2016年04月15日

スポットライト 世紀のスクープ3

本当の主演はリーヴ・シュレイバー
spotlight公式サイト。トム・マッカーシー監督。マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、スタンリー・トゥッチ、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ジェイミー・シェリダン、ビリー・クラダップ、ニール・ハフ、ポール・ギルフォイル。カトリック教会の性的虐待事件が明らかになるきっかけを作ったボストン・グローブ紙の調査報道を描いた実話。今年の米アカデミー賞作品賞受賞作品。
「スポットライト」はグローブ紙の調査報道ページ名。普段はコラム的な調査記事らしいが、大事になるとスクープになる。2001年にバロン(リーヴ・シュレイバー)を編集局長に迎え、スポットライト班に静かなる喝を入れる。本作のシュレイバーは本当に渋く、静かに調査班の面々を食っている。アカデミー賞助演男優賞にノミネートされるべきだったのはマーク・ラファロよりむしろシュレイバーだろう。
独身でいつも編集室に静かに座っているシーンが多く、「会社で寝泊まりしているらしい」と噂が出るほど。しかし、スクリーンの周縁に配置されながら全体を掌握している気配を感じさせる。9.11同時多発テロで航空機が最初にワールド・トレードセンターに突っ込んだ時、まだ事故か事件か分からない段階で「記者全員を緊急招集しろ」と静かに命じる。
そもそもカトリック神父の性的虐待の奥の深さを見抜いたのも就任早々のバロンだ。ベテランのロビー(マイケル・キートン)も過去に班長として情報をもらっていたが、ボストンはカトリック信者が多く、ある意味、教会内部の「異常さ」に慣れていて、記事にしていなかった。思えば、ボストンとカトリックの関係は「ブラック・スキャンダル」でも描かれていた。
マイケル(マーク・ラファロ)も「他社に出し抜かれたら」を連発し、功を焦っている。しかし、バロンは「神父個人個人じゃない。あの世界の構造を炙りだすのだ」とやはり静かに指図する。とどのつまりはヴァチカンまでつながっている筈だ。実際、その後に明らかになる。
やがて地道な調査で過去に87人もの不自然な異動が明らかになる。この数字は抗議団体の推測とほぼ一致していた。かなりが「病気療養」という名目で教区を異動していた。そう言えば、どこかの国の元大臣も同じ理由で国会に現れず今も引き籠り状態か。
いったんスクープがグローブ紙の一面を飾ると、カトリックの反発どころか、「私も被害者」「私も」とセンテンス・スプリング状態に。スキャンダルはボストンを超え、アメリカを超え、フィリピンなど全世界に波及、文字通りグローバル・スキャンダルに。ある意味、聖職者はつらいのだ、ということも万国共通らしい。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:30│Comments(0)TrackBack(26)clip!洋画ス | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50839522
この記事へのトラックバック
「スポットライト世紀のスクープ」を鑑賞してきましたカトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を...
劇場鑑賞「スポットライト世紀のスクープ」【日々“是”精進!】at 2016年04月15日 20:58
J-WAVEさん主催の試写会で、映画上映前に「PARADISO」のDJ板井麻衣子と、映画コーナー担当の大倉眞一郎氏の舞台挨拶があった。客入りは満席だ。
「スポットライト 世紀のスクープ」@スペースFS汐留【新・辛口映画館】at 2016年04月15日 21:49
まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。 <去年の激戦とは全く違う次元の戦い… <2年連続の獲得でいいのか?!のイニャリトゥ。 <ところが戦いを挑む他作群に迫力がほとんどない? <期待した「スポットライト」に...
映画:スポットライト Spotlight  真実はひとつしかない、を再実感させる点で、貴重な光を放っている一作。【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at 2016年04月16日 10:54
2001年、夏。 ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)は、目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。
スポットライト 世紀のスクープ【心のままに映画の風景】at 2016年04月16日 12:25
カトリック教会の神父達による少年少女への性的虐待と言う一大スキャンダルを暴いた、ボストン・グローブ紙の記者たちの活躍を描いた作品。第88回アカデミー賞では作品賞、脚本賞を受賞した。 そうかぁ。この作品でそのシーンを見るまで、この話が9.11を挟んでの出来事だ...
スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight【勝手に映画評】at 2016年04月16日 21:40
評価:★★★★【4点】(11) ゾンビ神父は全体の6パーセント。さてその分母とは。
スポットライト 世紀のスクープ【映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜】at 2016年04月17日 00:50
2001年の夏、ボストン・グローブ紙の新編集局長マーティ・バロンは、あるカトリック教会神父による性的虐待事件の詳細を報道する方針を打ち出す。 その担当を命じられたのは、極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たちだった。 デスクのウォル
スポットライト 世紀のスクープ【象のロケット】at 2016年04月17日 07:56
アカデミー賞 作品賞&脚本賞 W受賞!「スポットライト 世紀のスクープ」(ロングライド)。キリスト教社会の“絶対的タブー”に、果敢に挑んだ地方新聞社の実話を映画化。華は無いけど、真面目な作品です。  2001年、夏。アメリカ東部の地元新聞社“ボストン・グローブ
「スポットライト 世紀のスクープ」強大な権力の闇を暴く“光”【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2016年04月17日 22:12
【SPOTLIGHT】 2016/04/15公開 アメリカ 128分監督:トム・マッカーシー出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ビリー・クラダップ、スタンリー・トゥ...
スポットライト 世紀のスクープ【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2016年04月17日 22:30
『スポットライト 世紀のスクープ 』 解説等はこちら    監督・脚本・・・トム・マッカーシー 出演・・・ マイク・レゼンデス: マーク・ラファロ ウォルター“ロビー”ロビンソン: マイケル・キートン サーシャ・ファイファー: レイチェル・マクアダムス.
『スポットライト 世紀のスクープ 』【pure breath★マリーの映画館】at 2016年04月22日 22:18
全世界に衝撃を与えたこのスクープがどのように生み出されたのかを丁寧に描いている映画だった。アカデミー賞作品賞と脚本賞を獲得しただけのことはある。社会がひっくり返ってもいいという覚悟の新聞記者がすばらしい。星5個。
スポットライト 世紀のスクープ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2016年04月23日 22:20
 アメリカ  ドラマ  監督:トム・マッカーシー  出演:マイケル・キートン      マーク・ラファロ      レイチェル・マクアダムス      スタンリー・トゥッ ...
スポットライト 世紀のスクープ【風情☭の不安多事な冒険 Part.5】at 2016年04月25日 11:47
 『スポットライト 世紀のスクープ』を渋谷Humaxで見ました。 (1)本年のアカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「事実に基づく物語」(based on actual events)との字幕が出て、まずは1976年の...
スポットライト 世紀のスクープ【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年04月26日 06:35
ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何
「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2016年04月27日 21:29
【出演】  マーク・ラファロ  マイケル・キートン  レイチェル・マクアダムス  リーヴ・シュレイバー 【ストーリー】 2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナー「Spotlight」を担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやに...
スポットライト 世紀のスクープ  監督/トム・マッカーシー【西京極 紫の館】at 2016年04月27日 21:59
映画『スポットライト 世紀のスクープ』は、まじめな映画。内容的なことよりも、映画
「スポットライト 世紀のスクープ」:まじめな映画【大江戸時夫の東京温度】at 2016年04月30日 00:08
 「靴職人と魔法のミシン」のトム・マッカーシー監督、マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、他出演。2001年、マサチューセッツ州ボストンの日刊紙「ボストン・グローブ」の少数精鋭取材チーム「スポットライト」が、神父による児童性的虐
[映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「スポットライト 世紀のスクープ」感想【流浪の狂人ブログ〜旅路より〜】at 2016年05月03日 10:09
 SPOTLIGHT  2001年。ウォルター・ロビー(マイケル・キートン)をリーダーとするボストン ・グローブ紙の調査報道特集「スポットライト」チームは、新任の編集局長マ ーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)から、カソリック神父による少年らへの 性的
闇にさす光〜『スポットライト 世紀のスクープ』【真紅のthinkingdays】at 2016年05月11日 12:51
映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。
映画「スポットライト 世紀のスクープ」【FREE TIME】at 2016年05月17日 05:55
映画「スポットライト 世紀のスクープ」★★★★ マーク・ラファロ、マイケル・キートン、 レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、 スタンリー・トゥッチ 出演 トム・マッカーシー 監督、 128分、2016年4月15日公開 2015,アメリカ,ロングライド (原題/原作
映画「スポットライト 世紀のスクープ」骨格のしっかりした良作、でも日本人にはピンとこない【soramove】at 2016年05月18日 00:04
5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 2002年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれまでうやむやにされてきた 神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する...
記者たちが知る、その真相の大きさ【笑う社会人の生活】at 2016年05月27日 22:23
ボストン・グローブ新聞の取材チームがカトリック教会に根ざした事件に挑んだ実話を映画化したドラマです。 アメリカで公開されてからずっと話題になっていたので気になっていました。 記者たちの仕事へ向かう姿勢の真剣さと共に、新聞というメディアの力の大きさを 改めて感
スポットライト 世紀のスクープ【とりあえず、コメントです】at 2016年05月27日 23:31
人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用
「スポットライトー世紀のスクープー」【ここなつ映画レビュー】at 2016年05月31日 16:22
JUGEMテーマ:洋画 &nbsp; &nbsp; 「スポットライト 世紀のスクープ」 原題:Spotlight 監督:トム・マッカーシー 2015年 アメリカ映画 128分 キャスト:マーク・ラファロ      マイケル・キートン      レイチェル
スポットライト 世紀のスクープ【マープルのつぶやき】at 2016年09月11日 13:08
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督トム・マッカーシー ネタバレあり
映画評「スポットライト 世紀のスクープ」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2017年03月06日 10:15
動く新聞みたいな見応えがあった。
スポットライト 世紀のスクープ【Akira's VOICE】at 2017年03月06日 18:29