2015年06月13日

海街diary〜設定の不自然救う女優陣3

umimachi公式サイト。英題:Our Little Sister。吉田秋生原作、是枝裕和監督。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、前田旺志郎、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、池田貴史、キムラ緑子、樹木希林、中村優子。鎌倉市の、江の島に近い極楽寺にある木造の古い民家に三人娘が住む。プラス腹違いの四女すず(広瀬すず)が来て、4人姉妹って「細雪」かいな、とか。
4人の女優の豪華共演は「ペタル ダンス」以来か。鎌倉の海岸の砂浜を4人が歩くシーンで思わず連想した。
ただ全般に物語のエピソードが箱庭的調和でこじんまりし過ぎているのが気になる。小津安二郎をオマージュすればカンヌで受けると思ったとしたら大甘だろう。
その家は鍵もなく開けっぴろげ、入ることもできるが出ることも自由なのか父は15年前に仙台に出て、さらには母(大竹しのぶ)も再婚して北海道に。こともあろうに娘3人放置して両親が次々出奔って、こんな家族アリなんだろうか。普通に不用心なのに周囲の人たちも不自然に心配しない。三人も娘を産めば、余程のことがない限り、愛着もあるし、全くの音信不通にはならないと思う。三人のうち誰か一人とはコンタクト取っていていい筈だ。残された3人娘、一人や二人ぐれたってしょうがない感じがするのだけれど、三人とも健気で仲が良い。
山形県の父の葬儀に看護師の夜勤明けで遅れてやって来た長女の幸(綾瀬はるか)、いくら駆け付けて大慌てだったとしても、ショルダーバッグ肩に担いだままお焼香ってアリなんだろうか。「一応、焼香ぐらいしてあげるわよ」な感じで、先方に失礼だろう。普通、姉妹の誰かに預けてお焼香するものだろう。そもそも幸は来たくなかったから、半ば不貞腐れとも考えられなくもないが、それにしても、これはないだろう。
庭の梅の木は母が誕生した年に植えられ、梅酒造りが一家の伝統。その一家伝来の梅酒を初めて飲んだすずが簡単に酔い潰れるのはある意味メタファーなのだろうけれど、一番古い梅酒を久々にやって来た母に持たせてハイ終了って、何かあてつけっぽくないか。母の梅の木を大切にすることと母に対する態度とが合っておらず、幸の母に対する態度も曖昧だ。「おかあさんの木」は切ってはいけないが、こっちのおかあさんの木はなぜ大切にされるのか分からない。
信用金庫職員の次女佳乃(長澤まさみ)が上司坂下(加瀬亮)に付いて行く貸付先がすずの入ったサッカーチームの行き付けの食堂。店主(風吹ジュン)が幸の転勤したターミナルケアに入るというのはいかにも箱庭的というか、幕の内弁当みたいだ。元エリート都市銀行員だった坂下が鎌倉の信用金庫に転職した理由を問い、「居場所じゃないと思って」などと流行のしょーもない台詞を吐かせるのも鼻白む。それにしても加瀬、いつも短髪なのに随分髪の毛を伸ばしたものだ。
umimachi2葬式が二つもあるなんてというのも・・・。すずが連れて行く山形の山奥の高台と海が見える鎌倉の高台が「似ている」と言われても、海が見える、海がないはやはり決定的違いで、普通、似ていると思わないだろう。すずの不倫はいけないという台詞が、やはり不倫している幸に跳ね返るのは、あざとさしか残らない。死ぬと分かっていても桜が美しいと思うって、これも逆ではないか。死を前にすれば、それまで桜など興味なかった人間だってはかない美しさにうたれるものだ。
そんな本作を救っているのは、やはり4人の女優。4人並ぶと、長澤まさみが一番スタイルいい。おまけに美尻強調の四つんばいまで。広瀬すずは「あまちゃん」の能年玲奈と顔立ちも髪型もそっくり。サッカーの盛んな静岡市出身で兄もサッカーやっていたので体に染み付いたサッカープレイを披露してくれる。おまけは縁側で真っ裸で大胆に涼むシーンも。夏帆は4人の中で一番控え目だが、控え目さが却ってアクセントになっている。布団とか厚めの襦袢とか大きなバックパックとかを抱えているが、案外一番抱えているものが大きいのはこの人なのかも。監督の意図はともかく、この4人はそれぞれに魅せてくれる。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 17:43│Comments(0)TrackBack(27)clip!邦画イーエ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50819966
この記事へのトラックバック
「海街diary」を鑑賞してきました人気少女漫画家・吉田秋生の同名傑作コミックスを是枝裕和監督が映画化。鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに複雑...
劇場鑑賞「海街diary」【日々“是”精進!】at 2015年06月13日 19:51
海街diary@東宝試写室
海街diary【あーうぃ だにぇっと】at 2015年06月13日 21:24
吉田秋生著の同名コミックを是枝裕和監督が映画化した人間ドラマです。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4人が四姉妹を演じている予告編を観て これは観たい!と楽しみにしていました。 鎌倉の自然と共に映し出される四姉妹の姿がとてもいとしく感じるような優しい
海街diary【とりあえず、コメントです】at 2015年06月13日 22:29
「海街diary」は離婚して離れた父が突然他界し、残された3姉妹と腹違いの妹が4人で同じ屋根の下に暮らして家族になるまでの1年間を描いたストーリーである。今の時代離婚して再 ...
「海街diary」4人で同居した先にみた家族になるためには時間と精神的な成長が必要だという現実【オールマイティにコメンテート】at 2015年06月14日 10:48
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  
海街diary【Akira's VOICE】at 2015年06月14日 10:56
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...
海街diary【勝手に映画評】at 2015年06月14日 16:16
評価:★★★☆【3,5点】(11) 制作段階から絶対観たい映画だったその理由とは
海街diary【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2015年06月14日 18:03
映画「海街diary」を鑑賞しました。
映画「海街diary」【FREE TIME】at 2015年06月15日 00:39
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2015年06月15日 07:55
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。
「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2015年06月18日 16:34
 吉田秋生原作のコミックを、「そして父になる」の是枝裕和監督・脚本(兼編集)で映画化。鎌倉を舞台に、かつて家族を置いて家を出ていった父が残した腹違いの妹と、彼女を引き取った3姉妹との一年間の暮らしを描く。 人間描写の掘り下げに定評のある是枝監督だけに、本
[映画][☆☆☆☆★]「海街diary」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2015年06月19日 19:57
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...
海街diary【映画の話でコーヒーブレイク】at 2015年06月19日 22:36
亡くなった父の子供(異母妹)を 引き取り一緒に暮らす事になった 四姉妹の物語... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:吉田秋生
『海街diary』【cinema-days 映画な日々】at 2015年06月20日 00:05
13日のことですが、映画「海街diary」を鑑賞しました。 鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳の3姉妹。そんな彼女たちのもとに15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。 その葬儀で父とほかの女性の間に生まれた異母妹すずと対面、そこで鎌倉で自分たちと一緒...
4姉妹がそこで暮らす【笑う社会人の生活】at 2015年06月21日 09:07
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが〜〜〜い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま〜〜い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではいちばん..
幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。〜海街diary〜【ペパーミントの魔術師】at 2015年06月22日 01:53
映画『海街diary』は、もう大好きです! こういう大したことが何も起きないのに
「海街diary」:大したこと起きないのが素敵!【大江戸時夫の東京温度】at 2015年06月22日 22:39
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)...
海街diary【映画的・絵画的・音楽的】at 2015年06月23日 20:56
注・内容、台詞に触れています。『海街diary』原作 : 吉田秋生監督・脚本・編集 : 是枝裕和出演 : 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮風吹ジュン、リリー・フランキー
『海街diary』是枝裕和監督、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2015年06月25日 00:46
是枝裕和監督の作品。「そして父になる」の映画もそうだったのですね。 なんか感じたのよね。一人一人の人間の心のありようが丁寧に描写されているように 思ったのよね。 第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を 受賞した吉田秋生の人気コミック...
『海街dairy』【仲間が増えるといいなぁ・・・】at 2015年06月30日 12:11
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生のコ
奇蹟の四姉妹〜『海街diary』【真紅のthinkingdays】at 2015年06月30日 12:53
海街diary movix川口 2015/6/13 公開鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届 ...
海街diary【単館系映画と舞台】at 2015年07月01日 00:10
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 TO
『海街diary』【京の昼寝〜♪】at 2015年07月03日 08:55
Our Little Sister(viewing film) 土曜日の午後、有
『海街diary』 言葉にならないもの【Days of Books, Films】at 2015年07月03日 17:06
2015年 日本 鎌倉ある夏の朝、祖父母が遺してくれた古い日本家屋に暮らす、幸(綾瀬はるか)・佳乃(長澤まさみ)・千佳(夏帆)の三姉妹のもとに父の訃報が届きます15年前、父は家族を捨てて出て行き、母(大竹しのぶ)もその後再婚して今は札幌に暮らしており鎌倉...
映画・海街diary【読書と映画とガーデニング】at 2015年07月22日 16:15
鎌倉に住む三姉妹(長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳)のもとに、父の訃報が届く。 15年前に父は家族を捨て、その後、彼女たちの母は再婚して家を去って行った。 父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。 三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界しており、中学生の
海街diary【象のロケット】at 2015年12月15日 10:16
原作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞。の吉田秋生による漫画作品。 評判を聞いて、観てみたのですが、後で「是枝作品」と知り、大いに納得したのでした。 キャスティングが、とてもハマっていて、目の保養。そして、舞台となった
海街diary【のほほん便り】at 2015年12月27日 12:46
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり
映画評「海街diary」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2016年05月25日 10:10