2016年11月26日

疾風ロンド〜失敗の本質2

shissorond公式サイト。東野圭吾原作、吉田照幸監督。阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、生瀬勝久、望月歩、前田旺志郎、久保田紗友、鼓太郎、堀部圭亮、中村靖日、田中要次、菅原大吉、でんでん、柄本明。研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、脅迫されるのに当事者たちは己の保身ばかり気にして警察にも通報せず内部処理して隠蔽しようという体質は日本のどこかの企業に当てはめれば分かり易い。
主任研究員の栗林和幸(阿部寛)が東郷所長(柄本明)の命令でおかしいと思いながらも息子の秀人(濱田龍臣)の学費を気にしてしぶしぶ野沢温泉スキー場の林間部に埋められた猛毒の炭疽菌の瓶を探しに行くのだけれど、硫黄島の戦いで戦死した栗林忠道陸軍大将とか東郷平八郎元帥から名前借りているのだろうか。確かに栗林はスキー場で戦死状態で女の子にまで馬鹿にされるのだが。“失敗の本質”でも仄めかしているのか。それにしては東郷元帥はお気の毒な気が。
元研究員の犯人が交通事故死。本来なら犯人の足取り探しに協力しなければならないのに警察から身元確認で通報されてもだんまりを決め込む研究所。猛毒の瓶が見つかるかどうかより、保身が大事なのは、現実にそうなんだろう。思えば、スノーボード選手の千晶(大島優子)まで311を契機にスノボー頑張る意味に疑問を持っただの、アウトオブコンテクストなことを唐突に言い出すし。結構、東○電○の体質を仄めかしている風でもある。
大体、猛毒と言っている割に結構杜撰な扱い。気温10℃以上になれば、キャップが潰れるってそんなもろいキャップになぜ詰めているのか分からないし、意図的に犯人がそういうように細工したとしても、栗林はそれをなぜ室温の部屋に軽率に持ってくるのか。ホテルの部屋の冷蔵庫なら構わないだろうって、そんなアホな。秀人が知らずに何かすればどうするつもりだったのか。実際、何かしたわけだが。
栗林本人がだれまくっている。ラストで取って付けたようなことしていい子ちゃんなんて。大体、盗もうとする犯人も研究所関係者。何なんだろうこの研究所。今の日本そのものなのだろうか。本当は深刻な事態なのに延々とコメディが続くというのはそれまた日本の今を反映しているのか(←考え過ぎ)。
ところで大島優子がスキーで逃走する犯人(ムロツヨシ)をスノボーで追いかけて格闘するシーン、動画でアップされるのだけれど、誰が撮っていたのだろう。レスキュー員の恋人(大倉忠義)はそれどころじゃないし。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 19:23│Comments(2)clip!邦画シ | ★2
この記事へのトラックバック
「疾風ロンド」を鑑賞してきました東野圭吾の同名ベストセラーを阿部寛主演で映画化したサスペンス・エンタテインメント。研究所から危険な生物兵器を盗み出し、3億円を要求した犯...
劇場鑑賞「疾風ロンド」【日々“是”精進!】at 2016年11月26日 19:42
東野圭吾の同名の原作『疾風ロンド』の映画化作品。 やっちまったな・・・。 原作はこんなコミックじゃ無いんだけどなぁ。ちゃんとしたサスペンスだったんですが、どこでどう間違ったのか、コミック映画になってしまっていましたorz 驚いたのが、栗林の息子秀人を演じ...
疾風ロンド【勝手に映画評】at 2016年11月26日 21:55
阿部寛のコミカル芝居を堪能する映画。 ホント面白いなぁ阿部寛。 でも映画としてはかなり残念な感じに。 未読だから実際はどうだか知らないけれど、原作はもしかしてそこそこシ ...
『疾風ロンド』【時間の無駄と言わないで】at 2016年11月27日 16:06
「疾風ロンド」は生物兵器になる細菌が盗まれた研究所の研究員が1人で亡くなった犯人が隠した場所を探しに向かうサスペンスである。犯人が亡くなった事で隠された場所を探す事にな ...
「疾風ロンド」生物兵器の隠し場所を探す先にみた隠ぺい体質による無理難題の指示がストーリー崩壊を招いたスキー場のお宝争奪戦【オールマイティにコメンテート】at 2016年11月27日 20:55
医学研究所から生物兵器が盗まれ身代金要求後、犯人が事故死。 日本最大級のスキー場内に隠された兵器を4日間以内に回収しなければ、 甚大な被害を齎す状況の中、秘密裏に処理する任務が一人の研究員に託された... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:東
『疾風ロンド』【cinema-days 映画な日々】at 2016年11月28日 03:13
映画『疾風ロンド』ですが、うーん、なぜ今の時代にこんなプログラム・ピクチャー的な
「疾風ロンド」:なぜ今こんなコメディーを?【大江戸時夫の東京温度】at 2016年11月28日 23:20
危険な違法生物兵器「K-55」が、医科学研究所から盗まれた。 ところが、3億円を要求してきた犯人が事故死してしまう。 4日以内に「K-55」を回収しなければ、大惨事となることは確実。 警察にも通報できず、極秘捜索を命じられた主任研究員・栗林和幸は、僅かな手がかりを
疾風ロンド【象のロケット】at 2016年11月30日 22:17
 『疾風ロンド』を渋谷TOEIで見ました。 (1)阿部寛が主演の作品だということで、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、雪山の景色が映し出されます。  カメラが接近すると、長く伸びているスキーコースを滑り降りる一人のスキーヤーの姿。  次いで、医科学研
疾風ロンド【映画的・絵画的・音楽的】at 2016年12月09日 06:44
東野圭吾原作の同名小説を阿部寛主演で映画化した作品だ。サスペンスの物語なのだけど、内容は父子の関係修復のお話になっていた。シリアスではなく、コメディタッチなのでお気楽映画として楽しい。それでもスキー場でロケをしたので、スピード感溢れる追跡劇が楽しい。炭疽
疾風ロンド【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2016年12月09日 23:10
2016/11/26公開 日本 109分監督:吉田照幸出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳 STORY:大学の研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、さらに国民を人質に身代金3億円を用意するよう脅迫メールが届く。残された時間...
疾風ロンド【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2016年12月21日 15:30
原作は、人気作家・東野圭吾の同名サスペンス小説大学の研究室から、違法な生物兵器「K-55」が盗まれ、研究所所長のもとに「人質は全国民。身代金3億円を用意しろ」との脅迫メールがその埋めた場所には、目印に、ぬいぐるみが。ところが、犯人死亡。僅かな手がかりから、ブツ
疾風ロンド(2016)【のほほん便り】at 2018年01月04日 07:55
この記事へのコメント
動画を撮影していたのは、
2人のチェイスとすれ違った外国人さんだと思います。
ただ、加工して動画サイトにアップしたのは日本人?
ちょっと気になる点ではありましたね。
Posted by BROOK at 2016年11月26日 19:44
そんな外国人さんいましたっけ? でも咄嗟に追いかけても追いつけない気がするけれど。
Posted by 佐藤秀 at 2016年11月26日 20:12