2013年10月11日

トランス〜魔女の宅配便2

trance公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世紀のスペインの宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画“Witches in the Air ”が盗まれて隠され、競売人サイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の記憶も隠されてしまう。そして医学の衣装を纏った現代の“Witch”(魔女)、催眠療法師エリザベス・ラム(ロザリオ・ドーソン)が現れる。
賭博依存症のサイモンは借金を返すためにカネを工面してくれた賭博仲間のフランク(ヴァンサン・カッセル)と組んで高価な“Witches in the Air ”強奪を手引きするのだけれど、魔がさした(笑)のか、スタンガンでフランクにショックを与え、怒ったフランクはサイモンを殴り倒し、サイモンは記憶喪失に(←こんな都合よく記憶喪失かよ)。
サイモン本人が絵画の隠し場所を忘れたのでラムに催眠をかけてもらって思い出させようとするのだけれど。サイモンがなぜ催眠療法師の目録からラムを選んだのは幽かにラムの記憶があったからで、サイモンが当初から“アンダーコントロール”されているのだろうなあ、と察しがつく。上の写真などサイモンの雁首が操られているという象徴的なシーンだ。
それにしてもラムの催眠療法師としての万能ぶりは恐れ入る。「奥様は魔女」みたいに指を鳴らすだけでコントロールするのだから。本作は元々テレビ番組だったらしく、お気軽と言えばお気軽、浅いと言えば浅い。催眠術という便利なツールを用いてやたらストーリーをややこしくして煙に巻けばいいというものじゃないだろう。
trance2“Witches in the Air ”は本来魔女の筈なのだけれど、描かれた当時“witch”は必ずしも女性の魔女限定の意味じゃなかったらしい。描かれているのは人肉を喰らう、どちらかと言えば、ゴヤが良く描いた男の食人鬼みたいで、食いちぎられて昇天する、ある意味惨い現実と宗教の皮肉な絵のような。本作も食人鬼のような欲望に駆られた人間の性を描いているようだ。
ゴヤの作品は他にも登場し、西洋美術で初めて実在の女性のヘア出し絵画と言われる「裸のマハ」が好みだからラムが本当にヘア出しで現れたり。そもそもマハの絵にはヘアをカモフラージュした「着衣のマハ」と対に存在し、本作でも催眠術トランス(忘我)状態で「見える化」したシーンと「着衣の」現実のシーンが対になっている感じ。ヘア出しもヘア無しもフロアに映った姿とで使い分けられている。本作でサイモンはマハの絵を破っているが、実は盗んだ“Witches in the Air ”も切り取っている。すると、この時点で既にサイモンはラムのアンダーコントロール下にあったことになる。
見たところ、赤いアルファロメオを運転していた女性(タペンス・ミドルトン)は夢に出て来る盗品絵画の貯蔵所の受付女性と同じ人だったと思う。それからラムとサイモンが食事するレストランのイケメンウェイターはアルファロメオをを駐車させていた駐車場の管理人と同じ人だったと思う。他にも一人二役が結構いそうな感じだった。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 18:28│Comments(0)TrackBack(30)clip!洋画テ、ト | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50770684
この記事へのトラックバック
「トランス」を鑑賞してきましたダニー・ボイル監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るスタイリッシュ・クライム・サスペンス。名画盗難と催眠療法をキーワードに、潜在意...
劇場鑑賞「トランス」【日々“是”精進!】at 2013年10月11日 19:06
ここは、誰も見たことのない <記憶のその先> 『トランス』 監督・・・ダニー・ボイル 出演・・・ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン 他                   【解説】 さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボ...
『トランス』【pure breath★マリーの映画館】at 2013年10月11日 23:10
☆これは、観てみるとわかると思うけど、ダニー・ボイル監督が、明らかにクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』を意識した作品だと思う。  私は、一部に評判の良かった『インセプション』を、あまり面白く感じなかったので、こちらの方が気に入ったのだが、 ..
[映画『トランス』を観た(短評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2013年10月12日 06:28
白昼のオークション会場からゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が盗まれ、競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に暴行され気を失う。 強盗の協力者であったサイモンは、絵画を抜き取り隠していたが、頭に重症
トランス【心のままに映画の風景】at 2013年10月12日 11:29
オークション会場にガス弾が投げ込まれ、その騒ぎの最中に高値で落札されたばかりのゴヤの絵画が消えてしまった。 競売人サイモンは、緊急時マニュアル通り絵画をバッグに入れ金庫へ向かったはずだったが、犯人に殴られ記憶の一部を失ってしまう。 サイモンは催眠療法で事
トランス【象のロケット】at 2013年10月12日 16:32
ダニー・ボイル監督作品のサスペンス。 ダニー・ボイルらしい画作りと音楽がとてもイイ。 いちいち格好イイ。 お話も面白いは面白いんだけど、それにしても催眠療法が便利過ぎ ...
『トランス』【時間の無駄と言わないで】at 2013年10月12日 22:13
【TRANCE】 2013/10/11公開 アメリカ 102分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロス ここは、誰も見たことのない<記憶のその先>――。.
トランス【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2013年10月12日 23:29
絵画のオークション会場で強奪されたゴヤの名画。しかし、頭を強く打った事から、絵画を持ちだした強盗団の一味が、絵画を何処に隠したか忘れてしまう・・・。 どんでん返しの繰り返しです。しまいには、どれが本当の話なのかが、若干混乱してしまいます。それが、このト...
トランス / Trance【勝手に映画評】at 2013年10月14日 17:15
評価:★★★☆【3,5点】(10) 一見難解なストーリーに睡魔が襲うが映像の素晴らしさには
トランス【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2013年10月14日 17:36
観てるこっちもトランス状態に。
トランス【だらだら無気力ブログ!】at 2013年10月14日 23:56
2013年10月14日(月) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 混乱している。 『トランス』公式サイト 騙し系の映画。 人間の欲深な話がテーマだと思うのだが、マカヴォイがストーカーだったという物語をリセットするよ
トランス【ダイターンクラッシュ!!】at 2013年10月15日 00:04
原題 TRANCE 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/イギリス 上映時間 102分 映倫 R15+ 脚本 ジョー・アハーン/ジョン・ホッジ 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ アート競売人のサイモン(...
トランス【to Heart】at 2013年10月15日 02:11
ゴヤの有名な絵画「魔女たちの飛翔」の盗難を巡って、息もつかせぬ心理戦。最後に勝利するのは誰なのか? 「何も知らずに観るのが幸せである」とか何とか、評論家のレビューにあったように、予備知識ゼロで観た方が幸せかも。なので、ここから先はほんの少しネタバレ的
「トランス」【ここなつ映画レビュー】at 2013年10月15日 12:51
ダニー・ボイル監督&ジェームズ・マカヴォイ主演のダークなサスペンスです。 この二人でどんな物語を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 現実と夢の間を彷徨うような展開と共に、ちょっとぞっとする物語が繰り広げられていました。
トランス【とりあえず、コメントです】at 2013年10月16日 00:23
ランキングクリックしてね ←please click 「トレインスポッティング」「普通じゃない」 「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」などなど 様々なタイプの作品を撮り続ける、ダニー・ボイル監督最新作 記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り...
トランス/TRANCE【我想一個人映画美的女人blog】at 2013年10月17日 02:44
この秋一番公開が待ち遠しかった『トランス』ついに観てきました〜!! もうマカヴォイ君主演というだけで観る気100% そして絵画が絡むお話ということで美術好きには更にワクワク しかも『Happy&Glorious』以来1年2ヶ月ぶりのダニー・ボイル監督の新作(!)という
『トランス』【My Pace, My Self】at 2013年10月17日 20:13
トランスTRANCE/監督:ダニー・ボイル/2013年/イギリス ジェームズ・マカヴォイがパイパンを見て『わあ♡』ってなります。 TOHOシネマズシャンテF列で鑑賞。毎回F列を取って、毎回E列で良かったのかもなあと思っています。次からE列にしよう。 ダニー・ボイル監
トランス/失われた記憶を求めて【映画感想 * FRAGILE】at 2013年10月18日 12:20
    『トランス』  (2013) アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。 しかし、計画外の動きを見せたサイモンは、ギャングのリーダー、フランク(ヴァン
トランス【Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン】at 2013年10月19日 15:07
催眠療法で盗み出した絵画の場所を思い出すという展開があるので途中から現実と潜在意識の差がなくなっていく。何が本当なのかわからなくなるさじ加減が絶妙でもう一度見直してみたくなった。映画の終わりが催眠の終わりという演出もうまい。
トランス【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2013年10月21日 00:18
「スラムドック・ミリオネア」、「127時間」のダニー・ボイル監督最新作。 「トランス(TRANCE)」は英語のトランス状態、夢うつつ、催眠状態のこと。 映画の内容は、題名そのままで、記憶喪失に陥った主人公が催眠療法により記憶の回復を図ろうとするが、事件は二転三転
トランス ★★★☆☆【センタのダイアリー】at 2013年10月21日 23:03
 『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。 ...
トランス【映画的・絵画的・音楽的】at 2013年10月23日 21:11
 TRANCE  ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ) は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画 を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も 行
催眠療法〜『トランス』【真紅のthinkingdays】at 2013年10月29日 07:36
評判も良い話題の映画「トランス」 ダニー・ボイル監督だしね☆ 監督とか俳優とか関係なく映画を観る!といいながらも、ダニー・ボイルは別♪これは観ないとね。 ロンドンの映画祭のレッドカーペットで、「あの凄い声援もらってる人、誰?」と話していたのがダニー・ボイルだ
「トランス」催眠術にかかれ【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2013年11月02日 13:38
「Trance」2013 UK サイモンに「つぐない/2007」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「ウォンテッド/2008」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「声をかくす人/2011」「ビトレイヤー/2013」のジェームズ・マカヴォイ。 フランクに「オーシャンズ13
「トランス」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2013年11月11日 22:33
トランス '13:米・イギリス ◆原題:Trance ◆監督:ダニー・ボイル「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」 ◆主演:ジェームズ・マカボイ、ロザリオ・ドーソン、バンサン・カッセル、ダニー・スパーニ、マット・クロス、ワハブ・シェイク、タペンス・ミドルトン ◆STO...
トランス【C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜】at 2013年12月11日 20:48
27日のことですが、映画「トランス」を鑑賞しました。 アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、名画を略奪したが 絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングらは催眠療法師を雇い 催眠療法で記憶を復活させようと画策するが・・・ これは面白かった‼&...
記憶を思い出せ【笑う社会人の生活】at 2013年12月31日 17:15
TRANCE 2013年 アメリカ/イギリス 102分 犯罪/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2013/10/11) 監督: ダニー・ボイル 『127時間』 出演: ジェームズ・マカヴォイ:サイモン ヴァンサン・カッセル:フランク ロザリオ・ドーソン:エリザベス <スト...
トランス【銀幕大帝α】at 2014年03月15日 00:27
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年イギリス=アメリカ合作映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり
映画評「トランス」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2014年09月08日 11:20
トランス ギャンブル依存症の競売人が 絵画強盗に加担するが、記憶を喪失してしまい 絵の隠し場所が判らなくなる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Trance(催眠)
『トランス』【cinema-days 映画な日々】at 2014年12月09日 01:20
【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス 頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚構が
トランス【いやいやえん】at 2014年12月19日 13:38