2014年02月07日

スノーピアサー〜アイデア賞どまり2

snowpiercer公式サイト。韓国=アメリカ=フランス、ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ原作、原題:Snowpiercer、ポン・ジュノ監督。クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、エド・ハリス、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・ハート、オクタヴィア・スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル。地球温暖化対策が裏目になり、スノーボールアースになってしまった地球を生き残った人類を乗せて列車「スノーピアサー」が走り続けている。
2014年(今年!?)、地球温暖化対策で太陽光を反射する化学物質をエアロソル化して成層圏に大量にばらまいた結果、一気に地球は寒冷化し、ほとんど氷結したらしい。現実に硫酸エアロソルをばらまく構想もあるが、本作ではもっと凄い化学物質らしい薬品CW-7。映画では氷河期とか何とか説明されていたが、氷河期程度なら生物が絶滅するワケない。むしろ、氷河期は陸地面積が増えて相対的に植物はむしろトータルで繁栄したとも言われているくらい。
その17年後の2031年、スペース・コロニーならぬトレイン・コロニーは“永久機関”のエンジンで氷雪の地球を一周している。永久機関は太陽の代役で崇められている。まあ、いきなりトンデモ過ぎる設定なのだけれど。そもそも、この列車にしても線路にしても寒冷化が始まって建設された筈だが、地球を一周する線路って17年じゃ無理無理。
実際にそこまでやるか、というシーンが色々ある。そもそも外気温は腕が凍るくらいだから、保線できない。なのになぜかスノーピアサーは脱線もしないし、雪崩で線路が埋まっていても何のそので力技で氷雪をぶっ飛ばして驀進する。最後尾車両が最貧民層、最先端車両が支配者ウィルフォード(エド・ハリス)って分かり易過ぎる構成。
sonwpiercer2貧民層が反乱を起こしても対応する警察が持つ銃は格好だけで銃弾はない。反乱のリーダー、カーティス(クリス・エヴァンス)は前の反乱で銃弾が尽きたのだと言っているが、本当の理由は銃撃して間違って窓ガラスでも割れば列車まるごとアウトになるリスクを回避するためだろう。実際、残っていた銃撃戦はあってガラス割れるのだけれど穴があく程度で大きな穴はあかないのだけれど。
麻薬と爆薬が兼用って、確かにアヘン戦争を想起すれば、アヘンは確かに爆薬以上の攻撃兵器になりうるので、この小道具はなかなか洒落ている。最後の一服とか、最後のマッチ棒とか小道具は色々あるのだけれど。
色々な場面で色々な人が片手を失っていたり、幼児が行方不明なのが明らかになるが、その理由は説明調。そんな話、列車内ではたちまち噂が広がり知れ渡る筈なのだけれど。説明調が顕著なのは特にカーティスとウィルフォードのトップ会談。どこかで聞いたような生態系のバランスを保つために意図的に虐殺で調整するとか、昔からあった仕掛けだと思う。そもそもバランスと言う割にこの列車明らかにすし詰めで最初からバランス保たれていない。
ラストに出て来るシロクマって、ほとんどの生物が滅んだのにあんな大型動物、何食って生きてるんだ? シロクマって食物連鎖の頂点側にいるのに。海岸当たりならまだしも山岳部で何やってんだか。それともあれは幻だったのか。そもそもいったんスノーボールアース化したらアルベド効果でそんな簡単に暖かくならんよ。
最近つくづく思うのだけれど、SFディザスターとかポストアポカリプスはネタ枯れなのか、科学性を無視した極端すぎる設定が目立つ。その癖、テーマは相も変わらずだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:49│Comments(0)TrackBack(23)clip!韓国映画 | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50780881
この記事へのトラックバック
「スノーピアサー」を鑑賞してきましたフランスの大ヒット・コミックを基に、ポン・ジュノ監督が、クリス・エヴァンスを始め、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・...
劇場鑑賞「スノーピアサー」【日々“是”精進!】at 2014年02月07日 19:57
 さあ、ソチ五輪開幕です。といっても、個人的には余り興味わかないのですが、熱くなれる瞬間があればよいかなと思っております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
スノーピアサー : 心意気だけは賞賛に値する映画【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2014年02月07日 20:09
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止ま
スノーピアサー【心のままに映画の風景】at 2014年02月08日 00:38
注・内容、ラストに触れています。『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル』『母なる証明』(←スゴイ!全部傑作!)のポン・ジュノ監督がフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原
ポン・ジュノ監督『スノーピアサー(Snowpiercer)』クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・ハート、オクタヴィア・スペンサー、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2014年02月08日 01:05
その手は人のため!  
スノーピアサー【Akira's VOICE】at 2014年02月08日 10:14
評価:★★★【3点】(AF) 本作のMVPはティルダ・スウィントンに決定です!(笑)
スノーピアサー【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2014年02月08日 23:22
2014年7月、深刻な地琁E��暖化に終止符を打つため化学薬品が撒かれた結果、地琁E�E新たな氷河期を迎えてしまった。 それから17年が経っ���2031年、地琁E��を走る��E車“スノ��Eピアサー”だけが、人類唯一の生存場所だった。 列車を支配してぁE��のは先頭車
スノ��Eピアサー【象のロケチE��】at 2014年02月09日 15:18
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
スノーピアサー【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2014年02月10日 23:49
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
『スノーピアサー』('14初鑑賞14・劇場)【みはいる・BのB】at 2014年02月11日 13:06
フランスのコミックをポン・ジュノ監督が映画化した近未来SFアクションです。 この監督でこの豪華キャストというのは面白そうだなあと気になっていました。 どんどん人が死んでいく展開に、希望よりも絶望を感じるなと最後まで思ってしまうような物語でした。
スノーピアサー【とりあえず、コメントです】at 2014年02月13日 12:39
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。 ★★★★ これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。 韓流映画からは少し距離を置いているところですが、
スノーピアサー【そーれりぽーと】at 2014年02月15日 00:54
「スノーピアサー」★★★☆ クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、 ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサー、 ジェイミー・ベル、 ユエン・ブレムナー、コ・アソン、 ジョン・ハート、エド・ハリス出演 ポン・ジュノ監督、 123分 2014/2/7公開 2013,韓国、アメリ
「スノーピアサー」凍りついた地球を未来のノアの箱舟が走る【soramove】at 2014年02月19日 20:36
ランキングクリックしてね ←please click フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チ...
スノーピアサー/SNOWPIERCER【我想一個人映画美的女人blog】at 2014年02月20日 00:15
浅田真央ちゃんのSPでみんなが沈んでいる日。 真央ちゃんのこと考えながら運転してて映画館へ向かう道を間違えてしまったよ。 真央ちゃん、日本中の期待のことも、今までの努力のこともみんな忘れて フリーでは大好きなスケートをオリンピックで滑る喜びと楽しさを思い
映画『スノーピアサー』観てきた【よくばりアンテナ】at 2014年02月20日 17:43
スノーピアサー 13:韓国=アメリカ=フランス ◆原題:SNOWPIERCER ◆監督:ポン・ジュノ「母なる証明」「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」 ◆主演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレンナ
スノーピアサー【C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜】at 2014年02月21日 22:02
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
『スノーピアサー』【時間の無駄と言わないで】at 2014年02月22日 23:49
 Snowpiercer  2014年7月。温暖化を阻止すべく打ち上げられたCW-7ロケットの影響で、地球 は凍結状態となり、生物のほとんどは死滅する。17年後、残された人類を乗せた 列車 「スノーピアサー」 は、一年かけて地球を一周する軌道を走り続けていた。
残された人々〜『スノーピアサー』【真紅のthinkingdays】at 2014年02月26日 20:08
『スノーピアサー』 2014年11本目 ☆☆★ イオンシネマ名取 『グエムル』と『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督がハリウッドへ殴りこんだ映画。 『グエムル』も『殺人の追憶』も ...
『スノーピアサー』 2014年11本目 イオンシネマ名取【映画とJ-POPの日々】at 2014年03月16日 11:44
SNOWPIERCER 2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分 SF/サスペンス/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/07) 監督: ポン・ジュノ 『母なる証明』 製作: パク・チャヌク 原案: ポン・ジュノ 脚本: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス:カーティス ソン...
スノーピアサー【銀幕大帝α】at 2014年06月11日 23:35
13日のことですが、映画「スノーピアサー」を鑑賞しました。 氷河期が引き起こされてた 2031年の地球、残りわずかな人類は1台の列車に乗り込み、極寒の大地を行くあてもなく移動していた 後方車両の奴隷のような扱いを受ける貧困層は前方車両の優雅な暮らしを送る富裕層...
人類は列車の中【笑う社会人の生活】at 2014年06月17日 22:29
ポン・ジュノ監督が「氷河期の地球を疾走する全人類唯一の生存空間の列車」という、え、ちょっとありえねーだろな設定で挑むSF大作。元はコミックらしいですねー。新鮮味のある映画だった。 個性的であくの強いキャラたちがたくさん登場しますが、そのどれもが区別がつ
スノーピアサー【いやいやえん】at 2014年07月23日 08:23
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ 【解説】 『母な...
スノーピアサー【タケヤと愉快な仲間達】at 2014年08月13日 12:54
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年韓国=フランス=アメリカ合作映画 監督ボン・ジュノ ネタバレあり
映画評「スノーピアサー」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2014年12月01日 09:59