2013年11月22日

すべては君に逢えたから2

tokyostation公式サイト。本木克英監督、玉木宏、木村文乃、東出昌大、本田翼、高梨臨、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子、甲斐恵美利、山崎竜太郎。来年12月で開業100周年を迎えるクリスマスイブが迫る東京駅を舞台に繰り広げられる出逢いと別れの群像劇。同時に来年10月の東海道新幹線開業50周年も少し絡めている風情。
東日本大震災の被災地宮城県の復興現場で単身働く建設会社員津村(東出昌大)には東京から頻繁にスマホメールして来る雪奈(木村文乃)と感覚が合わなくなっている。雪奈の仕事は結婚衣装のデザインなのだが、「ちゃらちゃらした仕事」と罵倒してしまい、別れの危機。
その2人の遠距離恋愛をつなぐ東北新幹線運転士宮崎正行(時任三郎)は退職を控え最後の業務。同僚たちから「残念」と花束で贈られるが、妻の沙織(大塚寧々)は弟のウェブデザイナー社長黒山和樹(玉木宏)に「余命3カ月」と伝え、既に不治の病であることが判明する。
正行は馴染みの東京駅北のガード下のケーキ屋に人生最後のクリスマスケーキを予約注文に行く。ケーキ屋主人の大島琴子(倍賞千恵子)は独身で40年間ケーキ屋を続けていた。東京五輪の1964年、ある男性と駆け落ちするため東京駅から一緒に新幹線に乗る予定だったが、男性は現れずじまいだった。
tokyostation2黒山は独身貴族でカネになびいて来る女を遠ざけ、空いている時間はDVDレンタルで慎ましく楽しむ。不必要に部下をけなし、人間嫌い。DVDを選ぶ秘書のセンスを褒めるが、実は実際に選んでいるのは知り合いの演劇女優佐々木玲子(高梨臨)。孤児を預かる学園の教師をしている岸本千春(市川実和子)の世話で福祉演劇をしているが、実は秘書とのバーターで黒山の行くレストランを教えてもらい、偶然を装って知り合いになる。
演劇グループに豪華な弁当を差し入れる黒山だが、佐々木の意図を知って「孤児のために演じる資格ない」と突き放す。どうも黒山自身、あまり幸福な子供時代を過ごしていなかった気配がある。
クリスマスイブになり、津村はこれまでの隔靴掻痒を帳消しにするようにプロポーズし、雪奈を強引に仙台に連れていく。黒山は高知に帰るバスに乗る直前の佐々木を捕まえ、「今夜にふさわしい映画決めてくれ」と決める。
正行はクリスマスケーキを取りに来る。「来年は・・・」と言って言葉を詰まらせる。最大最後のプレゼントは琴子に49年前の新幹線チケットを兄弟(小林稔侍)が持って来る。だが、相手の男性は一月前死亡していた。
年が明ければもう一人死亡するだろう。喜びと悲しみが交差する中で雪は降る。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 18:59│Comments(0)TrackBack(7)clip!邦画ス-ソ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50774332
この記事へのトラックバック
女性不信に陥ったウェブデザイン会社社長、仙台と東京の遠距離恋愛、気になる先輩に告白できない女子大生、母親と過ごすクリスマスを夢見ている少女、余命半年を告げられた新幹線の運転士、49年前の果たされなかった約束…。 クリスマス間近の東京駅を舞台に、10人の男女の
すべては君に逢えたから【象のロケット】at 2013年11月25日 10:27
東京駅を舞台に様々な年代の登場人物たちの愛を綴ったオムニバスドラマです。 豪華なキャストたちでどんな物語が生まれたのだろうと気になっていました。 優しくて切なくて愛おしくなるような温かい物語がつまっている作品でした。
すべては君に逢えたから【とりあえず、コメントです】at 2013年11月27日 23:26
先日、ワーナー・ブラザーズ試写室での試写会で、玉木宏ほかのアンサンブルキャストによる映画『すべては君に逢えたから』を観てきました。 個人的にはちょっと受け付けなかったかなーという作品でしたが。。。 ******************** 東京駅開業100周年の記念映画
『すべては君に逢えたから』【Cinema+Sweets=∞ 映画+スイーツBLOG】at 2013年12月01日 00:54
1日に100万人以上が利用する 東京駅を舞台にクリスマスを間近に控えた 男女10人による6つ恋愛模様を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)
『すべては君に逢えたから』【cinema-days 映画な日々】at 2013年12月02日 02:50
□作品オフィシャルサイト 「すべては君に逢えたから」□監督 本木克英□脚本 橋部敦子□キャスト 玉木 宏、高梨 臨、木村文乃、東出昌大、本田 翼、       市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子■鑑賞日 11月24日(日)■劇場 チネチ
『すべては君に逢えたから』【京の昼寝〜♪】at 2013年12月03日 08:52
「すべては君に逢えたから」は東京駅を舞台に12月24日のクリスマスイブの出来事を6つのストーリーを同時進行で描かれるストーリーである。毎年この時期になると恋人同士と過 ...
「すべては君に逢えたから」色々な出逢いを見届けた先に待っていた偶然ではに必然のクリスマスプレゼント【オールマイティにコメンテート】at 2013年12月11日 06:06
映画『すべては君に逢えたから』は、公称6つのエピソードをからませながら描く、いわ
「すべては君に逢えたから」:もっと脚本練らないと【大江戸時夫の東京温度】at 2013年12月21日 23:29