安易設定やめてもらえないものか。
特に日本国民全員(外国人はなぜ含めない)のDNAのデータベース化というシステム作りって、一人や二人の天才○○頼みでできるとは思えない。色々な技術を組み合わせてやっとできるものだろう。だから東野圭吾原作物は苦手だ。そうなると袈裟まで憎いで、そもそもこのタイトル、プラチナチケットとかプラチナカードを連想し、意味と裏腹に安っぽい。
まず最初から殺されているサヴァン症候群の「天才数学者」蓼科早樹(水原希子)。ひと頃、その「天才的業績」から新聞にもデカデカと取り上げられていた。そんな人が他殺体で見つかったのなら、マスコミが大騒ぎする筈だが、そんな気配、本作では微塵も見られない。プラチナデータ絡みなので伏せられているのだろうか。後で官僚などのデータも検索できる「モーグル」のデータをマスコミに流した警視庁の主任警部補浅間(豊川悦司)に警察庁幹部が手も足も出なくなるシーンがあるが、それなら早苗殺人事件隠蔽だって同じインパクトがある筈。
もう一人の「天才科学者」神楽(二宮和也)は変身できるのだけれど、本人も周囲の人間も気付かない。いや一人だけ気付いているのだが。その人も「天才精神科医」らしく、催眠術で人格を操れるらしい。
platinadata2ところで、原作ではこの天才精神科医は男性だそうだが、本作ではちょっとトウの立った美人。本作では、早樹役の水原希子や臨時研究員白鳥役の杏と、現役バリバリのファッションモデルのプラチナ美人が揃い踏みしているのだけれど、二人とも殺されてしまう。案外、隠された動機は美しい若さへの嫉妬なのか、といらんことまで考えてしまう。
水原の雰囲気って、「脳男」の二階堂ふみとよく似ている。いや、むしろ二階堂ふみが水原に似ていると言った方がいいのかもしれないが。
一方の杏の方は、案外中途半端な役柄で、要は某国のスパイというだけで余り活躍の場がなかったのが残念。そもそも、DNAで検挙率100%、冤罪率0%を謳いあげる前に、国策で行っているプロジェクトにこうも易々と異分子を送り込まれているって状況の方を何とかした方が良さそうだが。遺体となって引き摺られていく時、やっぱりこの人、スタイルいいなあ、と変な場面で感心してしまう。少なくともこの人を見ていると「この美形さえも、DNAで決まるのか」とは思ってしまう。
追跡シーンあるのだけれど、これ、DNA追跡システムというより、人相追跡システムじゃないだろうか。通行人のDNA解析(本作では建前上、本人の許可なくDNA採取してはいけないことになっているが)なんてしなくても、顔情報だけで事足りる。それにしてもお約束のような無用で平凡なカーチェイス何とかならんのだろうか。ちなみに警察組織がテーマになると、なぜこうも「踊る大捜査線」化して上層部の腐敗がオチになるのだろうか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:10│Comments(0)TrackBack(31)clip!邦画パ行 | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50751080
この記事へのトラックバック
映画「プラチナデータ」オリジナルサウンドトラック [CD]DNAデータによる管理社会で起きた殺人事件の謎を追う「プラチナデータ」。所詮、人間をデータ化することなど不可能なのかも ...
プラチナデータ【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2013年03月16日 23:50
[プラチナデータ] ブログ村キーワード  東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也と豊川悦司の競演で魅せてくれます。  そう遠くない将来の日本
「プラチナデータ」すべてこの世は、DNA次第…。【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2013年03月17日 00:23
2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 [Story]政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報&a.
プラチナデータ【新・映画鑑賞★日記・・・】at 2013年03月17日 00:49
「プラチナデータ」を鑑賞してきました人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを「るろうに剣心」の大友啓史監督で映画化したSFサスペンス。全国民のDNAデータが管理され、DN...
劇場鑑賞「プラチナデータ」【日々“是”精進!】at 2013年03月17日 06:35
東野圭吾著の同名小説を二宮和也主演で映画化したサスペンスです。 予告編をもう何回も観ていたので、ようやく公開日が来た!と初日にチャレンジしてみました(^^ゞ こんなシステムが出来たら便利な以上に怖いなあと思うような作品でした。
プラチナデータ【とりあえず、コメントです】at 2013年03月17日 09:23
東野圭吾の同名の小説が原作。元々、原作の小説は映画化を前提に作られており、今回、そのそもそもの目的が達成されたことになる。 原作は読んでいたんですが、結構前なので実はストーリーはうろ覚え。“プラチナデータ”の意味だけは覚えていましたが。うろ覚えでも、今回.
プラチナデータ【勝手に映画評】at 2013年03月17日 09:27
東野圭吾の同名小説の映画化作品。 原作がめっちゃ面白かったので期待して観に行きました。 原作はコチラ プラチナデータ (幻冬舎文庫)(2012/07/05)東野 圭吾商品詳細を見る 原作の感想はコチラ 原...
映画『プラチナデータ』観てきたよ【よくばりアンテナ】at 2013年03月17日 17:02
 TPP交渉参加問題、近い将来の日本に大きな変革をもたらしそうですね。それが、良い変革になるのか、悪い変革になるのか、人によって様々だと思います。ちなみに、本作で描か
プラチナデータ : 浅いよねぇ、懐が。【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年03月17日 23:37
DNAの解読は標的を定めることで部分的に可能というのが現実だけど、人相や体格や性格まで解読するのは並大抵ではない。開発者の天才科学者は絶対の自信を持っているが、彼自身が犯人にされていまい陰謀に巻き込まれていく。有りがちな展開ではなく、予想外の展開でなかなかの
プラチナデータ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2013年03月18日 00:04
DNA捜査関係者の連続殺人事件が発生。 警察庁科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽(かぐら)龍平が、最先端のDNA捜査システムから導き出した犯人は、なんと神楽自身だった! 身に覚えがない神楽は、真犯人を見つけるため逃亡を決意する。 警視庁捜
プラチナデータ【象のロケット】at 2013年03月18日 10:00
プラチナデータ ユナイテッド・シネマ浦和 3/16公開 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に 犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は 皆無となった...
プラチナデータ【単館系】at 2013年03月18日 14:35
この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。 連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 製作年度 2012年 上映時間 134分 原作 東野圭吾『プラチナデータ』(幻冬舎刊) 監督 大友啓史 音楽 澤野弘之 出演 二宮和也/豊川悦司/鈴木保奈美/生瀬勝久/杏.
プラチナデータ【to Heart】at 2013年03月19日 12:34
DNAプロファイリング・・・国民のDNAを管理し、犯罪などの捜査に活用する法律が可決された  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会
【プラチナデータ】を映画鑑賞!【じゅずじの旦那】at 2013年03月20日 09:51
【=19 うち今年の試写会2】 完徹明けの昨夜、昼寝をせずに夜は20時にベッドに入ったら、なんと朝6時まで一度も起きること無く熟睡!俺もまだまだ若い!?  警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う...
プラチナデータ ヾ(@^▽^@)ノ → o( ̄ー ̄;)ゞ → (_ _;) 【労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜】at 2013年03月22日 16:20
予告編が面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。 神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA...
プラチナデータ【いい加減社長の映画日記】at 2013年03月23日 19:49
2013年3月23日(金) 15:10〜 チネ4 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 トヨエツがでかいのか、ニノがちっちゃいのか 『プラチナデータ』公式サイト 国民の情報を警察が抑えているという、どこの「ワイルド7」(映画の駄作のやつ)なんだよ! と
プラチナデータ【ダイターンクラッシュ!!】at 2013年03月24日 19:04
映画「プラチナデータ」を鑑賞しました。
映画「プラチナデータ」【FREE TIME】at 2013年03月24日 22:59
【ROBOTICS;NOTES 第22話(最終回)】ロケット発射阻止に向かうスーパーガンつく1(海翔くん)と、立ちはだかるみさ希さん(君島コウ)の巻。冒頭、スーパーガンつく1がロケット発射台 ...
さすがの怪演(ROBOTICSNOTESとかプラチナデータ(映画)とか)【アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)】at 2013年03月25日 01:54
□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>
『プラチナデータ』【京の昼寝〜♪】at 2013年03月25日 12:04
「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...
「プラチナデータ」DNAで犯人にされた先にみた真のプラチナデータの目的と意味【オールマイティにコメンテート】at 2013年04月04日 00:04
映画『プラチナデータ』は作りの大きなサスペンスとして出だし快調だったんですが、後
「プラチナデータ」:後半がたるい【大江戸時夫の東京温度】at 2013年04月04日 22:48
【出演】  二宮和也  豊川悦司  鈴木保奈美  杏 【ストーリー】 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平は.
プラチナ・データ  監督/大友啓史【西京極 紫の館】at 2013年04月04日 23:06
 東野圭吾原作のSFミステリー小説を、「るろうに剣心」の大友啓史監督、「GANTZ」の二宮和也主演で映画化。  未来のテクノロジーが犯罪捜査、または裁判を行うこの手のSFモノにありがちな設定とストーリー展開。原作がどこまで生かされているのかは存じ上げないが
[映画][☆☆☆★★]「プラチナデータ」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2013年04月05日 18:56
ぐるナイでしかみてないんだけど 杏ちゃん、足長い。バイクで颯爽とくるとこカッコイイ ノルウェイの森でインパクト大だった水原希子ちゃんめっちゃ可愛い☆ トヨエツ渋かったです。キャストバッチシだね〜。 ・・・鈴木保奈美だけがな〜・・・・(わわわわわ) 演技...
アナログ刑事と二人のニノ。〜「プラチナデータ」〜【ペパーミントの魔術師】at 2013年04月07日 10:36
二宮君ファンなら満足な一本かも。
プラチナデータ【だらだら無気力ブログ!】at 2013年04月20日 23:05
さまざまな作品が映画化されている東野圭吾の小説を『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大
映画 「プラチナデータ」 あらすじ&ネタバレは禁【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2013年09月13日 00:02
思えば3月4月は、「このままでは今月は一回も映画を観られない!」と思った位の日々でしたが、なんだかんだ子どもの付き合いを兼ねて、いわゆる流行りの邦画を続けざまに観る事になりました。 で、順不同ですが、「プラチナデータ」。 例の如く、「原作読んだから俺は
「プラチナデータ」【ここなつ映画レビュー】at 2013年09月24日 13:48
監督:大友啓史 出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 【解説】 さまざまな作品が映画化されている東野圭吾の小説を、『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化したサスペンス。DNAデータを基に犯罪捜査が行われる近未来を舞台に、...
プラチナデータ【タケヤと愉快な仲間達】at 2013年11月06日 18:06
うーんいまひとつ微妙な作品でした。 二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりとい
プラチナデータ【いやいやえん】at 2013年11月12日 09:17
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり
映画評「プラチナデータ」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2014年01月22日 10:41
二宮和也、豊川悦司というキャスティングだけで、大いに満足してしまった私です。厳しい意見もあったみたいですが、逃げるニノ、追うトヨエツと、私は、このおふたりを眺めて、嵐のかっこいいエンディング・テーマを聴けただけで充分だったのでしたSFサスペンスの設定とし
プラチナデータ【のほほん便り】at 2014年02月10日 15:01