2014年03月05日

魔女の宅急便(2014)3

高梨沙羅がスキー板を箒に替えた的な
majoexpress公式サイト。角野栄子原作、清水崇監督。小芝風花、尾野真千子、広田亮平、山本浩司、新井浩文、吉田羊、寿美菜子、YURI、LiLiCo、浅野忠信、筒井道隆、宮沢りえ、志賀廣太郎。宮崎駿監督がアニメ化した「魔女の宅急便(1989)」を実写化。キキ(小芝風花)の飛ぶ姿を見ていると、時節柄なぜかスキージャンプの高梨沙羅選手のジャンプ飛行を連想してしまう。
風立ちぬ(2013)」もそうだったけれど、これも機械のメカニズムの話が基本になっている。キキがまたがる箒は決して万能ではなく、柄にひびが入ると、飛行が不安定になる。重心が不安定になるからだろう。実は心身のアンバランスのメタファーになっているのだけれど。
majoepress2かつて風の隙間に落ちて墜落した魔女のエピソードも出てくる。キキがとんぼ(広田亮平)の乗った人力飛行機がバランスを崩すのを予感したのも「風の隙間」を見たからだろう。あの沙羅ちゃんだって、一度着地に失敗して頭を雪面に打って脳震盪起こしている。オリンピックでも流石に表情が硬くなって十二分に力出せなかったみたいだし。
さらに教わる自転車の乗り方も重心バランスを身につければ一生乗れるようになる。カバのマルコがライオンに尻尾をちぎられて「中心点行方不明病」になるというのも、重心の感覚を見失い動けなくなったということだろう。
それにしても「風」がよく出てくる。キキが島で仲良くなるおソノ(尾野真千子)のパン屋は大きな風車を兼ねている。キキが故障したクリーニング屋さんの乾燥機の代わりにやってのける風力乾燥機(笑)も。
ラストでは台風までもが通過するのだけれど、これはちょっとまずいのじゃないかと。そもそも動物園がなぜカバの子マルコをあんな台風の中、別の島にいるイシ先生(浅野忠信)のもとに運ばなければいかんのか。マルコはそんな緊急事態には見えないし。かなり説得力に欠ける。
おまけに、それまでキキは文字通り“心身症”に罹っていて飛行不能状態だった。あんなところ飛行したらパニック障害が起きてしまいそう。別に台風がなくても、久々に長距離飛行するのだから、それだけでも十分に冒険だろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:51│Comments(0)TrackBack(11)clip!邦画マ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50782878
この記事へのトラックバック
 映画館に予定より早く着いてしまい、当初『ネブラスカ』を観ようかと考えていたのが、話のネタにもなるかと思って実写版『魔女の宅急便』に軽い気持ちで切り替えてしまった。 ...
『魔女の宅急便』(映画)ー何もかもが嘘くさい雰囲気、胸の奥からやるせない溜め息【マンガデシネ】at 2014年03月05日 22:30
「魔女の宅急便」を鑑賞してきました宮崎駿監督のアニメ版でも知られる角野栄子のロングセラー児童文学を「呪怨」シリーズの清水崇監督で実写化映画化したファンタジー・ドラマ。一...
劇場鑑賞「魔女の宅急便」【日々“是”精進!】at 2014年03月06日 07:15
魔女の宅急便 新宿バルト9 3/1公開 魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に 魔女になるための修行をすることに。 それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。 黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼女は、海辺の町コリコへと
魔女の宅急便【単館系】at 2014年03月08日 22:50
映画『魔女の宅急便』は、あの宮崎駿作品の実写版。監督が『呪怨』をはじめホラー作品
「魔女の宅急便」:風花ちゃんを見る映画【大江戸時夫の東京温度】at 2014年03月09日 23:30
魔女の母コキリと人間の父オキノの間に生まれた少女キキは、「13歳の満月の夜に旅立ち、魔女のいない町で一年間修行をする」という古くからの決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出ることに。 海辺の町コリコで暮らすことにしたキキは、パン屋の女将・おソノの元
魔女の宅急便【象のロケット】at 2014年03月10日 19:26
CGがしょぼいなぁ。
魔女の宅急便【だらだら無気力ブログ!】at 2014年03月12日 00:07
【出演】  小芝 風花  尾野 真千子  宮沢 りえ  広田 亮平 【ストーリー】 魔女の家系である少女キキは、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることに。それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼...
魔女の宅急便  監督/清水 崇【西京極 紫の館】at 2014年03月16日 20:34
 1989年にスタジオジブリでアニメ映画化された、角野栄子原作の児童文学を、「呪怨」の清水崇監督、「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子脚本で実写映画化。 アニメ版は、言わずと知れた御大・宮崎駿監督の代表作の一つであると同時に、日本が世界に誇る傑作長編ア
[映画][☆☆☆★★]「魔女の宅急便」(2014年版)鑑賞【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年03月23日 19:36
2014年 日本 108分 ファンタジー/ドラマ 劇場公開(2014/03/01) 監督: 清水崇 『ラビット・ホラー』 脚本: 清水崇 主題歌: 倉木麻衣『Wake me up』 出演: 小芝風花:キキ 尾野真千子:おソノ 広田亮平:とんぼ 山本浩司:フクオ 新井浩文:ナヅル 吉田羊...
魔女の宅急便【銀幕大帝α】at 2014年09月23日 01:38
【概略】 魔女の血を引く少女キキは13歳になり、一人前の魔女になるための決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出る。やがて辿り着いた海辺の町コリコでキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将おソノや、空を飛ぶことを夢見る少年とんぼら、個性豊かな住人たち。
魔女の宅急便【いやいやえん】at 2014年09月26日 09:07
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・清水崇 ネタバレあり
映画評「魔女の宅急便」(2014年版)【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2015年04月08日 10:42