2016年02月05日

オデッセイ〜火星でもゼログラかよ2

martian公式サイト。原題:The Martian。アンディ・ウィアー原作、リドリー・スコット監督。マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー。「ゼロ・グラビティ」に続く宇宙独りぼっちもの。本作もかなり設定が飛び跳ねている。
ちょうどNASAが2018年に発射を目指すSpace Launch Systemの動画を今月公開したばかり。

半分またはそれ以上にNASAの宣伝臭い。本作の宇宙船ヘルメスとかなり似ている感じだ。その割に設定はかなりというかゼログラ並みにご都合主義。というかNASAは今頃怒っているかも。
まず火星から帰還用ロケット、火星の嵐くらいで倒れないだろう。火星の気圧は地球の0.75%くらいしかなく、いくら見た目凄い砂嵐であっても、大気そのものが薄いので威力は大したことない。むしろ、火星着陸船の太陽光パネル表面に付いた細かい埃を吹き飛ばしてくれて太陽光パネルの発電量が回復して助かったなんて話もある。念のため、緊急発射する前にテント張るみたいにロープかなんかで支えておけば十分だと思うのだけれど。あんなときに発射したら離陸した途端、却って風に煽られて発射失敗にならんのか。少なくともマーク(マット・デイモン)を生きていようが死んでいようが置き去りにする必然性感じられない。
そのしょぼくれマーク(写真↑)、へたりこむかなあ。このしょぼくれ方、地球にいる時と同じじゃないか。火星の重力、地球の38%だから座り込んでもあんまり意味ないと思う。歩き方だって重力の小ささを無視して地球を歩いているような歩き方。飛び跳ねると陽気に見えるから拙いのかなあ。マーク、ヲタク的に陽気だからそのまんまで良いと思うのだが。
予告編では酸素0.13%となっていたが、あくまで超薄い火星の大気での数値で地球レベルで言えば0.75%×0.13%だからもうないのと同じ。爆発シーンが2度あったけれど、酸素のない状態であんな派手に爆発するんだろうか。
あのジャガイモ畑ってのも、地球の2分の1の太陽光の弱さとか平均−55℃の極寒を考えれば無理でしょう。暖房すればって、そもそもマーク一人温めるだけでも大変なのに、あんな温室どう温めろと言うのだろう。同様に、予備ロケット発射地点までローバーであんな長距離を辿り着くというのも弱い太陽光パネルじゃ無理でしょ。荷物多過ぎ。人も食料も運ぶとなると、ただの探査とワケが違う。
後、ゼログラ同様、美しい米中協力。けれど、ヘルメスは地球にスイングバイしている最中で、猛烈に加速している(はやぶさ2の場合、秒速30キロ以上だったとか)時にドッキングなんて本当にできるのか?地上から打ち上げられたロケットで無理と思うのだけれど。大体、ドッキング時、既にロケットエンジン切り離していたから同期できるワケない。
そもそもヘルメス、片道1回の帰還分しか食料ないはず、それを一気に1往復半にするって、どう見ても無理っぽい。中国の補給ロケット、マーク1人分だろ。途中で片道400日以上という時間の観念が吹き飛ばされた感じになった。大体、そんな食料も燃料もあるのなら、すぐにヘルメスに知らせれば戻って助けられたかも。結局、わざと知らせないのも、隊員たちを落ち込ませないためではなく、単にそうしないとドラマチックにならないという事情じゃないのか。
ましてや、ゼログラの消火器噴射と似たようなおバカなことするって駄目なところをオマージュし過ぎ。もうちょっと丁寧に作って欲しかった。
結局、良かったのは、「程度の低い音楽の趣味」↓だったりする。


Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 17:57│Comments(0)TrackBack(36)clip!洋画オ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50835341
この記事へのトラックバック
オデッセイ@よみうりホール
オデッセイ【あーうぃ だにぇっと】at 2016年02月05日 19:01
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー・..
映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2016年02月05日 19:03
「オデッセイ」を鑑賞してきました2D字幕版を。科学的考証を駆使したリアリティあふれるサバイバル描写と常にユーモアを忘れない主人公のポジティブなキャラクターや、熱く感動的...
劇場鑑賞「オデッセイ」【日々“是”精進!】at 2016年02月05日 19:43
オデッセイThe Martian/監督:リドリー・スコット/2015年/アメリカ 秀才ポジティブ最強です。 飛行機内で鑑賞。公開は2月5日です。 あらすじ:火星でひとりきりです。 火星探索をしていたマーク(マット・デイモン)は砂嵐に遭ってギャー死ぬ。って言ってるあい
オデッセイ/火星で独りになっちゃった!【映画感想 * FRAGILE】at 2016年02月05日 21:11
火星に一人残された宇宙飛行士が科学の力で生存期間を伸ばす。NASAの全面協力を得て詳細なやり取りは現実的だ。現在の宇宙開発の現状に即した描写はリアリティに富んでいる。スペースアクションの新時代を切り開いた。是非映画館で観るべきだ。
オデッセイ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2016年02月05日 22:38
人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、猛烈な砂嵐に見舞われミッションを中止するが、撤収作業中に吹き飛ばされ行方不明になった植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)の生存が絶望視され、船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステイン
オデッセイ【心のままに映画の風景】at 2016年02月05日 23:11
 地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね〜。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人のクルーに
「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;!【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2016年02月06日 12:32
安心してください。生きてますよ。  
オデッセイ【Akira's VOICE】at 2016年02月06日 17:33
宇宙船ヘルメス号は有人火星探査ミッション<アレス3>の18日目に砂嵐に遭遇し、植物学者マーク・ワトニーが行方不明になってしまう。 必死に捜索したものの、ルイス船長ら5人は撤収を余儀なくされる。 ところがワトニーは生きていた! 砂漠からハブ(人工居住施設)に戻
オデッセイ【象のロケット】at 2016年02月06日 20:26
面白かった〜〜(*´∀`人 ♪ 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニ
映画『オデッセイ』2D字幕版 観た〜【よくばりアンテナ】at 2016年02月06日 20:35
☆・・・『オデッセイ』を観てきました。 『ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』の後追い企画ではあろうけど、面白かった。 エンドクレジットでリドリー・スコット監督と知り驚いた次第。 確かに、少なからずの男臭さがありました。 まあ、火星に置き去りになっ...
[映画『オデッセイ』を観た(短評)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2016年02月07日 08:02
「オデッセイ」観てきました。 公式HP 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、...
オデッセイ 〜 火星でD.I.Y.【まぜごはん】at 2016年02月07日 08:04
評価:★★★★【4点】(11) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が
オデッセイ【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2016年02月07日 09:52
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミ...
オデッセイ / The Martian【勝手に映画評】at 2016年02月07日 17:12
注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・
"火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ、クリステン・ウィグ、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2016年02月07日 18:43
 アメリカ  SF&アドベンチャー  監督:リドリー・スコット  出演:マット・デイモン      ジェシカ・チャステイン      クリステン・ウィグ       ジェフ・ ...
オデッセイ【風情☭の不安多事な冒険 Part.5】at 2016年02月07日 20:43
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:25の回を鑑賞。
『オデッセイ』('16初鑑賞14・劇場)【みはいる・BのB】at 2016年02月11日 13:23
今日は、若干 北風が有ったものの・・・
オデッセイ【Break Time】at 2016年02月11日 21:02
【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、...
オデッセイ【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2016年02月12日 23:16
監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォ...
オデッセイ(2D 字幕版)【タケヤと愉快な仲間達】at 2016年02月13日 06:26
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オッデセイ」 原題:Martian 監督:リドリー・スコット 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:マット・デイモン      ジェスカ・チャスティン      クリステン・ウィグ      ジェフ・ダニエルズ    
オデッセイ【マープルのつぶやき】at 2016年02月13日 09:43
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻き
映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし【ディレクターの目線blog@FC2】at 2016年02月13日 11:44
映画『オデッセイ』は、2時間22分なのに4時間ぐらいに感じられました。それだけ主
「オデッセイ」:文系はサバイバルできない【大江戸時夫の東京温度】at 2016年02月13日 23:24
 アンディ・ウィアー原作の小説「火星の人」を、「エイリアン」のリドリー・スコット監督、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のマット・デイモン主演で映画化。不慮の事故により、火星に一人残された宇宙飛行士が、生き残るべく科学と知識を駆使して奮闘する、SF
[映画][2016年の映画][☆☆☆★★]「オデッセイ」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2016年02月14日 18:17
【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、...
オデッセイ  監督/リドリー・スコット【西京極 紫の館】at 2016年02月14日 22:53
 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マット
スターマン/火星の人〜『オデッセイ』【真紅のthinkingdays】at 2016年02月16日 21:25
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせるの
映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説【グドすぴBlog】at 2016年02月19日 03:20
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し...
オデッセイ【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年02月19日 06:21
「オデッセイ」火星に置き去りにされた男が奇跡的に生還して、自分を見殺しにした仲間と関係者に復讐する話かと思ってた。見たら全然違ってた。同時期に予告が流れてた「レヴェナント」と混じっちゃったかな。でもその方がドラマチックだったかもw ひたすら前向きな
映画「オデッセイ(IMAX3D)」感想【帰ってきた二次元に愛をこめて☆】at 2016年02月21日 22:14
映画「オデッセイ」を鑑賞しました。
映画「オデッセイ」【FREE TIME】at 2016年02月22日 00:52
もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プロ根
「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2016年02月22日 09:05
事故で一人、火星に取り残された 宇宙飛行士が、持ち前の知識と体力で 生き延び、地球に生還する迄のサバイバルを描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:The Martian
『オデッセイ』【cinema-days 映画な日々】at 2016年02月29日 03:19
10日のことですが、映画「オデッセイ」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて 火星での有人探査の最中嵐に巻き込まれたワトニー 仲間たちは緊急事態を脱するため死亡したと推測されるワトニーを置いて火星を去る しかし 奇跡的に死を免れたワトニーは水も通信手段もなく食料は31...
火星にて1人、生き残るには【笑う社会人の生活】at 2016年04月09日 00:24
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら、
「オデッセイ」【ここなつ映画レビュー】at 2016年04月13日 12:24
THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: アンディ・ウィアー『火星の人』 出演: マット・デイモン:マーク・ワトニー ジ
オデッセイ【銀幕大帝α】at 2016年06月23日 21:31
映画「オデッセイ」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『オデッセイ 』予告編 あらすじは嵐の ...
映画「オデッセイ」レビュー(火星よ、植物学者を舐めるなよ!)【翼のインサイト競馬予想】at 2017年01月02日 10:00