2013年05月31日

オブリビオン〜拡大版チェルノブイリ?4

ウクライナ映画「故郷よ」がかぶる
oblivion公式サイト。原題:Oblivion。ジョセフ・コシンスキー原作・監督。トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モーガン・フリーマン、ニコライ・コスター=ワルドー、メリッサ・レオ、ゾーイ・ベル。タイトルの「オブリビオン」(Oblivion)は絶滅または忘却という意味だが、どうしてもチェルノブイリ原発事故を描いたウクライナ映画「故郷よ」を連想せざるを得ない。その英題は“LAND OF OBLIVION”で、しかも同じオルガ・キュリレンコが主演なのだ。
「故郷よ」は1986年のチェルノブイリ原発事故当日、明日結婚式を挙げる筈だった主人公アーニャ(オルガ・キュリレンコ)が事故でフィアンセのピョートルを失い、10年後、チェルノブイリのツアーガイドとして汚染した故郷に戻って来る話。原発汚染地域をそっくり地球全体に当てはめれば本作になってしまう。
2077年の地球は宇宙人スカヴェンジャー(スカヴ)の侵略で起きた地震、津波、対抗した人類の核爆弾で壊滅状態に。人類は土星の衛星タイタンに移住し、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)は住めなくなった地球の管理・パトロールを行っている。スカヴは壊滅させたが、まだ残党がいて時々ゲリラ的に攻撃を仕掛けて来る。海洋上に作られた電力をタイタンに送る核融合発電所(多分海水に含まれるトリチウムが燃料?)が狙われているのでジャックは高度1000メートルに浮遊するタワー49で仕事の相棒ヴィクトリア(アンドレア・ライズボロー)と一緒に任務に就き、バブルシップというオスプレイをジェット推進にしたような飛行機で警戒する。さらに上空には司令衛星テト(四面体)が軌道上にある。いざとなると無人偵察攻撃機、今の米軍のプレデターの進化形のような球形のドローンがテトから出撃して来る。
oblivion3戦争は60年前に起き、月が半分破壊され、多分その巨大な瓦礫も地球に落ちて大津波も発生したのだろう。それにしても月の形がえぐられてあんな形状のまんま残るのだろうか。
とは言っても、テトの中にいる筈のサリー(メリッサ・レオ)はモニター映像のみ現れ、本当に存在するのかよく分からない。なお分からないのはジャックは時折60年以上の前のまだ存在した頃のニューヨークで女性(オルガ・キュリレンコ)とデートしている幻影を見ることだ。偽の記憶。ということはジャック自身が偽者なのではという疑念が生じる。
そして、彼女とそっくりの女性が墜落したNASAの宇宙船の冷凍睡眠カプセルから見つかる。ドローンは敵と判断して他のカプセルを攻撃する。その女性ジュリア・ルサコヴァも危うくドローンに攻撃されかかるがジャックが制止し何とか連れ去る。なぜドローンが人間を攻撃するのか?
スカヴと思って洞穴に入ったら年老いた人間ビーチ(モーガン・フリーマン)だった。ビーチはタイタンに人間は住んでいない、海洋発電所もテトもエイリアンに支配されていると言い、残った人間を率いてレジスタンスを続けている。つまり、偽の記憶ばかりか偽の認識を埋め込まれ、残った“人間”が侵略者のスカヴだと思い込まされていたのだ。
oblivion2ジュリアは60年前の本物の人間。じゃあ、ジャックは「私は誰?」ということになる。やがてジャックはクローン・ジャックと遭遇し、タワー52に行くとクローン・ヴィクトリアが出迎える。思えばタワー49でも、ジャックは裸で一緒にプールで泳いでも、セックスはしていないようだ。普通やるだろうに。
ラストで登場するジュリアの娘は60年前の本物のジャックとの間で結ばれた愛の結晶。クロ−ン・ジャックは多分、義父になっちゃうのだろう。
「インデペンスデー」よろしく、ジャックとビーチはテトに侵入して小型核爆弾で自爆、テトを破壊する。これで宇宙人の痕跡は跡かたもなくなる。ここで重大な疑問が生じる。
本当に地球は宇宙人に攻撃されていたのか?
本作では宇宙人は結局一人も出て来ない。宇宙人襲来自体、偽物語なのではないかと。じゃあ60年前の戦争って何だったのか。多分、本当は人類同士の核戦争でどこかの国が宇宙人を装って攻撃を仕掛けてきたのではとも思える。放射能汚染地区というのも嘘ぽい。一度だってガイガーカウンターで放射能を測定するシーンが出て来ない。と言うか、これは「2001年宇宙の旅」のHALの進化形コンピュータが仕掛けたサイバーウォーのなれの果てなのかも。テトの中にあったクローンもまるでスターチャイルドみたいだ。
ところで、ロッキー山脈の隠れ家に飾ってあるジュリアが懐かしがる絵画。これは「故郷よ」の文脈つながりで重ねれば、ジュリアの生まれ故郷らしいウクライナの事故前の長閑なチェルノブイリを思わせる。すると、クローン・ジャックは結婚式を挙げる筈だったフィアンセのピョートルが遺伝子工学とともに蘇ったことにもなる。偽ではあってもかなりエモーショナルなシーンだ。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 17:46│Comments(2)TrackBack(31)clip!洋画オ | ★4

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50758789
この記事へのトラックバック
オブリビオン観ました。 ※ネタバレありの感想ですので、まだ見てなくてこれから見ら
オブリビオン【ぷかざの映画感想記】at 2013年05月31日 21:24
ランキングクリックしてね ←please click 楽しみだったトムちん主演のSF、初日鑑賞 「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。 エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住し...
オブリビオン /OBLIVION【我想一個人映画美的女人blog】at 2013年05月31日 23:32
もう少し登場人物がたくさんいて空中戦なども見られると思ったけど、常に出ているのがトムとオルガだけだった。世界観は見事に構築されているしモーガン・フリーマンの存在感もあったのに。ダイナミックなSF活劇ではなくて、なんだかなあのオチだった。
オブリビオン【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2013年05月31日 23:49
☆初めは、なんかサイエントロジー絡みじゃないだろうな・・・、と予備知識なく不安になりながらの鑑賞だったが、  それとは関係ないようで、う〜ん、ハードSFとも言えよう地球全体を覆いつくした侵略者による大災厄を、少ない人間関係に集約し、その中でのラブストー...
[映画『オブリビオン』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2013年06月01日 01:42
西暦2077年。 主人公元海兵隊司令官ジャック・ハーパーは、荒廃した地球の監視任務で派遣される。 60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により人類の大半は、他の惑星へ移住。 荒廃した地球(写真)での任務は、あくまでも「監視」なので、簡単なはずの任務だった。 が...
映画:オブリビオン Oblivion 久々に本格的SFを観た、ていう感覚。これって なんかうれしいかも?【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2013年06月01日 02:07
『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー監督が、自らのアイデアをもとに描いたSF超大作『オブリビオン』(oblivion)。出演はトム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モ
ジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ主演『オブリビオン』(oblivion)【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2013年06月01日 10:39
原題 OBLIVION 製作年度 2013年 原作 ジョセフ・コシンスキー 脚本 カール・ガイダシェク 、マイケル・デブライン 上映時間 124分 監督 ジョセフ・コシンスキー 出演 トム・クルーズ/モーガン・フリーマン/オルガ・キュリレンコ/アンドレア・ライズブロー/ニコライ・コス...
オブリビオン【to Heart】at 2013年06月01日 14:47
「オブリビオン」を鑑賞してきましたトム・クルーズ主演で贈るSFアクション。「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。エイ...
劇場鑑賞「オブリビオン」【日々“是”精進!】at 2013年06月01日 15:50
驚きと興奮とツッコミ。  
オブリビオン【Akira's VOICE】at 2013年06月01日 16:59
ネタバレあり。 2077年。60年前にエイリアンの攻撃を受け、壊滅した地球。その地球上に残り、地球に残った装置類の監視・メンテナンスを行なっているジャック。ある時、墜落した宇宙船を発見し、生存者を保護したが、その生存者は自分の夢に出てくる人物であった。 地球...
オブリビオン / Oblivion【勝手に映画評】at 2013年06月01日 18:16
2077年、地球はエイリアンの侵略で壊滅状態となり、生き残った人類は土星の衛星タイタンへ移住し、新たな文明を築こうとしていた。 ジャック・ハーパーとその妻ヴィクトリアだけは、地球の1,000m上空にあるスカイタワーに居住し、荒廃した地球を無人偵察機で監視する任務に
オブリビオン【象のロケット】at 2013年06月01日 21:40
【OBLIVION】 2013/05/31公開 アメリカ 124分監督:ジョセフ・コシンスキー出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー、ニコライ・コスター=ワルドー、メリッサ・レオ、ゾーイ・ベル 何故、彼は人類のいない地球に残...
オブリビオン【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2013年06月01日 23:18
映像が綺麗で面白かった。
オブリビオン【だらだら無気力ブログ!】at 2013年06月02日 00:33
 アメリカ  SF&アクション  監督:ジョセフ・コシンスキー  出演:トム・クルーズ      モーガン・フリーマン      オルガ・キュリレンコ      アンドレア ...
オブリビオン【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2013年06月02日 21:51
【=30 うち今年の試写会5】 予告編を観ている限り「宇宙戦争」的な香りを感じていたのだけど、うっかり観に行ってしまいましたとさ・・・。  エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移..
オブリビオン トム様的な映画で、なーんか消化不良なんですが・・・【労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜】at 2013年06月03日 09:28
 今日は仕事が休みでしたが、朝からバタバタバタバタしていました。まあ、充実した日々を過ごしていると解釈しましょう。ちなみに、本日紹介する作品は、えいぞおうがピカイチの
オブリビオン : 地球人の強さを思い知ったか!【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2013年06月03日 18:57
評価:★★★★【4点】(P) 偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)
オブリビオン【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2013年06月03日 20:49
とにかく映像が綺麗。 登場する宇宙船もバブルシップも超クールでスタイリッシュ! 最初から最後までトムちんをいっぱい♪堪能できる。 だけどストーリーは単純。なのにあえて2Dで勝負するその勇気を称えよう。
「オブリビオン」☆美しくてクールな昼メロ【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2013年06月03日 23:41
OBLIVION 忘れ(られ)ること、忘れられている状態、忘却 研究社 新英和中辞典より     最
オブリビオン を観たゾ【ヤジャの奇妙な独り言】at 2013年06月05日 19:12
□作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、       メリッサ・
『オブリビオン』【京の昼寝〜♪】at 2013年06月08日 07:11
【あらすじ】 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼..
オブリビオン【タケヤと愉快な仲間達】at 2013年06月09日 09:31
SF大作っぽいけど、どうなのかなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 2077年、地球は“スカブ”と呼ばれるエイリアンによって壊滅し、人類は他の惑星へ移住を果していた。 荒廃した地球に残っているのは、無人偵察機を管理するために高度1000mの管制塔に勤..
オブリビオン/OBLIVION【いい加減社長の映画日記】at 2013年06月09日 20:18
映画「オブリビオン」観に行ってきました。「ミッション:インポッシブル」シリーズや「アウトロー」のトム・クルーズが主演のSFアクション大作。先月の2013年5月は何故か公...
映画「オブリビオン」感想【タナウツネット雑記ブログ】at 2013年06月09日 22:39
映画『オブリビオン』は、なんともミスマッチ感覚のSF大作。何がミスマッチかという
「オブリビオン」:監督の本質とのミスマッチ【大江戸時夫の東京温度】at 2013年06月17日 22:23
SF。 オープニングのナレーションの時点で嫌な予感はしてたのです。 まんまあの映画だよね、コレ? メジャースタジオが大きな予算でアレを作った感じ。 他にも何処かで観たコト ...
『オブリビオン』【時間の無駄と言わないで】at 2013年06月19日 00:00
18日のことですが、映画「オブリビオン」を鑑賞しました。 エイリアン“スカヴ”の侵略、戦いによって地球が半壊し生き残った者たちがほかの惑星へと移住している人類 地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパーは墜落した謎の宇宙船の中で眠っている美女を発見し..
本当の人類は【笑う社会人の生活】at 2013年06月27日 00:42
トム・クルーズ主演、「トロン:レガシー」のジョセフ・コジンスキー監督によるSFアクション。スカヴと呼ばれるエイリアンの攻撃により地球が壊滅し、生き残った人類は遠い惑星へ ...
No.355 オブリビオン【気ままな映画生活】at 2013年06月29日 18:16
OBLIVION 2013年 アメリカ 124分 SF/アクション 劇場公開(2013/05/31) 監督:ジョセフ・コシンスキー『トロン:レガシー』 製作:ジョセフ・コシンスキー 原作:ジョセフ・コシンスキー 出演: トム・クルーズ:ジャック・ハーパー モーガン・フリーマン:...
オブリビオン【銀幕大帝α】at 2013年10月05日 23:13
トム・クルーズ主演、化粧っけのないオルガ・キュリレンコさんが、何故かオセロ中島さんと菊地凛子さんっぽく見えて仕方なかった^; カメラワークやSF的なガジェット類、遠くにかすかに見える建造物、文明が滅びた後の地球風景など、映像のスケールは圧倒的に美しく
オブリビオン【いやいやえん】at 2013年10月10日 09:33
オブリビオン (サントラ・ショートエディションCD付き)(初回生産限定) [DVD]ジェネオン・ユニバーサル 2013-10-04売り上げランキング : 370Amazonで詳しく見るby G-Tools 結局見に行けなくてレンタル。 ・・・・・これはDVDだったからつまんなかったのだろうか(...
さっぱりわけわかりませんでした・・・(>_【ペパーミントの魔術師】at 2013年10月24日 09:43
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジョセフ・コシンスキー ネタバレあり
映画評「オブリビオン」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2014年05月02日 09:32
この記事へのコメント
あの絵は、

Andrew Wyeth の Christina's World

です。アメリカ人画家の書いたアメリカの風景。詳しくは

http://en.wikipedia.org/wiki/Christina's_World

を。
Posted by heridesbeemer at 2013年06月23日 21:20
知ってるよ。
Posted by 佐藤秀 at 2013年06月23日 21:27