2014年12月15日

この道しかない〜安倍晋三と種田山頭火の落差

景気回復、この道しかない。」は自民党の安倍晋三首相が昨日投開票された衆院総選挙中、アベノミクスを自賛したキャッチコピー。けれど、オリジナルをたどれば首相のお膝元、山口県出身の放浪の俳人種田山頭火の、
この道しかない春の雪ふる
に行き着く。
この句は山口県・長門峡で詠んだ「草木塔・旅から旅へ」の
いま写します紅葉が散ります

あるけば草の実すわれば草の実

春が来た水音の行けるところまで

梅もどき赤くて機嫌のよい目白頬白

春寒のをなごやのをなごが一銭持つて出てくれた

さて、どちらへ行かう風がふく

この道しかない春の雪ふる

けふはここまでの草鞋をぬぐ
の中にある。
山頭火は映画「あなたへ」でもビートたけし演ずる車上狙い男が高倉健に渡した句集の作者。たけしは映画の中で「放浪と旅の違いって分かりますか?」と聞き、「目的地があるのが旅。目的地がないのが放浪。帰る場所があるのが旅。帰る場所がないのが放浪」と言っていた。ちなみに、たけしが高倉健と再会して逮捕されるのは安倍氏のお膝元のお膝元の下関市。
それにしても同じ山口県出身でも境遇も人生観も真逆な感じ。まさかアベノミクスで日本をあてもない放浪状態にさせようという“風雅”な気分で引用したのでもあるまいに。
一体、安倍首相は、同郷の俳人のこの句を知って、敢えてこの句を引用したのだろうか。それとも、知っていたが、意味を真逆に取り、無邪気に引用したのだろうか。結果、目的地も帰る場所もないトンデモない方向に日本を漂流させることにならなければいいのだけれど。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 15:59│Comments(1)TrackBack(0)clip!文化 | 映画一般

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50807902
この記事へのコメント
さすがは、山口県なんですね、あなたへとリンクしてるんですね!そして安倍晋三へ。見事ですね。今は批判されていますが、きっと後から評価される人になる。山頭火。
Posted by 地中海のネコ at 2014年12月28日 01:26