2014年07月11日

ダイバージェント〜恐怖を克服する者3

オール・ユー・ニード・イズ・ジャンプ
divergent0公式サイト。原題:Divergent。ヴェロニカ・ロス原作。ニール・バーガー監督、シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ケイト・ウィンスレット、アシュレイ・ジャッド、ジェイ・コートニー、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、アンセル・エルゴート、マギー・Q。近未来、戦争による世界崩壊から100年後のシカゴ。今でもループエリアという地区があるのだけれど、巨大なキャットウォークが環状に建てられ、外側は農地と荒野。まるで中世の都市国家みたいだ。
やたらと高いところから飛び降りるシーンが多い。列車からビルに飛び降りたり、さらにビルから下が見えない穴を目がけてジャンプ。ベアトリス→後にトリス(シェイリーン・ウッドリー)は軍隊に相当するドーントレス=勇敢(Dauntless)派閥を希望して受けた訓練。肝試しの訓練なのだけれど、最後の訓練なのか、高層ビルから高層ビルへ張りめくらされた鋼索伝いに移動する人間ロープウェイは圧巻。これ、リアルなのか幻想なのかよく分からなくなる。後にドラッグで映像化される幻覚シーンも出て来るので、意外と実はほとんど幻覚の中での「逝っちゃう」メタファーなのかと思えて来る。トリスは幻覚の中でも水の穴に落ちていることだし。
divergent1そして、高層ビルからはるか外界を眺めるシーン。一般市民は外界がどうなっているか教えてもらっていないみたい。外界を高層ビルから見下ろせるのもどうもドーントレスの特権で、他の派閥、友愛(Amity)、高潔(Candor)、博学(Erudite)、無欲(abnegation)の一般市民には特権がないらしい。トリスがフォー(テオ・ジェームズ)が遊園地の観覧車のてっぺんまで昇るシーン。訓練指導役のフォーが高所恐怖症であることが判明。そもそもフォー(four=4)という名前、5派閥のうちの勇敢を除いた4派閥(言うなれば軍属ではない市民)であることを希望しているみたい。
実はテストで5派閥のどこにも判定されない本作タイトルのダイバージェント(異端者)がいる。見つかれば即刻殺されるみたいだが、トリスは内密にダイバージェントと判定されている。このテストを受けるのが16歳って何だか「マレフィセント」と同じ儀式ぽい。
divergentやがてドーントレスがドラッグによって博学の指導者ジャニーヌ(ケイト・ウィンスレット)のコントロール下にあることが判明。だとしたら、あの飛び降りシーンもドラッグによる効果である可能性も。ちなみにトリスとフォーが一緒にドラッグでトリップするシーン、何気にか「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に似ている。特にトリスは訓練を通じて戦闘力を会得して行くのは女性版トム・クルーズかよ。そもそもギタイの液体を浴びてタイムループする能力を身につけるのと、ドラッグを撃って能力を学習するってそっくり。
結局、無欲が運営していた政権を博学(官僚?)が奪おうとするのだけれど、この2人がクーデターを起こして阻止するという話だが、ダイバージェントって、結局何、という疑問が残るが、フォーが言っていたように「恐怖で能力が覚醒できる者」のようだ。支配者は恐怖で政治を運営しようとするから、恐怖で逆に能力が覚醒されたら困るのだ。なら、恐怖耐性テストみたいなことやらない方がいいと思うのだけれど。
主演のシェイリーン・ウッドリーは「ファミリー・ツリー」で、注目されたが、当ブログでもちょうど
「あの日、欲望の大地で」で観た時のジェニファー・ローレンスと同じ鮮烈さを感じた。
と、当時書いていた。多分、本作で“ジャンプ”するのだろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 20:40│Comments(0)TrackBack(14)clip!洋画ダ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50792018
この記事へのトラックバック
「ダイバージェント」を鑑賞してきましたアメリカでベストセラーを記録した、ベロニカ・ロスの小説「ダイバージェント異端者」を実写化したSFアクション。軍事や警察を統括するドー...
劇場鑑賞「ダイバージェント」【日々“是”精進!】at 2014年07月11日 20:45
☆・・・なんか、『トワイライト』シリーズ、『ハンガーゲーム』シリーズ、そして、この『ダイバージェント』シリーズと、アメリカの人気小説の映画化を見てきて、アメリカにも、ライトノベルの流行があるのだなと思った。  最近のライトノベルは、日本の『オール・ユー...
[映画『ダイバージェント』を観た(寸評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2014年07月12日 01:59
評価:★★☆【2,5点】(招待券) すべてが中途半端で残念な結果に(笑)
ダイバージェント【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2014年07月12日 20:49
【DIVERGENT】 2014/07/11公開 アメリカ 分監督:ニール・バーガー出演:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、ジェイ・コートニー 、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、アンセル...
ダイバージェント【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2014年07月12日 23:37
きりりとひとつに結わえて果敢に戦いに挑んでいく凜とした姿がどことなく似ていて『ややジェニファー・ローレンス』なヒロインと 唇のぽってりしたかんじがなんとなく『ややチャニング・テイタム』なヒーローが繰り広げる 更にゲーム色の強い『ややハンガーゲーム』なお話
「ダイバージェント」☆ややハンガーゲーム【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2014年07月13日 00:13
アメリカのベストセラー小説を映画化したSFアクション大作です。 「ハンガー・ゲーム」と同じ路線で3部作の予定なので、まずは第1弾を観てみなくちゃと思っていました。 SF的な不思議さとちょっと怖い世界観に、こんな世界は嫌だなあと思いながらも引き込まれてしまいました
ダイバージェント【とりあえず、コメントです】at 2014年07月13日 21:14
ダイバージェントDivergent/監督:ニール・バーガー/2014年/アメリカ 高校デビューして頑張ってるけど、ほんとは私、秘密があるの… 試写で鑑賞。よみうりホールでした。公開は7月11日です。マギー・Qが出ているのと、ディストピアものなので応募したんですよね。よみ
ダイバージェント/戦え、なにかのために。【映画感想 * FRAGILE】at 2014年07月14日 18:06
 ヴェロニカ・ロス原作のSF小説を、「リミットレス」のニール・バーガー監督、「ファリミー・ツリー」のシェイリーン・ウッドリー×「アンダーワールド 覚醒」のテオ・ジェームス主演で映画化。 これは正直、心の底からつまらない。いいところを何か一つでも探そうと思
[映画][☆☆★★★]「ダイバージェント」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年07月17日 18:24
近未来。 世界の安定を保つため、全人類は≪選択の儀式≫という適正テストで振り分けられ、5つの共同体のいずれかに生涯所属することを義務付けられていた。 それは【無欲】、【平和】、【高潔】、【勇敢】、【博学】の5つ。 しかし、【無欲】の家庭で育った少女ベアトリ
ダイバージェント【象のロケット】at 2014年07月18日 08:40
まだ『ハンガーゲーム』の方が面白かった。
ダイバージェント【だらだら無気力ブログ!】at 2014年07月22日 21:36
【概略】 最終戦争から100年後の近未来。16歳のベアトリスは、強制的に選別される5つの共同体に該当しない異端者と診断され…。 SFアクション たった一度の適性検査でに分断された人類。そのいずれにも属さない少女トリスは、反逆者として管理された世界に立ち向か
ダイバージェント【いやいやえん】at 2014年10月26日 09:04
ダイバージェント 最終戦争から150年。一度の適性検査でに 識別され、そのいずれにも属さない少女は、 反逆者として管理された世界に立ち向かう... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:ヴェロニカ・ロス 原題:Divergent
『ダイバージェント』【cinema-days 映画な日々】at 2015年06月16日 04:16
DIVERGENT 2014年 アメリカ 139分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/07/11) 監督: ニール・バーガー 『リミットレス』 原作: ベロニカ・ロス『ダイバージェント 異端者』 出演: シェイリーン・ウッドリー:トリス/ベアトリス テオ・ジェ...
ダイバージェント【銀幕大帝α】at 2016年03月03日 15:14
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 5月9日(火) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。
『ダイバージェント』('17初鑑賞45・WOWOW)【みはいる・BのB】at 2017年05月15日 09:15