2013年04月05日

ヒッチコック〜本人がサイコぽい4

ピーピング・トムの神様
hitchcock0公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(アルフレッド・ヒッチコック)、スカーレット・ヨハンソン(ジャネット・リー)、ジェームズ・ダーシー(アンソニー・パーキンス)、ジェシカ・ビール(ヴェラ・マイルズ)、ヘレン・ミレン、ダニー・ヒューストン、トニ・コレット、マイケル・スタールバーグ、ラルフ・マッチオ、マイケル・ウィンコット。“サスペンスの神様”の代表作「サイコ」撮影を巡るアルフレッド・ヒッチコックの私生活のサスペンス化。
北北西に進路を取れ」の成功で60歳を迎えたヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は若い頃の貧乏だったがわくわくする映画を作りたいという思いがこみあげて来る。その思いがなぜかヒッチ自身の回春としての若気の至りのような、覗き魔と言うか視姦魔に変身させるようにも見える。実際、ヒッチは色々な場面で覗き見しており、その表情がまるで自分の若い頃を懐かしんでいるかのよう。
ヴェラ・マイルズ(ジェシカ・ビール)の女優控室の壁に穴を開けてヴェラがブラを外すところを覗き見している。映画では胸は出て来ないが、ジャネット・リー(スカーレット・ヨハンソン)に「なぜこちら側は広く削っているの?」と覗き穴のことを尋ねられ、「広い角度で覗ける」と言っていたので、ヒッチ自身はヴェラの乳房を視角を変えてしっかり見ていたことになる。我々が見ているのは「映倫」に検閲された映像だけということになる。
hitchcock1ジャネットとヴェラがヒッチの噂をしていたら、ヒッチがうろついていて、ヴェラは「私たちを見張っているのよ」。「サイコ」の映画撮影現場でヒッチ自身がサイコになっている。そもそも「裏窓」は覗き見男の物語で、主演女優は本作でヒッチがいやにこだわるブロンド美女グレイス・ケリーだ。思えば、カメラで映像を撮る映画監督という職業自体、覗き魔と通ずるところがある。
そのジャネットが最初に登場するのはお尻のドアップ。もしヒッチコックが生きていたらスカーレット・ヨハンソンの見事なお尻に見惚れて絶対こんな風に撮ったに違いないという演出だ。ジャネットは有名なシャワー・シーンで「キャー!」と絶叫するのだけれど、OKが出るのはヒッチ自身が襲う役になる時。ジャネットはヒッチの顔にただならぬものを感じ取って一瞬、マジで恐怖に襲われたようだ。
よほどジャネットの悲鳴にコーフンしたのかヒッチはジャネットの控室にも悪戯してもう一度「キャー!」を言わせている。どうもヒッチは若いブロンド美女の「キャー!」に性的興奮を覚えてたまらんらしい。明らかにヒッチはジャネットを好いている。一方、期待したのに結婚して家庭を大事にするヴェラには失望感がアリアリ。ジェシカ・ビールだってお尻でスカちゃんに負けていないのだけれど。
hitchcockちなみに、「サイコ」キャスト役で一番似ていたのはアンソニー・パーキンス役のジェームズ・ダーシーだろう。ほとんどそっくりの雰囲気。
映倫に「アメリカ映画でトイレは必要としてなかった」と釘を刺されるけれど、トイレも当然ピーピング・トムのターゲット。今ではトイレシーンどころか排泄シーンもざらにあるのだけれど。トイレは証拠隠滅シーンで必要なのだと反撃するヒッチ。トイレの妄想シーンでは「サイコ」のモデルとなった実在の人物エド・ゲイン(マイケル・ウィンコット)に「トイレの床をよく見ろ」と言われ、妻でアルマ(ヘレン・ミレン)の脚本家のウィットフィールド(ダニー・ヒューストン)との不倫の“証拠”を発見する。この辺り、「サイコ」のマザコン問題と重ねているみたいで、ウィットフィールのアルマ頼りがマザコンぽく、ヒッチもそう罵っている。
ちなみにエド・ゲインはハンニバル・レクターの「羊たちの沈黙」のモデル。レクターはクラリスにヒントを与えるのだが、それを演じた俳優がヒッチを演じるアンソニー・ホプキンスなのだから、かなり混ざり合った演出だ。
ラストでヒッチ好みのブロンドネタが再び使われる。アルマに「30年前からお前が最高のブロンド女性と思っていた」とおべんちゃら言ったのに対し、今頃言われたアルマは「だからサスペンス(未決、棚上げ)の神様なのよ」と切り返す。本当のラストが日本語でも最後の出し物を意味する「」とは。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 18:18│Comments(2)TrackBack(34)clip!洋画ハ、ヒ | ★4

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「ヒッチコック」を鑑賞してきました巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔「サイコ」の波乱に富んだ誕生秘話を名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレ...
劇場鑑賞「ヒッチコック」【日々“是”精進!】at 2013年04月05日 20:31
ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻による、 傑作「サイコ」(1960)の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知...
ヒッチコック/Hitchcock【我想一個人映画美的女人blog】at 2013年04月05日 22:44
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
映画レビュー「ヒッチコック」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2013年04月05日 23:13
ヒッチコキアンには堪らない今作。 TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑) まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。 1956  知りすぎていた男The Man Who Knew Too Much      間違えられた男 The Wrong M...
映画:ヒッチコック Hitchcock  キャリアのピークを迎えた時代の「サスペンスの神様」の実態とは?!【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2013年04月06日 04:41
ヒッチコック HITCHCOCK ★★★★4.5 天才と呼ばれた“ヒッチコック”は その妻アルマと2人で完成形 『レベッカ』『裏窓』『めまい』『鳥』・・・ 代表作をあげればキリがない “サスペンスの神”といわれたヒッチコック監督を 30年以上も支えた妻・アルマとの知られざる関
『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!?【Healing】at 2013年04月06日 15:45
※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意
ヒッチコック【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2013年04月06日 22:51
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。 「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられないほどの恐ろしさとは無縁の、夫婦愛に満ち満ちたラストは、思わず涙が溢れ出す。
「ヒッチコック」☆愛あればこそ【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2013年04月07日 09:51
ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称さ...
ヒッチコック【Memoirs_of_dai】at 2013年04月07日 12:18
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を意識した映像・演出になっています。特に、冒頭にヒッチコックその人が出てきて解説する辺...
ヒッチコック / Hitchcock【勝手に映画評】at 2013年04月07日 17:12
評価:★★★★☆【4,5点】(P) ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見
ヒッチコック【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2013年04月07日 22:29
『サイコ』製作の背景を通してヒッチコックの人間像を描いたドラマです。 予告編でアンソニー・ホプキンスが別人になっていたのを観て、これは観なくちゃと思っていました。 あのインパクトのある体型の中に怒りの闇を抱えながらも自分の映画への信念を貫くヒッチコックの姿
ヒッチコック【とりあえず、コメントです】at 2013年04月08日 08:57
 アメリカ  ドラマ&伝記  監督:サーシャ・ガヴァシ  出演:アンソニー・ホプキンス      ヘレン・ミレン      スカーレット・ヨハンソン      トニ・コレ ...
ヒッチコック【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2013年04月08日 11:16
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を思い出す)。  今、ちょいと部屋の中で振り向いただけで、こんなんが容易に見つかるほど、..
[映画『ヒッチコック』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2013年04月09日 01:00
映画『ヒッチコック』(公式)を昨日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1959年、映画『北北西に進路を取れ』が大ヒットし...
映画「ヒッチコック」 感想と採点【ディレクターの目線blog@FC2】at 2013年04月09日 06:46
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインの物語に心を奪われた。 妻のアルマは、その陰惨なテー...
ヒッチコック/HITCHCOCK【いい加減社長の映画日記】at 2013年04月09日 07:46
1959年。 60歳の映画監督ヒッチコックは、実在の凶悪殺人犯エド・ゲインをモデルにした小説「サイコ」に目をつける。 ところがあまりに衝撃的な内容に、映画会社からは出資を断られてしまう。 自宅を担保に何とか資金を調達し撮影を始めるが、今度は映倫(映画内容をチェ
ヒッチコック【象のロケット】at 2013年04月09日 18:17
帰りの飛行機の中で鑑賞した2作品です。 共に「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコックの知られざる一面を描いています。 「サスペンス映画の神様」「サスペンスの巨匠」としてそっとして置いちゃダメなの? 亡くなって30数年、今さらダークサイドを暴く必...
「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」【映画の話でコーヒーブレイク】at 2013年04月10日 00:25
アンソニー・ホプキンスのヒッチコックは特殊メイクというよりもほとんどカブリ物だけど、本人に全然似てないよね。 ここまでの分厚いメイクだと微妙な表情はわかりづらいし、アンソニー・ホプキンスでなく...
ヒッチコック ★★★★☆【センタのダイアリー】at 2013年04月10日 22:06
1959年。 新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説...
ヒッチコック【心のままに映画の風景】at 2013年04月11日 00:51
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TOH
『ヒッチコック』【京の昼寝〜♪】at 2013年04月11日 08:26
ヒッチコックHitchcock/監督:サーシャ・ガヴァシ/2012年/アメリカ アンソニー・ホプキンスが久しぶりにちゃんと演技しています。 TOHOシネマズシャンテで鑑賞。シャンテ物件だよね〜って思ってたらやっぱりシャンテだったっていうね。 わたしはヒッチコック作品は、
ヒッチコック/あの頃エド・ゲインと【映画感想 * FRAGILE】at 2013年04月12日 13:38
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件が再現されます。  そこに、ヒッチコック(アン...
ヒッチコック【映画的・絵画的・音楽的】at 2013年04月18日 05:55
2012年・アメリカ/フォックス・サーチライト・ピクチャーズ 配給:20世紀フォックス映画 原題:Hitchcock 監督:サーシャ・ガバシ原作:スティーヴン・レベロ脚本:ジョン・J・マクローリン音楽
「ヒッチコック」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2013年04月18日 22:14
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説 『サ...
サスペンスの巨匠/メイキング・オブ・サイコ〜『ヒッチコック』【真紅のthinkingdays】at 2013年04月20日 07:39
ヒッチコックを公私ともに支える妻アルマとの関係と最大ヒット作である映画『サイコ』が完成に至るまでのエピソードを交えて描く『ヒッチコック』。原作はスティーヴン・レベロ著『ヒッチコック&メイキング・オブ・
アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン『ヒッチコック』メイキング・オブ・サイコ【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2013年04月22日 00:37
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の理解者である妻アルマとの関係までほころびが生じてきて・・・ 名作「サイコ」制作過程...
あらためて ヒッチコックを! 【笑う社会人の生活】at 2013年04月24日 18:29
彼の人となりが分かって結構面白かった。
ヒッチコック【だらだら無気力ブログ!】at 2013年04月28日 00:46
「Hitchcock」 2012 USA 1959年。映画の企画探しを初めたヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説“サイコ”に惹かれ映画にしようと思い立つ。しかし優秀なる映画編集者であり脚本家でもある妻のアルマはこの企画に難色を示す。おまけに映画会社からは
「ヒッチコック」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2013年05月04日 13:16
 今日も朝から、何だかんだでバタバタしています。こんな時には、以外に落ち着いて観れるこちらの作品は良かったですよ。 【題名】 ヒッチコック 【製作年】 2012年 【製作
ヒッチコック : 巨匠のお茶目っぷりがGood!【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年05月05日 13:30
映画『ヒッチコック』で、アルフレッド・ヒッチコックを演じるのはアンソニー・ホプキ
「ヒッチコック」:似てないし、ぬるいし・・・【大江戸時夫の東京温度】at 2013年05月08日 23:34
数々の傑作を世に送り出したサスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコック の知られざ
「ヒッチコック/HITCHCOCK」  サイコの舞台裏【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2013年10月25日 00:03
 スリラーの名作「サイコ」の誕生秘話。  歴史的な名作の陰にはやっぱり奥様の献身
ヒッチコック【EURISKO2005】at 2014年02月26日 21:53
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督サーシャ・ガヴァシ ネタバレあり
映画評「ヒッチコック」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2014年04月25日 10:39
名作「サイコ」にまつわる制作秘話と、1本の映画が出来るまでの事情(試写の段階では、かなり不評で、音響効果を筆頭に編集で頑張ったとは知らなかったので、感動)と、夫婦の物語。特殊メイクで巨匠・ヒッチコックに扮したアンソニー・ホプキンスを筆頭に、「サイコ」のヒ
ヒッチコック【のほほん便り】at 2014年09月24日 08:03
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
ヒッチコックはモノクロの映画において、ブロンド女性がもっとも映える、ブルネットでは犯人に見えてしまうと言っていたらしいですが、ヒッチは純粋にブロンドが好きだったみたいですねぇ。
Posted by ノルウェーまだ〜む at 2013年04月07日 22:02
そのブロンド女性のスカちゃん、お尻だけでなく顔もすごく綺麗で可愛くて得した気分でした(笑)。ジェシカも好きなんですけど今回はちょっと損な役だったかな。
Posted by 佐藤秀 at 2013年04月07日 23:03