2014年02月10日

ラッシュ/プライドと友情3

色男とネズミ男の違った栄光
rush1公式サイト。ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ。1976年のF1で壮烈な戦いを繰り広げたジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)とニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)の死闘を描く。その年、ニキは瀕死の事故に遭うのだが、わずか一カ月で復帰し、実績でもニキの方が上なのだけれどニキにはない華がハントにはあった。
rush0当時のハントを写真で見ると、演じているクリス・ヘムズワースよりはるかにいい男、色男だ。一方で「ネズミ」とハントに言われたイケてないニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)は本当にネズミを思わせる男。事故に遭う前から。
ニキが修理工場でレーシングカーに座った途端、「座った時のお尻の感覚」で、車のどこが思いか、無駄かを指摘してたちまち「2.3秒」車を速く走らせた場面、零戦設計者を描いた「風立ちぬ」の堀越二郎を連想してしまう。ニキは近視でない堀越だ。ニキとハントでは実績的にはニキの方がはるかに上。それでもハントを意識せざるを得なかったのは、ハントが色男過ぎたからだろうと思う。それは、堀越がパッションの国イタリアのカプローニに憧れたのと同根のものを感じる。
ハントが一目ぼれし、その場でプロポーズ、結婚したファッションモデルのスージー(オリヴィア・ワイルド)は超美人。その後、スージーは名優リチャード・バートンの下に走ったのだけれど、そのエピソードはハントがバートン並みの色男だったことを逆証明する。
rush2一方で、ニキは女性よりも男性にもてたようなエピソードがユーモア仕立てで紹介される。妻になるマルレーヌ(アレクサンドラ・マリア・ララ)はニキに見染めるというより、男たちから尊敬されているニキを見て結婚するというワンクッションを置いている。マルレーヌもスージーに劣らぬくらい美人なのだけれど、スージーがバートンと浮気してすぐに当てつけの言葉をハントに言っていることから、相当焼いていたのかもしれない。それにしても、マルレーヌと並んでニキの背の低さを強調するシーンは何とも微笑ましいというか、キツいというか。
F1の選手には死の匂いとともに女性を引きつけずにおれない色気があるんだろう、とリアル・ニキ自身がそのようなことを言っているのだけれど、その後45歳で早死にしたあのハントの爆発的で刹那的な花火のような人生には最後まで嫉妬していたのだろうか。いくら実績で勝てても、その後の実人生が世間的に成功したものであっても、そのことは今も変わらない気がする。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 18:59│Comments(0)TrackBack(21)clip!洋画ラ,リ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50781143
この記事へのトラックバック
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...
映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー!【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2014年02月10日 21:28
「ラッシュ/プライドと友情」の先行上映を鑑賞してきました字幕版を。F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大ケ...
劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」【日々“是”精進!】at 2014年02月11日 07:35
 今日はファーストデイ(私の世代的には”映画の日”)ということで、クリス・ヘムズワースの作品を二本観てきました。その中で、本日紹介するのはこちらになります。 【題名
ラッシュ プライドと友情 : クリス・ヘムズワース主演作その1【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2014年02月11日 10:40
1976年、��E動車レースF1黁E��時代。 人、E��夢中にさせた��Eは、レース運��Eも人生も頭脳派のニキ・ラウダ�E�オーストリア�E�1949年〜)と、ドライビングチE��も私生活も情熱型��Eジェームス・ハント(イギリス�E�1947���1993年�E�、二人の天才レ
ラチE��ュ プライドと友情【象のロケチE��】at 2014年02月11日 11:12
ダサい副題がギャガ配給を感じさせるF1映画。 セナとプロスト辺りからしか知らないから、実話だけど最後まで新鮮に観られた。 それにしても、性格の合わないライバルがいて、片 ...
『RUSH プライドと友情』【時間の無駄と言わないで】at 2014年02月11日 15:25
 話題の『ラッシュ』を観て来た。 え?話題になってない? いやいやいやいや話題でしょうよ〜! ロン・ハワード監督だよ?アカデミー受賞監督だよ? ちまたじゃこの話題で ...
『ラッシュ』(映画)ー合い言葉は雨天決行、死神の鼻を明かしまくった男たちの世界【マンガデシネ】at 2014年02月13日 03:10
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、大怪
ラッシュ/プライドと友情【心のままに映画の風景】at 2014年02月16日 01:48
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェス
『ラッシュ プライドと友情』【京の昼寝〜♪】at 2014年02月17日 21:17
    『ラッシュ/プライドと友情』  (2013) 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。 ランキング1位だったラウダはド
ラッシュ/プライドと友情【サムソン・マンゴスの映画道半ば】at 2014年02月19日 15:54
映画『ラッシュ プライドと友情』は、しばらく低調だった(と小生は思うのですが)ロ
「ラッシュ プライドと友情」:“生涯の1本”は大げさだなあ【大江戸時夫の東京温度】at 2014年02月20日 23:25
ラッシュ/プライドと友情RUSH/監督:ロン・ハワード/2013年/アメリカ 伝記映画のまとめ方と、落としどころについて TOHOシネマズ日劇、K-15で鑑賞。K列は足が伸ばせるのが良い。事前情報としては、実話であること、クリス・ヘムズワースが出ていること、カーレースの
ラッシュ/プライドと友情/頂点に立つ者にしか、わからない世界がある【映画感想 * FRAGILE】at 2014年02月24日 11:53
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハント
ポールポジション〜『ラッシュ/プライドと友情』【真紅のthinkingdays】at 2014年02月26日 07:44
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
ラッシュ【映画的・絵画的・音楽的】at 2014年03月10日 21:05
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...
ラッシュ/プライドと友情 / RUSH【勝手に映画評】at 2014年03月11日 22:42
F1レーサーのお話。 1970年代。流行っていたような記憶があります。中嶋悟さんと鈴木亜久里さん。 それから、セナさん・・・ 1976年に日本の富士スピードウェイであったのですね。 ニキ・ラウダが映画の中で20%は死ぬと何度も言ってましたよ。 ニキ・ラウダとジェ...
『RUSH』【仲間が増えるといいなぁ・・・】at 2014年03月11日 22:49
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念押
「RUSHープライドと友情ー」【ここなつ映画レビュー】at 2014年05月23日 18:52
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
スピードを追い求める2人の【笑う社会人の生活】at 2014年06月17日 22:46
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダ
ラッシュ/プライドと友情【いやいやえん】at 2014年09月11日 13:13
映画「ラッシュ プライドと友情」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと
映画「ラッシュ/プライドと友情」レビュー(伝説のFIレーサー、ニキ・ラウダとジェームズ・ハント)【翼のインサイト競馬予想】at 2014年09月16日 07:44
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年イギリス=ドイツ合作映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり
映画評「ラッシュ/プライドと友情」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2015年02月15日 11:20
4,000枚しかリリースされなかった初回限定盤を購入し損ない、Blu-rayをレンタルして鑑賞した「Rush プライドと友情」。言わずと知れたF1でのジェームズ・ハントのニキ・ラウダの関係を197 ...
Blu-ray ラッシュ プライドと友情【VAIOちゃんのよもやまブログ】at 2015年07月22日 05:26