2014年06月04日

美しい絵の崩壊〜上げ潮と引き潮が交わる所4

twomothers公式サイト。オーストラリア=フランス。原題:Adore、またはTwo Mothers。原作:ドリス・レッシング「グランド・マザーズ」、アンヌ・フォンテーヌ監督。ナオミ・ワッツ、ロビン・ライト、ゼイヴィア・サミュエル、ジェームズ・フレッシュヴィル、ベン・メンデルソーン、ソフィー・ロウ、ジェシカ・トヴェイ、ゲイリー・スウィート。オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の美しい海岸。上げ潮の若さと引き潮の老いが交錯する海上には、固定された浮き台が絶えず波に揺れている。
若い時からこの海岸で遊んでいたリル(ナオミ・ワッツ)とロズ(ロビン・ライト)にとって、そこは「永遠の若さ」を体現した場所。リルは夫と死別しても、ロズは夫ハロルド(ベン・メンデルソーン)がシドニーの大学で演劇の教授職をつかんでも移住しようと思わない。海上の固定された浮き台のように。
そうした2人の中で同じ海岸で育ったリルの息子イアン(ゼイヴィア・サミュエル)、ロズの息子トム(ジェームズ・フレッシュヴィル)も2人の母、2人の息子の関係性に慣れていて、ほとんど自然に男女の仲を求め合う。戸惑いの大きさは母たちの方が大きいがやがて母たちも慣れて来る。母たちにも、それは「永遠の若さ」を回復すること。4人の固い絆はレズビアンと勘違いする若さを失った男性やハロルドを遠ざける。
20年が経ち、ハロルドを倣って演劇の道に進んで浜の劇場で働きだしたトムは海岸で母リルと一緒に働くようになったイアンよりも一歩早く大人になった感じ。女優の卵、メアリー(ジェシカ・トヴェイ)と出来てしまう。やがて遅れてイアンも優しく平凡なハンナ(ソフィー・ロウ)と出来てしまう。生の引き潮を感じたリルは鏡で老化を実感するのだけれど。
2mothers2ところが。ロズよりも執念深いリルはトムと最後の抵抗を行い、既にお互い子持ちのメアリーとハンナの知るところとなる。もっとも、ロズとイアンも、もしイアンがロズに拒絶され傷心でサーフィンをして足を怪我しなければどうだったか。このサーフィンはセックスのメタファーだろう。2人の若者がサーフィンに興じている時、2人の母はまぶしそうに彼らの若い肉体に目を瞠っていた。
演劇をしていて勘が鋭いしっかり者のメアリーはすぐにこの“海辺の秘密の物語”の全体像を掴み、断固たる態度を取るが、おろおろするばかりのハンナは立ち直れるのかどうか。
残されたのは結局、オリジナルの4人。4人の絆の象徴のような浮き台は今も変わらず波に揺れていた。取り敢えず「永遠の若さ」はまだ猶予された。
不道徳の筈なのに不思議とさわやかで自然。彼女たち、彼らにとって、生まれながらにそこにある海は永遠に干満を繰り返してなければならない。そこに社会道徳が入り込む余地はない。ふと思うと、ラストは地球上に残された最後の4人が行うであろう合理的行動をしているということ。出産限界に間に合えば良いが。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:15│Comments(0)TrackBack(7)clip!洋画ウ | ★4

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50789297
この記事へのトラックバック
映画『美しい絵の崩壊』は、いやー、インモラルですね。ナオミ・ワッツの台詞にもあっ
「美しい絵の崩壊」:インモラルな毒々ファンタジー【大江戸時夫の東京温度】at 2014年06月04日 21:41
オーストラリア東海岸の入江。 双子の姉妹のように育ったロズとリルには、同い年の息子がいて、息子たちも親友同士だった。 ところが、ロズはリルの息子イアンと、リルはロズの息子トムと、それぞれが一線を越えた関係を持ってしまう。 許されないことだと分かってはいて
美しい絵の崩壊【象のロケット】at 2014年06月06日 13:51
 『美しい絵の崩壊』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)これはナオミ・ワッツが出演するからというので映画館に行きました。  本作の舞台はオーストラリアの東海岸。  リル(ナオミ・ワッツ)とロズ(ロビン・ライト)は、幼い頃から近所同士でとても仲が良い二人(注1...
美しい絵の崩壊【映画的・絵画的・音楽的】at 2014年06月11日 21:05
評価:★★★☆【3,5点】(09) 四十路の女性でも恋する乙女になってしまうのね。
美しい絵の崩壊【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2014年06月21日 22:05
「Adore」…aka「Two Mothers」オーストラリア/フランス リルに「夫以外の選択肢/2004」「ザ・バンク 堕ちた巨像/2009」「愛する人/2009」「映画と恋とウディ・アレン/2011」「ドリーム・ハウス/2011」「インポッシブル/2012」のナオミ・ワッツ。 ロズに「こわれ
「美しい絵の崩壊」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2014年06月24日 17:58
原題: Two Mothers 監督: アンヌ・フォンテーヌ 出演: ナオミ・ワッツ 、ロビン・ライト 、ゼイビア・サミュエル 、ジェームズ・フレッシュ 公式サイトはこちら。 子どもの頃から親友として育ったロズとリルは、お互いの10代の息子たちも交え、家族ぐるみの...
『美しい絵の崩壊』 (2013) / オーストラリア・フランス【Nice One!! @goo】at 2014年07月16日 12:47
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年オーストラリア=フランス合作映画 監督アンヌ・フォンテーヌ ネタバレあり
映画評「美しい絵の崩壊」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2015年06月09日 09:43