2015年09月15日

クーデター〜欧米人のホンネ東洋観3

noescape公式サイト。原題:No Escape。ジョン・エリック・ドゥードル監督。オーウェン・ウィルソン、レイク・ベル、スターリング・ジェリンズ、クレア・ギア、ピアース・ブロスナン。ベトナムと国境を接する東南アジアの架空の国のクーデターに遭遇したアメリカ人家族の脱出サスペンス。1970年代に大虐殺をしたカンボジアのクメール・ルージュをソフトにモデルにしているようで外国人ばかりか国民にも銃口が向けられている。
実際、ロータスホテルを出て新聞を買いに行こうとしたジャック(オーウェン・ウィルソン)は「毛沢東通り」に向かう。実際にカンボジアの首都プノンペンに「毛沢東通り」は実在する。そもそも毛沢東時代の中国はクメール・ルージュを支持していた。一方、ベトナムがクメール・ルージュ掃討でカンボジアに侵入した経緯がソフトに反映されているみたい。
ジャックに対して全く無表情な顔で応対する店主はその時代を微妙に象徴しているような。家族が変装してアメリカ大使館に向かう時、一人だけ感づいた知性のありそうな青年がいたが、彼も周りに同調せざるを得ない状況で流されてクーデターに参加している雰囲気があった。彼は結局見て見ぬふりしている。
noescape2首相が暗殺され、いつの間にか民衆が襲って来るシーンはなぜか同じように家族を守る物語「ワールド・ウォー Z」を連想してしまう。欧米人が東南アジアの開発途上国でクーデターに遭遇すればゾンビ集団に襲われた時と同じような得体のしれない恐怖を感じるのではないか。というよりゾンビ映画の隆盛には人口で勝る途上国への欧米人の潜在的恐怖が反映されている気がする。
そんな恐怖の前兆は金属製の風鈴が風で鳴ることで表現される。本来、風鈴は文字通り風物詩なのにこの感性の落差というか。
一方で元007ブロスナン演じるいわくありげな傷の残った謎の男、ハモンド、実は諜報部員でしたって。しかも、女性にもてることをいいことに売春宿を“秘密基地”にしていたとは、ジェームズ・ボンドらしいと言えばボンドらしい。あれは多分、タイのチェンマイをモデルにしているのだろうか。エンドクレジットを見れば、チェンマイもロケ地になっていた。相棒にケニー・ロジャースのファンがいたが、なぜか昨年アメリカのチェーン・チキンローストファーストフード店「ケニー・ロジャース・ロースター」がオープンしていた。一方、本作でもチキンローストを食べるシーンがあったが、実体はドッグローストだった。鶏頭狗肉かよ。
ハモンドの言う欧米の資本進出の手口は1990年代以降の話で1997年のアジア通貨危機はその余波だろう。欧米の金融資本は開発途上国に津波のように押し寄せたかと思えば物凄い引き波にもなり、当事国の経済を破壊する。搾取の構造は基本的に一昔前と変わっていない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 22:49│Comments(0)TrackBack(6)clip!洋画クーコ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50826085
この記事へのトラックバック
東南アジア某国へのインフラ整備支援事業のため、妻と幼い娘2人を伴い赴任したジャック。 ところがクーデターが勃発し、平和な国は一変。 「外国人を殺す。 捕虜は取らない。 皆殺しだ!」との怒号が響き渡り、政府と外国人をターゲットとした殺戮が開始された。 多くの
クーデター【象のロケット】at 2015年09月17日 01:09
これはハラハラした。
クーデター【だらだら無気力ブログ!】at 2015年09月20日 00:22
 『クーデター』を新宿バルト9で見ました。 (1)いつもお世話になっている「ふじき78」さんが、そのブログ「ふじき78の死屍累々映画日記」の8月28日の記事で「おもろいから見に行ってほしい」と述べているので、映画館に行ってきました。  これは、ちょうど4年前、『こ...
クーデター【映画的・絵画的・音楽的】at 2015年09月21日 06:09
 「デビル」のジョン・エリック・ドゥードル監督、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソン主演。海外赴任先の東南アジアで、クーデターに巻き込まれる家族の逃走劇と描く、アクションスリラー。 これは単純に面白い。多少語弊のある言い方かもしれないが、
[映画][☆☆☆★★]「クーデター」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2015年09月26日 18:06
NO ESCAPE 2015年 アメリカ 103分 アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2015/09/05) 監督: ジョン・エリック・ドゥードル 『地下に潜む怪人』 脚本: ジョン・エリック・ドゥードル 出演: オーウェン・ウィルソン:ジャック レイク・ベル:アニー ピアー...
クーデター【銀幕大帝α】at 2016年01月23日 14:23
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般     「クーデター」 原題:No Escape 監督:ジョン・エリック・ドゥードル 2015年 アメリカ映画 101分 キャスト:オーウェン・ウィルソン      レイク・ベルス      ター
クーデター【マープルのつぶやき】at 2016年08月18日 08:47