2013年04月08日

君と歩く世界2

弱肉強食のどん底に花咲く野生の愛
rust&bone公式サイト。ベルギー=フランス。原題:De rouille et d'os、英題:Rust And Bone。ジャック・オーディアール監督、マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ、アルマン・ヴェルデュール、セリーヌ・サレット、コリンヌ・マシエロ、ブーリ・ランネール。シャチ調教師ステファニー(マリオン・コティヤール)は事故で両脚を失う。はっきり描かれていないが事故でプールに放り出されてシャチに噛み切られたらしい。
ステファニーが事故に遭う前に現れたのは、シャチのように野性的なアリ(マティアス・スーナールツ)。バーで喧嘩して用心棒のアリに家まで送ってもらい、同棲している男に「あんた、あの男に怖気づいていたでしょう」と毒づいてしまう。
舞台は南フランスの地中海沿岸の保養地アンティーブ。この地は古代ローマ時代から要衝の地のため、幾たびも支配者が変わって来た歴史がある。フランスが支配するまで無秩序の歴史だったという。その歴史をなぞるように本作は保養地としての富裕層のバカンスの地と裏側にある依然無秩序な貧困地帯とを対照に描く。
アリはベルギーでボクシングのチャンピオンになった経歴があるが、今は失業してシングルファザー。幼い息子サム(アルマン・ヴェルデュール)と他人の食べ残しを食って姉アンナのいるアンティーブに辿り着き用心棒に雇われたのだけれど、金欠病で街裏の賭けキックボクシングに参戦し、血みどろの死闘をして賞金を稼ぐ。ステファニーのシャチのショーの仕事もお金持ちを楽しませることにおいて何ら変わりない。ならステファニーにとってシャチもアリも同じだ。
このためか、あるいはそれどころじゃなかったのか、アリは両脚を失ったステファニーの事故のニュースを聞いても、特段同情する訳でもなく、どころか再会していきなり「泳ごう」と誘う。
バカンス客達の奇異の目をよそにステファニーはおっぱいさらけ出して泳ぐのだが、普通ならトラウマで海に入るだけで恐怖を覚える筈なのにまるでめげていない。両脚を失ってからもシャチとの再会を喜んでいる。裏返せばステファニーが人間社会を忌み嫌うような不幸な人生を送って来たことを裏打ちしている。
アリはセックスまで軽いノリで誘う。だからと言ってステファニーとだけの付き合いではなく、ステファニーの見ている前で別の女としけこんでも悪びれない。全てにおいてアリは野生のシャチのようで、ステファニーも何も言わない。
ところが、アリの胴元の裏の仕事を手伝って、売り場にスパイカメラを設置し、働いていたアンナの賞味期限切れ食品の持ち出しが見つかって首にされる。不景気であの手この手のリストラの嵐にさらされる貧困層は文字通り弱肉強食の仁義なき野生の世界。傷心している暇などないのだ。
怒ったアンナはアリを追い出す。サムを置いて行くがステファニーは「アリはそんな人間じゃない」。まるでステファニーは調教したシャチのようにアリを見ている風情だ。そして、調教の効果は次第に現れて来る。
もっとも、サムが凍った湖にドボンはちょっと演出過剰気味。落ちる前に予測できた。結局、ステファニー、アリ、サムそれにアンナとも唐突に生き地獄を味わうことになるのだけれど、それでも何気にかハッピーエンドなのが意外。

ジャック・オーディアール監督の他作品:「預言者」。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:23│Comments(0)TrackBack(13)clip!洋画キ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50753437
この記事へのトラックバック
君と歩く世界 (集英社文庫) [文庫]肉体のぶつかりあいを介し不思議な絆で結ばれる愛の物語「君と歩く世界」。肉食系の男女の再生物語に感動する秀作だ。南仏アンティーブの観光名所 ...
君と歩く世界【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評】at 2013年04月08日 23:45
 DE ROUILLE ET D'OS  ほぼ無一文の男・アリ(マティアス・スーナールツ)は、5歳の息子サムを抱え、 姉の住む南仏に辿り着く。姉の家に居候し、ナイトクラブの用心棒として働くよ うに...
猛獣使い〜『君と歩く世界』【真紅のthinkingdays】at 2013年04月09日 08:08
原題の『De rouille et d'os』は、英語だと“Rust and Bone”。日本語では、“錆と骨”なんていう、何とも色気のないタイトルなんですよね。それが、邦題だと『君と歩く世界』となる不思議。まぁ、脚を失った女性が出ているので、判らなくはないです。 「両脚を失った女...
君と歩く世界 / De rouille et d'os【勝手に映画評】at 2013年04月09日 09:04
 私の住む広島市の隣にある廿日市市。この廿日市市にある廿日市フットボールクラブが、J3参入を目指し久保竜彦氏を始めとする元サンフレッチェの選手3人の加入を発表しました
君と歩く世界 : 基本は、あの作品と同じ【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年04月09日 13:25
両脚を失った女性の再生と希望を描いた映画『君と歩く世界』が、現在全国で公開されている。フランスの名匠として日本でもファンが多いジャック・オディアール監督に、作品プロモーションで来日した際にお話を伺った。【Page1/2】2013年4月6日(土)より、新宿ピカデリー他にて
ジャック・オディアール監督インタビュー:映画「君と歩く世界」(4月6日より公開中)について【1/2】【INTRO】at 2013年04月12日 20:40
マリオン・コティヤールの演技が良かった。
君と歩く世界【だらだら無気力ブログ!】at 2013年04月13日 23:16
君と歩く世界 Rust and Bone (De rouille et d'os) ★★★★ 「錆と骨」から【生】を知る 生々しくも躍動するフィジカルな世界 <ネタバレありますので、鑑賞前の方はご注意ください> マリオン・コティアール主演、 不慮の事故で両脚を失った、シャチの調教師をする女性
『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界【Healing】at 2013年04月20日 21:11
□作品オフィシャルサイト 「君と歩く世界」□監督 ジャック・オーディアール □脚本 トーマス・ビデガン、ジャック・オーディアール □原作 クレイグ・デイヴィッドソン □キャスト マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ、アルマン・ヴェルデュール、
『君と歩く世界』【京の昼寝〜♪】at 2013年04月22日 12:15
 『君と歩く世界』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』に出演して魅力的だったマリオン・コティヤールの主演映画というので映画館に出かけました。  舞台は、南フランスのリゾート地・アンティーブ(コート・ダジュー...
君と歩く世界【映画的・絵画的・音楽的】at 2013年04月22日 21:25
「De rouille et d'os」…aka「Rust and Bone」2012 フランス/ベルギー 南フランス、アンディーヴ。ステファニーは観光地のマリンランドでシャチの調教をしている。一方でベルギーから一人息子を連れヒッチでアンディーヴまでやって来たシングル・ファーザーのアリ。アリ
「君と歩く世界」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2013年04月29日 23:59
監督作『預言者』がカンヌ国際映画祭やセザール賞を席巻したジャック・オーディアール
「君と歩く世界」 あらすじ&感想【ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て】at 2013年11月17日 00:04
マリオン・コティヤール主演。 シャチ調教師のヒロインが不幸な事故で両足を失うも、シングルファーザーのアリと出会い、生きる喜びを取り戻していく…。 そうか、足がなくても人間泳げるんだ。アリが何気なくいった言葉でひきこもりだったステファニーも海で泳ぐ気持
君と歩く世界【いやいやえん】at 2014年01月01日 21:27
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年フランス=ベルギー合作映画 監督ジャック・オーディアール ネタバレあり
映画評「君と歩く世界」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2014年05月11日 10:53