2016年02月12日

キャロル〜←クリスマス2

carol公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー、サラ・ポールソン。レズビアンがテーマと思ったら意外にタイトル通り「クリスマス・キャロル」をベースしている感じ。レズビアンは元来、キリスト教では罪とされているだけに意味深だ。
クリスマス・キャロルに出て来る3人の精霊って、第一の精霊=過去=リンジー(ハイム姉妹)、第二の精霊=現在=テレーズ(ルーニー・マーラ)、第三の精霊=未来=アビー(サラ・ポールソン)なのだ。1952年のキャロル(ケイト・ブランシェット)にとっては、3人とも現実の憂さを晴らす精霊=レズだ。
そもそもオープニングからクリスマスを控えてイブを誰とどこで過ごすかという至極ありふれた問題で進む。キャロルは既に夫のハージ(カイル・チャンドラー)と離婚、娘のリンジーの親権を誰が引き受けるかどうかで争っている最中。
写真家志望でデパート店員のテレーズはクリスマスセールにサンタの帽子をかぶるのにためらいがちで上司に注意される。彼女もまた同調圧力が嫌いでここを自分の居場所と思っていないことが分かる。彼女がピアノ演奏するシーンがあるが、好きなアルバムはビリー・ホリデー。この人もバイセクシャルだったという。
キャロルはテレーズに売り場で出会い、多分意図的に手袋を忘れて去る。それにしても買った玩具が鉄道模型で列車がループして動くもの。この玩具、少年用と思うのだが、本作のループぶりを反映しているような。実際、オープニングはラスト近くでアングルを変えて繰り返されているし。
ただ、この2人の間で濃い特有の熱を感じない。ケイト・ブランシェットが目でそれを表現してもあまり伝わって来ない。ルーニー・マーラも熱さを感じないまま、何となく引っ付いちゃった感じの印象しかない。やっぱり、人と精霊とでは現実的ではなく熱くなれないのか。裁判でキャロルのモラルの問題が言い募られるが、社会的問題として同性愛を前面に出すとどうしても、愛そのものの熱さがなくなる。
それに比べて同じレズビアンでも「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥ、アデル・エグザルコプロスのコンビの熱さは太陽の如くキラキラ灼熱していた。まあ、「ブルー」は同じ若い者同志だったし、階級差とという問題も熱い時は無関係だったから。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 22:29│Comments(0)TrackBack(14)clip!洋画キ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50835845
この記事へのトラックバック
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな...
映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 !【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2016年02月12日 23:12
キャロル@ユーロライブ
キャロル【あーうぃ だにぇっと】at 2016年02月13日 07:34
 「太陽がいっぱい」「殺意の迷宮」などで知られる作家パトリシア・ハイスミスの小説を基にしたラブロマンス。同性ながらも強く惹(ひ)かれ合う女性たちに待ち受ける運命を追い ...
〔劇場鑑賞〕キャロル【ジャスターの部屋】at 2016年02月13日 18:25
1952年、ニューヨーク。 高級百貨店の女性アルバイト店員テレーズは、密かに写真家に憧れているが、恋人からは結婚を迫られていた。 ある日、売り場にキャロルというエレガントな女性が、6歳の娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れる。 ひょんなことから、テレーズはキ
キャロル【象のロケット】at 2016年02月14日 00:09
【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。...
キャロル【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2016年02月14日 23:02
評価:★★★☆【3.5点】(P) 同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^;
キャロル【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2016年02月16日 22:55
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。
『キャロル』('16初鑑賞15・劇場)【みはいる・BのB】at 2016年02月19日 20:55
映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の
「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど【大江戸時夫の東京温度】at 2016年02月20日 22:38
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195
『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他【映画雑記・COLOR of CINEMA】at 2016年02月21日 05:24
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに誘
キャロル【心のままに映画の風景】at 2016年02月23日 14:52
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ...
キャロル【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年03月01日 18:51
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブランシ
私の天使〜『キャロル』【真紅のthinkingdays】at 2016年03月07日 21:03
Carol(viewing film) 1950年代のニューヨークを舞台に二人の
『キャロル』 1950年代と今日性と【Days of Books, Films】at 2016年03月08日 11:51
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな...
運命の恋、それは【笑う社会人の生活】at 2016年03月23日 22:37