2017年01月14日

本能寺ホテル〜本音(出したい)寺3

honnnoji0公式サイト。鈴木雅之監督、相沢友子脚本。綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫。「プリンセス トヨトミ」以来の鈴木監督、相沢友子、綾瀬、堤のカルテット。映画の世界では本能寺には魔物が住んでいるらしい。タイムスリップの本能寺ネタは「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」がちょうど1年前にあったばかり。おまけに茶器の話は「タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」と被っていたり。
気を取り直して。元々本能寺が人気あるのは羽柴秀吉の備中大返しが早過ぎることや織田信長の遺体が見つからなかったことなど謎が多いことから。
本能寺ホテルばかりか失業したばかりの倉本繭子(綾瀬はるか)が「永久就職先」の恋人吉岡恭一(平山浩行)の父親征次郎(近藤正臣)に初めて会う料亭、本能寺そのものじゃないか。枯山水の石庭から森蘭丸(濱田岳)が寝そべっていた回廊まで何から何までそっくり。これは一体どういうことなんだろう。まさか映画のセット代もったいないから同じところで撮影しました、という訳じゃないだろう。
恭一は建設工事の現場監督らしく、「忙しいのでホテルで会おう」と携帯で話すけれど、ここらあたりからタイムスリップならぬすれ違いが生じてないか。そもそも恭一の存在感が一貫してなさすぎなのはどういう訳なのか。そのホテルも「1か月先にご予約いただいてます」って、ミニタイムスリップ。またの名は天然ボケ(はるかさ〜ん!)。仕方なく辿り着いたのが本能寺ホテル。
honnojiここまで来ると、明日謀反で死ぬことになる織田信長(堤真一)と明日結婚する(させられる)ことになる繭子が重なってしまう。
信長も征次郎も繭子に同じことを質問している。「やりたいことは何か」って。繭子は「やりたいことは特にない」と返すのだけれど。 つまり、そのう、この「永久就職」にもあまり乗り気がないみたい。「本当は結婚したくない」を信長に相談してどうするんだという話。タイムスリップまでして現実逃避したかったのか。
思えば蘭丸だって信長の横暴に悩んでいて、思わず繭子に本音を言っていた。征次郎までが金婚式で「料亭をやめて大衆食堂に戻りたい」と言い出す始末。大体、この人何気にか信長ぽくないか。もう時空を超えて人々が相互感染して本音を吐露するとは。
ところが、繭子はほかならぬ信長に気に入られて京の街でデートするとは。信長もだんだん繭子の本音が乗り移ってしまったらしく、子供のころにやった遊びを披露して懐かしみ、挙句は「天下取りは俺でなくてもだれかやればいい」なんて言い出してゆるゆるになる。
こうなると、信長も現代にタイムスリップして来て遺体が見つからなかった謎が解決、と思ったが、そこまでいかなかったのがある意味歯痒さが残る。一応、ラストの鴨川で繭子の横に現れるのだけれど。結局、繭子の本能寺ホテルでの一夜の夢、本音の変の夢物語だったのか。「滑り止め」(スリップ止め)だった教員免許の歴史教師目指すのがオチ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 18:16│Comments(0)TrackBack(17)clip!邦画フーホ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50854522
この記事へのトラックバック
「本能寺ホテル」を鑑賞してきました「プリンセストヨトミ」の鈴木雅之監督と綾瀬はるか、堤真一が再びタッグを組んで贈る歴史エンタテインメント。ひょんなことから戦国時代に迷い...
劇場鑑賞「本能寺ホテル」【日々“是”精進!】at 2017年01月14日 20:02
2017/01/14公開 日本 120分監督:鈴木雅之出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫 私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった STORY:倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズさ
本能寺ホテル【★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★】at 2017年01月15日 20:47
ネタバレあり。 主演の綾瀬はるか。女性の年齢を言うのはアレですが、三十路を迎えても、いい演技しています。結婚を迷っている女性。年相応の役ですしね。でも彼女、不思議ですよね。演技ではきちんとしているのに、何故、ボケボケの不思議ちゃん扱いなのか(失礼) 本能...
本能寺ホテル【勝手に映画評】at 2017年01月15日 22:00
婚約者に呼ばれて京都にやって来た元OLが 宿泊したホテルのエレベーターから戦国時代にタイムスリップ 天下統一を目前に控えた織田信長との「本能寺の変」の前日の 奇妙な遭遇を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)
『本能寺ホテル』【cinema-days 映画な日々】at 2017年01月16日 21:21
□作品オフィシャルサイト 「本能寺ホテル」□監督 鈴木雅之□脚本 相沢友子□キャスト 綾瀬はるか、堤 真一、濱田 岳、平山浩行、田口浩正、風間杜夫■鑑賞日 1月15日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感
『本能寺ホテル』【京の昼寝〜♪】at 2017年01月17日 08:13
【出演】  綾瀬 はるか  堤 真一  濱田 岳  風間 杜夫 【ストーリー】 倉本繭子は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。繭..
本能寺ホテル  監督/鈴木 雅之【西京極 紫の館】at 2017年01月17日 22:30
映画「本能寺ホテル」を鑑賞しました。
映画「本能寺ホテル」【FREE TIME】at 2017年01月18日 21:49
綾瀬はるか×堤真一といえば、プリンセストヨトミ。役柄は違うんだけども、かもしだす雰囲気がどことなく似てませんでしたか?綾瀬はるかって黙ってるとすんごくきっちりしたしっ ...
織田信長のいいひと感はんぱない。(爆)〜「本能寺ホテル」〜【ペバーミントの魔術師】at 2017年01月19日 00:01
現代の京都と戦国時代の京都がエレベーターでつながっていたら、どうなるかという作品だ。まじめな歴史スペクタクルではなく、コメディタッチのお気楽な作品だと考えていいだろう。自分が何をしたいのかわからない女性がタイムスリップして、成長する物語だと思った。「プリ
本能寺ホテル【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2017年01月19日 09:23
倉本繭子は婚約者の両親に会うため、彼の故郷・京都を訪れる。 通りすがりの「本能寺ホテル」にチェック・インするが、エレベーターを降りると、なぜかそこは400年前の本能寺! 天下統一を目前にした織田信長が森蘭丸ら少数の家臣団と共に滞在している。 そしてその日は、
本能寺ホテル【象のロケット】at 2017年01月19日 14:34
監督 鈴木雅之、主演 綾瀬はるか、堤 真一となれば、2011年の映画「プリンセストヨトミ」と同じようなものと思ったのですが・・・どこか違うので、原作者を調べると、映画「本能寺ホテル」には、スタッフ欄には、原作者が書いていません。脚本は、どちらも相沢友子で
映画 「本能寺ホテル」【徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”】at 2017年01月20日 16:29
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 1月18日(水) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:40の回を鑑賞。
『本能寺ホテル』('17初鑑賞04・劇場)【みはいる・BのB】at 2017年01月20日 20:14
戦国時代へタイムスリップしてしまう女性の1日の冒険を綾瀬はるか&堤真一主演で描いたファンタジーです。 予告編を観て、彼女が織田信長と出会ってどうなるのだろうと気になっていました。 予想よりも身近な人生を考えさせられるような展開に、優しくて力強い心を貰えるよう
本能寺ホテル【とりあえず、コメントです】at 2017年01月22日 21:44
☆・・・うーん、信長の時代へタイムスリップするOLの巻き起こすコメディかと思っていたら、 なんか、あまりにも、変化への時間(経験)の足らない、職を失い結婚しか残された道はないのか、な元OLの自分探しの物語であった。 綾瀬はるかがタイムスリップする主人公を
[映画『本能寺ホテル』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2017年01月22日 23:51
 『本能寺ホテル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ビスマルクの言葉「愚者は経験から学ぶ。賢者は歴史から学ぶ」が字幕で映し出され、次いで、明智光秀(高嶋政宏)が刀を挙げて進み、
本能寺ホテル【映画的・絵画的・音楽的】at 2017年01月24日 20:37
個人的には薄味でイマイチ。
本能寺ホテル【だらだら無気力ブログ!】at 2017年01月28日 21:51
本能寺ホテル '17:日本 ◆監督:鈴木雅之「HERO」「プリンセス トヨトミ」 ◆主演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、風間杜夫、高嶋政宏、近藤正臣 ◆STORY◆何の疑いもなく流れに任せながら日々を過ごしてきた倉本繭子(綾瀬はるか)。勤めていた会社が倒産し、あて
本能寺ホテル【C’est joli ここちいい毎日を♪】at 2017年02月15日 20:52