2016年12月31日

日本映画ベスト5&外国映画ベスト5

sekasumi2昨年に引き続いてだが、日本インターネット映画大賞のルール変更に伴い、基本的に「2016年日本映画ベスト10」と「2016年外国映画ベスト10」の計173作品から統合圧縮版に。
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

日本映画

【作品賞】(5本)順位(点数記入なし)
1位  「この世界の片隅に
2位  「湯を沸かすほどの熱い愛
3位  「ふきげんな過去
4位  「リップヴァンウィンクルの花嫁
5位  「シン・ゴジラ」 
【コメント】 5作品とも通常ならトップになってもおかしくない作品ばかり。

yuwowakasu1【監督賞】 
   [中野量太] (「湯を沸かすほどの熱い愛」)
【コメント】ありきたりな余命物に見せかけて銭湯の自己相似形のような演出でシュールなレクイエムに仕上げる。
 
【最優秀男優賞】
   [三浦友和](「葛城事件」)
【コメント】「伊豆の踊子」の初々しい青年から40年余り、とうとうここまで来てしまった。お疲れ様。
 
【最優秀女優賞】
   [のん(能年玲奈)](「この世界の片隅に
【コメント】能年玲奈が声優を演じなければすずさんがあれほど素晴らしいキャラにならなかったろう。ぴったり重なってしまった。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [山田望叶](「ふきげんな過去」)
【コメント】 まだ12歳なのに小泉今日子、二階堂ふみ相手に対等の演技していて存在感を放っている。
【音楽賞】
  「ちはやふる−上の句−
【コメント】広瀬すずの勢いとPefumeの楽曲がぴったり。

-----------------------------------------------------------------

automata外国映画

【作品賞】(5本) 順位(点数記入なし)
1位  「オートマタ
2位  「ルーム
3位  「エクス・マキナ
4位  「エヴォリューション
5位  「山河ノスタルジア
【コメント】 「オートマタ」と「エクス・マキナ」は同系統のAI関連のSFだが、他作品もSFテイストぽいものがある。

【監督賞】 [ルシール・アザリロヴィック] (「エヴォリューション」)
【コメント】性の世界を人間と下等動物の区別なく表現し、エコロジカルなホラーを表出した。

【最優秀男優賞】 [ファン・ジョンミン] (「ヒマラヤ〜地上8,000メートルの絆〜」)
【コメント】色々迷ったが、結局、この人が一番最優秀男優賞にふさわしい風格を備えていた。
【最優秀女優賞】
Mtdepart   [チャオ・タオ] (「山河ノスタルジア」)
【コメント】 笑顔や憂い顔がチャーミング、出産で苦しむ苦悶顔と表情豊かに演じている。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ダニカ・ヤロシュ] (「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」)
【コメント】1998年生まれ。子役で活躍していて意外とキャリア長い。映画はこれがメジャーデビューらしい。

【音楽賞】
  「グランドフィナーレ
【コメント】 原題:Youthと裏腹に老人たちの回顧ものにふさわしく、音楽も若さと回顧を歌いわける。
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [話題賞] (「君の名は。」)
【コメント】 観客を動員して話題になった割にオリジナルの「君の名は」は、さっぱり話題にならなかったという、ある意味不思議な作品。

-----------------------------------------------------------------
関連エントリー:「2016年映画予想外ベスト10&ワースト10

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 16:56│Comments(0)TrackBack(5)clip!映画特選 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50853660
この記事へのトラックバック
 さあ、大晦日です。今年もあんまり更新できませんでした。すみませんm(_ _)m。でも、やっぱりこれだけはやらせていただきます。一応自分的に年末恒例行事ですので…。今年は127本の映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。我が人生史上最多更新
2016年マイ・シネマ・ランキング!【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2017年01月01日 01:02
 明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願い申し上げます。  昨年は、邦画57本、洋画48本の合計107本について、そのレビュー記事を拙ブログに掲載いたしました。邦画と洋画の見た数に結果として10ほどの差が出てしまったのは、昨年の邦画が全般的に質が...
日本インターネット映画大賞―2016年度投票【映画的・絵画的・音楽的】at 2017年01月06日 06:46
さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。 と言う事で、2016年鑑賞映画の振り返りです。 2016年の観賞作品ですが、以下のとおりです。 年間で、80本見たようです。 1月:5本 『ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies』 『エージェント・ウルトラ /
2016年振り返り【勝手に映画評】at 2017年01月06日 22:10
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当ブログを訪ねてくださった皆様、本当にありがとうございました。 なんとか今年ものらりくらり
2017新年明けましてと昨年ベスト3【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at 2017年01月08日 15:05
日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ今年からTwitterでの投票 ...
「2016年度日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2017年01月16日 00:33