2016年02月13日

ドラゴン・ブレイド3

カンフーvs.グラディエーター
dragonblade公式サイト。中国=香港、原題:天将雄師、英題:Dragon Blade。ジャッキー・チェン製作総指揮・主演、ダニエル・リー監督・脚本。ジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディ、リン・ポン、チェ・シウォン、シャオ・ヤン、ジョゼフ・リュウ・ウエイト、ウィリアム・フォン、シャーニー・ヴィンソン。「ライジング・ドラゴン」に続くジャッキー・チェン“愛国映画”。舞台は紀元前50年の前漢時代、ローマ帝国軍というヨーロッパに中国が初めて侵略されたというのがミソ。
フン族出身の西域警備隊長フォ(ジャッキー・チェン)は「戦わないで済む」道を探り、ローマ帝国黒鷲軍団率いるルシウス将軍(ジョン・キューザック)は「平和なんて夢だ」。そもそも黒鷲って暗にアメリカ合衆国の国章である鷲を意識してまいか。この時点でローマ帝国=欧米=侵略、中国=平和交易と高らかに宣言している。シルクロードが舞台というのも、何気にか、最近中国が打ち出した一帯一路構想と軌を一にしている感じだ。もっとも、フン族(匈奴)って西進し、ゲルマン民族大移動、西ローマ帝国崩壊に影響を与えた筈で結局、お互い侵略しあいだったとしか言いようがないのだけれど。
たまたま砂嵐で戦いを中止し、フォとルシウスが仲良くなって砦修復に助け合うのだけれど、最近妙に砂嵐づいている。「オデッセイ」だって砂嵐で物語が起動したし。
dragonblade2ルシウスが守るクラッススの子供、プブリウス(ジョゼフ・リュウ・ウエイト)が高らかにローマ帝国賛歌を歌う時のフォの複雑な表情ときたら。「やっぱりヤバイかも」とか。そもそもプブリウス幼くして盲目なので逆にローマ帝国の“本音”が純粋に保存されているような存在としているような。
そして真の悪が登場する。ティベリウス(エイドリアン・ブロディ)。「シルクロード全部ローマ帝国のものにする」。ここは「良いローマ人」、「悪いローマ人」という仕分けをします、なのだろうか。まあ、その後はアヘン戦争で本当にやられちゃうのだから言い分は理解できる。
もちろん、他のチェン映画でお馴染みの舞踊風格闘は健在。ただ、チェンも年齢を重ね、それほど派手なアクションでもなかった。対するルシウスやティベリウスはグラディエーターみたいで剣でチェンを圧倒する。ローマ軍の最新鋭ファランクスに対抗するのだけれど、ローマ軍から学んだ兵法もいち早く取り入れて対抗するのも今と同じな感じが。
ラストで、その後、ローマ人の残党は皇帝から土地を与えられて驪靬と名付けられたと締めくくられる。そこの住民はヨーロッパ人のような顔だちをしているという。本当にローマ人の子孫かどうかはよく分からないそうだが。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:40│Comments(0)TrackBack(5)clip!アジア映画 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50835894
この記事へのトラックバック
紀元前50年、前漢時代の中国。 シルクロード国境付近の防衛と治安維持を行う西域警備隊の隊長フォ・アンとその部下たちは、陰謀によって辺境の雁門関送りとなり、囚人たちと一緒に砦の修復作業に従事することに。 ところが数日後、砂漠の彼方からローマ帝国軍が現れる。 
ドラゴン・ブレイド【象のロケット】at 2016年02月14日 00:29
ジャッキー・チェン主演のローマvs.中国映画。 時代劇だからなのかジャッキーお化粧濃いっすね。 格好イイけど。 「ポリス・ストーリー レジェンド」から2年経って一段と動けな ...
『ドラゴン・ブレイド』【時間の無駄と言わないで】at 2016年02月14日 15:56
設定と脚本がちょっと酷いな。
ドラゴン・ブレイド【だらだら無気力ブログ!】at 2016年02月27日 21:22
鑑賞している間中、私はずっと腹が立って仕方なかった。こんなに面白い作品を、どうしてガンガン宣伝して上映館数を増やさないのだろう?TO◯Oシネマズなんて上映2週間で打ち切りだ。どうしてこの作品を文科省推薦にしないのだろう?私が中学校の社会の教師なら、特別授業と
「ドラゴン・ブレイド」【ここなつ映画レビュー】at 2016年03月08日 13:09
シルクロードの警備隊長が ローマ軍の将軍と友情を育み 宿敵と対決する... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 英題:Dragon Blade
『ドラゴン・ブレイド』【cinema-days 映画な日々】at 2016年03月14日 01:15