2016年02月22日

ディーパンの闘い〜移民の中でも少数派3

dheepan公式サイト。フランス映画。原題:Dheepan。ジャック・オーディアール監督。アントニーターサン・ジェスターサン、カレアスワリ・スリニバサン、カラウタヤニ・ヴィナシタンビ、ヴァンサン・ロティエ、マルク・ジンガ。カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。スリランカ内戦で妻子を失ったタミル・イーラム解放のトラ元戦士ディーパン(アントニーターサン・ジェスターサン)が偽の妻子を調達して、フランスに移住する。
本作ではタミル人の信仰対象、ヒンドゥー教の神のガネーシャに祈りを捧げるシーンがあり、実際のインド象も象徴的に出て来る。ガネーシャ 象頭の由来
シヴァは、投げ捨てたガネーシャの頭を探しに西に向かって旅に出かけるが、見つけることができなかった。そこで旅の最初に出会った象の首を切り落として持ち帰り、ガネーシャの頭として取り付け復活させた。
という逸話から類推すると、失った妻子の代わりの偽の妻子を象頭に例えているフシがある。ガネーシャ自身は障害を取り去り、また財産をもたらすと言われており、ディーパンにとって、フランス移住は障害を取り去り、財産をもたらすと希望を膨らませていた筈だった。そうだとすれば、いかにもヨーロッパ人から見たステレオタイプな類型的解釈かもしれないが。
ディーパンも妻役のヤリニ(カレアスワリ・スリニバサン)もフランス語を話せず、娘役の孤児イラヤル(カラウタヤニ・ヴィナシタンビ)が片言のフランス語を話せる程度。この娘役の女優カラウタヤニ・ヴィナシタンビが物凄く可愛い。20年近く前、スリランカ旅行したことあるが、そう言えば道路のヤシの木にたたずんでいた娘さんも可愛かった。およそインド系の娘さんは例外なく可愛い。ブス子ちゃんはそもそも存在しないのだ。
彼らが連れていかれたパリ近郊のアパートでディーパンは管理人として住み込むのだけれど、ヤリニは月500ユーロでアパート内に住む認知症の男性を世話することに。
この額が相場的に額が高いか低いか知らないけれど、問題はその息子のブラヒム(ヴァンサン・ロティエ)。いかにもいわくありげな陰のある表情、踵にはフランスで累犯者に付けられるというGPS機能付きの携帯監視装置。名前からするとアルジェリア系らしく、ドラッグのディーラー。察するに認知症の親戚を世話するために仮釈放されているぽい。ヤリニの料理が気に入り、チップもふんだんに上げていて、実はいい人ぽい。もちろん、麻薬で金儲けしてそれくらい出せる余裕あるのだろうけれど。
もう一人、ディーパンに職を斡旋したアフリカ系のユスフ(マルク・ジンガ)。この人も人の好さそうな人だ。というか、この人の場合、純粋にいい人なんだろう。
なのにこのアパートはなぜかきな臭さが立ち込めている。住民のほとんどは移民らしい。多分、フランス旧植民地の移民が多く、元イギリス領のスリランカ人はむしろここでもマイナリティだろう。ヤリニはイギリスに縁戚者がいると言っているから素直にイギリスにわたっても良さそうなものだが、イギリスにはスリランカ系移民が多く、“敵”のシンハラ人も多いからだろうか。もう戦うのに疲れ切っているディーパンだから、そういう考えも納得できる。本当はディーパンもイギリスに移住したかったことがラストでも明かされているようなのだが。
ところが避けていた筈のものが当のアパートで起きる。正直、なぜこうなるのかよく分からない。ブラヒムが何か悪いことしたのなら、警察がすかさずやって来る筈なのだが。ディーパンがスリランカの時と同じく“No Fire Line”を石灰で描いたからといってディーパンが嫌われる理由としてイマイチだ。まさかあの石灰の中に麻薬が混ぜられていたのかとか。
一体、最後に銃撃戦というのは、実のところ敵が分からない。やっと警察がやって来てブラヒムは殺されたということか。ひょっとしてフランス語が一番うまい娘のイラヤルが通報したのか。そうなるとまさに悲劇の上塗りだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:35│Comments(0)TrackBack(7)clip!洋画ディ〜ド | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50836449
この記事へのトラックバック
JUGEMテーマ:洋画 「ディーパンの闘い」 原題:Dheepan 監督:ジャック・オーディアール 2015年 フランス映画 115分 キャスト:アントニーターサン・ジェマターサン      カレアスワリ・スリニバサン      カラウタニ・ビサシタビ    
ディーパンの闘い【マープルのつぶやき】at 2016年02月23日 08:21
内戦が続くスリランカの難民キャンプ。 単身よりも海外への移住許可が下りやすいため、元兵士のディーパン、若い女ヤリニ、両親を亡くした少女イラヤルの3人は、偽装家族となって出国した。 何とか難民審査をパスした彼らは、フランス・パリ郊外の集合住宅に住むことに。 
ディーパンの闘い【象のロケット】at 2016年02月24日 13:47
Dheepan(viewing film) 『ディーパンの闘い(原題:Dheep
『ディーパンの闘い』 郊外の戦争【Days of Books, Films】at 2016年02月24日 15:32
 フランス映画『ディーパンの闘い』を日比谷のTOHOシネマズ・シャンテで見ました。 (1)本年度カンヌ国際映画祭(注1)でパルムドール(最高賞)を受賞した作品(注2)だというので映画館に行ってきました。  本作(注3)の冒頭の舞台は、スリランカのジャングルの中。...
ディーパンの闘い【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年03月08日 06:11
昨年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したヒューマンドラマです。 予告編を観て、主人公にどんな闘いが待っているのだろうと、ずっと気になっていました。 ようやく観ることが出来た作品には、無残な内戦と一筋縄では行かない生活の様子が描かれていました。
ディーパンの闘い【とりあえず、コメントです】at 2016年03月19日 10:05
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。内戦により国を追われたスリランカ人が移民先の地で暮らしていく様を描いた力作。スリランカでの内戦の爪跡、フランスでの移民問題だけでなく、「家族」の在り方も描いている。そしてそう、闘いはどこの地でも起こり得る、ということ
「ディーパンの闘い」【ここなつ映画レビュー】at 2016年04月11日 18:22
23日のことですが、映画「ディーパンの闘い」を鑑賞しました。 ディーパンは兵士としてスリランカ内戦で戦うが妻子を失い失意の底にいた ヤリニは移住許可を取るべく孤児の少女を探し当てる 3人は偽装家族としてパリ郊外の集合団地で暮らし始め、徐々にささやかな幸せ...
ディーパンは家族のために・・・【笑う社会人の生活】at 2016年04月21日 00:10