2015年11月13日

ハーモニー〜デジタル隣組社会3

harmony公式サイト。STUDIO4℃制作、伊藤計劃原作、なかむらたかし、マイケル・アリアス監督。(声優)沢城みゆき、上田麗奈、洲崎綾、榊原良子、大塚明夫、三木眞一郎、チョー、森田順平。「屍者の帝国」に続く伊藤計劃作品の映画化。プラトンの調和の概念、西田幾多郎の「善の研究」、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」などを参照したと思われる青春SFとも言うべきアニメ。
仲良し3人少女、トァン、ミァハ、キアン。その中で孤高のカリスマ、ミアハは自動健康管理システム“WATCH ME”のいつわりの調和を拒絶し、3人で自殺薬を飲む。キアンは怯えて飲むふりをして助かり、家族に通報、トアンは助かるが、ミアハは死んでしまった、のだが。“WATCH ME”を実装した人は「ターミネーター」みたいに視界がモニター画面のような仕様になり、相手の社会評価度、名前、自分の名前などが表示されており、肉体的健康のみならず精神的健康、社会的適応度が常時チェックされ、お互い分かり合えるシステムらしい。
それから13年後。WHO(世界保健機関)螺旋監察事務局螺旋監視団員(要するに原子力監視をDNA監視に置き換えたような組織)になったトァンは“WATCH ME”の圏外で生きるアラブの民とたばこ、ワインを密貿易していたことを上司に見つかり、謹慎で日本(偽りのユートピア)に帰国。イスラム教徒らしき人々がワイン持っているかなあ、というツッコミはさて置き。
harmony2すっかり社会に適応したように見えるキアンと再会する。キアンの顔にはほかの2人のようにとんがったところがなくなっていて、可愛い。社会評価度も自殺未遂経験ある割に「59」星3つと回復している様子。そんなキアンが再会祝いの食事中に突然食器のナイフで自殺。水のグラスに赤ワインをポタリとついだような死に方。ずっとミァハのことに自責の念を抱いていたことが原因のようだ。
これが実はウェルテル効果風の世界同時自殺となるのだけれど、そんなワケないだろう。“WATCH ME”システムにセキュリティホールが見つかり、別のテログループによるハッキングで意識が一斉に操作されたらしい。一番感情が揺れているキアンが感染してしまったことになる。
傷心のトァンは行方不明の父やミァハのことをもう一度探ると、ミァハが中東のチェチェン難民で8歳の時に日本に養子として育てられていたことが分かる。しかも、その少数民族の中には劣性遺伝で自意識がない人がたまにいるという。実は“WATCH ME”に完全適応した人は自意識がなくなり、まるで自動人形となり、ミァハに言わせれば「恍惚」感のみの状態になり、まるで認知症になるらしい。これは多分、恐怖状態の継続の結果の戦争恐怖症の一例をメタファーにした感じ。その真逆の日本は「平和ボケ」なんだろう。両極端を経験したミァハは落差が激し過ぎて「死んでやる」になったようだ。
国家は個々人の魂の総和であるから、個々人の魂の調和がとれていれば、国家も調和がとれるはずだ。(プラトン)
我々の意識現象には一つも孤独なる者がない、必ず他と関係の上において成立するのである。一瞬の意識でも已に単純でない、その中に複雑なる要素を含んでいる。而してこれらの要素は互に独立せるものではなくして、彼此関係上において一種の意味をもった者である。啻に一時の意識が斯の如く組織せられてあるのみではなく、一生の意識もまた斯の如き一体系である。自己とはこの全体の統一に名づけたのである(善の研究)。
“WATCH ME”は社会意識そのものを恐らくビッグデータで「他との関係において」ランキング化し、適応度を計測、いつの間にか意識そのものがランキングに適応しようとして「自分」がなくなった状態になるということらしい。それにしても、台詞による説明が多過ぎてまるで学習ビデオ見せられている感じ、何とかならなかったか。
それにしても実際に日本には健康情報が毎日溢れている。コーヒーや緑茶は癌の予防になる、内臓脂肪が云々、朝食は必ず摂りましょう、毎日○○○歩歩きましょう、薬の消費量も一人当たり世界一。血糖値、血圧、メタボ検診とかほとんど“WATCH ME”状態である。ネットに溢れるランキングもそうだろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 18:55│Comments(0)TrackBack(7)clip!アニメ邦画ターワ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50829412
この記事へのトラックバック
戦争と未知のウイルスによる大災禍(ザ・メイルストロム)によって政府が衰退し、<生府>によるWatchME(体内監視システム)で、人類があらゆるリスクから遠ざけられている高度発達医療社会。 誰もが恒久的平和を疑わない世界で、同時多発自死事件が発生する。 生府のエリ
ハーモニー【象のロケット】at 2015年11月17日 15:48
『屍者の帝国』より楽しめた。
ハーモニー【だらだら無気力ブログ!】at 2015年11月19日 00:24
【声の出演】  沢城 みゆき(霧彗トァン)  上田 麗奈 (御冷ミァハ)  洲崎 綾  (零下堂キアン)  榊原 良子 (オスカー・シュタウフェンベルク) 【ストーリー】 “大災禍”という地球規模の混乱からようやく抜け出し、その反省から世界中が極度の健康志向と平.
ハーモニー  監督/なかむらたかし、マイケル・アリアス【西京極 紫の館】at 2015年11月19日 23:29
「屍者の帝国」よりは見やすかった。ビジュアルもstoryもまだわかりやすかった。   ただ、どっかしら、エヴァンゲリオンと攻殻機動隊を足したような世界観はどうだったんだろう? 私個人的にはこういうのは好きだけれども、 どっかに既視感があったことはたしか。 ...
伊藤計劃版”人類補完計画”?〜「ハーモニー」〜【ペパーミントの魔術師】at 2015年11月30日 18:25
評価:★★★【3点】(F) 細部まで煮詰められた世界観は予想以上の説得力がある。
ハーモニー【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2015年12月06日 21:49
2009年に他界した伊藤計劃著のSF小説を映画化するプロジェクト第2弾です。 これは原作を読んでいたので、どんな映画になるのだろうと気になっていました。 かなり原作に沿ったつくりで、可愛い絵に彩られた怖い世界がスクリーンに広がっていました。
ハーモニー【とりあえず、コメントです】at 2015年12月06日 22:12
              JUGEMテーマ:邦画            零下堂キアンが霧慧トァンの前で過去の御冷ミァハへの裏切りを   告白してナイフで首を指すシーンは、ちょ
映画 『<harmony/>ハーモニー』【こみち】at 2017年03月08日 23:12