2014年03月19日

LIFE!〜ひとりインセプション 5の3乗5

デジタル化と夢想する時間の問題
life!1公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット、パットン・オズワルト、キャスリン・ハーン。「虹を掴む男」(原題は同じ、1947)のリメイク。写真エッセイ誌「ライフ」が廃刊し、オンライン化するのを象徴にしてメディアが紙からデジタルに移行することで人間の精神がどう変容するかがテーマのようだ。
本作でたびたび語られる“zone out”(心ここにあらず、別世界に逝く)状態になる人間の精神の自由がスマホなどに時間を奪われて空想する暇もなくなり、精神の遊びが実は枯渇するる懸念を訴えているように見える。空想がネット(所謂“ながらスマホ”を想起すれば分かりやすいかも)に乗っ取られる危機がライフ誌廃刊の危機と重ねられているようだ。その最後の抵抗を買収されデジタル化移行で人員整理の対象になりそうな「僕は友達が少ない」系のライフ誌のネガ写真整理係ウォルター(ベン・スティラー)が行っているようなのだ。
新入りの同僚シェリル(クリステン・ウィグ)に恋し、職場で話しかければいいものをネットのデートサイトでシェリルにウィンク(クリック)し、“unable to perform request”と拒否される。会社でばかりか私生活でもデジタルから拒否されている象徴のような。会社でも“zone out”して買収主の会社から送り込まれてきたミスター・コストカッターのボス、テッド(アダム・スコット)とも“死闘”するのだけれど、“zone out”し過ぎてクビ確定の気配。
ライフ誌最後の表紙写真のネガだけなぜかなくなっていて、ウォルターは撮影した辺境写真家のショーン(ショーン・ペン)がいるというグリーンランドに行くのだけれど、これはリアルなのかと言えば、そうではないだろう。この旅行すら“zone out”としか思えない。
グリーンランドの酒場で“歌手シェリル”が歌うデヴィッド・ボウイのSPACE ODDITY:“Groud control to Major Tom”(↓)

は、交信不能になった宇宙飛行士に地上から呼びかける歌だが、本作のリアル場面での「グラウンドコントロール」はテッド。「トム」は会社で“zone out”中のウォルター。ちなみに写真(↑)のライフ誌の表紙の宇宙飛行士はトムだろう。“歌手シェリル”のシーンがとても切なく美しい。演じるクリステン・ウィグはいかにも世間慣れしないウォルターに好まれそうな明るくフランクで優しい女性だ。
life!2“歌手シェリル”も、鳥の群がシェリルの顔になったりするのも、“zone out”の中で“zone out”してしまうということ。ウォルターがヘリコプターから海に飛び込むのと、駅のプラットホームからシェリルのアパートに飛び込むのとがシンクロし、アイスランドで火山の噴煙に巻き込まれて脱出するのと、ウォルターが爆発して火事になったシェリルのアパートの煙から出てくるのとはシンクロしている。“zone out”中のウォルターがライフ社でテッドにクリップを投げつけられるシーンとウォルターが高山で遊牧民の女性に木の葉の扇で顔をバシャっと叩かれるシーンとシンクロしている。現実、ショーンの撮った夥しい写真で作ったウォルターの世界、ウォルターの“zone out”世界、本作も「インセプション」同様、夢の三層構造の体裁、ひとりインセプションなのだ。
そもそもなぜショーンがグリーンランド、アイスランド、アフガン山岳地帯と寒い場所ばかりにいるのかと言えば、実はきわめて日常的な出来事、シェリルが会社で友達に冷蔵庫が故障したとか言っているのを盗み聞きしたウォルターが妄想を膨らませたからだろう。シェリルの冷蔵庫の故障を直すのにかこつけてシェリルのアパートに行きたいのが、“zone out”のきっかけだろう。ウォルターがアイスランドでスケートボードするのもシェリルの息子がスケボーしているからでスケボーうまかったらお近づきになれそうという願望、全ての“zone out”の源泉はシェリルへの思いにほかならない。
life3本作には色々なところで欠落部分が登場する。「故障した冷蔵庫」がそもそもの欠落。ショーンの表紙用ネガフィルム25番も、デートサイトのプロフィール欄の空欄、シェリルが飼っている愛犬の脚が3本で一足欠落している「故障した愛犬」。アーネスト・ヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」をオマージュしたような標高5500メートルのアフガンの雪嶺でショーンが撮る雪山豹も実は“ゴースト”という欠落だ。そもそも“ゴースト”という言葉自体、写真用語でもある。そして、“zone out”するウォルターは周りから見ればゴーストだろう。何よりも最大の欠落はシェリルの夫。この欠落部分が三層世界の通路のようだ。結局、全部シェリルじゃないか。シェリルがデートサイトの登録を止めたのはデジタル化拒否と符合する。
ところで、欠落したネガフィルムは「25」、ウォルターが飛び降りた地下鉄の駅は「125 Street」だった。ちなみにこの実在する125 Streetには断層線が走っているらしく、別世界にトリップするにはうってつけというか。
25は5の2乗、125は5の3乗。一応数学的にも?三層構造らしいのだけれど、ではオリジナルの「5」はどこにあったっけ? うん!? ライフの本社はニューヨークの五番街か。五番街が現実の世界、25が雑誌から得た世界、125がウォルターの“zone out”の世界。これで、5、5の2乗(25)、5の3乗(125)の三層構造完成か。何か「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」に似た数学的世界になってしまった。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 00:01│Comments(0)TrackBack(41)clip!洋画A-M | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50781713
この記事へのトラックバック
ランキングクリックしてね ←please click 「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピッ...
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY【我想一個人映画美的女人blog】at 2014年02月20日 23:12
「LIFE!」の試写会に行ってきました字幕版です。ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニー・ケイ主演の名作コメディ「虹を掴む男」を、ベン・スティラーの監督・主演でリメ...
試写会「LIFE!」【日々“是”精進!】at 2014年02月21日 07:50
長い歴史を持つ雑誌LIFE誌の廃刊が決まり、社員は新しいボスが断行するリストラに怯えていた。 そんな時、写真管理部門で働く空想好きな男ウォルター・ミティは、最終号表紙の写真のネガが見つからないことに気づく。 撮影したカメラマンのショーンは世界放浪中で、どこに
LIFE!【象のロケット】at 2014年02月21日 20:29
ジェームズ・サーバー『虹を掴む男』をベン・スティラーが監督・主演で映画化した『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』物語・雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォ
ベン・スティラー監督・主演、クリステン・ウィグ、ショーン・ペン『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』"THAT IS THE PURPOSE OF LIFE"【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2014年02月24日 16:38
ナイナイの岡村くんが吹き替え版担当ってことで 今年の頭にこんな企画もんがあったんですね〜。知らなかった。 試写会当たって御堂会館行ってまいりました〜〜(^-^)/ ショーン・ペンが実に渋いです。 こういうカメラマン確かにあるあるだよね。 冴えないおっちゃん...
みかんのケーキとスケボー♪〜「LIFE!」【ペパーミントの魔術師】at 2014年03月17日 17:26
地味で真面目で堅実な生き方をしていた主人公が思いがけない旅に出る物語を描いた映画です。 ベン・スティラーが走り出す予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 現代なのにファンタジーのような感覚になるような、ワクワクと楽しくなる物語が繰り広げられてい
LIFE!【とりあえず、コメントです】at 2014年03月19日 00:02
ベン・スティーラーが製作・監督・主演と大活躍して、映画の醍醐味を十二分に魅せてくれた。特殊効果に大金をかけて映画を作らなくても物語がよければ、観客を感動させることができる。すばらしい映画だった。
LIFE!【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2014年03月19日 23:32
 昨日は、週に一度のお休み。そして、珍しく水曜日の封切りということで、この作品を観てきましたよ。 【題名】 LIFE! 【製作年】 2013年 【製作国】 アメリカ 【鑑賞手段
LIFE! : 映画の素晴らしさを堪能できる作品【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2014年03月20日 20:35
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2014年03月20日 23:42
ランキングクリックしてね ←please click 「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピッ...
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY【我想一個人映画美的女人blog】at 2014年03月21日 00:03
 ベン・スティラー監督・主演『LIFE!』を観てきた。LIFEとは、この映画では第一義的に、ライフ誌のことを指す。そのライフ誌のネガ管理係として働くウォルターが主役 ...
『LIFE!』(映画)(2013)ー均整の取れたセルフ・リアライゼーションに瞬く一閃、トム少佐よ発射せよ【マンガデシネ】at 2014年03月21日 14:40
ラストと景色は良かった。
LIFE!【だらだら無気力ブログ!】at 2014年03月21日 20:05
評価:★★★★【4点】(AF) 最初はどうかと思ったヒロインが徐々にチャーミングに見えてきた。
LIFE!【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2014年03月21日 21:54
いや〜良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
『LIFE!』【時間の無駄と言わないで】at 2014年03月22日 02:26
トム少佐。みかんケーキ。Stretch Armstrong。
LIFE!【悠雅的生活】at 2014年03月22日 21:18
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
[映画『LIFE!』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2014年03月23日 08:33
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく...
LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty【勝手に映画評】at 2014年03月23日 18:09
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真のネ
LIFE!【心のままに映画の風景】at 2014年03月23日 21:02
 アメリカ  ファンタジー&ドラマ&アドベンチャー  監督:ベン・スティラー  出演:ベン・スティラー      クリステン・ウィグ      アダム・スコット      ...
LIFE!【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2014年03月23日 21:14
【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 2014/03/19公開 アメリカ 114分監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン この映画には「!」がある。 [Story]雑誌「LI...
LIFE!【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2014年03月23日 22:49
LIFE!The Secret Life of Walter Mitty/監督:ベン・スティラー/2013年/アメリカ こんな世界は想像できなかっただろ、って、現実が言ってくるんだ TOHOシネマズ日劇スクリーン1、K-18で鑑賞。 原作未読、オリジナル「虹を掴む男」も未見です。ベン・スティラーだから
LIFE!/世界はずっとそこにあって、ただ、僕がそれを知らなかった【映画感想 * FRAGILE】at 2014年03月24日 11:59
    『LIFE!』  (2013) 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。 ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いたウォルターは、カメラマンを捜す
LIFE!【サムソン・マンゴスの映画道半ば】at 2014年03月26日 00:21
映画『LIFE!』は、いかにも『フォレスト・ガンプ』的な名作狙いで、結局そのライ
「LIFE!」:もっと名作たり得たのでは?【大江戸時夫の東京温度】at 2014年03月27日 21:57
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・ケイ
映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog@FC2】at 2014年03月28日 12:57
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショー
『LIFE!』【京の昼寝〜♪】at 2014年03月31日 08:33
2013年・アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Secret Life of Walter Mitty 監督:ベン・スティラー 原作:ジェームズ・サーバー原案:スティーブ・コンラッド
「LIFE!」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2014年04月01日 23:39
週遅れを打開するため、2週まとめての感想です。…って書いてみたら、えれえ長くなっちゃったよ。しかもこれ書くの時間かかってしまって、実質3週遅れの内容だし。 【東京レイ ...
主人公と言っても差し支えない(キルラキルとか平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦とか)【アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)】at 2014年04月03日 04:18
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ...
LIFE!【映画的・絵画的・音楽的】at 2014年04月04日 21:15
【出演】  ベン・スティラー  クリステン・ウィグ  シャーリー・マクレーン   ショーン・ペン 【ストーリー】 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表...
LIFE!  監督/ベン・スティラー【西京極 紫の館】at 2014年04月06日 17:53
 1947年に公開されたダニー・ケイ主演の映画「虹を掴む男」を、「ナイトミュージアム」のベン・スティラー監督・製作・主演でリメイク。フォトブラフ雑誌「LIFE」編集部のネガ管理人として働く平凡な中年男が、ある出来事をきっかけに世界を巡り、自分を見つめ直す
[映画][☆☆☆★★]「LIFE!」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年04月07日 19:48
「LIFE!」★★★★☆ ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、 ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン出演 ベン・スティラー監督、 115分 2014年3月19日公開 2013,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY) <リンク:<a href="ht
「LIFE!」一歩踏み出す勇気、そして映画的な創造世界【soramove】at 2014年04月08日 14:39
「The Secret Life of Walter Mitty」2013 USA 監督、製作、出演(ウォルター・ミティ)に「僕たちのアナ・バナナ/2000」「ペントハウス/2011」のベン・スティラー。 シェリル・メルホフに「ローラーガールズ・ダイアリー/2009」「宇宙人ポール/2010」のクリステン・
「LIFE!」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2014年04月20日 21:50
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られてきた
人生の真髄〜『LIFE!』【真紅のthinkingdays】at 2014年05月01日 10:57
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
空想が現実に勝るとき【笑う社会人の生活】at 2014年06月25日 00:09
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...
LIFE!【銀幕大帝α】at 2014年08月04日 01:50
下記全部に○がつく私、主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。  ○ 毎日毎日同じ生活を繰り返してい
LIFE!/ライフ【いやいやえん】at 2014年08月14日 09:46
JUGEMテーマ:洋画&nbsp; &nbsp;  ウォルター・ミティの妄想が凄過ぎて &nbsp; SFかと思ってしまうくらいです。 &nbsp; ウォルターがショーン・オコンネルを探す旅は &nbsp; 過酷だけどとても良い風景。 &nbsp; シンプルな冒険ものを見
映画 LIFE【こみち】at 2014年09月02日 20:41
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルト 【解説】 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン...
LIFE!【タケヤと愉快な仲間達】at 2014年10月05日 09:26
終盤がいまひとつ。
LIFE!/ライフ【Akira's VOICE】at 2015年01月07日 16:25
LIFE!/ライフ 廃刊が決定した写真誌のネガ管理者は、 最終号を飾る写真のネガが無い事に 気付き写真家を探す旅に出る... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Secret Life of Walter Mitty
『LIFE!』【cinema-days 映画な日々】at 2015年01月14日 23:51
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ベン・スティラー ネタバレあり
映画評「LIFE!」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2015年01月18日 10:08