2014年03月26日

ローン・サバイバー3

命懸けのオ・モ・テ・ナ・シ
lonesurvivor公式サイト。マーカス・ラトレル原作「アフガン、たった一人の生還」の実話に基づく。ピーター・バーグ監督。マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ。2005年、アフガニスタンでタリバン幹部殺害作戦「レッドウィング作戦」に従事したアメリカ海軍特殊部隊Navy SEALsの惨事を描く。原作者マーカス・ラトレル(マーク・ウォールバーグ)は作戦に参加した唯一の生き残り。
ほとんどはアフガン山岳地帯での惨たらしい銃撃戦だが、なぜかその風景の美しさに見とれる。空気は澄んでいそうで、針葉樹が生い茂る。米軍の基地は砂漠地帯だが、戦場は大自然に包まれている。アフガニスタンには行ったことないが、隣接するパキスタンの北部山岳地帯のスワット渓谷には行ったことがある。若干、風景が似ているような。
特に部隊が地元の住民に遭遇し、逃がした後、一番壮健そうな若者が岩場をぴょんぴょん飛び降りてタリバンに通報しに行くシーン。パキスタンの北部にも似たような岩だらけの渓谷があったような記憶がある。銃撃戦でも岩だらけの急斜面を転げ落ちるシーンがあったが、いくら鍛えられた兵士で重武装していても、あんな凄い落ち方すれば生きていても半死半生で動けないのじゃないだろうか。ましてや反撃なんてできるのかどうか。
実は、そのスワット渓谷のツアーのガイドと運転手が本作の後半で登場するパシュトゥン人だった。運ちゃんはピストル携帯していて見せてもらったことがある。ホテルのプールにはライフル持った人がガードしていた。武器なんてどこにでも手に入りそうな雰囲気。世が世なら銃撃戦に巻き込まれたかも、なんて本作を見ながら回想してしまう。
そのパシュトゥン人の掟というのは、古来から伝わるNanawataiというものらしい。パシュトゥン語で「聖域」という意味のようだ。
It allows a beleaguered person to enter the house of any other person and make a request of him which cannot be refused, even at the cost of the host's own life or fortune.(包囲された人を家に迎え、たとえもてなし主の命や財産に賭けてもその人の要望を受け入れる)
パシュトゥン人のオ・モ・テ・ナ・シは命懸けなのだ。合掌すればいいような生易しいものではない。厳しい自然の中で生きる人々の戒律なのだろう。
実際、ほうほうの体で逃げてきたマーカスは本当に命懸けのお持て成しを受ける。まあ、タリバンに引き渡しを要求されて拒否し、間一髪で味方の攻撃ヘリが到着、少年が機転を利かせてマーカスにナイフを渡し、敵を倒すというのは、ちょっとでき過ぎぽく、演出なのだろうが。
死力で基地に連絡して息絶え、29歳で犠牲者になったマイケル・マーフィー(テイラー・キッチュ)は、その後、名誉勲章を授与され、2012年に就役したミサイル駆逐艦名にもなった。平和憲法下の日本に住んでいると、戦争や戦死に対する感覚が随分違ったものになったような感慨もある。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 20:24│Comments(0)TrackBack(11)clip!洋画ル-ロ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50784351
この記事へのトラックバック
「ローン・サバイバー」を鑑賞してきましたアメリカが誇る精鋭部隊“ネイビーシールズ”によるアフガニスタンでの作戦中に起きた衝撃の実話を映画化した緊迫の戦場アクション。実際...
劇場鑑賞「ローン・サバイバー」【日々“是”精進!】at 2014年03月26日 20:36
 三連休いかがお過ごしですか。今日は、忙しいと思いきや、以外にたしたことなかったので、以前から期待していたこの作品を観てまいりました。 【題名】 ローン・サバイバー
ローン・サバイバー : 仲間のため、神のため…。【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2014年03月26日 21:38
2005年6月、アフガニスタン山岳地帯で、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズの“レッド・ウィング作戦”が決行される。 目的は、アルカイダ指導者オサマ・ビンラディンの側近でタリバンのリーダー、アフマド・シャーの殺害だった。 しかし監視任務中の4人の隊員が、現
ローン・サバイバー【象のロケット】at 2014年03月30日 08:49
映画 『ローン・サバイバー』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 リアルな銃撃戦を楽しむ戦争アクションと観るも良し! アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズ史上最悪の惨事“
映画「ローン・サバイバー」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog@FC2】at 2014年04月04日 16:52
崖から落ちても戦えるシールズってスゲェな。
ローン・サバイバー【だらだら無気力ブログ!】at 2014年04月06日 00:27
映画『ローン・サバイバー』は、恐ろしくリアルな戦場もの。少なくとも「リアルに死と
「ローン・サバイバー」:こんな目に遭うのは嫌だ【大江戸時夫の東京温度】at 2014年04月14日 00:03
 「バトルシップ」のピーター・バーグ監督、「テッド」のマーク・ウォールバーグ主演。アメリカの精鋭特殊部隊ネイビー・シールズ設立以来、最大の悲劇と言われる2005年アフガニスタンでのタリバン指導者暗殺計画「レッド・ウイング作戦」を実際に経験し、唯一生き残っ
[映画][☆☆☆★★]「ローン・サバイバー」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年04月20日 20:28
「ローン・サバイバー」★★★★ マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、 テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、 エリック・バナ出演 ピーター・バーグ監督、 121分 2014年3月21日公開 2013,ポニーキャニオン、東宝東和  (原題/原作:LONE SURVIVOR) <リン
「ローン・サバイバー」まさに極限状態、戦場のリアル【soramove】at 2014年04月23日 20:48
マーク・ウォルバーグ好きにはこたえられない作品。でも、マーク・ウォルバーグは主役であって主役ではない。何を言っているのか判らない、というのであれば、こういう風に言えばいいのかな。つまり、主役は全てのソルジャーであり、全ての市井のレジスタンスである。信念を
「ローン・サバイバー」【ここなつ映画レビュー】at 2014年06月17日 13:02
14日のことですが、映画「ローン・サバイバー」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイビーシールズ隊員 200人を超えるタリバン兵の待ち伏せに遭い、猛攻撃を浴びてしまい・・・ これは実話で...
落下映画ともいえる痛み【笑う社会人の生活】at 2014年09月29日 20:59
【概略】 レッド・ウィング作戦に参加した4人のネイビーシールズは、アフガンでの偵察任務中に下した“ある決断”により、200人を超えるタリバン兵と戦うことになる。 戦争アクション マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォ
ローン・サバイバー【いやいやえん】at 2015年11月28日 10:55