2016年03月13日

家族はつらいよ〜「憲」が平和を守る?3

kazotsura公式サイト。山田洋次監督。橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、中嶋朋子、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、中村鷹之資、丸山歩夢、笹野高史、木場勝己、徳永ゆうき、笑福亭鶴瓶。タイトル通り、「東京家族」のフォーマットをそのまま使い、「男はつらいよ」と結びつけた。プラス「小さいおうち」とも面子が重なる。
泰蔵(林家正蔵)自称ン十万円の実売価格1万円の皿が割れるように離婚届が妻富子(吉行和子)から夫周造(橋爪功)に突き付けられる。別に何か特別な理由があったわけではない。何かが壊れて一緒にいるのが嫌になった。強いて言えば、周造が帰宅して脱ぎ捨てる衣服を拾う富子の疲労蓄積、勤続疲労だろうか。夫の本当の価値が突然暴落した。ま、そりゃそうだろう。
それにしても、この夫婦と長男夫婦の幸之助(西村雅彦)と史枝(夏川結衣)が瓜二つ。やがて長男夫婦にも将来、同じことが起こりうることが予想される。
夫婦円満なのは意外と夫が頼りない成子(中嶋朋子)夫婦。その頼りない泰蔵が一番周造に強気で、探偵沼田(小林稔侍)を使って“証拠”を掴むのだけれど沼田(小林稔侍)は役名も演技者もそのまんま「東京家族」から平行移動している。まあ、周造だって幸之助だって最初の漢字は引き継いでいる。憲子(蒼井優)も紀子で読み方が同じ。まさに平行世界だ。
そう言えば、家のある場所もつくし野からより東京に近い青葉台へ同じ東急田園都市線沿線で平行移動だ。青葉台駅は今年で開業50周年なのでこの老夫婦の結婚期間と合ったからだろうか。ちなみに街並みを生き生き描写するためエキストラがきめ細かに使われている。カートを押して歩く老婦人が二度登場したり、普通、背景を通り過ぎるだけのエキストラが前に出て来ることもある。お菓子屋さんのシーンはエキストラの女の子がスクリーンいっぱいで出て来る。
ただ、平行世界を忘れてしまえば、ドタバタ家族劇だ。だが忘れろ、と言っても、やはり「東京物語」から延々引き継いでいる紀子→憲子の果たす役割。やはりここでも一番気遣いがあり、それどころか周造のピンチを肉体的にも精神的にも助けている出来過ぎた女性。自転車乗り回すのも同じ。そのためか、観る側はかなり安心感を湛えていられる。
ところで、なぜ紀元節の「紀」ではなく、「憲子」なのだろうか。憲法改正反対、争い事は話し合い、「言葉」で解決、という監督の思いが込められているのだろうか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 18:55│Comments(0)TrackBack(9)clip!邦画カ〜ナ行 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50837667
この記事へのトラックバック
評価:★★★★【4点】(11) 普段ほとんど観ないジャンルの作品を観る気にさせたのは
家族はつらいよ【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2016年03月13日 19:54
 試写会の客入りは8割位。
「家族はつらいよ」@一ツ橋ホール【新・辛口映画館】at 2016年03月13日 22:01
結婚50年を迎えようとする夫婦。 たまには妻に誕生日のプレゼントでも買ってやろうかと夫が欲しいものを聞いてみると、妻の答えはなんと…「離婚届」! 一家に突然降りかかる、まさかの“熟年離婚”騒動に、子供たちは大慌て。 さらに、離婚騒動を解決しようと開かれた家
家族はつらいよ【象のロケット】at 2016年03月15日 09:51
すべての世代が楽しめる貴重な映画!  
家族はつらいよ【Akira's VOICE】at 2016年03月17日 17:37
2016・年日本 配給:松竹 監督:山田洋次 脚本:山田洋次、平松恵美子 音楽:久石譲タイトルデザイン:横尾忠則 名匠・山田洋次監督による、久しぶりのコメディ作品。山田監督の「東京家族」で一家を演じた
「家族はつらいよ」【お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法】at 2016年03月20日 12:36
山田監督のセルフパロディーもたくさん出てくるし、登場人物が過去に演じた役柄や俳優自身へのパロディーもある。映画が好きな人なら最初から最後まで笑いっぱなしで、エンディングで少しさわやかな涙が出る。気持ちがいい映画だった。
家族はつらいよ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2016年03月20日 23:15
 『家族はつらいよ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)山田洋次監督作品ということで映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、平田家。  電話が鳴って、飼い犬のトトが廊下をうろつき、長男・幸之助(西村雅彦)の嫁・史枝(夏川結衣)が電話に出ます。  「平田...
家族はつらいよ【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年03月23日 21:11
映画『家族はつらいよ』は、山田洋次監督の『東京家族』の人物設定を借りたコメディ。
「家族はつらいよ」:笑いのツボがはずれてて【大江戸時夫の東京温度】at 2016年03月23日 23:22
長年連れ添って来た妻から 離婚届を突き付けられた父 両親の離婚の危機に戸惑う子供ら... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 山田洋次監督の21年ぶり喜劇映画
『家族はつらいよ』【cinema-days 映画な日々】at 2016年04月11日 07:38