2014年01月31日

アメリカン・ハッスル3

americanhustle公式サイト。原題:American Hustle。デヴィッド・O・ラッセル監督、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニヴォラ。FBIが1970年後半から80年にかけて現実に使った捜査手法Abscamの実話に基づく。
まず、仰天するのはアーヴィング役のクリスチャン・ベイルのボテ腹とハゲ頭。ベールは筋肉質のリーンなボディの筈だったが。ベイルはわざわざこれ見よがしにメタボを晒している。配役のために太った元祖的なロバート・デ・ニーロも本作でカジノの顔役テレージョ役で出ているが、テレージョ自身、本物の顔役なのか定かでない。FBIのリッチー(ブラッドレイ・クーパー)にヅラを乱され、それまで威勢が良かったアーヴィングの体が凍りつく。どれもこれも偽物と本物の対位法的表現。
アーヴィング曰く「本物の絵を描いた画家と、偽物の絵を描いた画家とどちらが偉い?」。ロンドンの貴婦人イーデスの偽名を持つシドニー(エイミー・アダムス)は「真実は灰色」と答える。
囮捜査でポリート市長(ジェレミー・レナー)らの尻尾を捕まえようとするFBIにしても、建前とは裏腹に大物を捕えて勲章にしようという動機もあるから本物と偽物を使い分ける同じ穴の狢。
americanhastle2これに対し、アーヴィングの「本物」の妻、ロザリン(ジェニファー・ローレンス)には本物、偽物とは無縁に生きている。その意味で詐欺師カップルのアーヴィング、イーデスには制御不能の存在。ロザリンは精神的に不安定でも「貴婦人イーデス」を一目で偽物と見抜き、テレージョの部下に密告というより、悪口を言うのだから確かに制御不能だ。
シークというアラブの大富豪、実はアルミ工をでっち上げるのだけれど、ポリートが「アラブのような黒人だと黒人市民に理解される」とかボケかまして、政治家なんてどこの国でもいい加減無教養なのが分かる。最終的なシーク役はメキシコ人になってしまい、富豪を演出するのに経費削減のため駐機したまんまのビジネスジェットを利用するのだけれど、テレージョにいきなりアラビア語で話しかけられ、一同凍りつくなど笑いどころが一杯。
本作はストーリーのほかに当時の懐かしいヒット曲が散りばめられていて、ディスコのシーンもある。ローレンスが自ら歌う「007 死ぬのは奴らだ」はあまりうまくなかったけれど。

How Can You Mend a Broken Heartは、

は、「ザ・ウォーカー」でも使われていた。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:14│Comments(0)TrackBack(36)clip!洋画アマ行~ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50780333
この記事へのトラックバック
「アメリカン・ハッスル」を鑑賞してきました初日だけ鑑賞料金1000円!「ザ・ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が、1979年に実際にあ...
劇場鑑賞「アメリカン・ハッスル」【日々“是”精進!】at 2014年01月31日 19:18
人は信じたいものを信じる。 
アメリカン・ハッスル【悠雅的生活】at 2014年01月31日 23:39
娯楽作品としても文句なしだけど、マニアであるほど面白い難しさもある。主演助演の4名以外にもアラブの富豪役やマフィアのボス役などの存在感が抜群なのだ。音楽も物語もいいし、存在感としてはデ・ニーロが際立っていた。
アメリカン・ハッスル【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2014年02月01日 00:20
 みんな元気?僕は元気! え、元気じゃない? それじゃあこの『アメリカン・ハッスル』を観て元気をつけようじゃないか!レッツハッスルハッスル! とまぁ、無駄にハッスル ...
『アメリカン・ハッスル』(映画)ー自分自身を天秤乗せてみる行為。ニトログリセリンを忘れずに【マンガデシネ】at 2014年02月01日 01:46
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、...
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?!【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2014年02月01日 09:17
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、 アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。 まずは1本目。 詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。 実話を脚色したってことらしい。 期待してなかっ
映画『アメリカン・ハッスル』観たよ〜【よくばりアンテナ】at 2014年02月01日 20:02
    『アメリカン・ハッスル』  (2013) 詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。 彼らは、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を
アメリカン・ハッスル【サムソン・マンゴスの映画道半ば】at 2014年02月01日 22:59
【AMERICAN HUSTLE】 2014/01/31公開 アメリカ 138分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニ...
アメリカン・ハッスル【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2014年02月01日 23:05
評価:★★★★【4点】(10) クリスチャン・ベイルの痛々しさはいつ以来だろう。
アメリカン・ハッスル【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2014年02月01日 23:39
アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師だったが、ある時、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されてしまう。 アーヴィンとシドニーは、無罪放免を条件に、カジノ利権に
アメリカン・ハッスル【心のままに映画の風景】at 2014年02月02日 01:55
1979年、アメリカ・ニューヨーク。 詐欺師の男アーヴィンは手数料詐欺で大成功するが、ある日相棒の愛人シドニーが逮捕されてしまう。 FBI捜査官のリッチーは、同業者を売れば無罪放免にすると持ちかけてきた。 ところがリッチーのオトリ捜査計画はどんどん大きくなり、大
アメリカン・ハッスル【象のロケット】at 2014年02月02日 09:00
 アメリカ  サスペンス&犯罪  監督:デヴィッド・O・ラッセル  出演:クリスチャン・ベイル      ブラッドリー・クーパー      エイミー・アダムス      ジ ...
アメリカン・ハッスル【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2014年02月02日 10:21
うーん、これがアカデミー賞6部門ノミネートなの? だとしたら、このCGで嘘ばかりの現代に、見事な肉体改造で醜く挑んだクリスチャン・ベイルへのご褒美というところか。 最後まで続く騙し合いの誰を信じてよいのかわからないモヤモヤの中で、真実はこのブヨブヨの体とハ
「アメリカン・ハッスル」一九分けの下にある真実【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2014年02月02日 12:45
「人は見た目が9割」なんて身も蓋もないタイトルの新書がベストセラーになっていましたが、 イケメンでも服装や髪形、体型でこんなにも印象が変わるのか!っと驚きです。            「バットマン」でクールなブルースを演じるクリスチャン・...
アメリカン・ハッスル【映画の話でコーヒーブレイク】at 2014年02月02日 15:33
2014年2月1日(土) 16:20〜 TOHOシネマズみゆき座 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 面白かったと言わなければ、バカ認定されそうな巷の評価 『アメリカン・ハッスル‎』公式サイト ブラッドリー・クーパーのFBI捜査官が、ヅラのクリスチャン・
アメリカン・ハッスル‎【ダイターンクラッシュ!!】at 2014年02月02日 16:54
実話を下にした作品。って言うか、作品クレジットでは“いくつかの事実を含む”と言う感じでしたかね(笑)。ちょっと、脚色が強かったと言うことでしょうか。 下敷きとしたのは、1979年にアメリカ政界に巻き起こったアブスキャム事件。詐欺師グループをおとり捜査に使ったと.
アメリカン・ハッスル / American Hustle【勝手に映画評】at 2014年02月02日 17:44
クリスチャン・ベイルが何か物凄いコトになってる映画。 こんなに笑い所の多い作品だとは思わなかったわ。 主要人物のヘアスタイルが一九分け、パンチ、巨大リーゼント。 ヒロ ...
『アメリカン・ハッスル』【時間の無駄と言わないで】at 2014年02月03日 00:00
注・内容に触れています。アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件」を基に「ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が映画化した『アメリカン・ハッスル(America
デヴィッド・O・ラッセル監督『アメリカン・ハッスル(American Hustle)』【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2014年02月03日 00:57
1970年代に起きた収賄スキャンダルをもとに映画化したサスペンスです。 予告編を観て、演技派が揃っている上に派手そうだなあと楽しみにしていました。 予想以上に大きくなる事件に、さすがはアメリカだなあと思うような物語が繰り広げられていました。
アメリカン・ハッスル【とりあえず、コメントです】at 2014年02月03日 22:36
アメリカン・ハッスルAmerican Hustle/監督:デヴィッド・O・ラッセル/2013年/アメリカ ややこしい愛、偽りの友情、隠せぬ欲望、そしてヅラ。 TOHOシネマズみゆき座E-7で鑑賞。まったくノーマークで、スルーリストに入れていましたが、アカデミー賞ノミニーというこ
アメリカン・ハッスル/愛と欲望、そしてヅラ。【映画感想 * FRAGILE】at 2014年02月04日 09:55
真面目がいちばん!  
アメリカン・ハッスル【Akira's VOICE】at 2014年02月05日 17:49
映画「アメリカン・ハッスル」★★★★ クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、 エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、 ジェレミー・レナー、ロバート・デ・ニーロ出演 デヴィッド・O・ラッセル 監督 138分、2014年1月31日公開 2013,アメリカ,ファント
映画「アメリカン・ハッスル」詐欺師の起死回生の一矢【soramove】at 2014年02月05日 20:13
映画「アメリカン・ハッスルを鑑賞しました。
映画「アメリカン・ハッスル」【FREE TIME】at 2014年02月05日 22:51
ランキングクリックしてね ←please click '70年代後半に実際に起った汚職スキャンダルを基に、FBI捜査官に捜査協力を依頼された天才詐欺師が 政治家たちにオトリ捜査を仕掛けていくドラマ。 3月発表のアカデミー賞にて、作品賞含む最多部門で...
アメリカン・ハッスル/AMERICAN HUSTLE【我想一個人映画美的女人blog】at 2014年02月06日 11:16
アメリカらしい作品。軽快で練れていてキャラが立ってて。芸達者な役者陣に支えられて最後の最後まで楽しめる。 とはいえ「諸手を挙げて絶賛」とまではいかないのは何故なんだろう?題材も展開もすごく好きなジャンルなのにね。この監督デビッド・O・ラッセルとは相性が合わ
「アメリカン・ハッスル」【ここなつ映画レビュー】at 2014年02月07日 10:37
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。
『アメリカン・ハッスル』('14初鑑賞12・劇場)【みはいる・BのB】at 2014年02月07日 23:57
「American Hustle」2013 USA アーヴィンに「ニュー・ワールド/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」「ダークナイト/2008」「ダークナイト ライジング/2012」のクリスチャン・ベール。 リッチーに「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク、アイラヴユー
「アメリカン・ハッスル」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2014年02月09日 16:25
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...
アメリカン・ハッスル【映画的・絵画的・音楽的】at 2014年02月14日 20:27
 American Hustle  詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その愛人にして相棒のシドニ ー(エイミー・アダムス)。完全犯罪を常としてきたふたりだったが、遂に逮捕さ れてしまう。FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)は、彼らに大
詐欺師/懐かしの70年代 〜『アメリカン・ハッスル』【真紅のthinkingdays】at 2014年02月15日 20:26
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ 【解説】 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキ...
アメリカン・ハッスル【タケヤと愉快な仲間達】at 2014年02月21日 23:42
 「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督、「ダークナイト」シリーズのクリスチャン・ベール主演。1970年代後半に起こった汚職スキャンダル「アブスキャム事件」を基にした、クライムストーリー。 ちなみにタイトルに使われている「ハッスル(H
[映画][☆☆☆★★]「アメリカン・ハッスル」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年02月23日 21:53
映画『アメリカン・ハッスル』は、映画賞レースに色々からんでおりますが、うーん、大
「アメリカン・ハッスル」:もっと上手に語らないと【大江戸時夫の東京温度】at 2014年02月23日 23:08
この映画も実話です。 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を 題材にした映画です。 詐欺をして稼いでいる人がいることに驚いたのですが。そんな生き方しちゃいけないでしょ。 詐欺師として自由に商売していた時に、...
『アメリカン・ハッスル』【仲間が増えるといいなぁ・・・】at 2014年03月11日 22:25
映画「アメリカン・ハッスル」を鑑賞しました。 詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーはFBI捜査官リッチーに逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる 架空のアラブ人富豪をダシにカジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするという...
強烈なアンサンブルの強み【笑う社会人の生活】at 2014年06月16日 00:05
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督デーヴィッド・O・ラッセル 重要なネタバレあり、未見の方は要注意。
映画評「アメリカン・ハッスル」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2015年01月06日 14:10
アメリカン・ハッスル [レンタル落ち](2014/07/02)クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー 他商品詳細を見る 【AMERICAN HUSTLE】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人 のシドニー(エイミー・アダム
アメリカン・ハッスル【miaのmovie★DIARY】at 2015年02月02日 17:05