2014年09月14日

猿の惑星:新世紀(ライジング)3

希望は再エネだったが・・・
DotPoA公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、カーク・アセヴェド。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の10年後のサンフランシスコ。猿インフルエンザと名付けられたウィルスは世界中に拡散し、人類は90%絶滅。
人口が減ると、原発は管理ができなくなってメルトダウン、火力も同様。そもそもオープニングで人工衛星から見える地球の灯りが次々と消えるシーンがあり、文明=電力が強調されている。
残された希望は再生可能エネルギーでベースロード電源になり得る小規模なダム式水力発電所。しかし、発電所は金門橋の向こうにある山奥の猿たちの支配地域にある。こうなると、猿対人間という表向きのテーマより、今日的な再生可能エネルギーが未来に果たす役割もテーマになっているような。最終的に人類は自然(猿の支配地域)との共存を模索せざるを得ないのだと。
マルコム(ジェイソン・クラーク)らが久しぶりに猿たちのテリトリーに入ったのは、発電機の燃料がそろそろなくなり、放置されていたダム式水力発電所を修復し、再稼働するため。ところがカーヴァー(カーク・アセヴェド)が猿たちに遭遇してパニくり、猿一頭を撃ち殺してしまった。シーザーの指導で岩壁に“APE NOT KILL APE”と書いてある通り、不殺生を戒律にしていた猿たちは人間との対決の空気が澎湃と湧くことに。良き補佐官だったコバはシーザーと確執するように。
擬人的と言うか、まあ猿も人類もそう行動が異なるわけでもないのだが、これを機にコバは市街にスパイに行き、ライフル銃を学習してしまった。既に猿は馬術、集団狩り、文字、火をおこす技術も学習している。
おまけに武器庫も発見。以前から槍は作っていたのだが、絶対的な武器の獲得は“人格”も変える。飛び道具でシーザーを闇撃ちし、実権を掌握する。力は正義なり。人対猿のサンフランシスコ決戦と相成る。シーザーはマルコムらが献身的に看病して癒えるのだが。
「力は正義」の教条は猿山のボスでも同じだし、撃たれて弱ったシーザーも「シーザーが出ていけばコバを押さえてみんな従う」と言われても「シーザーが強い場合だ」と力の論理を弁えている。
この考えがラストのマルコムとの会話にも現れる。コバを「コバは猿じゃない」と論理をひねってコバを殺し、場合によっては殺しも許されることを学習したシーザー。「和解は無理だ。逃げるんだ」とマルコムを諭す。やがて電波が届いた軍がやって来ることになるだろう。他の猿だって大量殺戮も裏切りも学習している。衝突は必至。シーザーは共存の難しさを悟ったのだ。水力発電で共存できても武器庫では共存できないのだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 17:35│Comments(0)TrackBack(32)clip!洋画サ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50796552
この記事へのトラックバック
3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッ
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』観たよ【よくばりアンテナ】at 2014年09月14日 18:33
評価:★★★★【4点】(11) 終始、緊張感に包まれた展開にぐいぐい惹き込まれた。
猿の惑星:新世紀(ライジング)【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2014年09月14日 22:13
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...
猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes【勝手に映画評】at 2014年09月14日 23:03
天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシス
猿の惑星:新世紀(ライジング)【象のロケット】at 2014年09月15日 16:04
「猿の惑星:新世紀」の先行上映を鑑賞してきました2D字幕版を。名作SF「猿の惑星」の前日譚「猿の惑星:創世記」の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化...
劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」【日々“是”精進!】at 2014年09月15日 16:52
映画 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿たちは
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし【ディレクターの目線blog@FC2】at 2014年09月15日 18:42
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し
猿の惑星:新世紀(ライジング)【心のままに映画の風景】at 2014年09月16日 20:38
 横浜DeNAの中村ノリ、3度目のFA宣言するみたいですね。どこの球団が、彼のような我がままデブを採るのでしょうか。本当に、懲りない人ですなぁ。では、本日紹介する作品はこち
猿の惑星:新世紀(ライジング) : ”知能”がもたらす悲劇とは【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2014年09月16日 21:13
シーザーの男前のみを観るべき映画。  
猿の惑星 新世紀(ライジング)【Akira's VOICE】at 2014年09月19日 15:24
猿の英雄シーザーを中心に山の中で文明的な生活を構築しているのに対して、人間は絶滅の危機に陥っている。二つの集団が共存できるのか敵対するしかないのか、猿社会と人間社会それぞれの葛藤が繰り広げられる。猿も人間も同じように苦悩するのが物語に深みを与えている。見
猿の惑星:新世紀(ライジング)【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2014年09月21日 07:19
☆・・・かつて、小林よしのりのマンガに影響され、思想を語るようになった者は、その考えの浅さを含めて「コヴァ」と揶揄されていた。  まあ、隠さずに言えば、私もかなり影響された口だ。  この、『猿の惑星 ライジング』は、対立にある人間と猿たち、その双方に、「..
[映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2014年09月21日 10:43
 アメリカ  SF&アクション&アドベンチャー  監督:マット・リーヴス  出演:アンディ・サーキス      ジェイソン・クラーク      ゲイリー・オールドマン    ...
猿の惑星:新世紀(ライジング)【風情♪の不安多事な冒険 Part.5】at 2014年09月21日 11:05
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し!【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2014年09月22日 14:23
猿の惑星:新世紀(ライジング)Dawn of the Planet of the Apes/監督:マット・リーヴス/2014年/アメリカ 今度は戦争だ! 次もたぶん戦争だ! そういえば前回も戦争だった! ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン5、F13で鑑賞。2D字幕です。 前作が「Rise of
猿の惑星:新世紀(ライジング)/仲間殺しと信頼関係【映画感想 * FRAGILE】at 2014年09月23日 21:54
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」★★★★ アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、 ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル出演 マット・リーヴス監督、 131分 2014年9月19日日本公開 2014,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:DAWN OF THE PLANET OF T
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」良い悪いは見方次第、どうしても共生は出来そうにない【soramove】at 2014年09月25日 20:51
ポスター A4 パターンC 猿の惑星 新世紀 (ライジング) 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Dawn of the Planet of the Apes】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した 2020年代の
猿の惑星:新世紀(ライジング)【miaのmovie★DIARY】at 2014年09月26日 18:52
「猿の惑星:新世紀」は2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編で、猿ウイルスによって人類が激減した世界で10年ぶりに人間と邂逅した猿たちが、共存を選ぶのか?そ ...
「猿の惑星:新世紀」激減した人類と猿の戦いを続けた先にみた戦うしか生き残れない弱肉強食の世界 #猿の惑星【オールマイティにコメンテート】at 2014年09月27日 17:16
前作同様、大変面白かった。
猿の惑星:新世紀(ライジング)【だらだら無気力ブログ!】at 2014年09月28日 00:26
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(土
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』【京の昼寝〜♪】at 2014年09月28日 16:53
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティー
【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング)【R.U.K.A.R.I.R.I】at 2014年10月04日 00:08
2014年/アメリカ/131分 監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス    ジェイソン・クラーク    ゲイリー・オールドマン ■概要 原題は『Dawn of the Planet of the Apes』。リブート版『猿の惑星』の第2作目にあたる、アメリカ製作による2014年
『猿の惑星:新世紀』 〜出来すぎた兄をもったほどほどの弟〜【偏愛映画自由帳】at 2014年10月04日 20:31
 「モールス」のマット・リーブス監督、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラーク×「ロード・オブ・ザ・リング」のアンディ・サーキス主演。2011年公開の前作「猿の惑星:創世記」から10年後の世界、進化した猿たちと、生き残った人類との交流と、避けられ
[映画][☆☆☆★★]「猿の惑星: 新世紀」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年10月04日 21:23
2011年製作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編です。 前作で知性に目覚めたシーザーがその後どのように暮らし始めたのか気になってチャレンジしてみました。 戦争へ向かおうとする機運が動き始める中、何とか戦争を回避しようとするシーザーの 必死の戦いに胸を打たれる
猿の惑星:新世紀(ライジング)【とりあえず、コメントです】at 2014年10月04日 23:55
映画『猿の惑星 新世紀(ライジング)』は、重厚な人間(猿)ドラマにして社会風刺や
「猿の惑星 新世紀(ライジング)」:深く、哀しく【大江戸時夫の東京温度】at 2014年10月05日 23:56
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と不
「猿の惑星 新世紀(ライジング)」☆シーザーの男前度【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2014年10月22日 10:27
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、...
猿の惑星 新世紀(ライジング)【C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜】at 2014年11月08日 22:41
DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ...
猿の惑星:新世紀(ライジング)【銀幕大帝α】at 2015年02月07日 00:25
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行くま
猿の惑星:新世紀(ライジング)【いやいやえん】at 2015年02月07日 08:14
19日のことですが、映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を鑑賞しました。 勢力を拡大し手話や言語を操るようになった猿たちは森の奥深くに、人類はわずかな生存者たちが荒廃した都市の一角に そんなある日、資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したこと...
ここから終わる・・・【笑う社会人の生活】at 2015年02月27日 22:42
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ケヴィン・ランキン、テリー・ノタリ...
猿の惑星:新世紀(ライジング)【タケヤと愉快な仲間達】at 2015年03月09日 20:12
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督マット・リーヴズ ネタバレあり
映画評「猿の惑星:新世紀(ライジング)」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2015年07月05日 09:32
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 でも、監督が変わったせいもあり、微妙にティストが変わったかな? SF作品から、アクションに! 特撮技術は圧倒的だけに、素朴い第1作「猿の惑星」(1968)が懐かしくも感じられました。 新型ウィルスで9割方、人類が死滅
猿の惑星:新世紀(ライジング)【のほほん便り】at 2016年06月09日 09:32