2016年02月06日

ブラック・スキャンダル3

信仰とマフィアの複雑すぎる関係
blackmass公式サイト。原題:Black Mass。ディック・レイア / ジェラード・オニール原作、スコット・クーパー監督。ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス、ケヴィン・ベーコン、ピーター・サースガード、ジュリアンヌ・ニコルソン、ダコタ・ジョンソン。実話に基づく。
原題の意味は黒ミサ
ローマ・カトリック教会に反発するサタン崇拝者の儀式。
。アイリッシュ・マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)が母の教会での葬式で正式には列席できず、後方にたたずんでいる姿(写真↑)はまさにサタンのよう。ちなみにMassって、舞台のボストンがあるマサチューセッツ州のMassachusettsを掛けているのかも。
同じボストンでイタリア系マフィアとの抗争が描かれるが、これはまたカトリック対反カトリックの図式にもなっていそうだ。イタリア系マフィアはほぼカトリック教徒らしい。あのゴッドファーザーだってイタリアマフィアのボスの意味だが、本来はカトリックでの洗礼時の名付け親という意味。最近、「マフィアは破門する」と法王、3歳児犠牲のイタリア南部を訪問(AFP)
フランシスコ法王は信者らを前に、マフィアは「悪魔を崇拝し、公益をさげすむ者たちだ。このような悪は叩きのめし、追放せねばならない」と糾弾。「マフィアのように悪の道を歩む者たちは、神に属すことはない。彼らは破門される」と述べた。
とされるが、破門するということは、彼らがカトリック教徒の証でもある。
対してアイルランド国教会はカトリックから独立した教会。アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの祝日のパレードが描かれ、弟のマサチューセッツ州上院議員ビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)が晴れがましく手を振っている。ちなみにこのビリーことウィリアム・バルガーはマサチューセッツ州上院議長としては在位最長記録保持者なのだそうだ。そもそも前任の議長も財物強要の罪で起訴されていたというからビリーだけが必ずしも悪徳政治家というワケでもなさそうなのだから恐れ入る。
不思議なことにビリー自身、ローマカトリック教徒なのだそうな。そして、本作でもホワイティが武器供与したとして描かれるIRA、実はアイルランドでは差別されているとされるカトリック系の武装組織だそうな。こうなると腸捻転起こしている感じしかしない。
むしろ腸捻転起こしている分、倫理も腸捻転起こしている気配で、ホワイティは悪党というよりもほとんどサイコパスとして描かれている。もはや仲間がどうのこうのという義理人情状態ではなさそう。なら兄弟同士だって腸捻転状態になっても不思議じゃない。
ビリーはまだまともというか、まともだったのだろう。けれど、こんな兄だと、そりゃあ、悪徳FBI捜査官ジョン・コノリー(ジョエル・エドガートン)とつるむだろうなあ、とか。そもそもアメリカの州レベルの政治家や警察官というのはこんなものなのだろうかと思えて来る。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:06│Comments(0)TrackBack(16)clip!洋画ブーボ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50835488
この記事へのトラックバック
ブラック・スキャンダル@ワーナーブラザース映画試写室
ブラック・スキャンダル【あーうぃ だにぇっと】at 2016年02月06日 22:05
映画『ブラック・スキャンダル』は、『ラスベガスをやっつけろ』以来久々のジョニー・
「ブラック・スキャンダル」:重苦しいがコクは無い【大江戸時夫の東京温度】at 2016年02月07日 00:10
「ブラック・スキャンダル」を鑑賞してきましたジョニー・デップが、FBIの最重要指名手配犯となった実在する伝説のギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを体当たり...
劇場鑑賞「ブラック・スキャンダル」【日々“是”精進!】at 2016年02月07日 06:49
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブラック・スキャンダル」 原題:Black Macs 監督:スコット・クーパー 2015年 アメリカ映画 123分 R15+ キャスト:ジョニー・デップ      ジョエル・エドガートン      ベネディクト・カンバーバッ
ブラック・スキャンダル【マープルのつぶやき】at 2016年02月07日 07:30
評価:★★★★【4点】(11) ジョニー・デップの普通の人間役でやっとまともな
ブラック・スキャンダル【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2016年02月07日 10:35
地縁・血縁とはかように濃いものなのか。アメリカで1975年〜1990年代にかけて実際にあった物語。南ボストンの「サウシー」で生まれ育った3人が…一組の兄弟とその弟の友人とが…、兄は裏社会のボス、弟は議員、弟の友人はFBI局員へと成長し、綾なす関係性の中で生きて行く
「ブラック・スキャンダル」【ここなつ映画レビュー】at 2016年02月08日 12:59
1975年、アメリカ東海岸のサウスボストン(通称サウシー)。 アイルランド系移民のギャング、ジェームズ・バルジャーは、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げていた。 マフィア浄化に取り組むFBI組織内でのし上がるため、捜査官ジョン・コノリーは、バルジャーに情報協定を
ブラック・スキャンダル【象のロケット】at 2016年02月08日 16:54
 ブラモさん主催の試写会に参加した。客入りは8〜9割位。
「ブラック・スキャンダル」@新宿明治安田生命ホール【新・辛口映画館】at 2016年02月08日 19:54
仲良しが全く別々の職業について、誰かが誰かを助けるってのは 「スリーパーズ」だったかな?昔みたことがあって、 勝手ながらそういうのを想像して見に行ったんですが。 あちゃ〜やっぱりブラックな話でしたね。 これが伊坂幸太郎×中村監督だったら最後までジョニデ...
ハゲ面でもキャージョニーだったよ。(*^_^*)・・・・・怖かったけどね。〜「ブラック・スキャンダル」〜【ペパーミントの魔術師】at 2016年02月09日 13:11
1970年代、サウスボストン。 アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)は、イタリア系マフィアと激しい抗争を繰り広げていた。 一方、弟のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)は、州の有力政治
ブラック・スキャンダル【心のままに映画の風景】at 2016年02月12日 00:39
 BLACK MASS  1975年、南ボストン。この街で育ったジェームズ・バルジャー(ジョニー・デ ップ)は地元を牛耳るギャングのボス、弟のビリー・バルジャー(ベネディクト・ カンバーバッチ)は州選出の議員となっていた。そんな時、彼らの幼馴染ジョ ン・コ
黒い悪夢〜『ブラック・スキャンダル』【真紅のthinkingdays】at 2016年02月12日 12:56
映画「ブラック・スキャンダル」を鑑賞しました。
映画「ブラック・スキャンダル」【FREE TIME】at 2016年02月15日 00:49
 「クレイジー・ハート」のスコット・クーパー監督、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップ主演。ディック・レイアとジェラード・オニールの「Black Mass: The True Story of an Unholy Alliance Between the FBI and the Irish Mob」を原作に、30
[映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「ブラック・スキャンダル」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2016年02月29日 18:32
 『ブラック・スキャンダル』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ジョニー・デップの久しぶりの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、米国麻薬取締局(DEA)のオルセンがウィークス〔バルジャー(ジョニー・デップ)の部下だった男:ジェ...
ブラック・スキャンダル【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年03月04日 06:40
実話をもとにギャングのボスとFBI捜査官との史上最悪の汚職事件を描いたサスペンスです。 予告編を観て、ジョニー・デップが怖そうだなあと気になっていました。 人を恐怖と策略で服従させていく主人公の生き様に、予想以上に迫力のある怖さを感じる作品でした。
ブラック・スキャンダル【とりあえず、コメントです】at 2016年03月06日 14:32
30日のことですが、映画「ブラック・スキャンダル」を鑑賞しました。 1970年代、サウス・ボストン FBIのコナリーはアイルランド系マフィアのボス ホワイティに手を組みイタリア系マフィアを排除しようと持ちかける。 両者の連携によりイタリア系マフィアの勢力は弱まる...
FBIとギャングの密約の果て・・・【笑う社会人の生活】at 2016年03月31日 10:27