2015年09月12日

天空の蜂〜なぜ撃墜しない?1

tenkuubee公式サイト。東野圭吾原作、堤幸彦監督。江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、石橋蓮司、佐藤二朗、向井理、光石研、竹中直人、やべきょうすけ、手塚とおる、永瀬匡、松島花、落合モトキ、石橋けい。「S−最後の警官−奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」に続く原発関連テロ映画。共通するのは、やはりツッコミどころを探すのが楽しみ系なこと。どうも原発テロとなると、製作陣は肩に力入りすぎるみたい。
原作に合わせて1995年8月、阪神大震災、オウム地下鉄サリン事件のほとぼりが冷めやらぬ時。自衛隊最新式大型ヘリコプター「ビッグB」が愛知県小牧市の工場で引き渡されるめでたき日。軍事機密の機なので、警戒が厳重を極めている筈なのに、ちょっと早めに来ただけという理由でヘリ設計者湯原(江口洋介)の息子たちはなんと格納庫にあるビッグBに乗り込んでしまう。で、なんで後部ハッチ開いたままなのか?「S−最後の警官」でも似たような有り得なさすぎな設定あったが、いつのまにダイナマイトだのプログラミングの改変が行われたんだろう。そもそもアマチュアのラジコン操縦者雑賀(綾野剛)があの時代に最新鋭ヘリ遠隔操作できるのなら、製作した重工会社はもっと確かな遠隔操作システム既に持っていて対応できる筈。第一、納入の引き渡し式に燃料満タンにする必要ないだろう。
で、テロリストは福井県敦賀市の新陽高速増殖炉(モデルは「常陽」ではなく「もんじゅ」みたい)の上空800メートルでホバリング、「8時間で燃料切れで落下、原子炉破壊」ということなのだけれど、?となってしまう。たまたま子供が乗っていたからまだ平仄合うものの、これはテロリスト側からは想定外。もしこんな想定外がなければ、自衛隊小松基地の戦闘機がスクランブル発進して空対空ミサイルで撃墜、空中爆破なので大きな花火が上空で放たれる程度で原子炉は無事。「とどけぇぇえ!」なんて、水戸黄門様の印籠の威光をかざす様なことしなくても済む。
―終了―

となる筈なのだが。撃墜してはいけない理由が分からない。むしろ、原子炉爆破と子供の一人の命を天秤にかけて「苦渋の決断」で撃墜すべきかという葛藤になる筈。
実際には子供を救出できたのだから躊躇する必要すらなくなっている。社会党の村山首相だから止めたとか。まさか。にしても、本作は訳あり風に当時は村山首相を強調し過ぎている風だ。
大体、高度800メートルってスカイダイビングの飛び出し高度としては低いし、追いかけても追いつけないと思うし、追いつくにも高度低すぎると思う。追いついたとしてもパラシュートで減速する暇なかったろうし。
新陽は原型炉なので原発の規模としては小さい。仮にビッグBが原子炉建屋に墜落したとしても建屋が壊れても格納容器までは壊れないだろう。回転翼って落下スピード遅いし、落下中に風に煽られるのでピンポイントで真ん中に当たる確率は低い。仮に当たったとしても、天井がドーム状なので横にはじかれて爆発するのは建屋横だろうから。大体、遠隔操作者が既に死亡しているのだからホバリング維持自体無理っぽい。
仮に格納容器破壊されても即放射能大飛散で東京まで数百年住めなくなるってのは大袈裟すぎ。まあ、設計者のコケ脅しなのが判明するのだけれど。
それにしても、時間がないのに湯原と新陽設計者の三島(本木雅弘)、あれこれやりすぎ、口論しすぎ、というのはいつものパターンか。放射能障害らしき雑賀もう死にそうなのになぜあんなに大暴れできるのか。他の商用原発の停止に応じ、なぜか新陽が停止したら「原発ゼロの実績作ってしまうンパクト大きいぞ」って、後講釈もいいところ。大体、まるでテロを事前に知っていたかのように反原発集会って。それどころじゃなくて逃げるだろう、普通は。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 17:19│Comments(0)TrackBack(22)clip!邦画ツ、テ | ★1

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50825934
この記事へのトラックバック
 映画.comさん主催「ハリウッド大作ファン限定独占試写会」に参加した。客席は満席。
【試写会】「天空の蜂」@松竹試写室【新・辛口映画館】at 2015年09月12日 21:51
巨大ヘリが乗っ取られ、原子力発電所上に停止 8時間以内の原発中止を要求 ヘリ・原発設計士が阻止にあたるが... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:東野圭吾 原作発表から20年ぶりの映画化
『天空の蜂』【cinema-days 映画な日々】at 2015年09月14日 04:20
1995年8月8日。 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”が遠隔操縦によって突然動き出し、子供を一人乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上に静止した。 犯人は“天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原発の破棄」を要求。 「従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリ
天空の蜂【象のロケット】at 2015年09月14日 08:45
天空の蜂@松竹試写室
天空の蜂【あーうぃ だにぇっと】at 2015年09月14日 12:56
元々は、20年前の1995年に東野圭吾が発表した同名の小説『天空の蜂』。その時でも、中々衝撃的内容ではありましたが、2011.3.11の東日本大震災を経て、原発事故のリアルさがより増した今、待望の映画化です。 原作を読んだ時も「これは凄い作品だな」と思いましが、東日...
天空の蜂【勝手に映画評】at 2015年09月14日 18:36
 今年は、例年と違い秋らしい9月となっております。8月には考えられなかった仕事終わりの映画館通い、良い季節となりました。では、そんな涼やかな日に観た作品はこちらになりま
天空の蜂 : スタッフ・キャストの思いが感じられる作品【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2015年09月14日 20:27
評価:★★★【3点】(11) 原作を読破した同僚の強い勧めで映画を観ることに。
天空の蜂【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2015年09月14日 21:27
今朝は、曇り空でしたが・・・・
天空の蜂【Break Time】at 2015年09月14日 21:44
「天空の蜂」を鑑賞してきました人気作家・東野圭吾が1995年に発表した同名ベストセラーを堤幸彦監督が映画化したサスペンス・アクション大作。最新鋭の巨大ヘリコプターを乗っ取り...
劇場鑑賞「天空の蜂」【日々“是”精進!】at 2015年09月15日 15:48
□作品オフィシャルサイト 「天空の蜂」□監督 堤 幸彦□脚本 楠野一郎□原作 東野圭吾□キャスト 江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野 剛、柄本 明■鑑賞日 9月13日(日)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<
『天空の蜂』【京の昼寝〜♪】at 2015年09月18日 09:00
映画『天空の蜂』は、今年やけに「攻めて」いる松竹を代表するチャレンジングな1本と
「天空の蜂」:もっと重厚さが欲しかった【大江戸時夫の東京温度】at 2015年09月20日 00:04
20年前に発表された東野圭吾著の同名小説を堤幸彦監督が映画化した作品です。 原作は未読だったので、どんな物語なのだろうと気になっていました。 社会の理不尽さに人生を狂わせた男たちの姿や、原発に関わる人々の複雑な想いと共に、 人としての家族への強い愛を感じるよう
天空の蜂【とりあえず、コメントです】at 2015年09月20日 09:59
2015年・日本 配給:松竹 監督:堤 幸彦原作:東野圭吾脚本:楠野一郎 ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した、原発テロを題材とした同名小説の映画化。監督は「20世紀少年」「イニシエーショ
「天空の蜂」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2015年09月21日 00:14
映画「天空の蜂」を鑑賞しました。
映画「天空の蜂」【FREE TIME】at 2015年09月22日 18:53
2015/09/12公開 日本 139分監督:堤幸彦出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、光石研、佐藤二朗 絶対、守り抜く―― Story:1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によ.
天空の蜂【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2015年09月22日 22:50
「天空の蜂」は1995年を舞台に当時の最新自衛隊ヘリがテロリストに奪われて原発の上空で大量の爆薬を積んだ自衛隊ヘリが子供を人質に全原発の停止及び破棄を突き付けてくるが ...
「天空の蜂」原発に爆弾を突きつけられた先にみた原発を守る難しさと1つの問題だけでは解決はないという現実【オールマイティにコメンテート】at 2015年09月23日 12:29
 『天空の蜂』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)東野圭吾氏の原作の映画化ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1995年8月8日午前7時21分。  錦重工業小牧工場で開かれる「ビッグB」納入式典に参加するために、湯原(江口洋介)とその妻・篤...
天空の蜂【映画的・絵画的・音楽的】at 2015年10月02日 06:26
 1995年8月。開発されたばかりの最新鋭巨大ヘリコプター 「ビッグB」 が 何者かによって遠隔操作され、敦賀にある原発 「新陽」 上空でホバリングを 始める。機内には、ヘリの開発者・湯原(江口洋介)の一人息子・高彦が取り残 されていた。  「本当に狂って
予言〜『天空の蜂』【真紅のthinkingdays】at 2015年10月27日 07:57
意外に見応えあって面白かった。
天空の蜂【だらだら無気力ブログ!】at 2015年11月04日 23:39
【概略】 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”を遠隔操作したテロが発生。犯人の要求は“日本全土の原発の破棄”。ヘリ設計士と原発設計士が、日本消失の危機を止めるべく奔走する。 アクションサスペンス 序盤から大人がビッグBと原子炉のことでワイワイやってるんです
天空の蜂【いやいやえん】at 2016年02月07日 09:12
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり
映画評「天空の蜂」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2016年06月26日 10:18
原作は、ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説だったのですね。堤幸彦監督が映像化。豪華キャスティングです。なるほど。だから、時代設定が、1900年代で、ラストをあのようにしたのですね。と納得したのでした。(ふと「20世紀少年」に、独自の展開とラス
天空の蜂 (2015)【のほほん便り】at 2016年08月24日 09:19