2014年09月29日

ジャージー・ボーイズ〜裏声と裏社会2

jerseyboys公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン。1951年、ニュージャージー州の片田舎。ザ・フォーシーズンズのリードボーカルになるイタリア系の16歳のフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)は父の理髪業の手伝いをしていた。
イーストウッド監督は余程イタリア系アメリカ人が好きらしい。イタリア製西部劇マカロニ・ウェスタンでメジャーになり、恩も感じているのだろう。仲間に恩を感じて義理堅いのもヴァリそっくり。
グラン・トリノ」に登場する親友もイタリア系理髪師なのだからちゃんとつながっている。本作で「グラン・トリノ」の理髪店客イーストウッドの役に相当するのはイタリアマフィアのジプ役のクリストファー・ウォーケンということになる。理髪店というのは床屋談義だけでなく何かと人が裃脱いでおしゃべりしてコネクションの場になるらしい。さらにマフィアとつながりがあったとされる同じニュージャージー出身のイタリア系のフランク・シナトラの写真が飾られている。事実上、ザ・フォーシーズンズはマフィアの後押しでデビューしたことになる。
メンバーの俳優たちが交代で演じながら軽い調子でナレーションしているが、現実は結構重い。デビュー前、ヴァリが運転する車の中でキレた男がいきなり助手席に座っていた男を拳銃で殺すシーン。実はこれは手の込んだ演技で事件を伏せるからヴァリからカネを強請る魂胆だった。
一緒に強盗もしたこともある世間慣れしているリーダーのトミー(ヴィンセント・ピアッツァ)が彼らの魂胆を見破りヴァリを助けるのだが、そのトミーもデビュー後、15万ドルの借金をしていたことが明らかになる。そもそも実在のジプも高利貸で儲けていたというから、ひょっとしてひょっとな感じもする。
ことほど左様に本作は単なる大成功を収めた音楽ユニットを描いただけでなく、のし上がるまでの裏社会をかなりヴィヴィッドに描いている。成功後もカネを巡るいさかいは続くのだ。ヴァリはファルセット≒裏声が特徴なのだけれど。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:20│Comments(0)TrackBack(26)clip!洋画ジーゾ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50797516
この記事へのトラックバック
映画『ジャージー・ボーイズ』は、無形文化財的巨匠となったクリント・イーストウッド
「ジャージー・ボーイズ」:ほろ苦&ほの甘【大江戸時夫の東京温度】at 2014年09月29日 23:27
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー...
ジャージー・ボーイズ【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2014年09月30日 23:11
 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。
映画「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室【新・辛口映画館】at 2014年10月01日 12:58
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(...
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙)【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2014年10月01日 21:15
ジャージー・ボーイズJersey Boys/監督:クリント・イーストウッド/2014年/アメリカ さあ、それでは歌っていただきましょう! 丸の内ピカデリーシアター1、T-18で鑑賞。クリント・イーストウッド監督作ということで見に行きました。 もちろんミュージカル版は未見で
ジャージー・ボーイズ/人生のあれこれは、曲のあいだに起きている。【映画感想 * FRAGILE】at 2014年10月02日 11:55
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2014年10月02日 17:58
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、 1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の 結成、成功、解散、リードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる 「君...
『ジャージー・ボーイズ』【仲間が増えるといいなぁ・・・】at 2014年10月03日 18:21
恥ずかしながら音楽に合わせて身体を動かすのが苦手なわたくし。 学生の頃、地区センターのジャズダンス教室の人数が少ないからと駆り出され、数回体験参加 した際に使われていた曲が「君の瞳に恋してる」でした。 この楽曲誕生の裏にこんなドラマが…というか、この曲が「..
ジャージー・ボーイズ【映画の話でコーヒーブレイク】at 2014年10月03日 22:11
1951年、イタリア移民が多く暮らす労働者の街アメリカ・ニュージャージー州ベルヴィル。 場末の酒場で歌い、刑務所を出たり入ったりしていたトミーとニック、ファルセットボイスが地元では有名だったフランキー、そして作詞作曲の実績があったボブという、地元の4人の若者(
ジャージー・ボーイズ【象のロケット】at 2014年10月05日 08:58
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤング
ジャージー・ボーイズ【心のままに映画の風景】at 2014年10月07日 12:13
〈あらすじ〉 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃き溜めのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もない彼らだが、天性の歌 ...
ジャージー・ボーイズ (2014)【雪野一八五のシネマダイアリー】at 2014年10月07日 17:30
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
『ジャージー・ボーイズ』【時間の無駄と言わないで】at 2014年10月08日 00:42
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリスト
『ジャージー・ボーイズ』【京の昼寝〜♪】at 2014年10月08日 08:31
2014年・アメリカ/マルパソ・プロ=GKフィルムズ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Jersey Boys 監督:クリント・イーストウッド脚本:マーシャル・ブリックマン、リック・エリスミュージカ
「ジャージー・ボーイズ」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2014年10月14日 00:04
映画「ジャージー・ボーイズ」★★★★ ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、 マイケル・ロメンダ、ビンセント・ピアッツァ、 クリストファー・ウォーケン出演 クリント・イーストウッド監督、 134分 2014年9月27日日本公開 2013,日本,ポニーキャニオン (原題/原
映画「ジャージー・ボーイズ」 イーストウッド監督が何故この映画なのかは分からなかった【soramove】at 2014年10月18日 10:45
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら...
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド【西京極 紫の館】at 2014年10月18日 21:16
Jerjy Boys(viewing film) ブロードウェー・ミュージカルを
『ジャージー・ボーイズ』 職人技の冴え【Days of Books, Films】at 2014年10月23日 15:56
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
映画「ジャージー・ボーイズ」【FREE TIME】at 2014年10月26日 18:12
1960年代に一世を風靡した4人組“ザ・フォー・シーズンズ”の誕生から現代までの姿を描いた クリント・イーストウッド監督の最新作です。 公開前から楽しみにしていたのに、忙しくて最終日に駆け込みになってしまいました。 楽しい音楽と友情と主人公の男気ある姿に、胸を打
ジャージー・ボーイズ【とりあえず、コメントです】at 2014年11月01日 22:29
 60年代、世界中で人気を博した音楽グループ「フォー・シーズンズ」の結成から解散までを脚色、トニー賞を受賞したジュークボックス・ミュージカルを、名匠クリント・イーストウッド監督が映画化。 はっきり言って上手い、上手すぎる。御年84歳とは思えない、溌剌さと
[☆☆☆☆★][映画]「ジャージー・ボーイズ」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2014年11月05日 19:04
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春の
「ジャージーボーイズ」【ここなつ映画レビュー】at 2014年12月17日 12:51
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の同
『ジャージー・ボーイズ』 〜光と影が映し出す人生賛歌〜【偏愛映画自由帳】at 2015年02月11日 20:26
【概略】 ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。 ドラマ フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というくらい
ジャージー・ボーイズ【いやいやえん】at 2015年02月16日 15:17
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
また新たなイーストウッドの鮮やかな【笑う社会人の生活】at 2015年03月04日 23:44
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて〜と叫びたい不満があった。 ...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2015年03月06日 23:13
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、びっ
ジャージー・ボーイズ【のほほん便り】at 2016年03月08日 13:03