2015年09月17日

黒衣の刺客〜浜松中納言物語?5

ほんの少ししか現れない忽那汐里の夢幻のような美しさ
assasin公式サイト。台湾=香港=中国=フランス。原題:刺客聶隱娘、英題:The Assassin。ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督。スー・チー、チャン・チェン、シュー・ファンイー、妻夫木聡、忽那汐里、イーサン・ルァン。カンヌ国際映画祭監督賞受賞作。中国・唐代に暗殺者として育て上げられた女刺客隠娘=ニエ・インニャン(スー・チー)。名前から隠し子かと思ったらそうではなかったけれどやっていることは忍びの女、映像的にもこの人、現実に存在しない何かの幻なのかと思えて来る。黒衣は歌舞伎の黒子(くろこ)にも通じていそうだし。
いきなり違和感があるのはその風景。日本みたいというよりもロケが主に日本。日本のお寺でのロケも多い。植生はどう見ても日本だ。ちょうどこの逆が「魍魎の匣」で舞台は日本の筈なのに風景は明らかに中国風だった。
そして、映像の朦朧感。登場人物たちも近接から思い切りロングショットして風景の一部と化す手法が何度も行われる。この溶暗と言うより溶景。この登場人物の遠景化は、誰かの視線ではあるまいか。推測できる人物は一人しか見当たらない。
隠娘はかつての許嫁の暴君田季安(チャン・チェン)を狙うのだけれど、もう一歩で仕留められない。しかも、その格闘シーン、リアルさが感じられない。いつも隠娘は亡霊のようにすっと現れる。蝋燭灯のゆらめきの中から現れたり、本当に何か怨霊の化身なのかと思えてしまう。
その一方で、中国では見かけられそうにない白樺林での謎の仮面のもう一つの刺客との決闘。黒衣だと白樺林では却って目立つので不利、隠娘は負傷する。そもそもあの仮面の刺客の方は田季安の妻、元氏ではあるまいか。
assasin2隠娘は日本人留学青年(妻夫木聡)に治療してもらう。なぜに唐突な日本人留学生? ひょっとして夢と転生の物語「浜松中納言物語」の翻案なのかとも思ってしまう。浜松中納言物語は三島由紀夫が「豊饒の海」の下敷きにした作品。しかも、黒子が転生の徴というのも何か暗示的だ。日本に残してきた妻(忽那汐里)は大層美しい高貴な家の出のようであるし。その美しい姿ですら幻のようでもあるし。
大体、本作でも転生なのか何なのか人間関係が奇妙に朧だ。隠娘の武術の師匠嘉信(シュー・ファンイー)も双子の姉妹で、もう一人は田季安の母親で、物凄く複雑な骨肉の争いが世代を超えて行われている風。オープニングで襲ったのはひょっとして隠娘ではなく、元氏の若い時、襲われた赤子は隠娘だったりして――とか。
そして、それらややこしそうな人間関係も何も風景の中に溶け込んでしまい、隠娘も最終的に風景の中にいる留学青年と一緒になり、二人とも和漢折衷のような風景の中に溶け込んでしまう。隠娘は日本に残した美しい妻の転生なのかとさえ思えてしまう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:04│Comments(0)TrackBack(6)clip!アジア映画 | ★5

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
第68回カンヌ国際映画祭監督員賞受賞作。ホウ・シャオシェン監督作品。映像の美しいこと!こんなに美しい映像の作品は、近年ドキュメンタリー以外では観た事がない。きっと本当に8世紀の魏では人々も風景もこんな風であったのだろうと確信する。冒頭は、インニャン(スー・チ
「黒衣の刺客」【ここなつ映画レビュー】at 2015年10月02日 18:27
映画『黒衣の刺客』には全く歯が立たなかった感じ。正直言って、どんな物語で、今何が
「黒衣の刺客」:誰が何をどうしてるの?【大江戸時夫の東京温度】at 2015年10月10日 23:17
 刺客聶隱娘  THE ASSASSINS  唐代の中国。女道士の元で修業を積んでいた隠娘(舒淇)が、13年ぶりに両親 の元へ帰る。彼女は黒衣を纏い、感情を表に出さない刺客となっていた。  侯孝賢が初めて撮った武侠映画は、アート映画と言ってしまいたい
夢現武侠〜『黒衣の刺客』【真紅のthinkingdays】at 2015年10月14日 13:00
The Assassin(viewing film) ホウ・シャオシエンはなぜ武
『黒衣の刺客』 風と水のゆらぎ【Days of Books, Films】at 2015年10月15日 12:22
映画はイマイチだけど、映像美は素晴らしい。
黒衣の刺客【だらだら無気力ブログ!】at 2016年04月22日 23:26
☆☆★(5点/10点満点中) 2015年台湾=中国=香港=フランス合作映画 監督ホー・シャオシェン ネタバレあり
映画評「黒衣の刺客」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2016年07月27日 13:24